« ワークショップコレクション二日目@慶応義塾大学日吉キャンパス | トップページ | 韓国視察団ご来日! »

2010年3月 1日 (月)

【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子ども記者養成講座第4回(2/17実施)

こんばんは。

5号です。

朝は特に寒くて
布団から出るのに一苦労の毎日です。

さて本日は子ども記者養成講座第4回です。

このシリーズは全5回の構成で
①ニュースができるまで
②記者の仕事とは?
③カメラマンの仕事と映像の編集を学ぶ
④テーマを決め、リサーチしてみよう
⑤取材して放送体験しよう
とそれぞれの回で
テーマを設定して行っています。

今回は第4回ですので
テーマは「テーマを決め、リサーチしてみよう」です。

取材のテーマを決め、
それに関して事前にリサーチをします。

リサーチの方法としては、取材対象に電話をしたり、
記事や書籍の資料を調べたりと、いろいろありますが、
今日はインターネットを使って調べます。

大きなテーマは「地元を紹介するニュース」でした。
それに基づいてどんなことを紹介するテーマとするのかを
みんなで話し合って決めます。

それが決まったら、具体的に何を取材するのかを、
事前にリサーチしておきます。

取材日当日に実際取材する対象を決めるということが
本日の目標になります。

さて、先生は毎回お世話になっておりますTBSの西岡さんです。

まずは前回までのおさらいから。
ニュースができるまでのおさらいです。
・ニュースとはそもそも何であるのか
・取材するときのポイント
・取材するときのマナー
など、大事なポイントを復習します。

Getattachmentaspx_6

また、取材した後、映像を編集する時に使う
2つのシートも紹介されました。

まずは、構成シート。
カメラで撮影した映像と、
そのときに取材した情報のポイントを書き入れます。

実際に使うときには、大きめのポストイットに書き入れて
順番の入れ替えができるようにします。

どういう順番に放送すれば、おもしろくてわかりやすいかを
実際に入れ替えながら構成を考えていくのです。

Getattachmentaspx_7

構成シートをもとに、ニュースの構成が決まったら
今度は原稿を考えながら、実際のニュース構成を
作っていくのが、絵コンテシートです。

使用する映像の内容を左側にまとめ、
それに対応する原稿の内容を右側に書くようになっています。

実際の放送用の原稿にする前の段階で、
この絵コンテシートで、ニュース全体の
具体的な内容をまとめます。

Getattachmentaspx_8

子ども記者養成講座では
各班でそれぞれ
1分〜2分程度の長さのニュースを作ります。

実際にニュースで放送された「長崎らんたんフェスタ」という話題を
このシートでチェックしながら見てみました。

Getattachmentaspx

イメージを膨らませたところで
さあ各班で話し合い開始。

「今日までにどんなことを取材したいかテーマを考えてきて」
と宿題を出しておきましたが
ちゃんと考えてきたでしょうか。

Getattachmentaspx_2

それでは各班の話し合いを少々ご紹介いたしましょう。

<A班>
テーマ:港区に関する人
有名人をターゲットにしたい模様です。
取材対象としては
赤坂・青山地区に関係する有名人の名前がぞろぞろ出てきます。
それから芸能事務所も。

果たして取材可能なのでしょうか。。。
夢は膨らむばかり。。。

Getattachmentaspx_3

<B班>
テーマ:赤坂・青山の有名な場所
取材する場所は
紀ノ国屋、カナダ・ハイチ大使館、神宮球場

例えば神宮球場では
「神宮球場と地元の関係を聞きたい」
ということでした。
スーパー、大使館、球場、とジャンルは様々。

Getattachmentaspx_4

家でちゃんと予習してきた子。
紀伊国坂に関しての情報をプリントアウトしてきています。
すばらしい。

Getattachmentaspx_9

<C班>
テーマ:赤坂の名前の由来

「どうして赤坂というのか」
という疑問を持ったC班。
調べていくと
「上がる坂」から来ているようだとわかりました。
さてさてではこの「上がる坂」とはどこの坂?
さらに調べていくと
「紀伊国坂」がそこだとわかったようです。

そこからさらに疑問。
「本当に紀伊国坂が赤坂の名前の由来なのか」

どんどん疑問から疑問が生まれ
その答えを見つけようとするC班。

Getattachmentaspx_5

あっという間の一時間半でした。

さてさて各班それぞれテーマが決まり、いよいよ取材です。

取材日は最終第5回の前の
別の日に2時間とって行います。

最終回の第5回では
取材した映像を編集し、
TBSのアナウンサーに実際に読んでもらい
各班で完成した映像を
一本のニュースにします。

さあ、子ども記者養成講座もいよいよ大詰めです。

取材、そして編集。
果たしてどのような映像が完成するのでしょうか。

本日も西岡さん、ありがとうございました!

|

« ワークショップコレクション二日目@慶応義塾大学日吉キャンパス | トップページ | 韓国視察団ご来日! »

表現のプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/33421770

この記事へのトラックバック一覧です: 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子ども記者養成講座第4回(2/17実施):

« ワークショップコレクション二日目@慶応義塾大学日吉キャンパス | トップページ | 韓国視察団ご来日! »