« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

【日本文化】日本舞踊を踊りましょう

本日の放課後プログラムは「日本文化シリーズ」。

2つの小学校で日本舞踊と狂言が行われました!
両方とも日本の伝統文化でありますが、
少々敷居が高く、なかなか実際に見たことはないもの。
こういうものを自然に体験できるのが
放課後プログラムのいいところであります。

まずは先生のご紹介。
本日の日本舞踊は花柳流。
・花柳 沙里樹(さりじゅ)さん
・花柳 福華馨(ふくかけい)さん
・大谷 友彦さん
の3名様が小学校に来てくださいました。

Dscn2874

子どもたちを正座で迎える先生たち。
凛とした雰囲気が教室に漂います。

礼に始まり、
まずは先生の模範演技を見せてもらいます。
Dscn2864

Dscn2860

この踊りは日本舞踊の中でも
歌舞伎舞踊の流れを組むもの。

動きもあり、かけ声もあり、とても見ごたえのあるものでした。
日本舞踊というと、
しっとり、はんなり、をイメージしていたところに意外な驚きでした。
そして子どもたちも目の前でそれが見られ、
まさしく目をまるくしていました。

そしていよいよ先生たちからいろいろ教えていただきます。
今回教えていただくのは「日本の美しい所作」
いいですね~。親御さんにも喜んでいただけそうです。

まずは礼の仕方。
Dscn2880

↑頭がピンと糸でつられている感じ~

↓そうですキレイに出来ました~

Dscn2883

続いて浴衣の着付けです。
最近は子ども向けの着やすいふんわりした帯がありますが、
今日はあえてみんなきちんとした帯に挑戦。
先生たちの指導により、
みんな1人で着られることを目標に着付けの指導。
Dscn2893

Dscn2897

ハイ出来ました。
美しいですね~

Dscn2900

さぁみんなの浴衣の着付けが揃いました。
教室内の雰囲気はさらに一変。
やっぱり違います。

Dscn2908

浴衣を着たところで、
続いて歩き方のお話。

↓こうして右側をちょこっと持ち上げると美しいのですよ。
Dscn2909

そして改めて座り方、立ち方。

そうです、さらに美しくなってきました。
Dscn2914

そして習ったすり足を練習しながらのゲームです。
Dscn2932

すり足、座布団とりゲームです。
音楽が止まったら座る!というゲーム。
もちろん急ぎながらもおしとやかに座らなければなりません。

ゲームのあとは先生のお話。

先生のお話で印象的だったのは
「文化というのは、人から人へ、親から子へ、体から体へと
受け継がれてきたもの」
「そして皆さんもまさに日本の伝統文化の中にいます」
「ぜひ必要なものを受け継いで伝えていってくださいね」、と。

子どもたちからもさらにいろいろな質問が出て
盛況のうちに終了。

日本ってやっぱりいいですよね。
子どもたちもとっても気に行ったようでした!

先生たち、またいらしてくださいね!!






| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

【狂言】狂言プログラム第2回

みなさま。アフタースクール2号です。

本日も三宅藤九郎さんによる、狂言プログラムです!
第2回の今日は、最後に我々が放課後プログラムでこだわっている
「発表」があります。

第1回に先生より、「最後にみんなの前で身につけたことを発表してもらいますよ!」
と前フリがあったとおり、1つの目標に向かってやることも一つの“楽しさ”です。

がんばってできると、子どもにとって大きな自信や達成感が得られるからです。


さて、今回は、前回狂言を体験し「またやりたい!」
(はじめての子でやりたいという子もいました)と自主的に参加を募りました。
それだけに、体育館に入ってきた子どもたちの顔つきがちょっと違いました。


<ちょっとイイ話①>
スタッフから聞いた話です。前回、途中「つまらない」と出て行った子が
いました。でも、みんなが大きな声で謡っているのを聞いてやっぱり
やりたくなったらしく、そーっと戻って来た子がいたそうです。
放課後ならではの光景ですね。



では様子をどうぞ。

↓まずは座る姿勢から。 ピンとしていてカッコイイですね。
Dsc01188


↓先生からの手ほどき。
 最近は正座をする機会もなくなりました。
Dsc01190_2


↓前回のおさらい。つづきで小謡「兎」です。
 先生のお召し物は今日もステキです。
Dsc01186


<ちょっとイイ話②>
姿勢、立ち方、座り方を何度も練習しましたが、その中で「息の吸い方・吐き方」
も先生は教えてくださいました。座るときに「ふーっ」と吐く。
これができるだけで立ち振る舞いがまた変わってくるから不思議です。


↓この「兎」に合わせて、今日は先生を真似て、「舞」も行いました。
 これぞ狂言!
Dsc01189_2 


↓いよいよ発表です。
 5人1組に分かれて舞台に立ち、みんなの前で自分達だけで謡います。
 みんな飲み込みが早いっ! うまいうまい!
 特に4年生チーム、バッチリでしたよ。
Dsc01191


「緊張した人!」
「はーい」(全員)

「先生は舞台のとき緊張しないと思う人?」
「はーい」(全員) 笑


↓最後にもう一度、「兎」をみんなで。
 舞台に一度立ったみんなは、今日一番のイイ声を出してくれました。
 先生の声が聞こえないくらいに。
 周りで見ていた保護者やスタッフから大きな拍手が。
Dsc01193


<最後にちょっとイイ話③>
「みんなが一生懸命やってくれるから、先生も一生懸命一緒にやることが
できました!」


↓最後は恒例のサイン会lovely
Dsc01194


今回、改めて日本の「伝統文化」の良さを体感しました。
子ども達にも何か残ればいいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

【ハーゲンダッツ様】アイスクリームのひみつ

みなさま!
2号です。

本日は横浜市の小学校に、あのハーゲンダッツさんが来ていただきました!
(横浜市のこの小学校では、土曜日の午前中に「土曜学校」という取り組みを
行っています。そちらにアフタースクールがプログラムをコーディネートする
カタチで実現しました。)

プログラムのテーマは子どもが大好きな「アイスクリーム」のひみつです。
これは面白そう!! 期待が膨らみます。

ちょっとマジメにレポートします。


↓こちらです。たくさんの写真とともに、資料を用意していただきました。
Dsc01154

↓まずはアイスクリームの重さを調べます。
 ハーゲンダッツのアイスクリームと他社2種のアイスクリーム。
 同じ量だったら同じ重さなのか??
Dsc01159 Dsc01158

↓答えは・・・ハーゲンダッツが一番重いんですね。
 理由は①原材料がたくさん入っている ②入っている空気がかなり少ない!
 スクリーンには、他社製品の空気のブツブツが出ている様子と、ブツブツが
 出ていないハーゲンダッツ製品が。 驚きです。 一同「おぉ~」
Dsc01161

だからハーゲンダッツはちょっと高いんですね~


↓次に原料当てクイズ。 「どれだろう・・・」
 「へー。いつも食べているバニラの元がこれとは。。」
Dsc01169

↓初体験のマカデミアナッツ割り!
 殻を大事に持って帰っている子どももいました。。
Dsc01171


↓ここでお待ちかねのブレイク。
 アイスのプレゼントheart
 硬い&味が濃厚なのは「入っている空気が少ないから!!」
 ちゃんと学んでいます。
Dsc01165

↓最後は味くらべ。
 どっちが一度溶かしてまた固めたものでしょう。
 食感が少し「シャリ」っとし、味が少し落ちるそうです。
 一度溶けてまた固めると、氷の結晶が大きくなってしまうそうです。
Dsc01180


さらに、プログラム中の話に上がった目からウロコのお話を少しご紹介。

「ハーゲンダッツでは着色料を使っていません。すべて原材料の色です。
ストロベリーの色もそう。このおいしい赤い実をアメリカで見つけてきました。」

「アイスクリームには消費期限・賞味期限は書かれていません!」

「アイスクリームは-18℃以下で保存しましょう。-14℃でも、実は
アイスクリームは溶けています!」



企業のリソースを使ったプログラムというのは、子どもにとっても学校にとっても
とても魅力的です。

今後も企業CSRという形でこのような取り組みが増えていくことを一同願っています。


ハーゲンダッツさん、また来てくださいね!
Dsc01175




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

【狂言】十世 三宅藤九郎さん、放課後に登場です。

みなさま、アフタースクール2号です。

今日はナント、あの日本初の女性狂言師、三宅藤九郎さんが
放課後に登場です!


