« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

ミニミニバンド体験レポート−6

こんばんは。

5号です。

毎月2回
赤坂子ども中高生プラザなんで〜もさんで行われている、
ミニミニバンド体験レポートの時間がやってまいりました。

本日が6回目の体験レポートでございます。
今までのレポートはこちらからご覧下さい。

第1回:
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-2556.html
第2回:
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-90b8.html
第3回:
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-0cea.html
第4回:
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-def8.html
第5回:
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-49b5.html

先生はプロのミュージシャンである元就さんです。

毎月2回もプロのミュージシャンの方から
テクニックを伝授してもらったり
プロのミュージシャンの方と一緒に演奏できるなんて
とても贅沢なプログラムですね!

本日もなんで〜もさんからの体験レポートです。


3月25日(木) 4時~5時

またまた寒い日が続きますね。
「春なのに~♪」と言いたい天気ですね。

ミニミニバンドが始まると、
男の子たちがドラムを「元気」に打ち鳴らしていました。
よく言えば「元気」でしたが・・・(^^;)

今日は、新しい友達が参加。
彼女達もドラムが気に入ったようでした。
こちらは、心地よい8ビートを練習していました。

最後に、今日もスタッフ等と「さんぽ」や「ぽにょ」をセッションしました。
4月からも、元就さん、よろしくお願いします!!

Minimini


スキルアップするのはもちろんのこと、
いろんな子が、
音楽って楽しいって感じられたら、
本当に素敵だと思います。

新年度からは
また新しい子が参加してくれるでしょう!
これからますます盛り上がりを見せるであろうミニミニバンド体験。

元就さんには今後もお世話になります。
新年度もよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

【食】らでぃっしゅぼーやさんの「子ども赤かぶ塾」

こんばんは。
6号です。

本日は、らでぃっしゅぼーやさんが来てくれました!

本日のテーマは「出汁」です!!

今日はこのような材料を使います。

Cimg3427  Cimg3430

さあ、何が出来るでしょうか??

Cimg3429

皆さん、この道具を見たことはありますか?
何に使うかお分かりでしょうか?

今日はこの道具を子ども達に使ってもらいます!!

子ども達は今日のプログラムをとても楽しみにしてくれていたようです。
準備中ものぞきに来ていました。(笑)

さあ、いよいよ始まります!!
まずはしっかりご挨拶から。

Cimg3440

「よろしくお願いします!!」
子ども達は元気いっぱいです!!

4つのお皿の説明から始まります。

Cimg3441

前回のらでぃっしゅぼーやさんのプログラムに参加してくれていた子もいて、
4つのお皿のお話を覚えていました。

その中で、今日は白いお皿です。
白いお皿は調味料ですね。

「これは何だ??」と聞くと・・・

Cimg3439

「かつおぶし~~」
「こんぶ~~」

普段家でもよく見かけるんでしょうか?
名前をちゃんと分かっていますね。

日本は出汁を大切にする国で、海外ではこんなに出汁を使わないそうです。

では、出汁とお湯を比べてみましょう!!

Cimg3443  Cimg3444

「色が違う~~!!」
「匂いがあるよ。」
「こっちがおいしい!!」

と、様々な意見が出てきました。

次は昆布を食べてみます。

Cimg3446  Cimg3448

最初は「味がしな~い!」といっていた子も噛んでるうちに味が出てきたみたいです。
おかわりしている子もいました。

昆布についている白い粉のようなものは「うまみ」だそうです。

昆布は海にどのくらいの大きさで生えているのでしょうか??

Cimg3449

正解は・・・

Cimg3450

こんなに大きいんですね!!
子ども達の予想をはるかに上回っていました!!

Cimg3451  Cimg3453

昆布は水に浸かっていると旨みを出していくそうです。

次は鰹節です。
皆さん、鰹節を見たことありますか??

鰹節はとっても硬いんです!!

Cimg3456

子ども達もがんばって折ってみようとしますが、全然折れません。

Cimg3459 

鰹節がどうやって出来るかも説明してくださいました!!

さあ、この道具が出てきました!!
何に使うかもうお分かりでしょうか??

Cimg3460  Cimg3463

これは鰹節を削る道具です!!

子ども達が鰹節削りに挑戦です!!

Cimg3464  Cimg3466

初めは難しそうでしたが、慣れてきたようです。
シュッシュッととてもいい音がしてますね~~。

Cimg3470

削った鰹節を食べてみましょう!!
「味がしな~い」といっていた子どもも、よく噛んでいたら味がしてきたようです。
昆布も鰹節も噛めば噛むほど味が出るんですね!!

昆布と鰹節、この2つを使ってお味噌汁を作りましょう!!

昆布を入れていたお鍋を火にかけて、昆布を出してから鰹節を入れます。

Cimg3476  Cimg3479_2

鰹節が沈んだら、合図です!!
100を数えている班もありました!!

火を止めて鰹節と出汁を分けましょう♪

Cimg3480 Cimg3481

とってもきれいな色ですね~~!!

出汁をお鍋に戻して、豆腐とわかめを入れたらお味噌をときます!!

Cimg3482  Cimg3483

何度も味見をして、味を調整していきます。

あれ??お味噌の味見をしている子がいっぱいです。
とってもおいしいお味噌で、子ども達に大人気でした!!

最後にねぎを入れたら出来上がりです!!

4つのお皿に並べていきましょう♪
みんな、どこに何を置くか分かるかな??

Cimg3486  Cimg3488

緑:いんげんのおひたし
赤:魚肉ソーセージ
黄:ごはん
白:おみそ汁

みんなで「いただきます」をして、まずはお味噌汁から食べます!!

Cimg3490  Cimg3491

これから体に食事が入りますよ!という合図になるそうです。

子ども達は何杯もお味噌汁をおかわりしていました!!

Cimg3494 Cimg3496 

3つの班すべてのお味噌汁を飲み・・・
「うちの班が一番おいしい!!」と全部の班の子が言っていました。(笑)

最後はお味噌汁の入っていたお鍋は空っぽです!!
自分で作ったお味噌汁、とっても美味しかったですね♪

最後はみんなで「ごちそうさま」をして、お片づけをしましょう!!

Cimg3495  Cimg3500

丈夫で健康な体をつくるため、4つのお皿でバランス良く食べることを意識しましょう!!

家でもお味噌汁作ってみてくださいね♪

らでぃっしゅぼーやさん、とても勉強になりました!!
ありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子ども記者養成講座ファイナル!(3/3、13実施)

こんばんは。

5号です。

本日は子ども記者養成講座ファイナルです。

昨年11月に始まり、
計5回シリーズの子ども記者養成講座。

①ニュースができるまで
②記者の仕事とは?
③カメラマンの仕事と映像の編集を学ぶ
④テーマを決め、リサーチしてみよう

と行ってきまして、最終回の今回は
⑤取材して放送体験しよう
でございます。

取材は別の日を設けて行ったため
取材した映像を編集して、原稿を書き、
実際にプロのアナウンサーに読んでいただきます。

そう、赤坂・青山子どもニュースを放送するのです。


では早速始めましょう。

毎回お世話になっております
西岡さんから本日の説明です。


Dsc05096

本日行うことは
①取材したときの映像をチェック
②構成を考える
③画コンテを考える
④原稿を完成・映像の編集
です。

今回もTBSのプロの方々が
たくさん集まってくださいました。
毎回、本当にありがとうございます。

B班のテーマは
「青山の有名な場所」。
取材場所は
善光寺、紀ノ国屋、神宮球場でした。

映像の流れとしては

紀ノ国屋の前で紀ノ国屋のレポート

善光寺のレポート

神宮球場で担当の方にインタビュー
となっています。

やることが多いので分担します。
映像編集をするチームと

Dsc05087

原稿を書くチーム。

Dsc05089


原稿は家で考えてきたのがすでにあり、
あとは推敲プラス、まだ書いていなかった善光寺の原稿のみ。
すばらしい...

Dsc05090

B班原稿担当の西岡さんから
内容のチェックが入ります。

Dsc05108

映像編集チームは、
取材の日に撮ってきた映像を見てどれを使うかを選定します。

それから使う映像部分を
撮ってきた全体の映像から絞ります。

今度は
それぞれの映像をくっつけて
一連の映像に仕上げます。

「この映像はいらないんじゃない?」
「順番はどうする?」
「最初を神宮球場にするとあとがおまけみたいになるから...」
などと活発に議論を交わします。


ソフトの使い方も手慣れたもので
さっさかさっさか映像編集していくみんな。
頼もしい...

B班映像担当の稲葉さんもみんなのテクニックにびっくり。

Dsc05100

Dsc05110

何をしたらいいのか戸惑っていた子が
原稿の清書をすることに。
一生懸命清書をしております。

そう、個人プレーではなく
班全員で仕上げるのです。

Dsc05092


さて、対するC班。

こちらのテーマは「赤坂の名前の由来」。
取材場所は紀伊国坂周辺、支所の方も取材しました。

こちらは
まずみんなで構成を考えます。
撮ってきた映像から
何を伝えたいか、どういう順番で映像配置するかを
話し合って決めていきます。

リードしてくださるのはC班原稿担当の岩花さん。

Dsc05093

みんなの案をシートにまとめて
映像の流れを作っていきます。

Dsc05117

その間に映像をまとめているC班映像担当の内田さん。

Dsc05104

話し合いを終えたら
考えた構成をもとに映像編集を開始します。

C班の映像の流れとしては

赤坂の由来を支所の方にインタビュー

実際にそうかどうか現場を調べる
街行く人にインタビュー

名前の由来となっている坂を発見

とストーリーになっています。

Dsc05102

本物のニュースのようなストーリー展開、
また
豊富なインタビュー映像と技術溢れるインタビュワー。

Dsc05103
(インタビューしている時の表情を
お見せできないのが残念です。)

それからC班は
いくつかの坂の映像に音楽をつけ
またインタビューした映像にはタイトルなどもつけていました。
映像の幅がどんどん広がります。


あれあれいつの間にか
みんなの顔が生き生きとしているではありませんか。

自分から何かをしようとか
自分の考えを伝えようとか
そういった積極性がこの講座を通じて
徐々に現れてきたのではないでしょうか。

あっという間に2時間が経過し、
各班の映像と原稿が完成。

部屋を移動し、本番同様
プロのアナウンサーに原稿を読んでもらいます。

セットはこちら。
通常の部屋に
特設セットを用意していただきました。

Dsc05115


Dsc05116

本日お世話になりますのが
TBSの秋沢アナウンサーです。

西岡さんと内容の確認と原稿読みをしております。

Dsc05122

それでは本番です!

テレビでもおなじみの
秋沢アナウンサーのプロの声が響きます。
まさに圧巻です。

みんなも秋沢アナウンサーの素敵な声と
自分たちで作ったニュース映像を真剣に見つめます。

Dsc05134


実際に原稿を読んでいる映像をお見せできず大変残念です。

すぐそこにプロのアナウンサーがいて
実際に原稿を読んでいるのですから
こちらまでどきどきしてしまいました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後日、日程の関係で3日にできなかったA班が
13日(土)に最終回を行いました。

A班は明治神宮を取材しました。

原稿書きと分担して作業を進めます。

最終回、映像編集と原稿完成に
ラストスパートです!

Dsc05247

そしてアナウンサーは自分たちで!
3人が立派にアナウンサーに挑戦します!

Dsc05250

西岡さんから読み方などのアドバイスをいただき、
いざ本番!

Dsc05252_2

NGも多少ありましたが、
それもまたいい経験だったのではないでしょうか。

恥ずかしがりながらも
最後はきっちり完成させました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こうして
子ども記者養成講座全てが終了しました!!

すると岩花さんから
特別プレゼント。

講座を修了した証として
修了証をみんなにプレゼントしてくださいました。


Dsc05137


最後に、
今回参加してくれたみんなに
感想を聞きました。


「ニュースを作るのって大変だと思った」

「普段できないような体験が出来てよかった」

「テレビについていろいろわかっておもしろかった」

「取材などもしていろいろわかったので
これからもたくさんニュースを見ようと思った」

「あれだけ長く取材しても実際放送するのは短い」

「お母さんに参加するよう言われて来たが、来てなかったら損したかも」

「実際のカメラは重くて、長い時間持っているのはすごいと思った」

などなど
計5回シリーズを終えて
みんないろんな思いと学びがあったようです。


今回、この子ども記者養成講座は全5回のシリーズで
昨年の11月に幕を開けました。

①ニュースができるまで
ではニュースができるまでの流れを学び、

②記者の仕事とは?
では記者とはどういう仕事か
インタビューのポイントなどを学び、

③カメラマンの仕事と映像の編集を学ぶ
ではカメラを実際担いでみたり
映像編集ソフトの使い方を学び、

④テーマを決め、リサーチしてみよう
では班ごとに取材するテーマ、対象を決め、
リサーチをし、

後日TBSを出て実際に取材を行い、

そして最終回の今回は取材した映像を編集し、原稿を書き、
実際にアナウンサーに読んでもらって
ニュースという形にしました。

約4ヵ月にも及ぶ子ども記者養成講座でしたが、
最後に無事ニュースを完成させることができました。

完成したニュースは
3/14日(日)の
赤坂・青山子ども中高生共育事業報告会にて
大勢の前で流す予定です。


最後に、
「こういう業界で働きたいと思った人?」
と聞いたところ
4人ほどが手を挙げて
「アナウンサーになりたい」
「映像を撮る人になりたい」
と夢を語ってくれました。

将来は無限です。
今回の子ども記者養成講座で得たものが
みんなのなかでこれから
どのように広がっていくのでしょうか。

本当にお忙しい中、
何から何までしてくださったTBSの方々に
この場をお借りして心より御礼申し上げます。

本当に素敵なプログラムをありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子ども記者養成講座(2/20実施)

こんばんは。
6号です。

本日は、記者養成講座『取材』編です。

いよいよ各班に分かれて取材に行きます。
前回までに「何の取材をしたいか」「どこを取材するか」など、
決めたことに沿って取材をしていきます。

道具はカメラとマイク、そしてノートとペン。

各班で、「カメラマン」「カメラマン補佐」「レポーター」
「記者」を決めます。

カメラの使い方を習って・・・
さあ出発です!!

今回は3つの班のうちの1つをご紹介。

紹介するグループのテーマは『赤坂の由来』です。

赤坂の由来に詳しそうな方・・・ということで、
支所の方に聞きに行きます。

まずは、アポイントメントの取り方からの練習です。

確認が取れたところで、支所の方のところへ行きましょう!!

まずは支所の方のいる建物の前でレポートです。

100220_135249_1

カメラを構え・・・
レポーターがコメントし建物の中へ入っていきます。

100220_141135_1

事前に考えてきた質問を支所の方にしていきます。

初めてのインタビューなので、少し緊張していますね~。

記者は支所の方の言葉を書き取っていきます。
書くスピードと話すスピードが違うので、難しいですね。

みんなでお礼を言って、インタビュー終了です。
ご協力ありがとうございました!!

赤坂の由来について聞けたので、今度はその場所に行ってみましょう!!
赤坂には坂がたくさんあります。

100220_144535_1

色々な坂も撮影していきます。

100220_145006_1

みんなで順番にカメラを使っていきました。
リポーターもみんな挑戦します!!

赤坂の名前の由来となった「紀伊国坂」を見つけました!!
ここに茜が植えられているそうです。
残念ながら冬なので、どれが茜かは分かりませんでした。

100220_150825_1  

その坂で突撃インタビューに挑戦です!!
ご協力ありがとうございました!!

100220_150916_1

カメラマン・リポーターそれぞれみんな慣れてきましてね~。
カメラに向かって話すのも堂々としています。

TBSまでの帰り道、坂を見つけると撮影していきます。
たっぷり2時間歩き回って取材してきました。

みんな今日の原稿考えてきてくださいね。

次回はいよいよ編集です。

どんな作品が仕上がるのでしょうか!?
楽しみです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

【赤坂・青山子ども中高生共育事業】赤坂・青山ウォークラリー第1弾!

2号です。

先日、赤坂・青山子ども中高生共育事業にて
「赤坂・青山ウォークラリー」を開催してきました!


こちらは地域の達人が地元を案内してくれ、普段知っていそうで
知らない地元のことを歩きながら探検しよう!というものです。


今回は来年度からのウォークラリーのプレ企画として、
「ルート1 赤坂3大名所巡り」としました。

当日は晴天に恵まれ、子どもも含め20名以上の方々が
参加していただきました。


さて、出発はといいますと。


こちら。
Dsc02200

わかりますか?


そう、赤坂氷川神社の大イチョウです。

本日は特別に社殿に入れていただきます。

Dsc02203


まずは2拝2礼1拝の「正式参拝」を行います。
皆、神妙です。

Dsc02209


氷川神社は関東だけで300社あり、赤坂氷川神社は1000年以上地域を守って
きた歴史があります。

八代将軍徳川吉宗が建てたというこの神社の建物、木材でできており280年前も
前のものになるそうです。すごい。


さて、ちょっと見にくいですが、奥に昔の絵が飾ってあります。
こちらは昔々のお祭りの風景なのですが、神輿がありません。
そう、神輿の代わりに「山車」なのです。

Dsc02212


ということで次に外に出まして、今では復活しお祭りで使われている
山車を見せてもらいました。

Dsc02218


こちらの山車、氷川神社祭りで使われておりますが、
なんと重さが3t!! もちろんブレーキはありません。


さて、最後に勝海舟が名前を付けたという四合稲荷神社や、

Dsc02220

東京大空襲にあったという大イチョウのお話をいただき、
(木が空洞化していて、中が黒くなっているのわかりますか?)
Dsc02222


赤坂氷川神社をあとにします。
こちらを案内していただいたのは、地域の達人1人目、禰宜の恵川さんでした。

最後はお土産までいただいてしまいました。

Dsc02224


さて、次に向かったのは・・・


Dsc02226


みなさんも行ったことがありますか?

東京ミッドタウン横にある、きれいな公園、檜町公園です。


ここでは地域の達人2人目、NPO檜町公園遊びを考える会、光田さん登場です。

Dsc02228


この公園の名前の由来は、ヒノキの木がたくさん植えてあったからと言われて
いますが、昔は毛利家の屋敷があったそうです。140年の歴史があります。


池や滝の方に行ってみますと、中国から持ってきたという一枚岩でできた橋が
あります。

Dsc02229

池には昔、フナやザリガニがいてみんな釣りをしていたそうです。
(いまは釣り禁止)

さて、檜町公園の横には実は大きな倉庫があります。

Dsc02231


こちらは普段は入れないところで、昔は軍隊の射撃場だったそうです。
また、上には保育園があったそうですよ。

いまは資材置き場になっています。
ちょっとひんやりしていて不気味なところです。


さてさて、いよいよ最後の名所に移動。

Dsc02233


どこに行くかといいますと・・・


Dsc02234


もうわかりますね。

そう、東京ミッドタウンです。

こちらが地域の達人3人目、高須さんです。

Dsc02237


ただし、今回は特別にこれまた普段は入れない33階の商用ギャラリーに
入れていただけました。

Dsc02240


非常に景色もよく、港区全域が見渡せます。
都内で一番高い建物だそうですよ(六本木ヒルズより10m高い!)。


Dsc02247




こちらで東京ミッドタウンの紹介DVDや、

Dsc02241


模型を使った説明をしていただきました。

建物はマスや障子、竹かごなどをイメージして作られていることを
教えてくださいました。

そういえば随所にそのイメージが見られます。
Dsc02248


さて、最後にスタンプラリーの紙にシールを貼って、「ルート1制覇!」となります。

Dsc02251 Dsc02239


子どもたちもご家族の方も、赤坂について少しは興味を持っていただけたかと
思います。

また地域の達人の方々もこれからもっと地元のことを地元の子どもにも大人にも
伝えていっていただければと思います。

来年度から、区民の皆さまをはじめとしてルートを公募する予定でおりますので
ドシドシ、ご応募お願いいたします。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

【食】ハーゲンダッツさんの「アイスクリームのひみつ」

こんばんは。
6号&3号です。

最近とても暖かくなってきました。
皆様、花粉症は大丈夫でしょうか?

本日はハーゲンダッツの溝部さんと澤村さんが来て下さいました!

Cimg3411  Cimg3412

以前のハーゲンダッツさんのプログラムはこちらをご覧ください。
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-b8dc.html

子ども達はとても楽しみにしていたようです。
50人近くの子ども達が集まってくれました!!

今日は8~9名に分かれ、6班で実験やクイズを行います。
使うものは・・・

Cimg3407  Cimg3409

色々な道具が揃ってますね~。
何に使うんでしょう??

まずはクイズから!!

アイスクリームが初めて売られてのはいつ頃でしょうか??

Cimg3413 

答えは・・・

坂本竜馬の時代だそうです!!

アイスクリームはいくらくらいだったでしょうか??

答えは・・・

なんと大工さんの1日のお給料と同じ値段の50銭だったそうです!!

「1円の半分の50銭」と聞いて、
子ども達からは「安い~~~!!」という声が上がりますが、
今のお金では8000円くらいでしょうか??
そう考えるとすごい高級品だったんですね!!

さあ、次はアイスクリーム作りです♪
皆さん!!アイスクリームの材料をご存知でしょうか??

Cimg3415

子ども達はちゃんと知っていました!!
「牛乳!!」
「生クリーム!!」
「砂糖~~」
「卵!!」
すらすら出てきますね~~。

それを混ぜ合わせて・・・
缶に入れます。

ジップロックに入った氷に塩を入れて・・・
それに缶を入れましょう!!
しっかり口を閉めて、プチプチに包みます。

さあ!!みんながんばってこれを振りましょう!!
1人20秒づつ、合計3分振ります!!
思いっきり振らないと固まらないそうです。

子ども達は必死で振ってくれました!!
P1040861
一生懸命シェイクするのは結構大変です!

3分終了~~!!
アイスは出来てるかな??

1班だけしっかり固まっていました!!
P1040863
固形物になっているのがお分かりいただけますでしょうか?

Cimg3416
固まらなかった班も味を確かめてみました。
おいしかったみたいです♪

次は材料当てクイズです。

各班に色々なものが乗ったトレイが配られました。
どれも見たことがないような、『???』なものが並んでいます。

Cimg3408
「バニラ」「トリュフ ショコラ」「マカデミアンナッツ」「グリーンティー」
「アズキミルク」と書かれている紙があります。

その上に材料だと思うものを乗せていきましょう!!

「これはきっと抹茶だよ~~!!」
「この葉っぱ何かな??匂いしないよ。」
「これなんだろう??」
P1040865

細長いのが「バニラ」のもとなのですが、
これが一番謎だったようで、「変なにおいがする!においがきつい~」と、
まったく何の材料かが分からない様子。
バニラビーンズはここから出来ているんですね。

さぁ、各班で相談しながら決めていきます。
P1040867
相談した結果の材料を紙の上に乗せていきます。

正解はこちらです!!

Dsc01937

休憩時間にはマカデミアナッツ割りに兆戦です!!
P1040869
こちらの機械を使います。


P1040871 P1040872
小学生の力ではとっても硬い~。でも、見事に割れました!

続いては、重さ比べです!!
同じ大きさの容器に入った別のアイスクリーム、
どちらが重いでしょうか!?

Cimg3420  Cimg3421_2
おお!!ハーゲンダッツが重いことが一目瞭然です!!

ほんとに同じ大きさなの?と疑いの眼差し。
P1040875
実際に手にとってグラムを確認ます。

重さの理由は・・・
空気がどれだけ入ってるか・・・の違いです。

ハーゲンダッツのアイスは、空気が少ないから濃くておいしいんですね!!

賞味期限・消費期限・アイスクリームの保存方法についても教わりました。

美味しく食べられる期限である「賞味期限」のことは知っているようですが、
「消費期限」は?な様子。

消費期限とは、
長くは保存がきかない食品に設けられている安心して食べられる期限
のことです。

さて、アイスはどちらに当てはまるのでしょう?
はたまた、どちらにも当てはまらない可能性も??

そう、実はアイスには期限がなく、大切なのは保存する温度なのです。
家庭用冷凍庫は、開閉により温度が上がりやすいので
なかなか美味しい状態で保存するのは難しいそうです。

大人も勉強になりますね。

ハーゲンダッツの社員さんには、
「アイス専用冷蔵庫」を保有している方もいるそうな!

いよいよお待ちかねの試食タイムです!!
一度溶けたアイスクリームと
そのままおいしいアイスクリームを食べ比べます。
P1040879
左が一度溶けたアイス、右がそのままのアイスです。
左右で微妙に色が違うのが分かるでしょうか?

Cimg3424
どちらが溶けたアイスクリームか聞くと
「こっちが溶けたやつ!!」と即答。

子ども達の感覚はすばらしいです!!
みんな正解でした!!
やっぱり溶けてないアイスクリームがおいしいんですね♪
子ども達はとてもおいしそうに食べていました~。

アイスクリームを食べながら、工場の中を教えて頂きます。
溝部さんがスライドで細かく説明してくれました~。

P1040883 P1040885
普段は見ることが出来ない工場内の様子に興味津々。

「風でごみを吹き飛ばすんだよ!!」
子どもから声が上がります!
よく知っていますね~~。その通りです!!
風が止まらないと、そこの部屋から中へは入れないそうです。

アイスクリームを食べ終わったら最後に手洗いの実験です。

汚れと見立てた液を手に塗り、
「手洗いチェッカー」という名のブラックライトに当てると汚れているように見えます。
汚れている部分は白く光ります。

さあ、手を洗ってみましょう!

石鹸を付けてきれいに洗って、もう一度ブラックライトに当てると・・・

まだ白い箇所が多く、汚れがずいぶん残ってますね~~。
爪の際や指の付け根の部分に汚れが残りやすいんですね。

ハーゲンダッツのお店にいる販売員の方は
この手洗いを完璧にこなし、毎日お店に立っているそうです。


皆さん、手を洗うときには気を付けましょう!!

ここでプログラム終了です!
アンケートにアイスクリームの絵を描いている子どもがいっぱいでした!!
よほどおいしかったんですね♪

終了後も子ども達は、手洗い実験を頑張っていました!!

溝部さん、澤村さん本日はありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

【学び】Panasonic Kidsスクール・エコ学習

みなさま。
2号です。


本日は横浜市の市立の小学校に行きまして、
環境のプログラムを行って参りました。


環境問題を子どもたちに
わかりやすく、より身近に感じてもらうプログラムです。


講師は天気予報士そして環境ナビゲーターとして活躍の
岡田さんです!


_001



お題は地球温暖化。
さまざまな切り口で環境問題について子どもたちに
紹介していきます。

_002


例えばさんま。
さんまと言えば「秋」の食べ物です。
でも、温暖化の影響で「冬」の魚となりつつあるのです。

_004


また、温暖化の影響で熊さんが困っている様子を、
子どもたちにイラストに合わせてコメントをつけてもらいました。
_005

_006


次はさくらです。
春ならではのさくら、最近は開花が非常に不安定になっています。

実際にいま、さくらはどうなっているのか、写真をみんなで
撮りにいきました。

_008


2号も撮ってみました。
まだまだですね、開花は。

_009


また、こんな質問も。
みなさん、何だと思います??

_010


答えは「人間関係」。
温暖化が進むと、わずかな水を求めて、戦争?
という可能性もあるそうです。


では我々が身近なことで地球温暖化を防ぐにはどうすれば
よいのでしょうか?

岡田さんがこんなものを持ってきてくれました。

_012


ちょっとわかりにくいですが、
携帯用のソーラーパネルです。

トイレットペーパーを10cm個々の日本国民が短く使うだけで、
10億cm節約できる、という話などもでました。

身近にできることはたくさんあるんですね。


最後に岡田さんは、
「みんながナビゲーターになって、お家の人や友達に今日ちょっとでも
印象に残ったことを伝えてあげてください。」
とお話しされていました。


非常に楽しく学びが多いプログラムでした!


岡田さん、ありがとうございました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

ミニミニバンド体験レポート−5

こんばんは。

5号です。

卒表シーズンが到来しました。

卒業式にみんなで歌った合唱は
今でも心に残っております。

さて音楽といえば、
赤坂子ども中高生プラザなんで〜もさんでの
ミニミニバンド体験でございます。

月に2回
プロのミュージシャンである元就さんをお迎えしての
素敵なバンド体験。

今回は3月9日(火)に行われましたバンド体験の様子を、
なんで〜もさんのレポートでお伝えいたします。


3月9日(火) 4時~5時

 晴れた!!と思いきや、雨が降ってきたり、はたまた雪が降ってきたり・・・
 天気が不安定ですが、子どもたちは毎日元気いっぱい来館しています。

1

「今日、ミニミニバンドあるよ!!」と、
子どもたちを誘うと
「知ってるー後で行く」
との返事。
常連の子どもたちには、定着してきているようです(*^^*)

今日のミニミニバンドは、常連の女の子たちを中心に活動しました。
セッションが楽しいようで、
今日も「ぶんぶん」「さんぽ」を弾いたり、
歌ったりしながら過ごしました。

また、「ぽにょ」も演奏!
元就さんとなんで~もスタッフのセッションに合わせて、
好きなリズムやコードを弾きました。
今日もノリ良く、みんなで大演奏!大合唱!!

また、次回、元就さんの指導が楽しみです♪


常連の子どもたちも出てきているようで
元就さん人気がうかがえます。

「ぼにょ」の大演奏、大合唱、
ぜひ私も参加してみたいです。

卒業式に全員で「ぼにょ」を演奏するのも
また一興かと思います。


次回のミニミニバンド体験レポートは3月25日です。

次回もお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊び】アジアチャンピオンとジャグリング!

みなさま、”ディアボロ”をご存知でしょうか。

こんばんは。

5号です。

日に日に暖かくなりますね。

本日はアジアチャンピオンをお迎えしての
ジャグリング&マジックプログラムでございます。

先生は齋藤哲範さん。
ディアボロ部門で2年連続アジアチャンピオンでもあり、
世界2位の成績も持っております。

ディアボロとは
中国ゴマのことでございます。

詳しくは後ほどお伝えいたします。

さて、本日のプログラム会場は
赤坂子ども中高生プラザなんで〜もさん。

ジャグラーの齋藤さんと一緒に
前半はボールを使ったジャグリングを体験し、
後半にマジックを少し体験します。


まずは齋藤さんのパーフォマンスから!

ここでは、ボールを使ったジャグリングを披露。


3つの玉をさっささっさ
おー鮮やか。。。

「すごーい」
「おー」
子どもたちの歓声。

Dsc05215

それも序の口。
ボールの数が4つに増えます。

座ったり回ったり。

Dsc05217

鮮やか。。。

Dsc05216

Dsc05218


最後は5つでぱぱぱぱぱーーー。
見とれてシャッターチャンスを逃しました。

平然とやってのけるテクニックに脱帽です。


さて、ここからはみんなでボールジャグリング体験です。

まずはボール1つ持って、
確実に右手から左手にボールを移す練習。

「頭から数センチの高さにボールを投げること」
がポイントだそうです。
常に同じ高さに投げましょう。


それから2つ持って
右、左、とボールを投げ
同じ順番で右、左、とボールをキャッチします。


みんなのボールが、あっちこっちにとんでいきます。

「わかんなーい」
という子には齋藤さんが

「もっと高く投げた方がいいよ」
「なるべく体を動かさないように」
などとアドバイスしてくれます。

Dsc05221

3つができるとこんな感じになります。

Dsc05224

とここで、
本日のメインパフォーマンスの時間がやって参りました。

会場にはござを敷いて
観客がぞろぞろ入ってきます。


では、ミュージックスタート!


このパフォーマンスが本当にすごいです。
まずは、ボールジャグリングから!

5つ使ったジャグリングに
「おー」
の大歓声と
拍手が沸き起こります。

Dsc05228


それから齋藤さんが専門とする
ディアボロ。

こちらのディアボロは中国ゴマのことで、
ひものついたスティックを両手に持ち、
コマをひもでこすることで
大きなコマを回します。

回したコマとひものついたスティックで
あらゆる技を繰り出します。

Dsc05232

コマがあっちいったり
こっちいったり、
かなりのスピードです。

Dsc05231

もう何がなんだかわからないくらい
すごいです。

観客からは

「えーーー」

「すごーい」

「おーーー」

の嵐です。

コマを2つ使ってのパフォーマンス。
コマとひもがくっついているように見えますが、
もちろん、二つは本来別々です。

Dsc05236

私、あまりのすごさに
感動してしまいました。

このような世界レベルのパフォーマンスを、
間近で見られるとは贅沢です。


「幻を見たみたーい」
と感想を言っていた子もいました。

私には考えられない、まさに夢の世界です。

では、ボールジャグリングに戻りましょう。

先ほどはいなかった子も数人加わり
再度ジャグリングに挑戦です。
齋藤さんが、一人一人に的確なアドバイスをくれます。

Dsc05237


Dsc05238

たった1時間弱で、3つのジャグリングができそうになる子も。
すばらしい習得能力です。

こちらのジャグリング。
「3つができるようになると頭がよくなるよ!」
とのこと。
3つができるようになると、
普段使わない脳の一部が活性化されるんだそうです。
「でもジャグリングやりすぎて勉強しなくなるとだめだよ」
とおちゃめな齋藤さん。


みんなとすっかり打ち解け
子どもたちから齋藤さんにインタビューです。

ジャグラーさんに関する質問。

「どれくらい稼ぐんですか?」

子どもたちからの質問にずばっと答える齋藤さん。

Dsc05239


すると2人の女の子が、
先ほどパフォーマンスで使ったディアボロが気になって
「これやりたい」
と齋藤さんに熱望します。

Dsc05240

部屋の関係上等、本日はできないのですが
子どもたちの「やりたい!やりたい!」
との切なる願いから
特別大サービスでちょっとやらせてもらいました。

こちら実際やってみるとけっこう難しいようで
回すだけでも一苦労。

齋藤さんに手伝ってもらって
ちょっとだけディアボロを体験しました。

Dsc05241

最後に簡単な輪ゴムマジックを伝授してくれました。

Dsc05243


Dsc05244

最初は
「えーーー」
とびっくりするだけだった子どもたちが
やり方を教えてもらい、
10分ほどでできるようになりました。

子どもたちは嬉しそうに、
周りの子にマジックを試していました。


その後少々時間があったので
最後の最後までボールのジャグリングをマスターしようと
頑張っている子もいました。


最初は全然できなかった子も、
わずか1時間半ほどで
ボール3つのジャグリングがもうちょっとでできるレベルまで
向上しました。
短時間でも習得できるものなのですね。

齋藤さんいわく
「ジャグリングの上達は、一定レベルまでは練習次第」
とのこと。

一生懸命一つのことに打ち込むと、
人に感動を与えられる技を習得することができるのですね。


齋藤さん、本日は素敵なプログラム
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

【表現】不思議な水彩色鉛筆で絵を描こう!

こんにちは。
メルヘン3号ですshine

本日は女の子にはたまらない、素敵な素敵なメルヘンな世界をご紹介します。

本日の先生は水彩画絵描きとして活動中の『KINA(キナ)さん』、
http://kina-sao.com/

そしてドイツに本拠を置く、筆記具や製図用品の世界的なメーカーの
『STAEDTLERさん』とのスペシャルコラボのプログラムです。

P1040745 P1040732
↑KINAさんの作品           ↑ STAEDTLERさんに水彩色鉛筆(60色!)

KINA先生の作り出す世界はとっても柔らかく、
目にした人誰もが優しい気持ちになれる
温かなタッチで描かれた素敵な作品ばかりです。

そしてその世界は、STAEDTLERさんの水彩色鉛筆で作られています。

P1040733 P1040736

P1040742_2 P1040743

何て可愛いらしい絵たちなんでしょう~。
優しいタッチの色合いにほっと癒されます。

子どもたちもひと目見た瞬間に「かわいい~」「欲しい!」と大絶賛です。

さぁ、こんな不思議なタッチの絵が描けるようになるのでしょうか?
『水彩色鉛筆』が今日のキーワード。
普通の色鉛筆とはどう違うのでしょうか?

さっそくプログラムの開始です。

P1040747 P1040750
使うのは「赤・青・黄の色鉛筆、絵の具用の筆、少量の水」です。

今日はこの「赤・青・黄」の3つの色鉛筆でいろんな色をつくることに挑戦です。

3つの色からどんな変化をするのでしょう?
ワクワクドキドキです。

P1040751
まずは画用紙に6つのマルを書き、2つずつ赤・黄・青を塗っていきます。

P1040755
さぁ、片方のマルだけを水を付けた筆で塗っていくと…?

P1040756
色鉛筆で塗っただけのマルと、
水を付けた筆で塗ったマルの違いが分かるでしょうか?

水を加えるだけで「ポーッ」と明るく浮き出てきて、
きれいなグラデーションになります。
これが水彩色鉛筆の不思議パワーなのです。

先生はいつも、このSTAEDTLERさんの水彩色鉛筆を使っているそうです。

水彩色鉛筆の特性を学んだ後は、いろんな色を作っていきます。
P1040760 
マルを3つ書き、赤・青・黄に塗り、水でぼかします。

P1040763
さらにマルを3つ増やし、
赤×黄、黄×青、青×赤、と2つの色を塗っていきます。

それを水でぼかしていくと…?
P1040765
赤×黄=オレンジ、黄×青=みどり、青×赤=むらさき

そう、新しい色がつくれちゃうのです。

さらにマルを6つ増やしていきます。
P1040768_2
2つの色の組み合わせで違う色が出来るのは子どもたちも知っている様子。
でも、さらに色を組み合わせていくと…?

赤×黄×赤=?
赤×黄×黄=?
黄×青×黄=?

どんな色になるか、子どもたちも興味津々。
「しゅう色になった!、やまぶき色ができた!!」などと新しい発見が。

P1040780
たった3色の色鉛筆で、こんなに素敵な色をつくることができました。
これだけでもう作品になりそうですね。

この3つの組み合わせで、無限の色がつくれるそうです。

また、赤とみどり、黄とむらさき、などの正反対の色を組み合わせることで
新しい色ができ、それを「補色(ほしょく)」と言うそうです。

P1040778 
真ん中は茶色ですが、赤×青×黄でつくれます。
この3色の配分量で赤茶になったり黄みがかった茶色にもできます。

実験みたいで面白いですね。

色についてもう少しお勉強です。
P1040782
この絵をじーーーーーーっと10秒間見つめます。

その後にこちら。
P1040783
模様は先ほどと同じで、今度は真っ白な紙を見つめると…

なんと、真ん中のマルが赤に見えてくるのです。

「あれ?目がおかしくなっちゃった!」「何で~?」と子どもたち。

色をずっと見ていると反対の色が見えてくるのだそうです。
色って不思議ですね~。これもメルヘンな世界です。


さて、続いて先生の用意してくれた下書きで塗り絵に挑戦です。
P1040801 P1040800
好きな絵を選んで、自分で好きな色を塗っていきます。

ここで色鉛筆も登場!
めずらしい60色の水彩色鉛筆争奪戦争も勃発です。
P1040794 
見事勝利したチームは
「色がたくさんある!すごい~!」と珍しい色鉛筆に感動です!


P1040798 
さぁ、思うままに色を塗っていきます。
男の子にはロボットの絵が人気です。

みんな迷うことなく、思い思いの色を重ねていきます。


P1040797
「髪の毛を金髪グラデーションにするにはどうしたらいいの?」
との質問。

色鉛筆に直接筆をつけ、色を足していく大技にも挑戦です。

みんなそれぞれこだわりがあります。

ラメも使ってキラキラにもできます。

3号お勧め、くじゃくのくーちゃんはこんなに風に!
P1040819 P1040813
原画は同じなのに、十人十色で面白いですね。

P1040821 P1040822
P1040820_2

描いた作品をみんなで一緒に見ながら、先生にコメントをいただきました。
P1040823 
まず最初は薄く塗り、だんだん重ねていくこともポイントだそうです。

子どもたちからも質問です。

・絵はいつ頃から描いているの?
→絵を描くのが大好きで、小さい頃からずっと
水彩画をはじめてからは10年くらいです

・普通の色鉛筆じゃダメなの?
→水彩色鉛筆なので、このように水でぼかすことができます

・ロボットの絵はどんな意味?
→おとぎの国に出てくるロボットをイメージしました

・上手く描くにはどうしたら良い?
→色を好きになってください
色を面白い、と思ったらたまにでも良いので描くことを続けてみましょう

最後に、先生の絵が描かれているポストカードの中から好きな絵を選んで
2枚ずつプレゼントしていただきました。

P1040829
どれも可愛くてどれにするか迷っています。

色紙にも素敵なイラストを描いていただきました。
P1040836


普段当たり前のように使っていた色鉛筆にも様々な種類があり、
水に溶かすと全く違うものが出来上がる、新しい体験を楽しめたようです。

色の組み合わせでは、
想像しているのと違う色になってしまい苦労している様子も見受けられましたが、
試行錯誤を重ねて楽しく取り組めたようでした。

最後に最後に。

KINA先生が今日の日のために描いてくれたくーちゃんはこちら。
P1040746
たくさんの色が散りばめられていて、とっても可愛いです。

先生のHPでは壁紙としてもダウンロードが出来るので、
3号もさっそくクリックです!

久しぶりに?メルヘンモードになった3号でした。

次回のプログラムをお楽しみに♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

【遊び】ハイパーどろけい参上!

こんばんは。

5号です。

さて本日は雨のしとしと降るなか、
目黒区の小学校にて
「ハイパーどろけい」をしてきました。

ハイパーどろけいとは何か。
それはどろけいを進化させた新しいどろけいです。
本日の先生はどろけいゼミの皆さまです。

Dsc05194

こちらのどろけい、
普通のどろけいとはちょっと違いまして
まずは衣装作りから入ります。

こちらが説明書です。
なんともよくできています。

Dsc05164

ビニール袋を使用して
警察のユニフォームを作るのです。
こんな感じでかぶります。

Dsc05163

もちろんちゃんと自分の好きなようにデザインをします。

絵を描いたり
ハサミで切ったり。

こちらは3本のネクタイ付き。

Dsc05165

こちらは一本の黒いネクタイ。

Dsc05166

その他にも
服には名前を書いたり
とにかく好きなように描かせます。

この服には漢字がたくさん書かれています。
「西米」はちなみに
「タピオカ」だそうです。
うーん博学。

Dsc05170

服作りでだいぶ盛り上がり、
さあでは本日の舞台である体育館へと向かいましょう!

Dsc05172

通常は外で行うのですが、
今日は雨のため体育館の中となりました。

体育館の中にはさまざまな障害物が。

Dsc05175

こういた障害物が
どろけいをいっそう激化させるのです。

Dsc05176

Dsc05178

Dsc05177

さあ、けがしないようにまずは準備運動から!
特に大人はアキレス腱に注意です。

Dsc05180

準備万端になったところで
いよいよどろぼうの登場です。

さきほど警察の服は作ったので
どろぼうはこちらの唐草模様のてぬぐいをかぶります。

あら、なんかかっこいいどろぼうですね。

Dsc05184

警察チームとどろぼうチームに分かれます。
今日の参加人数は約30人でしたので
15人15人くらいに分かれました。

ここまでは普通のどろけいですが、
ハイパーどろけいのおもしろいところは
こちらの宝物があること。

Dsc05199

警察の目的はどろぼうを全員捕まえること、
対してどろぼうの目的がこの
宝物を取ることなのです。

警察はこの宝物を守りつつ、
どろぼうを全員捕まる必要があります。

ちなみに
警察は宝物の周りにある
丸い青線から中に入ってはいけません。

さあでははじめましょう!

まずは警察が20秒数えます。

1、

2、

...

こんな風に隠れることも可能です。
見つからないように攻めること、
それも一つの作戦です。

Dsc05186

20!

さあ警察が必死に追っかけてきます!

宝物を守る警察。
大勢で宝物を取り囲みます。
これでは一見宝物を取るのは不可能そうです。

Dsc05189

それを密かに狙うどろぼう。

開始前の作戦タイム時には
「低学年が警察を引き寄せて、隙を狙って高学年が宝物を取る」
「全員で一気に宝物に向かっていく」
などさまざまな作戦が立てられました。

Dsc05190

守っている時の必死さが伝わる一枚です。
向こうでは警察がどろぼうを追いかけています。

Dsc05200

なんと最初のゲームは開始10秒ほどで
どろぼうが宝物をゲットしました!

あのかたそうな警察の守りを
開始10秒で切り崩したのです!!

おそるべしどろぼう。。。

それからどろぼうチームを警察チームを逆にしたり、
好きな方を選ぶ希望制にしたりと
計50分間で5ゲームほど行いました。

子どもたちだけではなく、
お父さん、お母さんまでもが全力疾走。
最後は汗でびしょびしょの子も。

びっくりするくらいの白熱ゲームが続きました。

最後にどろけいゼミの方々から質問。

Dsc05203

「今日のどろけい楽しかった人〜?」

「は〜い!」

Dsc05202

「あ〜楽しかった〜」
と汗を拭きながらある子が言った一言が
すべてを物語っていると思います。

心から楽しめてよかった!!

どろけいゼミの皆さま、
楽しいどろけいありがとうございました!!

宝物の中身はお菓子でした。
これもまた一興ですね。

Dsc05211_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

【学び】セキュリティプログラム

こんにちは。
6号&7号です。

本日はちょっと堅いテーマの「セキュリティプログラム」でした。
今回は、パソコンを使う子ども達に「セキュリティ」「著作権」について
学んでもらうプログラムです。

Cimg3343

先生はこの方、松本剛さんです。
松本先生は、おじいちゃまやおばあちゃまにパソコンを教えるときにも
「セキュリティ」について教えたりすることがあるそうです。

今回参加する子ども達は「パソコンを普段でも使う機会がある子」もいて・・・

Cimg3346

かなりの人数になりました!!
みんなしっかり覚えて、インターネットを正しく活用しましょう!!

まずは、著作権についての説明です!!

Cimg3345

著作権ってみんな知ってるかな??
言葉を知っている子は多いみたいですね。

著作権については、実は専門家でも難しいそうです。

著作権は、誰もが持っている権利だそうです!!
何かを作ったり、描いたり、文章を書いた時点で、その人の著作物になるそうです。
知らなかったですね~~。

さあ、その著作物を勝手に使うとどうなっちゃうんでしょう!?

「12歳以下の子どもが逮捕されることはない」そうです。

ただし・・

損害賠償を親が請求されることがあるそうです。

そして、その額は・・・・・??

「はいっ、1000万円!」

子ども達から「え~~!!」という声が上がります。

先生からは「それでも少ない方なんです。200億円の請求をされた方もアメリカにいます」とのこと。
気をつけましょう!!

Cimg3347 Cimg3348 

身近な内容が問題になった○×問題も解きながら、理解を深めていきます。

例えばこんな問題。

問題:携帯用ゲーム機や家庭用ゲーム機のソフトを、ホームページで楽しんだ。
子どもたちからは、思い思いに「マル」や「バツ」と答えがありましたが

・・正解は「バツ」

問題を解いてるうちに・・・子ども達も何がいけなくて、
何が大丈夫なのかわかってきたみたいですね。

Cimg3349

さあ、今度は実際にパソコンを使って検索をしてみましょう!!

おお!!

Cimg3356

文字を打つかわりに使うこんなものがあるんですね!!

Cimg3354

ローマ字うちが出来てる子もいます。すごいです。

さすが!パソコンを普段から使ってる子ども達です。

Cimg3355

検索は問題なく出来ちゃいます!!
ページを戻ることも簡単に出来ちゃいましたね!!

ここで、時間終了です~。
本当はもう少し内容を考えていましたが、1時間では難しかったですね。

みんな、今日覚えたことはしっかり守りましょうね!!
これからもパソコンとインターネットを上手に使って下さいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

【遊び】大道芸にチャレンジ!

こんにちは、3号です ^^

本日は大道芸プログラム、久々にクラウンジョーイさんの登場です。

http://www2.odn.ne.jp/en-joy/index.html

最初に子どもたちに質問です。

「大道芸って何か知ってる?」

「マジックみたいな、手品みたいなもの」、「風船を使うやつ」「火を噴く!」
などなど、いろいろなイメージがあるようです。

今日はどんなことに挑戦するのでしょう?

まずは先生のジャグリング技の披露です。

3つのシガーボックスをリズム良く入れ替えていきます。
う~ん、お見事。
P1040661  P1040663
鮮やかすぎる手さばきに
子どもたちからは、「ボックスに磁石が付いている!」との疑惑も。。
もちろん磁石は付いていません(笑)

続いて、クラブを使ったジャグリングも披露。
クラブをあごに乗せたり、3本をリズミカルに回したり。
子どもたちの目もさらに釘付けです!
P1040666 P1040667

さらにさらにボールを使ったジャグリングも。
P1040668
よーく見てください。
ボールが浮いてるように見えませんか??

子どもたちからも「おぉ~っ」っと歓声があがります。

P1040670_2 
3つのボールを使ったジャグリングの後は、
たっくさんのボールを使ったジャグリング・・・!!

P1040671_2
と 思いきや、つながったボールでのジャグリングでしたshine

こちらには子どもたちも大爆笑!

では、みんなでボールを使ったジャグリングに挑戦です。
P1040659
本日はこちら、手作りの新聞紙ボールでチャレンジです。

P1040688
1つのボールで左右にバランス良くスロウ&キャッチができるようになったら
2つのボールにもチャレンジ。

1、右投げる 2左投げる 
3、右で投げたのを左でキャッチ、4、左で投げたのを右でキャッチ。

文章で書くと??ですが、やるのも簡単そうで難しい~。
P1040691
連続でやるには至難の技!?子どもたちは夢中です。

さらに3つのボールにも挑戦です。
こちらも"リズミカルに"がポイントですが、難しい~~。

3号はてんやわんやでした。

さて、ボールを使ったジャグリングで遊んだ後は、
風船を使ったバルーンアートに挑戦です。
ジョーイさんは慣れた手つきで風船のかたちを変えていきます。

P1040708 P1040709
さて、何ができるかな?

そう、かわいいワンちゃんです。(プードルかな?)

続いてもう一つ披露。
P1040711 P1040712

P1040713 P1040714
あっという間に星の完成です!!
すごいー!欲しい!!の声がたくさん。

今日はみんなで先ほどのワンちゃんをつくることに。
P1040656
細長く膨らませたカラフルな風船を使います。
これをねじるだけで、子どもたちでもつくれるんです!

P1040719 P1040721
割れるのは怖いけど、勇気を出してねじって、ねじって・・・

P1040722
「じゃーん!」あっという間にできちゃいました♪
犬に見えるでしょうか??

P1040723_2 P1040724
子どもたちもあっという間に上手にできました。
青いのは、シッポのなが~~いワンちゃんになりました。

風船の大きさで、小さなワンちゃんや大きなワンちゃんができます ^^

P1040725
みんな可愛いペットができ、大満足です。

最後はジョーイさんが作ったキュートなワンちゃんたちが
得意のジャンケン争奪戦となったのは言うまでもありません。
P1040729

いつもはショッピングモールなどで見ることしかできなかった大道芸に挑戦でき、
子どもたちも楽しめた様子。

技を覚えて楽しい春休み&新学期が迎えられるかな?

次回をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

卒業おめでとう!放課後和菓子プログラム!

2号です。


本日は、女子高校での放課後プログラムでした。

大変ステキな内容となりました。

お迎えしたのは、いま雑誌等でもご活躍の和菓子研究家、
山崎彩先生です。

Dsc02165


本日お邪魔したのは、最近校舎を改装したばかりの
私立女子高です!

Dsc02164

なんとステキな!
男子校だった2号では想像もつきません・・・


さらにステキなのは、今回の企画、ひな祭りということもありまして
カワイイ「和菓子」、そして明日3/3に卒業式を迎える3年生に贈る、
プレゼント企画であることです。

1,2年生が手作りでプレゼントをつくり、明日3年生に渡します。
素晴らしいですね。


さて、事前準備の様子を少し。

毎度のことですが、大人のしっかりした準備あっての
毎回のプログラムです。

いつもいつも先生方ありがとうございます。

Dsc02166

Dsc02167

2号もお手伝い・・・
初の経験です。大変です。。。

Dsc02170_2 

はい、失礼しました。


さて、始まりました「和菓子プログラム」。


和菓子の先生といえば、ご年配の先生を想像しがちですが、
登場したのは山崎先生です。

生徒もちょっとビックリ!?

Dsc02171


まずは先生のデモンストレーションです。
(何ができるかは最後のヒミツです)

(ヒントはこちら)
Dsc02178_2



Dsc02175

Dsc02176

この学校の子はとてもお行儀がよく、
先生のデモを集中して聞いていました。

Dsc02180

先生はもともとお菓子も料理も関係ないことを
大学で学んでいたそうで、
卒業した後に、さまざまな食関係の勉強を始め、
最終的に和菓子研究家となられたそうです。

そんなお話もしていただきました。


さて、みんなでつくりましょう!!


しっかり測り、

Dsc02185


しっかり丸め、

Dsc02182


しっかり形作っていきます。

Dsc02188


先生方もお手伝いに参加。

Dsc02183


そしてカワイイ箱に詰めますと・・・

Dsc02191


こちら!
カワイイ~~

Dsc02187


そしてそして理事長自ら考案の、ラッピングも
いたします。
Dsc02193


ついに、
すばらしいプレゼントが完成です!

Dsc02196


その数250!
このとおり食紅もカラです。
先生も初めての経験とのこと。

Dsc02195


すばらしいプログラムに、先生に感謝を込めて拍手で
終了でした。

Dsc02198 


終わったあとも、ある生徒さんが先生のそばに寄り、
先生の和菓子、とても好きです!私も和菓子研究家になりたい。

という会話もありました。


明日、3年生の思い出のプレゼントになることを願っています。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国視察団ご来日!

みなさまいつもお世話になっております。
ブログには久々の登場の1号平岩です。

さて、本日はこれです。

Dsc05048_2

実は昨日は韓国の放課後事業の視察団の方々に向けて
講演をさせていただきました。

韓国では、少子化、受験の過熱化、教育格差など
日本同様の社会問題も数多く、
子どもの放課後の問題も同様に顕在化してきているそうです。

そこで韓国の放課後事業に関わる方々が、
他国の事例として
日本の放課後事業を視察にいらっしゃった一環として、
私のところにもお声かけいただいた次第です。
残念ながら日程合わず、現場のご見学には至らなかったのですが、
2時間ほどのお時間をいただき、お話をさせていただきました。

韓国語が出来ない私、
もちろん通訳さんがいらっしゃるのですが、
今回の講演に際し、パワーポイント資料を韓国語に翻訳して
日本語でお話ししました。

Dsc05033

ハングルの文字はなかなか読めないもの。
翻訳でどんな風に表現されているのか、
少々不安になりつつも一生懸命お話ししました。

・放課後NPOを立ち上げた経緯
・活動内容、特徴
・取り組む上での課題
・今後の方向性

などをお話ししました。
事前に韓国の放課後を勉強して、
日韓を比較しながらお話ししたつもりですが、
どこまで伝わっているかな?と少々不安でした。

でも話していてとても反応がいいのです。
話している途中で「そうそう」と手を叩いてくれる方もいました。

そして終了後は、
非常に多くの質問をいただきました。

・放課後NPOの活動に参加して、塾に行かなくなると、
結果として成績が下がることに親はどう考えるのか?
(韓国の受験熱は日本以上だと言われています)

・この事業は行政が行うべきなのではないか?
支援が少ないのでは?
(韓国は行政主導の施策が中心なのです)

などなど、非常に熱の入った質疑応答、議論が出来ました。
とても刺激的でした。

そして終了後は、
「韓国にぜひ来てほしい!」
「韓国でアフタースクールの支店を作っていいか?」
「これからもぜひ交流したい!」
などなど皆様から本当に嬉しい声をいただきました。

特に行政の施策中心の韓国の方々にとって、
私たちが個人の思いで動き出して活動を拡げてきたことに
とても感銘を受けていただいたようでした。
私自身も今までの努力が報われたようで、本当に嬉しく思いました。

これからも各国の放課後など、
自分ももっともっと勉強しようと思っております。
そして日本の放課後を充実したものに出来れば、
これ以上嬉しいことはありません。

遠く韓国からも見ていただいていることも励みに
ますます頑張ろうと思います!
皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!

(今回私が参考にした文献は下記です)
「子どもの放課後を考える」
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b51494.html

諸外国の放課後、学童保育の事例が網羅されている貴重な著書です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子ども記者養成講座第4回(2/17実施)

こんばんは。

5号です。

朝は特に寒くて
布団から出るのに一苦労の毎日です。

さて本日は子ども記者養成講座第4回です。

このシリーズは全5回の構成で
①ニュースができるまで
②記者の仕事とは?
③カメラマンの仕事と映像の編集を学ぶ
④テーマを決め、リサーチしてみよう
⑤取材して放送体験しよう
とそれぞれの回で
テーマを設定して行っています。

今回は第4回ですので
テーマは「テーマを決め、リサーチしてみよう」です。

取材のテーマを決め、
それに関して事前にリサーチをします。

リサーチの方法としては、取材対象に電話をしたり、
記事や書籍の資料を調べたりと、いろいろありますが、
今日はインターネットを使って調べます。

大きなテーマは「地元を紹介するニュース」でした。
それに基づいてどんなことを紹介するテーマとするのかを
みんなで話し合って決めます。

それが決まったら、具体的に何を取材するのかを、
事前にリサーチしておきます。

取材日当日に実際取材する対象を決めるということが
本日の目標になります。

さて、先生は毎回お世話になっておりますTBSの西岡さんです。

まずは前回までのおさらいから。
ニュースができるまでのおさらいです。
・ニュースとはそもそも何であるのか
・取材するときのポイント
・取材するときのマナー
など、大事なポイントを復習します。

Getattachmentaspx_6

また、取材した後、映像を編集する時に使う
2つのシートも紹介されました。

まずは、構成シート。
カメラで撮影した映像と、
そのときに取材した情報のポイントを書き入れます。

実際に使うときには、大きめのポストイットに書き入れて
順番の入れ替えができるようにします。

どういう順番に放送すれば、おもしろくてわかりやすいかを
実際に入れ替えながら構成を考えていくのです。

Getattachmentaspx_7

構成シートをもとに、ニュースの構成が決まったら
今度は原稿を考えながら、実際のニュース構成を
作っていくのが、絵コンテシートです。

使用する映像の内容を左側にまとめ、
それに対応する原稿の内容を右側に書くようになっています。

実際の放送用の原稿にする前の段階で、
この絵コンテシートで、ニュース全体の
具体的な内容をまとめます。

Getattachmentaspx_8

子ども記者養成講座では
各班でそれぞれ
1分〜2分程度の長さのニュースを作ります。

実際にニュースで放送された「長崎らんたんフェスタ」という話題を
このシートでチェックしながら見てみました。

Getattachmentaspx

イメージを膨らませたところで
さあ各班で話し合い開始。

「今日までにどんなことを取材したいかテーマを考えてきて」
と宿題を出しておきましたが
ちゃんと考えてきたでしょうか。

Getattachmentaspx_2

それでは各班の話し合いを少々ご紹介いたしましょう。

<A班>
テーマ:港区に関する人
有名人をターゲットにしたい模様です。
取材対象としては
赤坂・青山地区に関係する有名人の名前がぞろぞろ出てきます。
それから芸能事務所も。

果たして取材可能なのでしょうか。。。
夢は膨らむばかり。。。

Getattachmentaspx_3

<B班>
テーマ:赤坂・青山の有名な場所
取材する場所は
紀ノ国屋、カナダ・ハイチ大使館、神宮球場

例えば神宮球場では
「神宮球場と地元の関係を聞きたい」
ということでした。
スーパー、大使館、球場、とジャンルは様々。

Getattachmentaspx_4

家でちゃんと予習してきた子。
紀伊国坂に関しての情報をプリントアウトしてきています。
すばらしい。

Getattachmentaspx_9

<C班>
テーマ:赤坂の名前の由来

「どうして赤坂というのか」
という疑問を持ったC班。
調べていくと
「上がる坂」から来ているようだとわかりました。
さてさてではこの「上がる坂」とはどこの坂?
さらに調べていくと
「紀伊国坂」がそこだとわかったようです。

そこからさらに疑問。
「本当に紀伊国坂が赤坂の名前の由来なのか」

どんどん疑問から疑問が生まれ
その答えを見つけようとするC班。

Getattachmentaspx_5

あっという間の一時間半でした。

さてさて各班それぞれテーマが決まり、いよいよ取材です。

取材日は最終第5回の前の
別の日に2時間とって行います。

最終回の第5回では
取材した映像を編集し、
TBSのアナウンサーに実際に読んでもらい
各班で完成した映像を
一本のニュースにします。

さあ、子ども記者養成講座もいよいよ大詰めです。

取材、そして編集。
果たしてどのような映像が完成するのでしょうか。

本日も西岡さん、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »