« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月20日 (水)

ノリエット永井さんに来ていただきました!!

   
みなさんこんにちは! アフタースクール2号です。

夏の特別企画プログラム第2弾。
本日はあの著名なパティシエ、ノリエット永井さんが
市民先生として小学校に来ていただきました!!
お店のHPはこちら。http://www.noliette.jp/


20080820140655_2

この方です。
全国から引っ張りだこでお忙しい中、子どもたちのために
来ていただきました。ありがとうございます。

噂を聞きつけ、今回は保護者の方も多数参加です。

本日のメニューは「パンドジェンヌのフルーツ盛り」。
まずは先生の説明。
先生の手さばきに子どもたちは釘付け。

↓簡単そうに見えますが、プロならではの技です。

20080820140315 



さて、みんなで挑戦です。

↓仲良く協力して作業を進めます。

20080820142015_3

↓はい、休まずまんべんなく混ぜて混ぜて!

20080820142655

↓先生にコツを教えてもらいながら流し込みgood

20080820143819

大事なのは、まんべんなく混ぜることと、玉をつくらないこと。
けっこう力がいる作業です。

さて、この生地を焼きます。
この小学校はとても協力的で、今日はナント給食室のオーブン
を使わせていただきました!

↓小生も生まれて初めて給食室に入りましたヨhappy01

20080820145658

↓こんがりいい焼き上がりnote みんなちゃんと混ぜたからね。

20080820150247


さて、次はこの上にのせる、カスタードクリームと、
フルーツを用意。この包丁さばきにも子どもたちは「おぉ~」。

20080820151435

↓見てください、この芸術の盛り付け。スゴイlovely

20080820152847 

↓最後に、ナパージュを塗って出来上がりです。

20080820153515_2


このナパージュ、熱いのですが、先生が塗りながら
「おいしいものをつくるには熱いくらいは仕様がない」
とおっしゃっていたのが印象的でした。

さて、皆で挑戦です。

20080820154337

20080820154400_2

↓なかなかでしょ!?

20080820155313

20080820160223

みなさん、よくできました!
いやいや、食べてみると美味しい!
特に苦労してつくったスポンジ部分が特においしい!

最後に先生からお話。

「私たちは自然のものを食べて命を永らえています。
だから、さっきのフルーツをむく時もムダにしない。
美味しい、不味い以前に、いつも自然のものに感謝することを
忘れないようにしてください。」

先生のこの最後のメッセージはとても重みがあり、感動しました。
子どもたちもとても貴重な体験になったと思います。
本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

大学生と一緒に豆腐づくり!

みなさん!アフタースクール2号です。

小学校も夏休みに入り、先週は放課後プログラムお休みでしたが、
今回は、世田谷区の小学校で特別夏休み企画、「豆腐づくり」を
行いました!

今回の先生は、お茶の水女子大学“Ochas”の方々。
だいずはかせ(!)と助士が豆腐の作り方を説明します。

まず、はかせのクイズから。

20080806133223

「みんな、しょうゆは何で出来ているか知ってる?」

「だいず~~」

「では味噌は?」

「だいず~~」

「豆腐は?」

「だいず~~」

意外と知ってます。


つぎに前日から水につけておいた大豆
と売っている大豆を比べてみます。

20080806133654

「大きくなってる!」
「やわらかくなってる!」

こんなに水吸うんだ!大豆って。

これをミキサーにかけます。
こういうのって楽しいですよね。
子どもってコナゴナにするのって好きですよね。

20080806135824

できたものを「呉」というそうです。知らなかったなぁ。
大人も勉強になりますな

20080806134837

はい。これを今度は火にかけて混ぜます。
冷たいままの呉を使ってはうまく豆腐ができないそうです。
子どもたちの何人かも疑問を持っていました。
答えは後ほどの「にがり」にあり。

20080806143114


これをガーゼで漉すと・・・
こんな感じで「豆乳」と「おから」にわかれます。

20080806143948


豆が作業の中で2つのものにわかれてしまう。
実際に自分で経験したから忘れない「学び」です。

この豆乳の方が、豆腐になるんですね。
おからはお土産。お家で使ってください!
「わたしが作ったんだよ!お母さん!」という家庭での
会話が生まれるのも体験プログラムの良さです。

さて、ついに魔法の水「にがり」が登場。
(わたくし、にがりを買いに行ったとき野菜コーナーに行ってしましました。
てっきり野菜かと・・・お恥ずかしい。)
これが豆乳を豆腐に変えてしまう、不思議な水です。
ここで豆乳が冷たいままだとうまく固まらない。


最後に水を切って、

20080806145835


はい出来上がり!!

20080806150323

混じり気なしのおいしさ!正直な感想、甘い!
自分で作ったものはおいしいね~

最後にはかせより、
「何気なく食べているものが何でできているのか、
考えてみると面白いですよ!」とお話があり、
本日は終了です。

やはり、食育っていうのは、つくることが一番学びが多いという気がします。
みんな、家に帰って自慢してね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »