« 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】TBS:子ども記者養成講座が始まりました! | トップページ | 【表現】アナウンサープログラム第2回! »

2009年11月30日 (月)

「もったいない」を世の中に。フードバンクの取り組み

みなさま。
2号でございます。


さて、本日は2号がずっとやりたかったプログラムが実現しました。

セカンドハーベストジャパンさんによる、
“フードバンク”の取り組みをプログラムにしました。
http://www.secondharvestjapan.org/index.php/jpn_home


みなさま、ご存知でしょうか。
日本では年間500万トンもの食料が廃棄されていることを。

セカンドハーベストジャパンでは、
「すべての人に、食べ物を」というキャッチフレーズで
フードバンクの取り組みによってこの問題を
解決しようとしています。

フードバンクとは文字のとおり「食料の銀行」。


本来捨ててしまうものを集め(預かり)、
食料を必要としている方々へ再分配する(届ける)
取り組みなのです。


今回は、その取り組みの紹介を子どもたち向けのプログラムと
して行いました。

題して、
Dsc01889




本日の「おやつづくり」に集めていただいた食料はこちら。
Dsc01887 Dsc01892

一部ご紹介しますと、

カボチャは北海道の農家から届けられたもの。
こちらも小さくて売り物になりません。

キャベツやえりんぎ、パプリカは一部だけ色が悪くなっていたり、
ちょっと痛んでいるため売り物にならないもの。
スーパーから回収したものです。

手前のクロワッサンは11/30が賞味期限のもの。
今日ですね。


毎日、倉庫がいっぱいになるくらいの食料が寄せられるそうです。

こうした背景には、汁物や缶など、企業の廃棄にかかる処理コストが、
運送コストとあまり変わらないということがあるそうです。




さて、プログラムはフードバンクの説明の後、
今日持ってきていただいた食料の紹介から始まりました。

Dsc01897

子どもたちに差し出されたのはキャラメルポップコーンです。

「このキャラメルポップコーンもタダでいただきました。
さて、なぜでしょう?」

「ヒビが入っているから!」
「まずいから!」

と子どもたちの意見はさまざま。

「正解は賞味期限が近いからです。店頭に出るときには
賞味期限が近いため売れない。こっちのジュースもそうです。」


次です。

このサツマイモ。こちらも農家からいただいたものだそうです。
Dsc01893

「さて、このサツマイモ、なぜもらえたのでしょう?」

「土がついているから!」
「大きすぎ!」

そう。普通に比べて大きすぎるものや細すぎるものですね。
これらは売り物にならないもので、本来なら捨ててしまうものです。

「これはあとでみんなで食べます」

「え~~」 と子どもたち。


もう1問。

ちなみにこの方が今日の先生、
セカンドハーベストジャパンの配島さん。

Dsc01898

「こちらのゼリーやようかんの入ったお菓子。
これはなぜもらえたのでしょう?」

「ん?夏のナントカって書いてある」

「鋭い!今は冬ですね。ちなみに賞味期限は2月です。
そう、夏に売っていたお菓子なんですね。だけど冬は売れない。
だからもらえるんですね。」


さて、これらのものを使って自分のおやつをつくります。

ちなみに本日のおやつは・・・

Dsc01901


おお!カレーです。
これも品質的には問題ないのですが、作りすぎてしまって本来廃棄されるものです。
ちなみにカレーに入れている白いクリーム。こちらもそう。


子どもたちは先ほどの野菜を切っていきます。

Dsc01902 Dsc01904


カレーに投入!

Dsc01903 Dsc01905


カレーを煮込んでいる間に、フードバンクをわかりやすく紹介した番組を見ます。

Dsc01908


なんとなくフードバンクのことがわかってきたところで
いよいよおやつの時間です!

カレーと一緒に食べるのは、こちら。
Dsc01890


このクロワッサン、なんと輸入のときの検査で少し数が減ってしまったので
売り物にならなくなったものです。
こんなものもあるんですね。


Dsc019122


こちらが本日のおやつです。
すべてが本来捨てられてしまうもの。
こんなに立派なおやつになります。
「もったいない!」


子どもたちが「え~~」と言っていたサツマイモ。
普段食べているものと味は変わりません。

ちなみにカボチャが嫌いな子も今日は食べていました。
もったいない精神による心境の変化?


最後に配島さんからお話が。

Dsc01915


「世界には食べ物に困っている人がたくさんいます。」
「みんなも給食を残さないで食べたり、お母さんに賞味期限が近いよ!と教えたり
してあげてください。」

すると子どもたちから
「賞味期限がなるべく近いものから食べるようにする!」
「たくさんのものを捨てようとすると、フードバンクの倉庫がパンクしちゃう!」

といった意見が出ました。
少しでも「もったいない!」と考える子どもたちが増えたでしょうか。



大人にとっても非常に勉強になるプログラムでした。
セカンドハーベストジャパンのみなさま、ありがとうございました!




|

« 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】TBS:子ども記者養成講座が始まりました! | トップページ | 【表現】アナウンサープログラム第2回! »

食のプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/32432496

この記事へのトラックバック一覧です: 「もったいない」を世の中に。フードバンクの取り組み:

« 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】TBS:子ども記者養成講座が始まりました! | トップページ | 【表現】アナウンサープログラム第2回! »