私も実は事前に、銀座にある能楽堂に一度出向き、人生初の「狂言」を
堪能してまいりました。

感想は「圧倒された」、です。

今日子どもたちがその「圧倒される経験」を同じように感じてもらえるか
と思うと、非常にワクワクして今日を迎えた2号です。


さっそく、その様子をどうぞ。

↓本日の告知です。かわいいでしょ?
P1030391


↓こちら藤九郎さん。とてもステキな方です。
 衣装がカッコイイ。子どもたちも釘付けでした。
20090617141153

↓今日もたくさんの子どもが集結。
 楽しみにしていた子もたくさんいました。
 噂を聞きつけた民生委員の方や保護者の姿も。
20090617145206


狂言は2種類あり、今回は「和泉流」という狂言を学んでいきます。


<ステキなお話①>
三宅藤九郎さんは十世です。
一世から九世の方々が代々、守り伝えてきたものであり、名前だそうです。
狂言は室町時代から600年続いてきた伝統芸能です。
お師匠さんが代々守り伝えてきた、すごく歴史あるものなのですね。

ちなみに藤九郎さんの初舞台は3歳。
みんなより若いときから舞台に立っていることにビックリ!!


↓伝統芸能ならではの「礼に始まり礼に終わる」
 みんな様になっています。
20090617150711

↓こちらは「立ち方」
20090617150530


↓今回のお題は「兎」です。
 題のとおり、兎についてのお話なのですが、うたの最後に
 「うさーぎーーーーーーっ」と締めくくられます。 2号、お気に入りです。
 藤九郎さんがまずお手本でうたったのですが、その瞬間、空気が震えました。
 これがプロの技。写真のとおり、みんな固まりました。
20090617152507


↓藤九郎さんの実演。
 立ち振る舞いが“凛”としていて、子どもたちも尊敬の眼差しなのです。
20090617154449

<ステキな話②>
「今できる一番をやってください。姿勢だったら今できる一番イイ姿勢をとる。
次もそう。そうするとどんどん良くなっていきます。」
「1回で集中してピシっとやる。1回でできれば稽古は短時間でよい。
 私も稽古のときによく言われたことです。」


↓休憩時の光景。
P1030389

↓藤九郎さんの実演。これは「小舞」という、うたいながら舞うものです。
 こんなのが間近で見られるなんて贅沢・・・
P1030393

↓もう1回サービスで、扇を開いた「若松」という小舞。
 抑揚があるうたい方も狂言の特徴です。
20090617155019


↓参加した大人もピシっとしてしまう雰囲気がありました。
20090617160244


最後に、今日練習した「兎」をみんなでうたい、終了しました。
みんな、飲み込みが早い! しっかり声も出ていました。
うたはもちろん、礼、立ち方、座り方もマスターしていました。

最後に
<ステキな話③>
狂言に興味を持ったのか、ある子が表に張り出してある告知のポスターを
一生懸命書き写していました。
(ポスターには藤九郎さんの名前や今日何をやるかが書いてありました)


来週はさらに練習を積んで、発表会です!
おたのしみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

【音楽】山田パンダさん放課後に登場!!

アフタースクール1号です。

本日ついに山田パンダさんがやってきました!
この企画、私たちとクラブ・ウィルビーさんとの
ジョイント企画で実現いたしました。
http://www.club-willbe.jp/index.html
*クラブ・ウィルビーさんは「日本に大人の文化を!」
というメッセージを掲げる素敵な大人のネットワーク組織です。

パンダさん、まずはみんなと一緒に体育座りで話を聞きます。
Dscn2691

そしてご挨拶です。
「山田パンダです。本日よろしくね!」

Dscn2698

ここで子どもたちからは
「なんかテレビとか出そうなひとだなぁ。。」という感想が。
↑はい、正しいです。子どもはなかなか鋭いです。

子どもたちと遊びたい、とおっしゃってくださったパンダさん、
いよいよ子どもたちのところを回ります。

まずはシーソー。
Dscn2713

そして「テニスをしようよ」とのお誘いが。
Dscn2720

続いてボール遊び。
華麗なボールさばきを教えてあげます。
Dscn2725

さらに鉄棒を見て。
Dscn2730

続いてサッカーです。
パンダさん、シュート!
Dscn2733

さらにドッチボールのお誘いが。
Dscn2749

すっかり一緒に遊んでくれました。

そして部屋に戻っていよいよ準備です。
Dscn2759

仲間に入れてくれた子どもたちへのお返しにと、
歌のプレゼントです。
Dscn2772

歌はドラえもんの歌やソーラン節。

さぁのってきました!
「はぁ~どっこいしょ♪」
Dscn2781

そして子どもたちにギターを触らせてくださいます。
Dscn2783

みんな、さっきまで優しく遊んでくれたパンダさんの
歌とギターに目を丸くしていました。

最後におまけ。
子どもたちが持ってきた絵本は
「パンダコパンダ」
Dscn2801

パンダさん、という愛称がすっかり気に入ったようでした。

本当に優しいパンダさん、
子どもたちともすっかり打ち解けました。

パンダさんの子どものころの放課後の想い出は
「ぼーっと空を見ていたこと」だそうです。
そしてその時間が今思えばとっても貴重な時間だったそうです。

大人になられて、今の子どもたちの放課後を見守ってあげてください。
ぜひまた遊びにいらしてください!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

【スポーツ】FC東京さん、ありがとう!

みなさま
アフタースクール2号です!

今日もFC東京さん、世田谷区内小学校に来ていただきました。

ちなみに前回はスーツのため参加できなかった2号も、今日はしっかり
ジャージ持参で、バリバリやる気です。

本校、FC東京ファンが多い!

中には毎週、味の素スタジアムに親と通う子もいて
(プログラム中も応援歌を歌っていました 笑)、
まさに「お待ちかね」のプログラムで、
総勢、46名の子どもたちが参加しました。


ではその様子をどうぞ。
今日もメインはイケメン、クボコーチです。


↓まずはウォーミングアップ。
 クボコーチの言う方向と逆に動いたりします。
 FC東京さんの、こういう子どもたちが楽しめるゲームの引き出しの多さにも驚きます。
20090610144240

↓次は鬼がシッポを取るというゲーム。
 その場をクルクル回りながらシッポをつけた子を守ります。
 ハイ、回って回って~
20090610145133

↓次は攻撃と守備に分かれて、1対1です。
 攻撃は、後ろから守備の股を抜いてスタート!
20090610151822

↓いよいよ各チームに分かれてゲーム。
 クボコーチも混ざってくれました(・∀・)
P1030353

↓コーナー。チャンス!!
20090610153821

↓最後にお約束の、コーチ陣vs高学年。
 みんな好きな方のチームを応援します。
 ちなみにここには映っていませんが、冒頭のFC東京ファンの子は、
 朝礼台の上で応援歌を歌っていました(笑笑)
20090610154752

↓行き遅れる2号・・・(一番ひだり)
P1030373

↓最後はFC東京の選手が載っているリーフレットのお土産。
 当然、サイン会もありました。
20090610155433


うれしかったのは、放課後らしく
6年生のサッカースクールに通う子から、サッカーをやったことのない
1年生や女の子まで、幅広く参加してくれたこと。

本日も、FC東京の皆さま、お忙しい中ありがとうございました!
またよろしくお願いしますっ!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

【スポーツ】梅雨入り前!?元気にドッチビー

アフタースクール3号です。

本日は3回目、最終回プログラムです。
こちらの学校は、昨年も5回のプログラムを行い、
ピカピカの1年生以外は、ベテランの子どもたちばかりです。

でもまずは最初に・・・準備体操&そしてやっぱり鬼ごっこ。
P1030271 P1030274
今日も元気いっぱいです(o^-^o)

お次は1・2年生チームと高学年チームに別れ、それぞれのプログラムです。

高学年チームは「ディスタンス」というディスク飛ばしにチャレンジ。
P1030277
これまで何度かチャレンジしましたが、
最終回の今日は今までで一番遠くに飛ばすことができるでしょうか?

風の方向を読みながら、上ではなく前にまっすぐ飛ばします。
ディスクは軽いので風に流されやすいですが、しっかりコントロールをすれば
意外に飛ぶんです!

「"遠くに飛ばす=力を入れて投げる"ということではないんだよ!」
と、先生からも徐々にレベルアップしたアドバイスが!
P1030280_2

続いて今日は「ディスクキャッチ」にもチャレンジ。
実践ゲームでは意外と「キャッチ」が重要だったりするのです!

遠くから先生が飛ばすディスクを2人で競って・・・・
P1030282 P1030284
見事キャーーッチ!!


一方、1・2年生チームは?
P1030285
先生のシュートをキャッチする「キーパー練習」を特訓中。

ディスクは当たっても痛くないところが良いところ。
「先生、思いっきり投げてみて!!」などと、
低学年の子どもたちもすっかりディスクとお友達になれたようです。

そして、いよいよドッチビーゲームに挑戦です。
今日は全学年合同で、青チームVS黄チームに別れて対戦です。
P1030293 P1030303_3
本日の対戦は、外野を使ったパスまわしが功を奏した青チームが優勢らしく・・・

P1030297 P1030301 
黄チームは仲間内での取り合いになってしまったり、ディスクを繋ぐのに悪戦苦闘!
見かねた先生との作戦会議も・・・!

今日の結果は前半戦・後半戦共に青チームの勝利となりました!
チームワークって大切ですね~。

最後にもう一度、1・2年生チームと高学年チームに別れてゲームを実施しました。

高学年チームはゴールゲームに挑戦。
パスを繋いでゴールを目指すのですが、パスを繋ぐ途中にディスクを落としたら相手ボールになり、ファールをしたらPKというルールです。
P1030306

今日は最終日ということもあり、
先生からも、より実践的なアドバイスがたくさんありました。

普段の遊びでもドッチビーをやっているとのことなので、
先生が居なくても、アドバイスを思い出しながら遊んでもらえると良いですね。

最後に、今日は3回目の最終回ということで、先生から素敵なプレゼントが!
P1030310
袋の中に手を入れて、プレゼントゲット中の様子です ^-^

さてさて、中身は?
P1030311
見えるでしょうか?ドッチビー特製の缶バッチです!

こちらももちろん非売品。
大会などに参加した選手がもらえるグッズだそうです。

来年も一緒にドッチビーをして、子どもたちが成長する姿を見守ることができたら嬉しいです。

次回をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊び】ヨーヨー世界の技に大盛況

みなさま。
アフタースクール2号です。
本日もヨーヨー世界チャンピオン、BLACKさんに
世田谷区立の小学校に来ていただきました!!

ヨーヨー世界チャンピオンが来るという噂はこの学校で
かなり広まっていたとみえて、学校に入るなり、
「あ!ヨーヨー世界チャンピオンだ!」とたくさんの子どもたちに
言われました(私ではないんですけどね ゚ー゚; )


さっそくプログラムの様子をどうぞ。

↓サポートしてくれる現場スタッフの方々への事前講習です。
 こうしたサポートの方々のご協力を得て、いつも放課後プログラムを
 行っております。ありがたいです。
Dsc01123


↓BLACKさん、子どもたちに「BLACKさーん!」と呼ばれて登場です。
Dsc01126


↓基本的な技を紹介していただいた後、音楽に乗せてフリースタイルの
 演技を魅せてくれましたheart バックに流れる音楽もカッコよく、雰囲気を
 盛り上げます。これがプロの演出。
Dsc01130

↓バシっとフィニッシュ。 カッコイイup
 子どもたちは「おぉ~」の連発です。
Dsc01131


↓続いて、ヨーヨー教室の様子。
Dsc01134


↓基本的な技を2つ教わります。1つがこの「犬の散歩」。

Dsc01139


↓子どもたちはBLACKさんの持ってきたヨーヨーに群がります。
 でも使った後はちゃんと返します。
Dsc01140

↓最後にもう一度、BLACKさんによるパフォーマンスを魅せてくださいました。
 ヨーヨーを2個使う、スゴ技です。
Dsc01143 Dsc01142


ここで、前回に続き「アンコール!アンコール!」の大合唱。

2号、いやな予感がしました・・・

↓ハイ、前回アップできなかったBLACKさんによる大技です。。
Dsc01148

わかりにくいですが、2号(座ってる人)の左耳にコインが挟まっています。
それをヨーヨーで落とすというもの。
耳がとれちゃう!!

と思ったら、ちゃり~ん。
今回も見事成功です。 よかったcrying
(※良い子のみんなはマネしないでね)

↓最後にBLACKさん、サイン会を開いてくださいました。
 やさしいですね。子どもたちは本当に嬉しそうでした。
 もちろん、スタッフにも全員、ご用意しました。
Dsc01151


今日も大盛況のヨーヨープログラム。
参加人数はナント85人。
噂を聞きつけた保護者の方も数名見にいらっしゃいました。

BLACKさん、今度はどこに来てくれるのか。
ご期待ください!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »