« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

ドッチビープログラム第3弾!

  昨日のプログラムはみんなお待ちかねの「ドッチビー第3弾」を行いました。

 全5回のドッチビープログラム第3弾ともなると、子どもたちにもすっかり定着した
ようで 「今日は何するのーhappy01?」と、市民先生ともしっかり打ち解けている様子が
伺えました。

 参加者は40名、前回同様人気のようです!

 準備運動の後、まずはバックハンド・フォアハンドのおさらいです。
 

 「 ・・・みんな   さらに上手になっている coldsweats02

Dsc00296

 

 




 
 
 
 聞くところによると、少しずつ練習している子もちらほら。

 過去2回参加している子どもに至っては、バックハンドはお手の物。

 初めての参加で上手く投げられない子に教えてあげるという微笑ましいシーンも
 見受けられました。


 さてさて、今日の新しいメニューは、「キャッチ&スロー」です。

 2人でペアになり、パスをし合いながら前に進む・・・という少々難しいプレーです。

 投げるときは立ち止まって、受け取る方は走って、、となかなか難易度は高め。

 外でのプレーは風もあり、なかなか思っている方向にディスクが飛ばない bearing

 苦戦している子も多いなか、上手にキャッチ&スロー出来ている子もいました。

 Dsc00305









 
 基本をマスターしつつ、その後は「キャッチ&スローをした後、ゴールにシュート!」
 という新しいメニューにもチャレンジ!

 キャッチ&スローも難しいのに、シュートまで出来るかな・・・?

 と、ドキドキしながら見守っていましたが、全く心配無用 gawk


Dsc00311









 「シュート!」というさらなる目標で俄然やる気が出たのか、
 イキイキとシュートしていました!

 さすがですね~shine


 そして、「シュートする」楽しさを味わった後は、5対5のミニゲームの開始です!
 
 先にゴールにシュートした方が勝ち!というルールのもと、
 さっそくパスを出し合いながら互いのシュートをセーブしたり、
 ゴールを決めたチームはみんなでガッツポーズgoodをしたりなど
 楽しそうにプレーしていました。


Dsc00322









 そんなこんなで時間も押し迫ってきたなか、最後は恒例のドッチビー大会!

 今回は学年ごとではなく、低学年~高学年までの混合チームで対決です!

 ドッチビーにも慣れてきたのか、パス回しも上手です。

 Dsc00332










 あるチームはなにやら作戦会議も…smile

Dsc00354










 回数を重ねるうち、みんなで協力し合う姿勢も出てきたように感じます。

 今回は赤ゼッケンチームが勝利~!!

 
 今回も最後に、「次回はどんなことをするか?」とみんなで多数決をとる場が
 ありました。

Dsc00360

 

 







 さらにおまけで・・・

 片付けを積極的に手伝ってくれたりなど、
 「みんなでつくっていく」姿勢がだんだん出てきたな、と感じました。
 とても嬉しいことですね。

Dsc00328

 

 





それではみなさん、次回もお楽しみに!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

初めて見るアメーバにビックリ!!

本日は、コレです。

20080528144742 










わかります?eye

アメーバ(別名“粘菌”)です。

ということで、世田谷区内の小学校理科室で、
理化学研究所の青野博士による「アメーバの観察」です!

参加は小学校低学年を中心に36名。
6年生含めた高学年も数名来てくれましたhappy01


さて。
本日の実験は、コレ。
各班に1つずつ、配ります。

20080528142254










左は、エサの上にアメーバを置いたもの。
これを暗いところに置き(このアメーバは光が嫌いだそうです)、
時間がたつとどうなるか、観察します。
時速約1cmで成長するそうですup

右は、少し見にくいかもしれませんが、真ん中で分かれていて、
一方がアメーバの好きな糖分(グルコース)、もう一方が
アメーバが嫌いな塩化カリウムです。
アメーバの変化を観察し、どっちが糖分か、当てます。

実はこのアメーバ君、前回3月の実験では寒さのため
ご機嫌ナナメであまり変化しませんでしたcrying
今日は暖かいので期待できます!!


それらの変化を見つつ、お待ちかね、顕微鏡でのアメーバ観察。

食い入るように観察する子どもたち。

20080528151145










よーく見ると、、、
血液のようなものがアメーバの中に流れています!
私もはじめて見て、感動しちゃいました! 


そうこうしているうちに、アメーバ君に変化が。

20080528150906 20080528150950












わかります??
何か足のようなものが出てきているの。
たくさん変化している方がアメーバが好きな糖分です。

ちょっと時間が足りなくて、あまり変化のないものも
ありましたが、それもご愛嬌。

各班によって変化がバラバラなのもアメーバが生きている
証拠なのです。

子どもたちにとって、変化の少ないものや変化の遅いものを
根気良く見る機会が減っている中で、じっと観察している子が
いるのが印象的でした。


中には、

20080528154014










観察メモに、こんな風に書いている子も。
目と口、書きたくなっちゃうんだよね~~。 わかるわかる。


最後は恒例の、質問タイム。

「アメーバはどこにいるんですか?」
「森などにいます。アメーバはジメジメしたところが好きで、木の
 光の当たらない隙間などにいます。」

「アメーバは何を食べて生きているの?」
「糖分です。オートミールなどを与えて育てます。1週間くらいエサを
 あげなくても生き続けます。」

青野博士からこんな話も。
「アメリカのある町で、粘菌が大量発生しました。町じゅう黄色になって
 しまい、宇宙人が来た!と大騒ぎになりましたが、後でアメーバだと
 わかりました。」
「このアメーバの動きは、人間の脳や血液の動きに良く似ています。
 アメーバの研究が進むと、人間の脳に似たものが作れるかも
 知れません!」

今日参加した子どもたちから将来の博士が出るかも知れませんhappy01

ではまた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

みんなでたたく!音楽プログラム!

先週の金曜日、世田谷区内の小学校で、
音楽プログラムをやってきました!!scissors


実は放課後NPO「AfterSchool!!」の金曜日のプログラムは
初です!happy02
水曜日がメインですので。


内容はコチラ。

20080523164015










今回は、ジャンベというアフリカの太鼓をたたいて、
みんなで騒ごう!というプログラム。

我々放課後NPO「AfterSchool!!」のHPにも載っている
とおり、以前にも数回行われている人気プログラムです。
毎回かなり盛り上がりますnotenote


今回の市民先生も、世田谷区でそのアフリカの太鼓を
使って実際に個人指導や出張ワークショップなどを
行っている山本先生にお願いしました。
http://6025.teacup.com/tamtin/bbs


今回の参加は41名!!
毎度盛況です。


ジャンベという楽器、見たことないかもしれませんが、

20080523145712










こんな感じです。
羊の皮でできた、打楽器ですね。capricornus


さて、この楽器以外にも音が出るものを使います。

20080523145630










そう、ガラクタ?です。

20080523155641










こんなキッチン用品もあります。


子どもたちは、ジャンベのほか、好きなこういったガラクタ楽器
を手にし、みんなで輪になってドンチャカドンチャカやります。


そこで、大きな太鼓でベースのリズムを取ると・・

あら不思議。
バラバラにたたいていたみんなが、その音に合わせ始めます。
これが聴いていると気持ちイイんですよね~confident

音楽を通じてみんながひとつになる瞬間です。
だから音楽ってスゴイ。と毎回このプログラムを通して思います。

真ん中の先生がジェスチャーや楽器で、
「音を小さく・・」「だんだん音を大きくして・・」とやると、
いままで音を出すだけだった子どもたちが、人の出す音を
聴く姿勢を持ちだします。


かなりみんなが一体感を持って音を合わせ、盛り上がってくると、
前に出て指揮をとる子まで出現。

オモシロイ!


今日は金曜日で授業が長い関係で、1時間ちょっと経った
ココで終了。

ちょうど盛り上がってきたところで終わりだったのが少し残念
でしたが、みんな、また来ることを楽しみにしていてね~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

ドッチビープログラム、第2弾!

みなさんお久しぶりです。

本日は全5回のドッチビープログラム、第2弾ですup

2週間ぶりの市民先生の登場でしたが、子どもたちは
ちゃんと覚えてくれていましたsmile
しかも「ドッチビー今日あるんでしょ?」と待ちわびている様子。


午前中が雨でしたので、今日は体育館です。

参加者は42名!! 多い!

準備運動のあと、恒例の鬼ごっこ!
「今日は、ディスクを持った子が鬼で・・」と説明し始めたら、

20080514141119_2










この有様・・・ 今日も子どもは元気いっぱいですcoldsweats01
白いゼッケンの高学年が鬼です。


さて、その次に、前回の復習。

20080514141758_2



キャッチディスクや、







20080514142628 



4ヶ所に分かれてのディスク回し。







こっそり練習してきたのか、すごくうまくなっている子も。
子どもは好きなことや興味あることだと、自ら練習するもの
なんだなぁ、と改めて思いました。


そして、今日は前回のバックハンドスローに続いて、
新しい投げ方を教わりました。

20080514144258_2 










「フォアハンドスロー」です。
これが難しい。。
スナップをきかせて投げるのですが、離すタイミングが
難しい。 でも、ちゃんと投げられる子もいました。
大人より数倍のみこみが早い!! 驚きです。


皆、必死に練習していたらあっという間に時間がなくなって
しまいました。


で、話し合いの末、やはり最後はコレ。

20080514153429_3 20080514155103_2











そう、ドッチビーです。
わかります? 絶妙にディスク、避けています。

今日も1年チーム、2年チーム、3・4・5年チームで対抗戦。 


学年ごとにチームわけしてもあまり大差がつかないのが
このスポーツのいいところ。

今日練習したフォアハンドスローも使いながら各チーム、
皆負けじと必死です。 ゲームはやはり盛り上がる!


ゲームをやっている間、隅では人気の的あて。

20080514154814_2










練習しただけあって、こんなに抜けましたgood


ドッチビーの優勝は・・・

3・4・5年チームでした!
さらに大人チームとの対戦も勝利!
参りました。 すごくうまくなっています。

20080514140727_2










最後に、フライングディスク協会の稲垣さんから、
「ぜひ、次回以降、みんなでこのディスクを使って、どんなゲームを
やるか決めて欲しい。 ルールもみんなで決めていいよ。」
とのお話がありました。

子どもたちがこのディスクを使いながら、ドッチビーだけでなく
自分たちで考えて“新しいゲーム”を作っていいよ!
というこちらからの提案です。

これぞ放課後の時間! 
子どもたちの創造性に期待したいと思います。

みんな、次回もお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »