« 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】建築プログラムはじまる! | トップページ | 【表現】お待ちかね!アナウンサープログラム! »

2009年11月23日 (月)

「耐震積み木」で遊ぼう!@世田谷耐震まちづくりフェア

こんばんは。

初投稿5号です。ブログなのに緊張してます。


本日は世田谷耐震まちづくりフェアに行ってきました。


昨日の寒さはどこへやら、今日は昨日と打って変わって晴天の暖かい一日でした。

Dsc01834


会場にはウルトラセブンさんも登場して大盛り上がり!ウルトラセブンさんと一緒に防災のお勉強!!なんて夢のある学びでしょうか。

Dsc01842

今回は世田谷区で活動しているNPO法人まちこらぼさんとコラボして、子どもたちを対象にしたワークショップを企画しました。

そこで建築士の金子さんと山中さんをお迎えしてじゃじゃん。

Dsc01835

「耐震積み木」で遊ぼう!!!!

とは言っても単なる積み木ではなく、実際はかなり本格的な家作り。綿密な細かい作業が必要になります。

まず準備するのはこちらの木々。

Dsc01556

円周の一部を象った木の上に台車を乗せ、その上にこちらの木材を組み立てていきます。これがまたぐらぐら不安定な土台なのでなかなか難しい。台車の向きは基本的に二種類。横揺れに逆らわずに設置するかまたは揺れに対して垂直に固定するかは自由に選択できます。この選択が最後の地震発生の際の結果にダイレクトに響いてくるわけです。

土台である台車の向きを決めたら、まず柱を立てて、それだけでは弱いので筋交いを入れて。。。。とはいえ、筋交いは数が限られていて、びっしり全方向に入れることはできません。というわけで子どもたちは真剣に悩みます。

「ここに入れたほうがいいかなー」
「こっちがいいよー」

一つ一つのパーツが本当に精密に作られていて感動です。

Dsc01848

子どもたちはもう夢中になってさっさかさっさか家作り。木をじっと見つめる姿は真剣そのもの。でもなんだかその頼りない手つきに、お母さんお父さん登場で、もう家族全員で家作りに熱中!!

おじいちゃんと一緒に相談しながら作る子やおばあちゃんと協力して作る子などもいて、さまざまなふれあいの場がそこにはありました。


「次はこれ!」「はいこれ次そっちね!」

お母さんのリーダーシップに少々圧倒される子も。

家作り開始から試行錯誤かれこれ15分から30分。

最後に屋根を乗せて。屋根は軽いものと重いもの二種類を用意し、どちらを選んでもいいんですが、さてさて結末はいかに。

ともあれ、はい!三階建ての完成!!

Dsc01851

ではここからが問題。家作りは三カ所で一斉に行い、三カ所すべてが三階建ての家を完成させたわけですが、ここで早くも地震発生!!!!!!ここで金子さんがそれぞれの家の特徴を簡単に説明。台車の向きや屋根の軽さ、また内部構造などをまとめてくれます。

そしてそして


家が一斉に揺れだします。


Dsc01852


あーーーー崩れるーーーー

がらがらがらーーーーーー


Dsc01853

「あーーーー」

とため息と歓声。


Dsc01845

無惨にも崩れ去った二棟の家を尻目に、ひときわ燦然と輝く一棟の家。

「やったーーー」

見事に丈夫な家を造った子は大喜び。対して残念ながら惜しくも崩れてしまった子は悔しそう。


無事崩壊を免れた家にはプレゼントが。

手作りジェンガ。

ぱちぱちぱち。

Dsc01836

みんな目を丸くして嬉しそうにプレゼントを受け取っていました。デジタル化している世の中だからこそ、こういった自然を感じられるおもちゃがうけるのかもしれませんね。

難しすぎず簡単すぎず、丁度いい難易度で、子どもたちは飽きずに最後まで熱中していました。
10時から16時まで行ったのですが、子どもたちはほとんど途切れることなく参加していて、大盛況の積み木イベントでした。


|

« 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】建築プログラムはじまる! | トップページ | 【表現】お待ちかね!アナウンサープログラム! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/32330800

この記事へのトラックバック一覧です: 「耐震積み木」で遊ぼう!@世田谷耐震まちづくりフェア:

« 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】建築プログラムはじまる! | トップページ | 【表現】お待ちかね!アナウンサープログラム! »