« 今年締め!ドッチビー | トップページ | 編み物ファイナル! »

2008年12月10日 (水)

道具が無くてもこんなに遊べる!

今回は演劇のプログラム

アフタースクール4号がレポートします。

演劇のプロ2人がアタマとカラダを使って色々な遊び方を紹介してくれました。

まずは手拍子に合わせてその場でウォーキング。

でもどうしても動いてしまう子どもが続出!

Dvc00143

良いウォーミングアップになったかも。。。

次は好きなものや年齢などテーマを決めてグループを作ってみます。

好きな食べ物では「マンゴー!」という子どもも…現代っ子っぽいなぁ。

Dvc00144

続いては目を閉じてうつぶせになります。

子どもが見ていない中を先生がそーっと歩き気が付いたら手を挙げていきます。

気持ちを集中して音と気配を感じ取ります。

Dvc00145

音に注目したところで、次は音の連想ゲームです。

目をつむった子どもに聞こえる音が何に聞こえるか感じてもらいます。

たとえばおもちゃのブロックをガチャガチャとかき回したところ、

「電車が走ってる!」という子どもがいたりイメージを膨らませていました。

後半はペアになって体で表現してみよう!”がテーマ。

まずはふたりで打合せ無しでお題となる2つの物を表現します。

Dvc00147

「ナイフとフォーク」や「バス停と停留所」など。

同時にナイフをやってしまって慌てて2人ともフォークをやったり、

繰り返すうちに大人では想像できない表現がどんどん出てきました。

最後はみんなで空家を探検!したつもりで表現していきます。

途中で宝箱を見つけてビックリしたポーズをしたり

階段から落ちてひっくり返ったり、、、

Dvc00148

テレビゲームには無い状況にみんな大興奮!!

あっという間に2時間が終了。

子どもたちも道具無しでこんなに遊べる事に素直に喜んでいて

「家での遊びの種類が増えた、ゲームばかりしているお兄ちゃんと遊ぶ!」

という声も。

遊びの輪をどんどん広げていこうね。

|

« 今年締め!ドッチビー | トップページ | 編み物ファイナル! »

表現のプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/26087058

この記事へのトラックバック一覧です: 道具が無くてもこんなに遊べる!:

« 今年締め!ドッチビー | トップページ | 編み物ファイナル! »