« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

赤坂総合支所の共育事業、はじまりました!

   みなさま!

この夏から放課後NPOアフタースクールは港区赤坂総合支所の
「赤坂・青山子ども中高生共育事業」をお手伝いすることになりました。

この事業は地域の人材等を活用した子ども向けの「驚き・感動・気づき」の
機会となる講座等を企画・実施し、子どもたちを地域ぐるみで見守り育てる
環境を整備する事業であります。

アフタースクール1号の生まれ故郷である赤坂・青山地域を、
全力で盛り上げて行こうと思っており、さまざまなイベント企画を考えております
ので、どうぞよろしくお願い致します。


さて、さっそくこの夏、プレイベントとして
「ディスクゴルフで遊ぼう!」と「日本文化・狂言の世界」を実施してきました
ので、簡単にレポートいたします。


↓こちらが「ディスクゴルフで遊ぼう!」
 会場は青山小の体育館でした(7/26)。
20090726091135


↓こちらがコース。
 ドッチビーで使用するやわらかいフリスビーを使いながら、
 ゴルフ形式でゴールに入れる競技です。
20090726093218
20090726093645


↓体育指導員のみなさまも来ていただきました!
20090726095241

↓このようにスコアもしっかり書きます。
20090726103654

↓中学生も来てくれました。
 みんなうまい!ホールインワンも達成していました!
20090726114254
20090726114356


このあと、みんなうまいのでコース設定を難しくしたり、
ゴールドッチをしたりと盛りだくさんで終了しました。
(2号競技に夢中で写真あまり撮れませんでした。。スミマセン)


つづいて7/29に行われた「日本文化・狂言の世界」です。
こちらは先着15名で2回シリーズです。

↓場所は豊川稲荷の文化会館。
 風情があります。
Dsc01262

↓先生は世田谷区の狂言プログラムにも来ていただいた、
 十世 三宅藤九郎さんです。
 さらにさらにそのお姉さん和泉淳子さんとそのお嬢さん、
 慶子さん(6歳!)も来ていただきました。
Dsc01263


2号が舞台を見に行った時にはじめに出てきたのが慶子さん。
6歳で堂々と舞台で謡い舞う姿にびっくり。
またお会いできて光栄でした。

↓講座は浴衣の着付けから。
 保護者の方にも手伝っていただきました。
Dsc01264


↓まずは先生から狂言のお話。
 「狂言は600年続いている伝統芸能です。今日この狂言を体験し、
 それをまわりの人に伝えていってくれると、皆さんが生きている間と
 伝えた人が生きている間、狂言が生き残っているのです」
Dsc01268


↓その後、立ち方座り方や、(ピシっと見えます)
Dsc01269

↓お辞儀の仕方、(よろしくお願いします、ありがとうございました!)
Dsc01270

↓「兎」という小謡を謡ったり、(みんないい声出てました!)
Dsc01278


↓扇の使い方など、様々なことを学びます。
Dsc01277


↓途中に普段の稽古のようすや、(緊張感がすごかったです)
Dsc01273

↓小舞のお手本(これもすごい!近くで見るとすごい迫力!)Dsc01276


と充実した講座となりました。
参加してくれた方々は貴重な体験となったと思います。

来週、さらに練習して保護者の方々の前で発表会を行う予定です。
楽しみです!


この共育事業、今後さまざまな講座をご案内する予定ですので
みなさま、ぜひご参加ください!

よろしくお願い致します。












| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月29日 (水)

【スポーツ】夏休み、元気にドッヂビー!

アフタースクール3号です。

本日は、夏休みでも元気いっぱいにドッヂビーの開催です!

市民先生はお馴染み、日本ドッヂビー協会の稲垣さんと林さんです。

本日は応募者多数のため、抽選で選ばれた40名の子どもたちが参加です!
ギャラリーもたくさんです。
P1030664

子どもたちはドッヂビーは初めてとのことで、簡単な説明の後にまずはストレッチです。
P1030670
手でディスクを投げるので手首は入念に、
左右ではなく上下にストレッチするのがポイントです。

そしてストレッチの後はやっぱりコレ。
みんな大好き、ディスクを使った「鬼ごっこ」です。
P1030672
今日は、大人も参加で大賑わい。
開始早々、子どもたちは汗だくです(o^-^o)

こまめに水分補給をしながら、お次はさっそく2人組でキャッチディスクの練習です。
P1030673
まずは自己流で自由に練習。
でも、すでにとっても上手ですw(゚o゚)w

しばらく練習した後に、先生から、握り方や投げ方の説明です。
投げる相手に向かって、正面ではなく、横を向いてたつ。
ディスクは地面と水平に。

シンプルですが投げている最中は夢中になり、なかなか思い通りにいきません。
上手く投げられた時の感覚を忘れず、何度も練習することがポイントでしょうか。

P1030682
先生の見本で、体育館の端から端までのキャッチディスクです。
カーブをつけたり、バウンドさせたりする姿に、子どもたちは羨望の眼差しです!

続いて、回転をつけるために上に投げる練習です。
ディスクを上に投げる間に何回手を叩けるでしょうか?
P1030685  
高学年チームは10回以上でも余裕です!

お次は的当てに挑戦。
P1030688 P1030691
何枚抜けるかはもちろん、抜いた数字を足した合計を競う、点数制にも挑戦!
応援にも熱が入ります。

最後はおまちかねのドッヂビーです。
P1030692 P1030700
学年混合の3チームで対戦したのですが・・・
正直、初めてとは思えないほどのパス回し、スピード感です!
(早すぎて見えない!写真が撮れない!!)

夏休みのイキイキとした子どもたちの姿が、大変印象的でした。


先生からも、
「大人も子どもも一緒に楽しめるのがドッヂビーの良いところ」とのお話がありました。

今回は第1回の単発プログラムでしたが、是非またみんなでドッヂビーをしたいですね。

次回をお楽しみ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

赤坂中高生プラザ「なんで~も」納涼祭

みなさま
アフタースクール2号です。

7/18(土)に、赤坂中高生プラザ「なんで~も」にて
納涼祭が行われました。

アフタースクールは「バルーンアート」のブースをコーディネートし、
お祭りを盛り上げてきました!


↓カワイイ立て看板。
 一緒につくる「教室」と先生がつくったものを配る「実演」の時間を設けました。
20090718123414_2 

↓本日の先生、小菅さん。
 表に飾る、お花をつくっています。
20090718125220


↓オープニングの和太鼓がお祭りを盛り上げます。
 すごい迫力でした(゚0゚)
20090718130029


↓教室では、左の「みつばち」もつくります。
 マジックで顔なんか描くと、さらにかわいくなります。
 右はいもむし。。
20090718131818

↓こんなお花なんかもできます。
20090718140457


↓こちらは「剣」づくりの様子。
20090718153319

↓こちらは実演。
 先生の手元をじーっと見ている子ども。
20090718144243

↓ご覧のような長蛇の列。
20090718145314


この納涼祭、赤坂という東京のど真ん中にもかかわらず、
小さい子から高校生までたくさんの子どもたちが集まっていました。

たくさんの子どもたちが集まるこの中高生プラザ、すばらしいと
思いました。


アフタースクールもこれから、こういったイベントを盛り上げるべく
どんどんコーディネートしていこうと思います。





| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月17日 (金)

いたずら研究所、発表会

みなさま。
アフタースクール2号です。

さて、今週火曜水曜にて、「いたずら研究所」の発表会を行ってきました!


約50人の子どもたちから集まったいたずらおもちゃのアイディアは
なんと100以上!

子どもたちはアイディアの宝庫なのです。
中にはこの一週間でずっと考えていたという子も。

また前回プログラムを見学にいらっしゃった株式会社タカラトミーアーツの社員の方
は、「かなりの衝撃を受けた」とのご感想をいただきました。


その作品をごく一部ですがご紹介します。


↓ちょっと見づらいですが、3作品考えてくれました。
 特徴は「タイトル」がついていること。ネーミングもしっかり考えていますgood
0003_2


↓こちらは超大作。11作品も考えてくれました。
 (あまりの超大作のため、スキャンデータが重く、写真で撮りました。。)
Dsc01254_2 

↓こちらは高学年の作品。
 「悪口スイッチ」ボタンを押すといろいろな悪口を言う。
 笑えます。
Dsc01261 

↓こちらはわかりやすい図で変化を説明しています。
 トイレのボタンを押すと・・・手と血がボタボタと出てくる・・・
 おお怖い!
0005_2 


↓こちらはメロンパン。
0002_2 

ついているボタンを押すと・・・

0004_2 

なんとカメさんに!

ちょっと怒っているカメです。笑



こうした数々の作品をまとめて、ザリガニワークスさんにお渡ししました!

ザリガニワークスさんも作品数の多さにビックリ。
さらにサプライズプレゼントで子どもたちからのメッセージも
一緒にお渡しし、感激しておりました。


ザリガニワークスさん、また来てくださいっ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

【表現】マンガプログラム第2回

アフタースクール3号です。
本日は、マンガプログラムの第2回目です。

前回は基本的な絵の書き方を学びましたが、
本日は子どもたちの多数決の結果、ストーリーを考えてマンガを書くことになりました!
そう、皆が大好きな『4コママンガ』です。

4コマ漫画を書く上での重要なポイントはこちら!
P1030482
「起・承・転・結」です。

子どもたちにはまだ馴染みがない言葉だったらしく、あたまの中は「???」な様子。

そこで先生は、サラサラと書き始めました。
子どもたちはまたもや釘付けです。
P1030483  P1030484

出来あがったのはこちらの4コママンガ。
P1030493 
左が起承転結に則った良い例、右が良くない例です。

左はストーリーだけでなく、絵や文字にも動きがあり、
分かりやすい表現になっていますが、右はメリハリのないストーリーになっています。

左のマンガに子どもたちは大爆笑!
起承転結の意味も何となく掴めたようです。

さて、さっそく各自で4コマ漫画づくりです。
今日は絵のタッチはこだわらず、ストーリーにこだわります。
特に男の子は興味津々のようです。
P1030491 P1030501_2

ストーリーを考えるのは難しいかな??
と、思いきや、意外にスラスラ筆が進みます!

でも、やっぱり何を書いて良いか分からない子どもたちには、
先生が特別キャラクターを用意してくれました。
P1030496
にこちゃん、おこりんぼくん、こわい犬etc・・・です。

今日も一人ひとり先生にアドバイスをしてもらいながら、自分でストーリーを考えます。
1コマできるごとに、見せ合いながら楽しそうに取り組む姿も。
P1030494  P1030502

さらに、書く上でのポイントはまだまだたくさん。
少し手を加えるだけで、伝えられることが増えるんですね。
P1030506

出来あがった作品は、先生からポイントを交えながら皆に発表されました。
自分自身のことだったり、スポーツの話だったり、UFOが出てきたり、
十人十色の面白いストーリーがたくさんです。
P1030514  P1030507
P1030521 P1030516 
P1030519  P1030520 
効果音や色使いも、先生のアドバイスを上手に活かせてます!

最初は分からなかった起承転結も、コツが掴めたようで
「おうちでも書いてみる!」と張り切っている子どももいました。

今日は最後に、自分たちの書いた作品に先生のサインを。
P1030527

そしてやっぱり、「どうしても!!!」ということで、
激戦を勝ち抜いた代表者に似顔絵のプレゼントも。(水色の子がモデルです!)
緊張の面持ちで、カチカチになっていました。
P1030528 P1030529_3

普段は大人しい引っ込み思案な子も、勇気を振り絞って先生にお願いし、
似顔絵を描いてもらって大変喜んでいました。


最後に先生から子どもたちにとっておきのプレゼント。
P1030534
ラブちゃんとベリーちゃんです。
う~ん、可愛い。

こちらは子どもたちには内緒で書いています。
明日、喜んでくれるでしょうか??

先生も、マンガを書き始めたのは小学2年生からだったそうで、
今日の子どもたちの中からも将来の漫画家が誕生するかも!?ですね。

次回をお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

らでぃっしゅぼーやさんの食育。

みなさま。
三度アフタースクール2号です。

本日はお待ちかね、らでぃっしゅぼーやさんの食育教室です!

こうして企業の方が放課後の場に来ていただけることは、
大変ありがたいことであり、子どもたちにとっても貴重な経験となります。

本プログラム開催にあたり、らでぃっしゅぼーやさんをはじめ、学校関係者
(横浜はまっ子ふれあいスクール)やキッズキッチンのスタッフの方々、
多くの方にご尽力いただきました。ありがとうございます。

子どもたちは本当にうらやましい!


さて、今回のプログラム、7月、9月、10月と3回シリーズで行います。
目標は「包丁さばきがうまくなること!」そして「食の大切さを学ぶこと」です。

Dsc01239

16名の応募枠に44名の応募がありました。抽選で落ちてしまった子、
ごめんなさいっ。


↓さて、今日はこういうものを作りました!
Dsc01251

みなさん、置き方をよく見てください。
これが正しい置き方なのです。
色分けされていて、子どもにとって覚えやすいのです。


↓たくさんのスタッフ 。それにも増してたくさんの取材が来ました。Dsc01234  Dsc01236_3


↓まずは包丁の使い方から。しっかり教えます。
Dsc01238   Dsc01241


↓次に味噌汁に入れるキャベツをちぎったり。
Dsc01244


↓意外と好評だったのがコレ。きゅうりのたたき。
 最後に「このレシピください!」と要望が殺到。笑
Dsc01246


↓食に関する絵本や、食べ物が体の中をどう通っていくかの人形劇も登場。
 非常に充実した内容で、子どもも真剣に聞いていました。
Dsc01248  Dsc01249

↓いよいよ、試食です。
 自分が関わった食は、興味がわくもので子どもは一生懸命たべてました。Dsc01250


最近は、一度におかずならおかずを平らげてしまう子が多いそうですが、
いろいろなものをちょっとずつ食べるのが良いそうです。

それが日本の伝統なのですね。 

ちなみに、まずは汁物をすするのが正解。そうすると、自分の体に、
「これから食べますよ!」というメッセージが伝わるそうです。

食は深い!
次回をお楽しみに。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

いたずら研究所、開催。

みなさま。
ふたたびアフタースクール2号です。

今週はプログラムがたくさん!
火・水と横浜で行われるのは、『いたずら研究所』と称した、
“いたずらおもちゃを考えよう!”というプログラムです。

今回の先生は、あの「これじゃないロボ」を開発したザリガニワークスの方です!
http://www.zariganiworks.co.jp/


今回のプログラムでは、子どもたちにいたずらおもちゃを考えてもらいますが、
子どもたちの出すアイディアで良いものがあれば、商品化も夢じゃない!?
これは燃えます。

↓いたずら研究所、開設。
Dsc01231


↓大学の同級生というお二人。
 これじゃないロボは2008年度グッドデザイン賞を受賞しました。
Dsc01216


↓まずはザリガニさんが作ったおもちゃ、公開です。
Dsc01217

↓はしるゴキブリや、
Dsc01221

↓あ、100円が落ちてる!(シールですが・・)
Dsc01229

↓こんなリアルなアリと溶けかけの氷も。
Dsc01233


などなど、おもしろ商品が目白押し。
子どもの創造力をかき立てます。


↓さて、さっそく子どもたちのアイディア出しです。
Dsc01230


次回、それぞれのアイディアを発表します。
果たして採用され商品化するアイディアはあるのか!?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

気分はハワイ!ウクレレ入門!

みなさま。
アフタースクール2号です。

本日は月曜日ですが、世田谷区内小学校にて「ウクレレプログラム」を
開催してまいりました!

本日の先生はプロのウクレレ演奏者、京極さんです。

↓こちらです。アロハを着てきてくださいましたっ!
 夏前だけに、雰囲気出ますね。
Dsc01199

↓ちなみにプログラム前に子どもたちがイスの設置をお手伝い。
Dsc01196

↓さらに、キワヤ商会さまのご協力でウクレレをレンタルいたしました。
 ご好意、本当に有難うございます。
Dsc01197

↓まずは先生から一曲、「トトロ」です。
 すばやい指の動きにオドロキです。
Dsc01198

↓次に子どもたちにウクレレを配布。
 初めて触る楽器に興味津々。ポロロンポロロンと教室は大合奏。
Dsc01202

↓ウクレレの歴史や部分の名称を教えてもらってから、いよいよ演奏。
 前に出ているのは、自称「一番弟子」の男の子2人。笑
Dsc01204

↓ドレミファソラシドと、コードというおさえ方(3種)を教わります。
Dsc01206_2

↓うまいうまい! 小さい手でがんばっておさえています。
Dsc01207

↓そしていよいよ、成果を発表です!
 実は今日教わった3つのコードで、
 「HappyBirthday」の歌が弾けるんですね~
Dsc01208

一番誕生日が近い子からお祝い。
2号も5月生まれのため、無理やり歌ってもらいました。
みんなちゃんと弾けていて聞いている方は結構カイカンでしたhappy02

ハッピーな気分で終了!


↓最後にハッピーなネタをもう一つ。
 ウクレレにハマっちゃった子から、先生への即席の手紙です。
Dsc012132


リクエストがあれば、夏休みに第2弾を行いたいと思います!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

【表現】待望・熱狂!マンガプログラム

アフタースクール3号です。
本日は待望のマンガプログラムです!

今日の市民先生はマンガ家の溝口涼子さん。
http://www.mizoguchiryoko.com/
お馴染み「オシャレ魔女ラブandベリー」の作者さんです。

本日もワクワク・ドキドキ・緊張・・・何やらただならぬ雰囲気が教室に漂っています。

プログラム開始まで教室の隅に隠れていた先生が颯爽と登場!
と、同時に・・・

P1030422  P1030426
あっという間にラブちゃんとベリーちゃんの完成です!

「すごい!かわいい~!ほんものだ~!!」
と、あちこちから拍手&歓声が ( ^ ^ )

P1030427
ご覧の通り、子どもたちの目は完全にホワイトボードに釘付けです。

さて本日は、人物を描く練習です。

「人を書く時に難しいところは?」という質問に、

「目を描くのが難しい」「髪の毛が描けない」
「服のシワが上手く表現できない」「立体的にするにはどうしたらいいの?」
などなど、たくさんの課題があることが分かりました。

そこで今日は輪郭、髪の毛、目を中心に教えてもらうことになりました。

まずは輪郭と正面、左、右の顔の向きから。
P1030433
顔をたまご型にし、バランスを考えるだけで上手に横顔が書けるんです!
髪の毛も、つむじを意識して頭のてっぺんから書くだけでとっても自然に表現できるのです。
う~ん、なるほど、大人も一緒に学べますね。

ポイントを思い出しながら、さっそく皆で書いてみます。
P1030439  P1030441
大きさは少々控えめですが、なかなかバランス良く書けています!

続いて、問題の目です。
先生のマンガで書いている目、もう少し簡易に表現した目、
リクエストがあった人間の目など、目だけで随分印象が変わります。
P1030452

こちらもまずは真似して書いてみます。
上手くかけるかな?
P1030456_2  P1030455

先生も、一人ひとりにコメントしながら、丁寧にポイントを教えてくれます。
「先生、チェックお願いします!」と、自らアドバイスを求める子どもも。

鼻や口も、ほっぺやあごがあることを意識して書くだけでバランス良く書けるそうです。

先生のアドバイスを参考にしながら、でも、真似することなく、
自分たちの描きたいように表現する姿が印象的でした。

学校の授業とは違った、放課後ならではの光景ですね。

ちなみに、洋服のシワは、シワのない突っ張っている部分とシワの寄っている部分、
メリハリをつけることがポイントです。
P1030463_2 
※3号をモデルに書いてもらいました!恐縮です!!

そして最後に、恒例になりつつある似顔絵プレゼント争奪戦です!
ジャンケン対決をして勝ち残った子がゲットできます♪
P1030466

さてさて栄えある勝者は・・・?
P1030469 P1030474
この中にいるのですが、埋もれてます。。

今日の勝者は男の子だったのですが、
初めての似顔絵がうれしはずかしだったようで、なかなか見せてくれませんでした。

P1030477
頼んで見せてもらうと、こんなに素敵に!!
恥ずかしがりながらも「家族に自慢する!」ととっても喜んでいました。

そして最後にはやっぱりサイン会です。
P1030476
色鉛筆でのカラフルなサインに子どもたちは大喜びでした!

仕上がった絵もとっても上手です。
P1030471 P1030472 

今日の日を待ち侘びてくれていた子どもも多く、
そしてプログラムを通じてまた新しい楽しさを発見してくれた子どももいたようです。

来週も第2回がありますので、乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »