« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月17日 (木)

炎天下でドッチビー

こんにちは。
アフタースクール3号です。

本日も世田谷区某小学校でドッチビープログラム最終回でした。

炎天下のもと、「2時間も大丈夫かな?」と心配しつつ、
普段に増してこまめな休憩と水分補給をとりながら元気に遊んできました。

先生たちがウォーミングアップでゴールゲームをしていたところ、
「一緒にやる~happy02」と、いつの間にか子どもたちに囲まれ、すでに戦闘モード。

さっそくチーム分けをして、"パスまわしが命"のゴールゲームを開始です。

Dsc00598

本日は「チーム内で4回パスをまわしたらシュートできる」というルール。
開始早々、激しい動きcoldsweats02

Dsc00608

伝わるでしょうか、この躍動感shine

特にディフェンスがなかなか手強く、
先生からも「あまり近付き過ぎないようにーsign01
との指導が幾度となく入っていました。
夢中になるとついつい回りが見えなくなってしまいますねcoldsweats01

Dsc00614_2

5回目ともなるとすっかりコツも掴み、皆の動きが非常に機敏で
パスをもらえるよう「コッチコッチsign03」と、積極的に声も出していました。

3チーム総当たり戦のゴールゲームをやったので
子どもたちもこの暑さで、さすがの子どもたちも疲れてることだろう…
と思いきや、まだまだ元気。
休憩中も自主練習に余念がありませんwobbly
うーん、底知れぬエネルギーshine

プログラム後半は「ドッチビー」です。

Dsc00636

元気に逃げまわっています。

Dsc00635_2

惚れぼれするフォアハンドスローですshine

短期間での子どもたちの上達ぶりに、改めて感心してしまいます。


今回も「みんなドッチビー楽しかったかな?」という問いかけに
「楽しかったーsign03」と元気な答えをくれました。
「もう来ないの?来年は来る??」とうれしい質問も。

そして最終回ということで、皆勤賞含め、参加回数が多かった子に
先生からプレゼントがありました。

Dsc00639

ディスクのかたちをしたこんなステッカーでした。
なかなかカッコイイぞhappy01

Dsc00645

どちらの小学校にお邪魔しても感じることですが、
5回のプログラムを通してでの子どもたちの成長ぶりは見事なものです。

高学年の子が低学年の子たちを気遣う姿や、
低学年の子が「高学年相手でも負けないぞ」という負けん気を見せたりと、
無邪気で元気な姿だけではない一面も見ることができます。

そして、プロの先生に教わりながら
学年を隔てることなくスポーツを通してコミュニケーションをとれることは
とても素敵なことだと思います。

また会える日を楽しみに、
アフタースクールチームもたくさん修行したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

飛ばせ飛ばせ!紙ヒコーキ

みなさん!アフタースクール2号です!

今日は水曜日、放課後プログラムの日。
今日は世田谷区内小学校の体育館で紙ヒコーキプログラムです!

まずは本日の先生「かがやく目」のみなさんのご紹介と、お話。

「なぜ飛行機は飛ぶんでしょう?」との先生の問いかけに、
子どもたちは・・・

「風に乗って!」 

うーんいいよいいよ!

「操縦士がいるから!」 

笑笑笑happy02 おもしろい! 紙ヒコーキにはいないぞ!

「つばさがあるから!」

そう!正解!つばさの上と下の空気の流れで“浮力”がうまれて
飛ぶそうです!airplane


さて、早速制作。

20080716144724_2


そして、はしゃぐ!飛ばす!

↓ 輪っかに入れてます。
20080716143143


↓ 測定大会。どのくらいの長く飛ぶか?
20080716150553


次に、新しい折り方を先生に聞きます。
先生は丁寧に教えてくださいました。

↓ 向上心旺盛な子どもたち。先生に群がります。
20080716144603


こんな光景も。迎えに来たお父さん。
「昔、よくやりましたねぇ。いろいろ飛ぶように工夫しましたよ。
学校ではできない楽しいことでしたね」 と懐かしがっていました。
放課後ならではの光景ですねhappy01
20080716144806


一方、一部の子どもたちが隅の方で何やらコソコソ・・・
先生を捕まえて、新たな紙ヒコーキの折り方を研究。。
20080716152836

とにかく暑い日でしたが、子どもたちはずーっと作ったヒコーキを
休むことなく飛ばしていましたっ! まいりました。
少し休ませてくれ・・・

最後に自分の作ったヒコーキを自慢してオシマイ。
中には7機もつくったツワモノも。

20080716153920


アフタースクール2号の子どもたちとの滞空時間競争の結果。







0勝7敗・・・crying
弱い・・・

↓ 無残にも負け続けた、2号のヒコーキ。おなか出して墜落です。。

20080716154320


このプログラム、面白いです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

最終回も元気いっぱい!ドッチビー

どうも!みなさん。アフタースクール2号です。

本日は世田谷区某小学校で、ドッチビー最終回でした!
この学校、うまい子が多く、最終回気合い入っていました!

先生が到着すると・・・
「今日はドッチビーだ!やるぞやるぞ!」
とお出迎え。
すっかり定着しています。嬉しい限りですhappy02

まずは、体育館で新ゲーム、「ゴール盤当て」。

20080709142108_2

ポイントは「パス回し」。
どうしてもディスクに固まってしまうので、
オープンスペースがたくさん! 
「もっとまわりを見て動いてっ!!」
と先生。

↓その横で1年生チームはキャッチディスク。

20080709141505

そして、今日もやりました、鬼ごっこ。
いつの時代も人気です。

↓うぉぉ!逃げろ~

20080709140814

外に移動し、ゴールゲームとドッチビーです。

↓ほら、ながく持っていると囲まれちゃう!パスパス!

20080709151348_2

アフタースクール2号も参加し、大人の威厳を保とうと、
「顔を左方向に向けつつ右方向に投げる」という高度な技で
子どもたちを唸らそうと、オープンスペースにスルーパスを
投げますが・・・

あえなくカット。。cryingガーン バレテル・・・

本日もダメだしされ、スゴスゴと写真係にもどりました・・・dash


↓相手の体にさわると、このようにフリースローに・・・ピンチ!

20080709154336

あまりの盛り上がりに、校庭で他の遊びをしていた
中~高学年の子がどどっと途中参加してきました。

そのひとりに「おもしろいでしょー?」と聞くと、
コクン、とうなずいていました。


また、ドッチビーを中心にやっていた低学年の子の
上達の早さに改めて驚きました。
しっかりパスを回していましたよ。すばらしい。

最後に皆勤賞含めずっと参加してくれた子に
ドッチビーオリジナルステッカーをプレゼント。
よかったね!

今回でこの学校は最終回でしたが、みんな口を揃え
「楽しかったーー」と言ってくれました。

低学年の子は「鬼ごっこが一番楽しかったーー」だって。coldsweats01

みなさん!またね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

紙ヒコーキを飛ばそう!

アフタースクール1号です。

本日は紙ヒコーキプログラム。

前回は本格的なキットを使ったヒコーキでしたが、
今回は原点に帰って、
紙を折る紙ヒコーキ。

参加した子どもたち、
みんなどこかでやったことはあるものの、
大人の先生が教えてくれる本格的なヒコーキに期待が高まります。

先生の自己紹介の後、
さっそくみんなで輪になって折り始めます。

Dsc00725
「紙ヒコーキは精密機械だから1つ1つ丁寧に折ろうね」
という先生の言葉を胸に、
いつもより丁寧に折っていきます。

そして完成!

ここからが本格的なところ。
1人ずつ並んで計測会をしました。
計測するのは距離と滞空時間。
これは燃えます。

Dsc00716

今まで作ってた簡単なヒコーキより
当然今日のヒコーキの方が飛びます。
これが面白い!
1号の作ったヒコーキ
(心の中で密かに「クールスカイ1号」と名づけていました)
も安定感のある飛びっぷりで子どもたちとハイレベルな勝負を
繰り広げました。

飛ぶ子のヒコーキは15m以上を計測。
なかなか落ちないその優雅な飛びっぷりは
ちょっとした感動を覚えるほどでした。

それから一旦自由に飛ばしっこ。
Dsc00702
体育館中を使って飛ばしまくりです。
学校で窓から紙ヒコーキを飛ばした経験、
そしてそれで先生に怒られた経験、
誰にでもあるのでしょうか?(1号は当然あります)

そんな「学校では教えてくれないこと」が堂々と出来るのも
放課後ならではの魅力です。

先生の言葉どおり「精密機械」の紙ヒコーキ、
飛ばしてみながら、羽の角度、折り方などを変えていくと
確かに飛び方が変わります。

1号も調整しまくり、最後には
「真ん中を両面テープで止めれば子どもを出し抜けるのでは!?」
と考えつき、密かに自分だけ両面テープで止めてみましたが、
これが失敗。。。
「クールスカイ1号」はバランスを失い、クルクル回って飛ぶように
なってしまい、距離が出なくなりました(ゴメンよクール君)。

その後、さらに先生に違う型を教えてもらい実践。
みんなでこんなにカッコイイのが出来ました!

Dsc00720

これを教えてくれる大人を子どもたちは
ヒーローのように見てくれました。

遊びの原点のようなプログラムでしたが、
とっても楽しいものでした。

みんなまた工夫してスゴイの作ってください。
また勝負しようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

梅雨の晴れ間、ドッチビー

アフタースクール3号です。

今日も何とかお天気に恵まれ、元気にディスクで遊んできました。

こちらの学校は今日で4回目。

すでにとっても上手なので、自由練習のあと
3チームに分かれて総当たり戦のゴールゲームを開始です。

Dsc00571

6年生が中心となり、かなり高レべルの試合展開。

前回まではディスクをもらうとついつい歩いてしまいがちでしたが、
今日は歩くことも少なく、パスまわしも随分上手になりました。

バックハンドで投げると見せかけ、
フェイントしてフォアハンドを使ったり、だんだん高度な技も練習していました。

そして今日の新しいルールは、
「ゴールにシュートするまでに、一年生が必ず一回ディスクを触る」
というもの。

高学年が中心となり、一年生も楽しめるよう
元気に声かけしながらチームで協力してプレーが出来ていました。

Dsc00572

ちなみに黄色い帽子が一年生。
見よ、勝利に喜ぶこの姿shine

しっかり楽しんでくれている様子ですhappy01


白熱したゲームの後は、しばし休憩…

と、思ったら

休憩中も先生を相手にシュート練習up

Dsc00574

どこにシュートをすれば決まりやすいか、
先生にレクチャーを受けながらひたすら練習eye

これは上手になるはずですね。


さてさて、最後はお待ちかねの「ドッチビー」sign01

ゴールゲームで鍛えたパスまわしで、2チームに分かれていざ勝負sign03

Dsc00578

もちろんこちらも白熱した試合展開。

一年生も見事なフォームで当てにかかっています。


ゴールゲームは、
味方が取りやすいパスを投げてゴールを目指すことがポイントの一つ。

一方ドッチビーは、
取ったら素早く投げる、相手の当てどころを狙う、加えてパスまわし…
等々、たくさんのポイントがあります。

先生からは、
「相手のどこを狙えばとるのが難しいと思う?」、との質問。

するとみんな即答で
「足元sign04smile

そう、大正解です。
ドッチボールで鍛えているだけに、ポイントは理解済み。
あとは意識して投げるだけだけど、やはり難しいwobbly

Dsc00584_2

黄色チーム、残りあと一人で頑張っていましたsign01


あっという間に時間も過ぎ、本日も楽しくプレーできました。

次回は最終回の5回目。
どんなクライマックスが待っているのでしょうか。
乞うご期待ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

こちらでもドッチビー!

アフタースクール1号です。

私も本日3回目の小学校でドッチビー。

この学校は今回取り組んでいる中でも
もっとも実力の高い小学校。

今日も基礎練習の後はゲームが長めの構成。

まずはキャッチボールならぬキャッチビー。

Dsc00623
「さすがなかなか上手、うんうん」なんてうなずいていたら!

Dsc00625
おっと!ぶつかる!

関係ないけど、写真撮りながら
子どもの頃にUFOが偶然写った!みたいな写真だなぁ。。
と思っていました。

本題に戻り・・

Dsc00629

ランニングパス、パス&シュートの基礎練習を経て
いよいよゲーム。

天気も暑かったけどゲームも熱かった!

低学年と高学年と大人、
ほとんどのゲームが1点差、もしくは同点の
かなり白熱した試合になりました。

大人チームは私たちや見学に来ていたお母さん、
大人の高さをいかした攻撃に子どもたちは
キリキリ舞(←古い?)でした。
1点差勝ちですけど。。

Dsc00649

↓こちらは緊張のフリースロー 「入れ!」
Dsc00647

大人もそうでしたが、
子どもはみんな頭まで汗かいてビッショリ。

今日もみんな元気でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快晴!ドッチビー

皆さんこんにちは!

アフタースクール3号です。

今日もお天気に恵まれ、元気にドッチビーで遊んできました!

こちらの学校は本日3回目、
まだまだはじめて参加する子も多いので、
まずは基本スローのバックハンドとフォアハンドのおさらいです。

Dsc00537_2

みんなバックハンドはお手の物wink
一方、
フォアハンドに苦戦している様子sad

ゲームをする際はバック&フォアハンドが両方出来た方が有利なので
一生懸命練習ですup

Dsc00534

断然バックハンド派の子もいれば、
常にフォアハンドで投げる子もいて様々です。

お次はシュート練習。
先生がキーパーで 「みんな思いっきり投げていいよsign01
とのこと。

みんな、ここぞとばかりに投げてましたcoldsweats01

Dsc00538

続いて、キャッチ&スロー&シュートに挑戦。

なるべくディスクを落とさないよう、相手が取りやすくパスするのがコツ。

ゲームでも勝敗を左右する大事なポイントです。


さて、一連の流れを覚えた後は、お待ちかねのドッチビーshine


ではなく、本日はゴールを使ったゲームに挑戦。

トラベリング、過度なディフェンスはPKならぬPS(ペナルティスロー)など
きちんとルールを決めて実施。

Dsc00551

想像以上にパス廻しも上手で、ちゃーんと試合になってましたscissors

ディフェンスもお見事。

ちなみに、
アルティメットという本格的なフライングディスク(フリスビー)を使った競技では
審判はおらず、セルフジャッジで試合を行うそうです。

「セルフジャッジっsign02」 

動きの激しいスポーツでセルフジャッジとはとても驚きですね。

そんなアルティメットルールに則り、
ディスクを地面に落とすと相手ボールになってしまうルールも採用。

これがまた難しいsweat01

ディスクを落とさないよう、一つひとつのパスがかなり真剣になります。

パスをする際はもちろん、パスをもらう側も自然と良い動きになっていました。

チーム対抗戦を実施した後は、
恒例になりつつある大人チームVS高学年チームでの試合です。

いやまたこれが・・・

「これは何かの決勝戦sign02」と思ってしまう程、かなり白熱した試合になりました。

3号もめずらしく機敏な動きで参戦したため、画像がないのが非常に残念です。

3回目にしてこの完成度、残りあと2回の成長ぶりがとても楽しみですlovely

大人チームは、「体力・・・、そして持久力sweat02」という
重要かつ解決し難い問題を抱えていますが、
子ども以上に楽しんでいることが判明した今日この頃です。

短期間でも子どもから大人まで楽しめるこの競技は本当に夢中になります。

それでは、次回もお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

OYAJIダンサーズ、再び。

皆さんこんにちは!アフタースクール2号です。

さて、前回に続き、OYAJIダンサーズ、再びやってきました!
子どもたちも「あ!OYAJIダンサーズだ!」とお出迎え。

本日は新しい先生も。
わざわざ子どもたちのために有給を取ってくださいました。感謝!

20080702141733

ちょっとカッコイイでしょ?
今日のために、下北で購入した衣装です・・・catface

さて、本日は口コミも広がり、新加入が5名ほど。
基本から再度。

20080702144334

本日も子どもたちは絶好調!
特に、HipHopの音楽がかかるとノリノリですgood

しかも、休憩時間もOYAJIダンサーズは大人気。

20080702150608

この有様・・・

でも、新しい振り付けに進むことになると、真剣そのもの。

20080702151417

一通り教わったところで、例により、2班にわかれ、対抗戦に。

面白いのは、練習時間に、音楽がかかると自然と体が動いちゃう。
対抗戦なのに、みんなで練習。

20080702153625

みんな、よくがんばりました!

↓緊張の面持ちで発表

20080702154238_2

実は最後に、ご褒美が。

このチームに、ダンスで使っているCDをプレゼント。

さらにさらに、一番一生懸命、楽しくダンスをしている子に、OYAJIダンサーズ
からCDを1枚プレゼント!

↓みんな目をつぶり、発表を待つ。 どさくさに紛れてスタッフも。。笑

20080702154821

おめでとう!
選ばれた子は、実は今日このダンスのために、
予定をキャンセルして来てくれました!

最後はクールダウンしてめでたく終了。

20080702155022

OYAJIダンサーズの皆さま、ありがとうございました!

今回のプログラム、印象的だったのが「本当に自分の好きなこと、
打ち込めること」を、ダンスに見出してくれた子がいたことです。
一生懸命打ち込む姿をみて、感動しました。

また、先生方も、HipHopを通して、音楽に合わせて体を動かす面白さを
伝えることや、子どもたちに「がんばって何かに打ち込んでいるオヤジの姿」
を見せる楽しさを感じていただけたかと思います。

『子ども』も『大人』も元気になれる、とてもステキなプログラムだったと
思いました。

また会える日をたのしみに。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »