« 【音楽】山田パンダさんと音楽発表会① | トップページ | 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】和食から学ぶおもてなしの心! »

2010年1月14日 (木)

【文化】十世 三宅藤九郎さんの狂言プログラム

こんにちは。
アフタースクール3号です。

本日は狂言プログラム、
女性狂言師の「三宅藤九郎さん」が放課後にふたたび登場です。

3号も昨年の夏に「狂言」に出会ってから、すっかり藤九郎先生の大ファンです。

それにしても、「狂言」って一体どんなもの??

子どもたちも、「狂言」という言葉は耳にしたことがあるようですが、
どんなものかを説明することは出来ない様子。

まずは先生から、クイズを交えた「狂言について」のお話がありました。
P1040584

狂言とは、日本のお芝居の原点となる伝統芸能で、
たのしいこと、おもしろいことを演じた「喜劇」なのです。

600年前の室町時代から続いてきたもので、254曲も存在します。

254曲も存在しますが、
演じられる「能楽堂」は、4本の柱に囲まれ、背景に松の木が描かれた
決まったかたちの舞台なのだそうです。

どの謡でも、狂言師の声(セリフ)と表情(仕草)だけで
すべてを伝えるのだそうです。

観客は、狂言師の声と表情から情景を感じとり、ストーリーに入り込むのです。

もちろん、感じ取り方は「十人十色」、
それぞれが自分なりの情景を思い描いて楽しむのです。

3号も、狂言は言葉も難しいような気がするし、
観ても意味が分からないのかな?と、思っていましたが
先生のお話を聞いて、「なるほど!自分なりに楽しむことが出来るんだ!」
と、イメージが変わりました。

子どもたちも、初めて聞くお話にひき込まれるように耳を傾けていました。


でも、先生のように声を出すのはとっても難しそう!

さっそくみんなでチャレンジです。


2つの流儀がありますが、今回は「和泉流」という狂言を習います。

P1040589

狂言は、礼儀や作法もとても大事で、まずは立つ練習、座る練習を行います。

P1040591  P1040592
初めて習う作法に、最初はややぎこちない様子。


続いて今日は、「兎」 という小謡を習います。
P1040593

まずは先生のお手本です。
先生の凛としたうたに教室の空気も静まり、子どもたちもビックリ。
これぞプロの技ですね。

先生の後に続き、同じようにうたを繰り返します。

でも、声の大きさや発音の仕方など、やっぱり難しい!

そこで先生から
「ただ言葉を真似するだけでなく、
息を吸うところから同じようにうたってみましょう」
とのアドバイスも。

お腹から声を出すには、たくさん息を吸う必要がありますね。


休憩中も、とある質問をするため、先生を囲む子どもたち…
P1040596
質問の内容は子どもたちと先生のヒミツです。


続いて先生が、小謡と子舞で「兎」を披露です。
P1040599  P1040600

P1040601 P1040602
動きが加わるとさらに迫力が増して、美しいです。

題名の通り「うさぎ」についてうたった小謡なのですが、
小舞により、さらに様子が伝わってきます。

さぁ、先生に続いて子どもたちも練習再開です。
P1040603

はじめて聞いたときは、言葉の意味が分からなくても、
意味を一つひとつ習った後でうたうと、自然と情景が浮かんできます。

最初よりも背筋も伸び、声も大きくなり、様になっています!お見事!!

最後に礼をし、プログラムの終了です。
P1040605

みなさんお疲れ様でした!


終了後、さっそくうたを暗記した!という子どもたちによるお披露目が。
P1040607
堂々と発表していました ^^

さらにさらに、帰る間際に、皆で披露が!
P1040608

次は発表会の予定ですが、すでにこんなに上手に。
もしかして小舞付きでの披露も夢じゃない??

次回をお楽しみに♪

|

« 【音楽】山田パンダさんと音楽発表会① | トップページ | 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】和食から学ぶおもてなしの心! »

文化のプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/32978279

この記事へのトラックバック一覧です: 【文化】十世 三宅藤九郎さんの狂言プログラム:

« 【音楽】山田パンダさんと音楽発表会① | トップページ | 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】和食から学ぶおもてなしの心! »