« 第2回編み物。着々と。 | トップページ | カバゴンVSドッチビー »

2008年11月26日 (水)

カバゴンが来た!バクハツの実験!

アフタースクール2号です。
あの、カバゴンこと阿部進先生が再び世田谷に来てくれました。

おじいちゃんおばあちゃん世代、そしてお父さんお母さんも
知っている、昔テレビに出ていらっしゃった先生です。

いつもすごいと思うのは、阿部先生の実験の約2時間、
子どもたちは楽しいからずっと集中しているのです。
いまの子どもは集中力がない!と言われていますが、
そんなことはないかもしれません。

さて、本日の実験は4つ。
まず見る実験「輪ゴムはエライ」。

↓まずは、実験の危険さを説明。集中してやることを説きます。
20081126141046

↓助手がつき、1杯ずつ砂を入れていき、輪ゴムで持ち上げます。
 切れそう!!bearing 子どもは「キャー!」
20081126142723

なんと10杯までいきました!

↓エライ輪ゴムを贈呈。表彰式です。笑
20081126143959

↓途中、漢字の成り立ちの話も。一同「なるほど~」
20081126145509

次にやる実験「バクハツ」。

↓わかります? 紙コップが飛んでいます。
20081126151033

↓ではやり方を。フィルムケースにお湯を入れ、バブを入れます。
 そしてパチンとふたを閉め、紙コップをかぶせます。
20081126152354_2

↓すると・・・ バクハツします! 逃げ惑う子どもたちdash
 紙コップ、飛んでます!
20081126153305

↓次にドライアイスを使います。机の上で転がすとスーッと滑ります。
20081126155153

初めて触る子もいます。イイ経験ですね。

↓このドライアイスをフィルムケースに入れて・・・
 ポーン!
20081126155309

↓最後に紙コップに洗剤を入れ、お湯とドライアイスを入れると・・・
 ホラ不思議! ブクブクブクブク 
20081126161018


先生はいつも「なぜそうなるか」の説明をしません。
それは学校の授業じゃなく、放課後の時間だから。
自分で楽しく実験をしているうちに、「なんでだろう?」と
なるときがくるかもしれません。

この楽しい実験を家に帰ってお父さんお母さんに話したり
やって見せたりする子がたくさんいると思うと、
なんだがワクワクしてしまう2号でした。

いやーしかし面白いですよコレ。


|

« 第2回編み物。着々と。 | トップページ | カバゴンVSドッチビー »

学びのプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/25671776

この記事へのトラックバック一覧です: カバゴンが来た!バクハツの実験!:

« 第2回編み物。着々と。 | トップページ | カバゴンVSドッチビー »