« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月21日 (日)

第2回 想い出アルバム作り

今回もアップル社に全面協力頂き大好評の「想い出アルバム」作りを実施しました。

想い出の写真をMovieにして音楽とコメントを付けてDVDにします。
事前に撮りためてきた写真から厳選した30枚を持参してもらいました。
その場でスキャンして準備完了です。

Img_0577

アップルの先生が作ったデモを観て今日の流れを確認。
思わず親御さんから拍手が。
これを3時間で作るのですから皆気合が入ります。

ほとんどの方がMac初体験という事でしたが簡単に操作説明をして
すぐにムービー作り開始です(操作はすごく簡単なんです)。

Img_0582

iMovieというビデオを編集するソフトに写真を取り込み順番を整えます。
ドラッグして入れ替えるだけ。
みんなどんどん作業を進めていきます。
でも子どもたちにはちょっと退屈みたいですね。

そこで今回も子どものインタビューを収録する事に。
お題は「今年一番嬉しかった事」「お父さんお母さんの好きなところ」
子どもたちが何て答えたか、親御さんには内緒です。

Img_0594

その間に写真にコメントを付けたり写真の切り替わり方を工夫したり、、
凝り出すと止まらないので切りのいいところでBGMを入れていきます。

iTunesで読み込んだ曲を載せると一気にDVDの完成が近きました。

別撮りしたインタビューを読み込みDVDメニューを作成していよいよ
ディスクを作成します。ワクワクしながら10分ぐらい待ったらあっという間に
完成となりました。

Img_0600

今回はスムーズに行ったので一足先に完成させた親子のムービーを
全員で鑑賞することに。
素晴らしい出来栄えにその場のみんな見入っていました。

普段なかなか子どもに言わない事を写真のコメントにしたり、
写真を通してこれまでの色々な事を想い返したり。
親御さんに取って思い出深い作業になったようです。

Img_0586

「大切な子どもたちのために、大の大人達が本気で取り組む姿勢が素敵だと思います」
とコメントまで頂きました。
そう感じてもらったことが私たちには何よりも嬉しかったです。

これでおじいちゃん、おばあちゃんにも
嬉しいクリスマスプレゼントが出来ましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

ペンキ塗り第2弾!

どうも。アフタースクール2号です。
みなさん、本日は今年1年の締めくくり、最後の放課後プログラムです!

↓前回につづき、これです。
20081217154726

そう、「放課後の家」ペンキ塗りです。
子どものテンションも集中力も最高潮です。

↓今日も先生の説明ではじまります。
20081217140942

↓ハリを貼って、色がはみ出ないようにします。
 あとで見たら思いっきりはみ出てましたが・・・coldsweats01
 ま、ご愛嬌ということで。。
20081217143335

↓ピンクうさぎ。
20081217143406

↓雲を描く練習。
20081217150342

↓ほら! 感じが出てます。使っているのはスポンジ。
20081217151628

↓オヒサマは人気で、ジャンケンで勝ち抜いた精鋭が描きます。
20081217151034

↓描いた後は乾かす!! 人間扇風機。
20081217152858

↓使った道具はしっかり自分で洗う。
 子どもたちはちゃんと役割を分担しています。
20081217150438

こんな感じで今日もあっという間に2時間たちました。
本日すべてのペンキ塗りは終了しませんでしたが、
外観はステキな家になってきましたよ。

このダイナミックな取り組み、本当に皆たのしそうでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

演劇のプログラム第2弾

演劇のプログラム第2弾
今回もアフタースクール4号がレポートします。

前半は前回覚えた「道具がなくても遊べる!」シリーズ。
いろいろなジャンケンがあるんです。
Img_0562 
先生が出した手に必ず負けるあと出しジャンケンや、
先生が両手で出ていない手をすぐに答えるとか。

他にもジャンケンの「グー・チョキ・パー」そのものを変えることに。
身体全体を使って「ポテト(グー)・エビ(チョキ)・白菜(パー)」にしました。
さすがに子どもたちは呑み込みが早く、相手を変えながら楽しんでいました。
Img_0563

次は4人組で朝食の風景を作り出してみます。
普段はただの友達だけど、家族になり切ります。
子どもたちは想像力を膨らませて色々なストーリーを作っていました。
Img_0565

後半はみんなで誰もが夢中になった秘密基地作り!
と言っても本物を作ると見つかってしまうので空想したものを
みんなでつなぎ合わせるという物です。

森の中にブランコや滑り台のある基地になります。
まずは一度それを身体で作ってイメージを膨らませた後、
設計図を紙に書くことに。
Img_0571 
なぜか基地の中に学校まで建ててしまいました。

2回にわたってほとんど道具を使わずに色々な遊びを楽しみました。
普段のちょっとした事も友達が集まればこんなに楽しめる!
そう誰もが感じた楽しい教室でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

編み物ファイナル!

アフタースクール2号です!
本日は編み物プログラム、第3回目、ファイナルです!
今日も大盛況、20名を越える子どもたちの参加です。

プログラムが始まる前に、子どもたちに、つくった作品を誰に
あげるか、聞いてみました。

「自分で使う!」
「ママにあげる!」
「いとこにあげる!」
そして、「サンタさんにあげる!」なんて意見も。笑

では様子をどうぞ。

↓先生は今日も引っ張りだこ。
20081210145350

↓1本針を使いこなすツワモノも。
20081210145412

↓力作です。この子は、本当に黙々と没頭してました。すごい集中力。
20081210153524

↓完成!モコモコがかわいい。
20081210151146


↓いちおう2号の作品。。失礼。一応みつあみです・・・
20081210152958


様子を見に来た保護者の言葉が印象的で、
「わー楽しそう!お家ではできないことね~~」
確かにそうかもしれませんね。

また、今日終わらなかった子に対しても、先生から現場のスタッフへ
技の伝授がありましたので、先生が来なくてもスタッフの方が続けて
教えてくれます。
これぞ放課後ならではの活動の広まりですね。
一方で、この手編みをマスターしている子どもが、他の子どもを教える
場面も多々ありました。子どもが先生になる。素晴らしい光景でした。

このプログラム、結構いいです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

道具が無くてもこんなに遊べる!

今回は演劇のプログラム

アフタースクール4号がレポートします。

演劇のプロ2人がアタマとカラダを使って色々な遊び方を紹介してくれました。

まずは手拍子に合わせてその場でウォーキング。

でもどうしても動いてしまう子どもが続出!

Dvc00143

良いウォーミングアップになったかも。。。

次は好きなものや年齢などテーマを決めてグループを作ってみます。

好きな食べ物では「マンゴー!」という子どもも…現代っ子っぽいなぁ。

Dvc00144

続いては目を閉じてうつぶせになります。

子どもが見ていない中を先生がそーっと歩き気が付いたら手を挙げていきます。

気持ちを集中して音と気配を感じ取ります。

Dvc00145

音に注目したところで、次は音の連想ゲームです。

目をつむった子どもに聞こえる音が何に聞こえるか感じてもらいます。

たとえばおもちゃのブロックをガチャガチャとかき回したところ、

「電車が走ってる!」という子どもがいたりイメージを膨らませていました。

後半はペアになって体で表現してみよう!”がテーマ。

まずはふたりで打合せ無しでお題となる2つの物を表現します。

Dvc00147

「ナイフとフォーク」や「バス停と停留所」など。

同時にナイフをやってしまって慌てて2人ともフォークをやったり、

繰り返すうちに大人では想像できない表現がどんどん出てきました。

最後はみんなで空家を探検!したつもりで表現していきます。

途中で宝箱を見つけてビックリしたポーズをしたり

階段から落ちてひっくり返ったり、、、

Dvc00148

テレビゲームには無い状況にみんな大興奮!!

あっという間に2時間が終了。

子どもたちも道具無しでこんなに遊べる事に素直に喜んでいて

「家での遊びの種類が増えた、ゲームばかりしているお兄ちゃんと遊ぶ!」

という声も。

遊びの輪をどんどん広げていこうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

今年締め!ドッチビー

アフタースクール3号です。

こちらの学校も今日で5回目の最終回。

5回目ともなると、子どもたちとも随分打ち解け
とても親近感が湧いてしまう3号です。

さて、今日は子どもたちのどんな姿が見られるのでしょう?

まずは鬼ごっことキャッチディスクでウォーミングアップです。


基本を再確認した後は、2つのプログラムに挑戦。

男の子チームはゴールゲームです↓
P1020275
歩かず、固まらず、チームワークでのパスまわしが難しい!

(実は市民先生よりも…遠くに見える学校の職員さんからも
相当なゲキが飛んでいますcoldsweats01 頼もしいshine


一方女の子チームは…
P1020274
バスケットゴールを利用したバスケットボールならぬ
「バスケットディスク」ゲームです。
ボードに当てれば1点、ゴールに入れば3点です。

なんでもゲームに出来てしまうことがドッチビーのすごいところですね。

でもボードに当てるのも結構難しいんです。
↓自主練を隠し撮り…
P1020289


2つのゲームで汗だくになった後、
締めはやっぱりドッチビーゲーム!

前回までと比べると、得意な子・不得意な子を問わず
全員がディスクに触れる回数が多くなったような気がします。

みんなの成長ぶりにすっかり感心していると
思いっきり狙われ、ほとんど外野専門の3号でした。


今日は最終回ということで、5回参加皆勤賞の子には
先生からドッチビーシールのプレゼント。

なんと嬉しいことにさっそくランドセルに貼ってくれた子もhappy01
P1020298
目立ちますね~。宣伝になりますね~。

その後も、「先生見て見て!貼ったよー!」と
数人の子が報告にきてくれました。


さらに、今日で最後ということで…
折り紙でつくったこんな可愛いプレゼントをもらいました。
P1020302

プログラムを通して、子どもたちにいろいろ伝えられたらいいな、
と思っていますが、大人が教わることの方が多い気がします。

これからも子どもたちにとっても、大人にとっても
実りのある楽しい時間を共有していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイナミックにインテリア再開!

アフタースクール2号です。

先日ご報告したとおり、コンペも終わり、本日から
インテリアデザインプログラム再開です!

本日のプログラムから、いよいよ実際に体を動かしていきます。
非常にダイナミックなプログラムで、普段、絵などを描いていても
こんなに大きな作業はないのではないでしょうか。
もしかしたら一生のうち、一度かもしれません。
子どもたちの印象に残ること間違いなしです。

早速写真で作業を紹介。

↓まずは先生方からの説明。
20081203140101

↓まずは型をつくっていきます。
20081203142147

↓こうすると、ペンキを塗っても大丈夫なわけです。
20081203143744

↓いよいよペンキ塗り!子どもたちは恐る恐る、でも興奮気味に塗っていきます。
 消しゴムでは消せないし、やりなおしはきかない!
20081203144800 

↓内側はハリがたくさんあって大変!
20081203144931

↓時には先生に教えてもらい・・・
20081203145324

↓時には図面を確認して・・・
20081203151000_2

↓圧巻はこれ。一斉に屋根を塗りたくります!楽しそう♪
20081203154606

今日はたくさんの作業があったのですが、
我々にとっても子どもにとってもあっという間の時間でした。

「楽しいことって時間たつの早い!」と言っていた
子どもが印象的でした。

プログラムをしていていつも思うのは、
この中から将来、デザインの仕事に就く子、ペンキ屋になる子
などが将来出てくることを想像するだけで、
何かワクワクしてきてしまうのです。
もしかしたら色の専門家なんかも出てくるかもしれません。

子どもたちの将来に何か関わっていけたら・・・
と思ってしまう、感傷的な2号でした。
(年取ったのかな・・・寒いからかな・・・)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

インテリアデザインプログラムの当選発表&下準備。

アフタースクール2号です。

本日は、インテリアデザインプログラムに関するご報告。

まず、前回の子どもたちのプレゼン発表と投票を受けて、
実際に「放課後の家」に反映する作品が決まりました!
ここに発表いたします!

↓外装は・・・こちら!!(一番左) かわいいですね~
Epsn0246

この作品をつくった子は、家作りからずっと関わっている子です。
さすが思い入れがちがう。
2号としては、嬉しいです。

↓そして・・・内装はこちら!!
Epsn0258

わかります? 天井が空です。
緑の壁。そんな部屋、入ったことないのである意味楽しみ。。

本日学校にてポスターで結果発表されましたが、
「あ!私これに1票入れた!」なんてコメントもありました。

選ばれなかった作品の中にも、インテリアデザイナーの先生たちを
かなり唸らせたものが数々あったそう。
子どもの発想力や創造力、恐るべしです。


さて、もうひとつご報告。
本日、3日のプログラムに向けて、下準備をしてきました。
その様子を作業順にどうぞ。

↓パテといって、ビスを打ったところを補修します。
 こうすると、ペンキを塗ったときにでこぼこにならず、
 キレイにしあがるそうです。
20081201132013

↓次にペンキを塗ります。
 左がプロのペンキ屋さん(酒井さん)、右がインテリアデザイナー(小野上さん)
 奥がお手伝いしてくれた子どもたち。
20081201151541

↓2号もペンキ塗り初体験。楽しいのですが、かなり重労働・・・
 腕がパンパンになります。。
20081201160234

↓プロが仕上げます。(我々の作業の5倍は早い・・・)
 ちなみに、ペンキは2度、塗ります。
 1度だと、木がペンキを吸うため、キレイに仕上がりません。
20081201164439

↓こんな感じで完成!これに子どもたちが3日から色をつけます。
20081201155612

こういった大人の準備が放課後プログラムをスムーズに
動かす大事な作業の1つです。

また、楽しいこと(デザインとか)をする前に、こういった下地づくり
の作業があることを、今日見た子どもたちが感じ取ってくれると
いいな、と思います。

次回が楽しみ! 子どもたち、驚くかな?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »