« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

(番外)アラボンヌーさんのスイーツ教室

こんにちは。

アフタースクール2号です。

今回は土曜日に行われた「アラボンヌーさんのスイーツ教室」の
プログラムレポートです!


こちらは港区赤坂の子ども中高生プラザに普段利用されている
お母様対象に行われました。

日頃子育てに追われていらっしゃるお母様方に、少しの間LUXURYな
時間を過ごしていただきたい!という企画です。


今回お願いしました先生は、赤坂にあるアラボンヌーの坂本先生です。
http://www.alabo.jp/index.html


Dsc01392


本日のメニューは、、、

そう、子どもが大好きな『クレープ』です!
クレープの作り方を知って家で子どもにつくっていただければ
と思います!!

しかもレシピはお店で出しているクレープと同じ!cake


Dsc01396


こちらが生地です。
おいしそうですね~~confident

ではプロの業を写真でどうぞ。

↓手際がすごいです。釘付けです。
Dsc01389 


↓生地もしっかり濾し、より滑らかに。
Dsc01393


↓手をかざしてフライパンの温度を調べる様子や爪楊枝で生地を
 扱うなど、プロの業が随所に。 うーん、すごいです。
Dsc013972


↓極め付けがコレ。 お母様方がやってみると、「熱いっっ!!」
Dsc01399



ではやってみましょう!

↓お菓子はさまざまなものを混ぜる時、必ず「3回に分けて」行うそうです。
Dsc01395


↓はい!ひっくり返して!
Dsc014032


↓最後にフルーツなどを盛り付けて、できあがりですcake
Dsc01405


これがおいしい!

「生地がおいしい!」
「久しぶりに帰ってお菓子をつくろうかしら」

と嬉しいお言葉をいただきました。

お母様方、楽しいひと時を過ごせましたでしょうか。。


最後に、こんなステキな看板を用意していただきました
子ども中高生プラザの方々(先生も大変喜んでおられました)、
Dsc01385

そしてお忙しい中きていただきました坂本先生、
誠にありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【学び】松屋銀座で百貨店のお仕事体験②!

昨日は、松屋銀座さんでの百貨店のお仕事体験第2回が行われました!

おさらいですが各回のテーマは

第1回 ラッピングをしてみよう!
第2回 お客様のおもてなし
第3回 売場・商品の見せ方
第4回 広告を作ろう!
第5回 ファッションを知ろう!
第6回 販売してみよう!

ハイ、これでした。

今回のテーマは「お客様のおもてなし」。

世界でも最高水準と言われる日本のサービス、
それは日本人の心に流れる”おもてなし”の精神を
背景にしています。

今回はそのおもてなしの心とそれを伝えるための
アクションを学びます。

今日の先生は
松屋銀座人事部の郷さん。
普段のお仕事でも、スタッフの方の研修を
ご担当するプロ中のプロです。

Dscn3674

素晴らしい笑顔です!
そして、写真の左に写る「45°」
何でしょう??

さて始まりました。
まずはスタッフ3人が登場して、
それぞれ、わざと特徴のあるご挨拶。

Dscn3594

ちなみに左の男性伏見さん。
この方が今回のキーマンでもあります。
敢えてボソボソとご挨拶「伏見です。。」

さて「どの人の挨拶がよかったかな~?」

それぞれ意見がありました。
女性2人の挨拶が好評です。
残念ながら伏見さんのご挨拶には手が上がりません。

すかさず郷先生が質問です。
「なぜでしょうか?」

答えが出てきました。
「声の大きさ!」「笑顔!」

そうです。流れに沿ったありがたい答えです。
大事なのは第一印象、
そしてその大きな要素が「笑顔」なのです。

さっそくそこで笑顔トレーニング。
先生から
「口の端をキュッと持ち上げるといいですよ~」

Dscn3597

ハイやってみましょう!
Dscn3602

「こんにちは」「いらっしゃいませ」
の後に「ニコ」とつけるといい練習になります。
みんなで
「こんにちは、ニコ♪」
「いらっしゃいませ、ニコ♪」
とてもいいテンポです!

子どもたちのテンションも上がってきました↑

さて続いて言葉遣いです。
冒頭のお2人が登場しました。
ある百貨店のシーンです。

Dscn3608

お客様(女性)「この商品ありますか?」
社員(男性:伏見さん)「ごめんなさい、これないんだよね~」

お目付け役「ちょっと待った~!」

お目付け役の田代部長から声がかかりました。
子どもと一緒にこのシーンの間違い探しです。

そうです。
もちろん「これなんいだよね~」とは言いません。
そしてそうです。
「ごめんなさい」も言いません。

百貨店には接客7大用語があるのです!
Dscn3610

ハイみんなでご唱和しましょう!

そして、7大用語の横にまたも
「30°」「15°」などの気になる文字が。。

勘のいい皆さん。
ハイ、そうです。
これはお辞儀の角度なのです。

百貨店のお辞儀には主に3種類あり、
軽い15°から最も深い45°まで。

さぁみんなもやってみましょう。

まずは見本です。
そこで登場しました。
百貨店の7つ道具(?)「お辞儀角度チェッカー」です!
(勝手に私が名付けました。。)

Dscn3590

まずは見本です。
郷先生がすかさずチェックします。
「ハイ、15°ピッタリです!」

Dscn3616

つづいて最も深いお辞儀。
これも先生がすかさずチェック。
「ハイ、45°完璧です!」

立ち居振る舞いも美しく、
子どもからも歓声があがりました。

Dscn3620

さぁ練習です。

まずは美しい立ち方。
「つま先立ちしてグラグラしたら背中曲がってますよ~」

Dscn3624

ハイ、キレイになってきました。
Dscn3626

そして手の組み方。
「右手が上です。親指は中に入れて~」
Dscn3627

ハイやってみしょう!
「1・2・3」で頭を上げます。
Dscn3633

そして登場しました!
「お辞儀角度チェッカー」です!!

「角度チェッカーガールズ♪」の3人の女性が揃って登場です!
(これも心の中で私が名づけておりました。。スイマセン。。)
Dscn3643

さぁ、出来てるかな~、ビシビシはかりますよ~

ウン、OKですね~
Dscn3640

そしてこの方、校長先生です!
校長先生もお辞儀の角度をチェックです。
「これで明日の朝礼は完璧ですね!」
Dscn3641

最後にみんなでやってみましょう!

Dscn3644

ハイ、いい感じです。




そしてここから最後の総復習。
いままで練習したものを使って、
実際の販売シーンをやってみましょう。

まずはお手本です。
Dscn3647

ハンカチを販売して、会計して、お見送りするシーン。

さぁみんなで班に分かれて練習です。
Dscn3651

ハイ、頑張ってますね~
Dscn3658

田代部長の班もいいですね~
Dscn3665

おぉ素晴らしいお辞儀!
Dscn3663

みんなしっかり出来るようになりました。
これでお客様の前に出ることができます。

最後に先生からまとめのお話と恒例の一言。
Dscn3685

おもてなしとは「笑顔のごあいさつ」

そうです。何はなくともまず笑顔から始まるのです。
どんなことがあっても売場に出たら、
笑顔でおもてなしするのがプロなのです。

しっかりレジュメにもメモしました。
Dscn3684



おもてなしとは「笑顔のごあいさつ」

伏見さんが先生の言葉を
ホワイトボードに書いてくれたのがマジックで、
後で消すのに苦労したのは、もちろん子どもに内緒です。


最後は本日のスタッフ
「松屋銀座さんオールスターズ」(もちろん、これも心の声。。)
から揃ってのご挨拶。

「ありがとうございます、またお越しくださいませ!」

Dscn3682

素晴らしい!
大きな拍手が巻き起こりました。

個人的な感想ですが、
私の今までやってきた放課後プログラムの中でも
トップレベルの素晴らしい内容でした。
長く書きましたが、まだまだ書ききれないくらい内容がありました。
もちろん今回も「百貨店のヒミツ」を教えてもらいました。
(百貨店の中の暗号?、なぜ右手を上に組むか?)


前回の坂田先生に引き続き、
今回の郷先生も本当に素晴らしい市民先生でありました。
子どもの心にも深く残る内容であったと思います。

ちなみに、これは始まる前のリハーサルのご様子。
松屋銀座さんのスタッフの方は本当にしっかりと
準備をしてくださり、今回の充実した内容もその賜物で
ありました。
Dscn3589


次回は来週。
「売場・商品の見せ方(VMD)」にチャレンジをします!
これも百貨店ならではのノウハウがたくさん。
商品はただ置くだけでは、買っていただけないのです。
かなり専門的な内容です。

次回もお楽しみに!!











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

【食】らでっぃしゅぼーやさん「おみそ汁をつくろう!」

アフタースクール3号です。

本日は、3回シリーズの第2回目、らでぃっしゅぼーやさんの食育教室です!

本日のお題はこちら
P1030827
「本格だしで みそ汁を作る」です!

最初に前回の振り返りで、包丁の使い方や、4つのお皿についておさらいしました。
みんな、自宅で包丁を使ってお手伝いできているようです!エライっっ!
P1030831

さて今日は4つのお皿の「白」おいしい味のお手伝いをする"だし"がテーマです。

「だしってなぁに?」「どんな味がするのかな?」

さっそくこんぶだしを味見です。
P1030834

昆布だけだと…「お湯みたい~」「味がない!」と、さまざまな反応。

昆布ってそもそもどこで、どんな風に育っているのか?について勉強し、
だしを取る前の干した昆布と、だしをとった後の昆布の味を比較しました。
P1030840
だしを取る前は、「美味しくてずっと噛んでいられる!」
だしを取った後は、「柔らかくて味がしない」との反応。

さて、お次はだしにはかかせない、「かつおぶし」の登場です。

削られた状態の削り節はよく見かけますが、
本物の鰹節を見て「硬いー!」と子どもたちもびっくりです。
P1030843

でもこの鰹節って、正体は何者??

P1030854 P1030855 
魚の「カツオ」が原料となり、→ おろした一部が鰹節となるのです!!

子どもたちが理解しやすいように、マグロならぬ、カツオの解体ショーで説明です。
分かりやすい!
P1030844  P1030847
カツオから鰹節ができあがるまで、半年もかかるそうです。
勉強になりますね~。

ではさっそく今日のメインどころ?!鰹節削りに挑戦です。
初めての経験にみんなワクワクのようです。
P1030853  P1030851
鰹節削り器の刃に注意しながら、丁寧にゆっくり削ります。
とっても楽しそうに取り組んでいました。

たくさん削れたかな? 確認後、鰹節をさっそく味見です!
P1030859 P1030860 
削りたてだけあって、「美味しい~」。


昆布とかつおの準備が整ったところで、いよいよ本格的なだし作りです。

昆布は熱いお風呂が大嫌いなので、お水から温めてじっくり出しを取り、
沸騰する前に取り出します。
反対に、鰹節はアツアツが大好きなので、昆布を取り出した後にさっと入れ
早めにとり出します。

昆布だけのだしの味と、こんぶ+かつおぶしのWパワーのだしの味を飲んで
比較してみると・・・「美味しい!、良いだしが出てる!」と大好評。

1(昆布)+1(鰹節)=2の味ではなく、
1+1=10!!でとっても美味しいおだしになるのです。

だしに具を入れ、お味噌を溶いていきます。
P1030868  P1030867
赤味噌、白味噌、2種類の味噌を使うので、それぞれの味チェックも忘れずに。
白味噌の方が少し甘くて、人気がありました。

少しずつお味噌を足し、味を確認しながら調整していきます。
グループによって赤と白の分量を変えたりと、そのこだわりは大人顔負けです。

全員で味を確認して、遂に完成!

本日の4つのお皿はこちら。
P1030883
緑:ほうれん草のおひたし
赤:お豆とじゃこの和えもの
黄:ごはん
白:おみそ汁

緑、赤、黄、白でバランスの良い理想の食事です!

みなんで「いただきます」をして、よく噛んで、美味しくいただきました。
P1030885  P1030886
自分たちで作ったおみそ汁の味は格別なようで、おかわり希望者続出でした (^-^)

丈夫で健康な体をつくるためにも、
4つのお皿でバランス良く食べることを意識してもらえると嬉しいですね。

3号も、バランス良く食べることの大切さを再確認することができました。

それでは、次回の3回目もお楽しみに!











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

【学び】松屋銀座で百貨店のお仕事体験!

ついに始まりました!

松屋銀座さんでのお仕事体験プログラムです。
このプログラムでは、

百貨店の舞台裏が初めて地元の小学生に開かれ、

本格的なお仕事体験を行い(5回連続)、

最後には店頭で実際に販売の体験をするのです。

内容も百貨店の研修レベルの本格的なもの。

第1回 ラッピングをしてみよう!
第2回 お客様のおもてなし
第3回 売場・商品の見せ方
第4回 広告を作ろう!
第5回 ファッションを知ろう!
第6回 販売してみよう!

子どもたちの顔がどういう風に変わって、

最後の店頭に立てるかが今から楽しみです。

私もデパートに携わる者の1人ですが、

デパートというと昔は家族のレジャーの主役で

大人にとっても子どもにとっても楽しい存在でありました。

昨今、レジャーは多様化していますが、

改めてデパート、地域のお店の意義を問い直すいい企画だと思っておりまして、

そこに松屋銀座さんが賛同くださり、140周年記念事業として実現いたしました。

昨日は緊張の第1回。
市民先生である松屋銀座さん、この日のために相当の準備を重ねて
いただきました。

用度も本格的です。
Img_0170

さぁ始まりました!
まずは先生の模範演技です。
栄えある第1回の先生は
7階デザインコレクションの坂田先生。
たくさんの贈答品を扱う売場でのまさにラッピングのプロです。

鮮やかな手つき、子どもも食い入るように見つめます。

Img_0175

さぁ出来ました!美しい!!
Img_0179

時間も計りました。その間1分です。
この綺麗さと早さ両方が要求されるのが難しいところです。

続いて、ラッピングについてのお勉強です。

まずは、「そもそも何で包むんだっけ?」について。
クイズ形式でやってみました。

Img_0185

そうです、そうです。

続いて、今度は「ラッピングのヒミツ」
・ラッピングには上下があるの?
・テープは使った方がいいの?
・百貨店の店員さんが絶対に気をつけることは?

という3つのヒミツを教わりました。
(このブログでもヒミツにしておきます。。)
みんなよかったですね。
ちなみに第2回以降も、たくさんのヒミツが登場する予定です。

さらに続いて、「贈答の基礎知識」
・水引の種類? 結びきり、花結び、どっちを使う?
・掛け紙の種類?
・内祝ってどんな時?
などなど、先生からクイズ形式で教わりました。

Img_0186

これは大人も再認識。
メモをとる保護者の方も多くいらっしゃいました。

そしていよいよ実技です!

子どもたちは先生の技を知りたいとそわそわ。
先生の解説に沿って、丁寧にやってみます。

Img_0194

この日は松屋銀座さんのたくさんのスタッフの方もご協力してくださり、
ほぼ個別指導をしていただきました。

先生の解説にもますます熱が入ります。
続いてリボンです!

Img_0201

みんなも頑張ります。
特に女の子はリボンが大好きです。

Img_0202

そして出来ました!
Img_0206_2

なかなか立派です。
みんなおみやげに、新しい紙とリボンもいただきました。
たくさん練習してもっともっと上手になってください。

最後に先生からお話をいただきました。

先生からのメッセージ
ラッピングは『感謝と責任』

Img_0207

大事な贈り物に松屋銀座を選んでくれたことへの感謝と、
そのお客様の気持ちを届ける贈り物に対する責任。
これを胸にいつも気持ちごと包んでいるとのことでした。

う~ん、素晴らしい。

話をお聞きしていて思いました。
贈り物ってもらうのも嬉しいけど、贈る方も同じくらい嬉しいし、
思いがこもっているんだなぁ、と。
子どもたちはまだまだもらうことが多いでしょうが、
少しでも贈る楽しさ、込められた思いを感じてくれれば嬉しいです。

最後に今日のまとめももらいました。
これでラッピング、贈答の知識も完璧ですね。
Img_0181

「必ず練習するよ!」という子どもの言葉が嬉しかったです。

第2回目以降も楽しみです。
頑張って立派な店員さんになって、
最終回で実践しましょう!

松屋銀座の皆様、本当にありがとうございました!!







| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »