« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

【赤坂・青山子ども中高生共育事業】元かぐや姫山田パンダさん講演会

こんばんは。

5号です。

蒸し暑い本日18時半より、
赤坂区民センターにて
元かぐや姫の山田パンダさんをお迎えして、
講演会を開催いたしました。

山田パンダさんは現在ミュージシャンの傍ら、
子どもサポーターとして全国で講演しておられます。

さて、
今回の講演会のテーマは、
「大人が本気で、地域での子育てを考える」。

「地域の大人が地域を子どもを守り育てる」
という赤坂・青山子ども中高生共育事業の趣旨と
密接に関連しております。

Dsc06041


パンダさんは話の中で、
パンダさん自身の経験等を述べながら、

現在の社会を昔の社会を比べ、
今の社会に
なくなってしまったものは何か、

情報化社会の今、
子どもたちの間でどんな変化が起こっているのか、
社会の中でどんな変化が起こっているのか、
さらには大人の間でどんな変化が起こっているのか、
を具体的に説明してくださいました。

そして、
パンダさんが強調しておられた
”ゆっくり子どもを育てよう”とする
社会の気風、
”それぞれの子を受け入れよう”とする
社会の温かさ、
”子どもたちに解決させよう”という
大人の寛容さ、
それらが現代社会において、
はたまた大人の間で喪失してしまっているのではと
おっしゃっておりました。


Dsc06043

講演の後は、
参加者の方々から感想をいただき、
パンダさんとフリートークの時間を設けました。

「今後、大人は具体的にどうすればよいか」
「子どもに対する寛容さと安全性の問題」等が
質問として話に出まして、
それぞれに関して、
パンダさんは熱く語ってくださいました。

Dsc06048


子どもが今度育っていく社会とは、
どのような姿であるべきなのか、
そのためには
我々は何をしなければならないのか、
どうあるべきなのか、
子どもたちに対してどのように接すればよいのか、

パンダさんとぜひ一緒に考え
そして実行していきたいと、
改めてそう感じました。

またそう感じるとともに、
パンダさんのように本気で地域の子育てを考える方々が、
今後ますます増えていくような社会を
我々は目指すべきではないか、
そう思っております。


山田パンダさん、
本当に素敵な講演をありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

ミニミニバンド体験レポート−12

こんばんは。

5号です。

本日は大変じめじめした、
嫌な天気でございました。

さて本日は毎度おなじみの
ミニミニバンド体験のレポートをいたします。

先週行われました、
今回のミニミニバンド体験ですが、
なんと乳幼児の子たちも参加してくれた模様です。

生活の全ての音がドレミに聞こえてしまう絶対音感は、
3歳になるまでにしっかりと
音に触れていなくてはならないそうです。


それでは、
赤坂子ども中高生プラザなんで〜もさんからのレポートです。

本日も講師はミュージシャンの元就さんです。

6月24日(木) 4時~5時

梅雨に入りジメジメとした季節になりましたね。
早く夏になってほしいようなほしくないような・・

そんな中、
今日もミニミニバンド体験がありました。

前回と打って変わって遊びにくる子がたくさん!
特に今日は乳幼児の子が多く、
お兄さんお姉さんに楽器の鳴らし方を教わったり、
順番に演奏したりしていました。

ドラムを教わりに来た子は、
一生懸命元就さんに教わっている姿が可愛らしかったです。
少しずつ、
上手になっていくといいですね。

1

♪皆で合奏♪


2

♪ギターを演奏する姿・・・さまになってました♪

3

♪真剣に教わっています♪


何事もまねごとから入れ、
とよく言いますが、
ギターを弾く彼なんかも、
後ろから見るとほんとギタリストそのものですね。

こうやって元就さんの丁寧な指導のもと、
楽器好きが1人、2人と増え、

「おれ将来ギタリストになる!」
「かっこいいバンドマンになりたい!」

といったミュージシャン志望の子が出てくるのでしょう。

夢を一生懸命追う姿は、
なによりも素敵だと思います。

そんな子たちがこの部屋から出ることを願って、
今回は終了いたします。

近々ぜひバンドを組んで
音楽のさらなる楽しさを感じてほしいと思います♪

以上ミニミニバンド体験レポートでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

【衣】東京ソワールのファッション&マナーファイナル!

こんばんは。

5号です。

本日は東京ソワール様との企画、
ファッション&マナーの最終回をお送りいたします。

第1回は
「フォーマルウェアの着こなしとマナーを学ぼう!」
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-07fd.html
第2回は
「フォーマルドレスを美しく飾るコサージュを作ろう!」
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-3705.html

と行って参りまして、
最終回の今回は、
今までのまとめでございます。

「親子でオシャレしてフォーマルな場に繰り出してみよう!」
というタイトルのもと、
第1回で選んだドレスと
第2回で作ったコサージュをを着用し、
最終回の今回、
優雅にレストランでのティータイムを楽しみます♪

まずは一旦、
東京ソワール本社に集まり、
親子でドレスアップをします。

Dsc05924

おしゃれグッズが入った
大きな荷物を転がしてきたお母様や、
最初から素敵なドレスを着てきたお子様もいました♪

皆様とても気合いが入っております!

コーディネート段階では、
東京ソワールの佐野先生をはじめ、
東京ソワールの皆様がお手伝いをしてくださいました。

さてさて、
お母様方がおしゃれをしているその間に、
お子様たちには秘密のミッションが課せられます。

普段からお世話になっているお母さんに
感謝の気持ちを込めての
メッセージカードを書きます♪

みんなすらすらと書き始めるのでちょいとびっくりです。

Dsc05936

「いつもありがとう」
「お母さんのおかげでいつもHAPPY♪」
など、
普段はなかなか言えない本音を
メッセージカードに込めてもらいました。

Dsc05937

それでは準備万端!

皆様、
本日の会場となるレストラン
「アンカシェット」へと向かいます。

皆様、
見とれてしまうほど、
とてもおしゃれで素敵でございます。

Dsc05963

Dsc05965_2

こちらのレストラン、
普段はランチとディナー営業のみですが、
本日特別にご協力いただき、
ティータイムの時間にお店を空けていただきました!

結婚式等で大変お忙しいところご協力いただき、
誠にありがとうございます!

さて、
皆様ご着席いただけましたでしょうか。

それでは
「ファッション&マナー」プログラム
最終回を始めたいと思います。

まずはじめに、
赤坂地区総合支所の支所長からご挨拶をいただきます。

Dsc05977

それから、
本日まで今回の企画に多大なるご尽力をいただきました、
東京ソワールの斉藤様から
今までのおさらいを簡単にしていただきます。

「お昼の時間帯は肌はなるべく露出はしない。
夜はきらきらしたアクセサリーを付けて
露出もしていいですよ」

第1回でも学んだ着こなしやマナーを
再度教えていただきました。

こうした着こなしやマナーなどは
普段はなかなか知る機会がないとのことで、
お母様方には大変喜ばれました。

また、
「こうしたフォーマルな場では、大人は会話を楽しみましょう」
と素敵な一言。

なるほど・・・
勉強になります・・・

Dsc05979

そして本日のケーキはこちら。
いちじくのケーキとプリン、
そしてチョコレートケーキ。

アンカシェットの隈部マネージャーが、
「いちじくのケーキ、プリン、
チョコレートケーキの順で召し上がってください」
と説明してくださいました。

どれもとてもおいしそうです・・・

Dsc05980

本日は第1回に引き続き、
子どもサポーターである山田パンダさんにも
お越し頂きました。

Dsc05987

こちらのパンダさん、
来る6月28日(月)18:30~赤坂区民センターにて、
「大人が本気で、地域の子育てを考える」
をテーマにした講演会を行います。
(お申し込み:みなとコール03-5472-3710)

講演会当日、
熱いパンダさんとぜひ
お話してみてはいかがでしょうか。

Photo

それではしばしご歓談を。。。

皆様、
3種類の素敵なケーキを頬張りつつ、
大人の会話を楽しんでおります♪

Dsc05990

Dsc05983

それから本日も、
みなとケーブルの方にきていただきました。
皆様一生懸命インタビューに答えておりました。

Dsc05991

それではここで、
東京ソワールの佐野先生によるファッションチェック。

一組ずつ親子を前にお呼びして
佐野先生からファッションに関するコメントをいただきます。

Dsc06007

と、ここでサプライズプレゼント。

先ほどこちらに来る前に仕込んでおきました、
お子様からお母様への手紙のプレゼントです♪

Dsc06009

みんな恥ずかしそうにしながら、
お母さんに手紙を渡し、
お母様方はそれを嬉しそうに受け取っておりました。

端から見ていて、
こっちまでに嬉しくなってしまうような
大変素敵な光景でした♪

Dsc06005

プログラムの最後に、
パンダさんから一言いただきました。

「大切なのは、
今回のように親子でおしゃれしたりすることを通じて、
家族とコミュニケーションをしっかりとること」

Dsc06014

今回のプログラム、
お子様とお母様の親子参加型にしましたように、
我々の想いはまさにそこにあります。

今回のプログラムを通じて、
子どもたちに、またお母様方に
家族としての素敵なものを少しでも感じてもらえたら
それに勝るものはございません。

私も最後に、
素敵な笑顔でお帰りになる親子の姿を見て、
家族の大切さ、すばらしさを再認識いたしました。

今回の企画は東京ソワール様をはじめ、
アンカシェット様など
様々な方のご協力をいただきました。

特に斉藤様を中心とした
東京ソワールの皆様には、
最後の最後まで多大なるご協力をいただきました。

最後に、
参加されたお母様から
「子どもにもわかりやすくてよかった」
とプログラム内容に関しても
お褒めの言葉をいただきましたし、
お子様からも
「自分がかわいくなれてうれしかった」等
大変嬉しい感想をいただきました。

「将来は東京ソワールで働きたい!」
というお子様もいらっしゃったようです♪

今回のプログラムは、
東京ソワールの皆様のお力なしでは
成し得なかった企画でございます。

この場を借りて
心より御礼を申し上げます。

東京ソワールの皆様、
大変素敵なプログラムを
本当にありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

【文化】日本文化とエコの融合!エコいけばなプログラム♪

こんばんは。

5号です。

本日は雨が降ったり晴天になったりと、
変わりやすい天気が続いておりました。

さて、本日は
日本の伝統文化である”生け花”と
近年地球温暖化に伴い注目されている”エコ”
が融合して生まれた、
エコいけばなプログラムを開催いたしました。

今回の企画は、
放課後ゼミのチームCATの皆さんが企画したものです。
待ちに待ったチームCATの放課後プログラムが、
ついに本日実現いたしました!


まず、
プログラムが始まる前に、
みんなに質問をしてみました。
「いけばなをやったことがある人??」
「はーい!」
と答えた子が10人ほどいました。

みんなどこでいけばなを体験したのでしょうか。
あまりの多さにびっくりです。


それでは本日の先生をご紹介いたします。

本日の先生は、
池坊の小宮梨絵先生でございます。

Dsc05881


早速今日のテーマを発表。
小宮先生が、
「今日のプログラムを通じて、環境のことを考えてくださいね」
と子どもたちにメッセージを送ります。


ここで小宮先生の作品の紹介です。

こちら、
器が陶器ではなく、ペットボトルでできております。
ペットボトルも火を加えて、
だいぶ変形しているのがわかりますでしょうか。

ペットボトルの中にはストローが入っておりまして、
とてもおしゃれないけばなになっております。

「どうやって作るの??」
と早くも興味津々の子どもたち。

Dsc05884


本日作るのは、
こちらのペットボトルいけばなではございません。

本日扱うのは、
使用済みの割り箸でございます。

こちらは近くの居酒屋にご協力いただきまして、
本日のために大量に仕入れて参りました。

こちらの写真のように、
ゴムで縛って立体的な器を作ります。

Dsc05882

エコいけばなに集まってくれた子どもたちは24名。
6人×4班で
各班でエコいけばなを完成させます。


では早速始めてみましょう。

まずは各自割り箸を好きな色に塗っていきます。
ポスカを使ってもよし、
絵の具を使ってもよし、
割り箸を自由に塗りたくります。

Dsc05883

Dsc05891

こちらの子は、
ワールドカップの影響からでしょうか、
ブルーを中心に仕上げます。

Dsc05890

色を自由に塗ったら、
今度はそれらを輪ゴムで三角形にしていきます。

割り箸の端と端を、
輪ゴムでぐるぐる巻きにしていきます。

小宮先生が、
手取り足取り、
丁寧に指導してくださいます。

Dscf3877jpg

3つのポイントをがっちり巻けば、
三角形が完成♪

完成したもので遊ぶ子どもたち。

Dscf3878jpg

完成した三角形を今度は、
各班に置かれたベースにくっつけていきます。

こちらも好きなところに好きなように、
輪ゴムでくっつけていきます。
輪ゴムも今回はカラフルな輪ゴムを用意し、
割り箸の器をより美しく飾ります。

器が完成したら、
いよいよ花を活けていきます。
とその前に、
割り箸の器に花を活ける場所はないので、
こちらの「ランホルダー」を使用します。

Dscf3891jpg

このランホルダーを
今まで同様、
輪ゴムで割り箸にくくり付けていきます。

Dscf3889jpg

ランホルダーをくくり付けたら、
好きな花を選んで、
いよいよ花を活けていきます。

ガーベラにひまわり、マトリカリア、
ナンテンの葉、千鳥草などから、
好きな花を選ぶことができます。

Dsc05887

花を持っていく際には、
茎を適当な長さに切ります。
「切る際には必ず、
水の中で切るようにしましょう。」
と小宮先生。

アドバイス通りにやってみる子どもたち。

Dscf3899jpg

自分の付けたランホルダーに、
自分が選んだ花を活けていきます。

Dscf3893jpg


そうして完成した作品がこちらです!

こちらの班はみんなで1つの作品ではなく、
個人で好きにいけばなを活けました。
シンプルで素敵です♪

Dscf3894jpg

こちらの班は本当にダイナミック!
割り箸で大量の三角形を作り、
どんどん追加しておりました。

Dscf3901jpg

こちらは上級生が多い班ということもあり、
上品な作品に仕上がっているのではないでしょうか。

Dscf3902jpg

子どもたちそれぞれの思いが、
いけばなの作品ににじみ出ているような気がしました。

最後に、
参加した子どもたちに今日の感想を聞いたところ、
「割り箸がこんな風にいけばなの器になるなんて、すごいと思った」
「また来て!」
などなど、
子どもたちは素敵な意見を言ってくれました。

また、
後で小学校のスタッフの方に聞いてみたところ、
「よっしゃ、家でやろ!」
と張り切って帰っていった子もいたとか。

日本文化に触れることができ、
またエコを身近に感じることができる今回のプログラム、
大変素晴らしい企画でした♪

小宮先生ありがとうございました!

チームCATの皆さん、お疲れさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

【衣】東京ソワールのファッション&マナー②

こんばんは。

5号です。

本日の第2弾は、
東京ソワール様ご協力のもと、
3回シリーズで開催しております、
「ファッション&マナー第2回」をお送りいたします。

Dsc05837

Dsc05839


前回の第1回は、
冠婚葬祭での着こなしやマナー、コーディネート講座、
そしてドレス選びと豊富なラインナップでお届けいたしましたが、
本日も負けておりません。

タイトルを
「フォーマルドレスを美しく飾るコサージュを作ろう!」として、
親子で素敵なコサージュを作ります。

前回に引き続き、
みなとケーブル様に取材していただき、

Dsc05784

またモチベーションメーカーの方々と
慶応義塾大学の今井むつみ研究会の方々が見学に来てくださいました。

ありがとうございます!

Dsc05785


さて、
本日も東京ソワールの皆様が
フル体制で教えてくださいます。

Dsc05788


まずはドレスがどのようにできているのかを
実際の生地を使って説明してくださいます。

1つのドレスを作るのに、
こちらの大きさの生地が2メートルほど必要とのことです。

Dsc05789

また、ドレスを作る際には、
こうした生地はななめに切って使用するとのこと。

これは
”ななめに切ったほうが、生地が伸び縮みし、
身体にフィットする”からだそうです。

ななめに切って使っているとは知りませんでした。。。

Dsc05791

では、本日のメーンテーマでございます、
コサージュ作りに入りましょう。

本日使用するコサージュの生地は、
洋服を作る際に余った残布を使用します。

とても残布とは思えないほどの高級感を醸し出しております。
素敵なのにエコです。

Dsc05797

前回選んだドレスに合う生地を選択し、
糸も同様に選びましょう。

Dsc05798

教えてくださるのは、
コサージュ作りのプロ、中川様です。

Dsc05807

50センチほどの生地でしょうか。
まずはこちらの生地を半分に折って端っこを縫っていきます。

縫い方はこちらをご覧下さい。
こちらは荒めでも問題ありません。

Dsc05817

端っこまで縫ったら、糸をくいっと引っぱり、
こんな風に生地をカーブさせます。

これを2つ作り、
さらに小さめのものも1つ、計3つ作ります。

Dsc05815

皆さん、とても真剣に縫っている様子。
時折、教室がしーんと静まりかえります。

Dsc05809

中川先生から
「皆さん、なかなか上手ですね!」
とお褒めのお言葉をいただきました。

それでは長めの生地を2つ使って、
花を作っていきます。

このようにくるくると巻いていきますと・・・

Dsc05825

あら、素敵な花が完成いたします。

Dsc05826

しかしこちら、
一見簡単そうに見えて実に難しい。

悪戦苦闘する方々も多数おられまして、
あきらめずに何度も何度も繰り返しチャレンジしております。

Dsc05828

親子で協力しながら、
素敵なコサージュを作ります。
こうした親子のコミュニケーションが自然と生まれるのも
今回のプログラムの魅力でございます。

Dsc05835

素敵に巻くことができたなら、
最後の仕上げはキラキラ付け。

こちらのキラキラはスワロフスキーという名前だとか。

特に女の子は大好きで、
目も花もキラキラさせておりました。

Dsc05820

こちらのお母様のコサージュはとても素敵に仕上がりました。

あっという間に本日の2時間が終了。

Dsc05840


本日作ったコサージュは、
こんな風にして胸につけてオシャレしたり、

Dsc05842

こんな風にしても素敵だと
中川様が説明してくださいました。
1つのコサージュでも
様々なバリエーションがあり、
それぞれ場に合った着こなしができるのですね。

Dsc05845

Dsc05846


時間内に作りきれずに、
家に持ち帰って作るという方もおられました。


今回作ったコサージュが、
次回最終回のパーティーにて、
素敵なドレスを美しく飾る予定です。

次回はいよいよ最終回。

第1回で学んだ着こなしとマナーを活かし、
そして今回作ったコサージュを付けて、
フォーマルなパーティーに臨みましょう♪


本日のプログラムも、
東京ソワールの皆様がたくさんの色の生地の中から
コサージュに合う素敵な生地を選び、カットし準備してくださいました。
毎回こうして素敵なプログラムを迎えることができるのも、
こうした企業の方々の多大なるご協力があってのことでございます。

東京ソワールの皆様、
本日も大変素敵なプログラムをありがとうございました!

それでは最終回もお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニミニバンド体験レポート−11

こんばんは。

5号です。

本日はまず、
ミニミニバンド体験レポートをいたします。

気温も徐々に上がり、夏日がやってきておりますが、
こちらのミニミニバンド体験も気温とともに
徐々に熱気を増してきております。

講師は、毎回丁寧にご指導してくださる元就さんです。
それでは
赤坂子ども中高生プラザなんで〜もさんからのレポートです。


6月8日(木) 4時~5時

開始時しばらくは、少人数での演奏でした。

ドアを閉め切ってしまうと入りにくいようなので、
開けてみると次々に子どもが集まりだします。

皆が知っている曲を合奏し…
ピアノが弾ける子はデモ演奏を聴きながら
一生懸命何度も練習していました。

ドラムが置いてある隣のスタジオを覗くと、
着々とうまくなっている小さいバンドマンの姿が!
ベースを頑張っている女の子は、
もっと練習する時間が欲しいと張り切っていました。


1

♪自由に楽器演奏♪

2

♪「おどるぽんぽこりん」を演奏♪


そういえば、
以前見たテレビ番組でレポーターが、
「人生で最も大切なものは何ですか?」
とある会社の重役の方にインタビューしたところ、
「音楽かな」
とその方が答えていたのをふと思い出しました。

音楽が人生に与える影響は計り知れないのかもしれません。

本日参加した子たちには、
ぜひ素敵なバンドマンになってほしいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

【学び】宇宙にエレベーターで行けますか?

こんばんは。
6号です。

本日は、今話題になっている宇宙についてです。
野口さんが地球に帰ってきたので、ニュースなどで取り上げられていましたね。

今回は1年生から3年生の子ども達が約40名集まってくれました。

本日の講師は「宇宙エレベータ協会」の大島さんです。
今回、宇宙服のサンプルと宇宙食も持ってきて下さいました。

Cimg36031

まずは自己紹介からです。

映像を交えながら、宇宙について説明です。
子ども達は宇宙のことについて興味深々です。

3

宇宙について詳しい子もたくさんいました。
「宇宙で宇宙服を着ないと、どうなっちゃうでしょう?」と聞くとたくさんの手が上がり、
「息が出来ない!!」
「-200度くらいだから凍っちゃう!!」
という答えが・・・。
”-200度になる”ということを知っているんですね!!

Cimg36042

「宇宙ステーションは地球からどのくらいの位置にあるでしょう?」
①400Km(東京ー名古屋間)
②3000Km(日本列島)
③10000Km(東京ーアメリカ間)
子ども達は③と答える子が多いですが、正解は。。。

①です!!
もっと遠いと思っていましたが、意外と近い距離を回ってるんですね!!

宇宙での活動と宇宙食についての映像では、
「お腹すいた~」
「食べてみたい!!」
「浮いてるから食べにくそう。」
などなど色々な意見が出てきました。

Cimg36054  

そして、最近宇宙へ行ったスペースシャトルのお話です。
最近日本人宇宙飛行士の山崎さんが乗ってましたね!!
スペースシャトルは7人乗りだそうです。

次は、宇宙に行くための乗り物を紙粘土で作ってみましょう!!

5

今宇宙に行くための乗り物はスペースシャトルとロケットがありますが、
子ども達からは、他にもいろいろなものが出てきました~。

6 7

鳥のようなものや戦闘機のようなもの、UFOや宇宙人もいました♪
みんな上手いですね~。

10

乗り物を作り終わったら、今度は宇宙の広さについてです。
地球の直径を1mで表す場合、地球と月の距離は30mだそうです。
どのくらいの距離になるか、廊下で見てみました。
「こんなに遠いの?」
「見えな~い」
「すご~い!!」
という声が上がりました。
実際に表してみると、遠いって事が良くわかりますね!!
月まで行ったことがあるのが不思議なくらいです。

8 

今度は宇宙ステーションや月への行き方です。
ロケットやスペースシャトルが宇宙へ行く場合、直線距離では行けないそうです。
地球には重力があるので、直線距離で行くにはすごい力が必要だそうです。
燃料の問題もあるので、実際には地球の周りを回りながら地球から離れていき、
ある程度重力の影響が少なくなったところで、発射の時のように力を使い、地球から離れて目的地へ向かうそうです。
実際に模型などを使って説明すると、地球から離れる所で子ども達も「ふん!!」と力を入れます!!

そして今新しい宇宙への行き方として”宇宙エレベータ”というものが考えられているそうです。
これは、宇宙までロープを伸ばし、エレベータで宇宙へ行ってしまおう!!というもので、
技術的には実現可能な所まで来ているそうです。
宇宙エレベータだと安く宇宙まで行けて環境にも優しいそうです。

最後に質問タイムです。
「宇宙までどうやってロープを伸ばすんですか?」
「宇宙エレベータはどこに作るんですか?」
「宇宙エレベータはどこの国に一番近いんですか?」
などなど、様々な質問が出てきました!!

宇宙エレベータを作る場合、初めはロケットで宇宙へ持って行って作らなければ行けないそうです。
宇宙エレベータの出発点は海上で作り南太平洋の島々に近いところと考えられているそうです。

そして、宇宙でも食べられている飴を貰ってプログラムが終了です!!

9 

終了後、お片づけを手伝ってくれる子も・・・。
ありがとう!!

知らないことがいっぱいでとても楽しいプログラムでした!!

大島さん、どうもありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

【スポーツ】雨にも負けずFC東京!

こんばんは。

5号です。

本日は雨がぱらぱら降る中、
世田谷区の小学校に行ってまいりました。

本日のプログラムは
FC東京さんをお招きしてのサッカープログラム!
ワールドカップ日本代表にも選手を輩出しております、
名門FC東京さんから
久保田さんと須藤さんが来てくださいました。
お二方とも素敵な方できらきらしております。

Dsc05730

雨で心配されたグラウンドも
非常に水はけがよくて
外でサッカーができることになりました!

さてまずは準備体操を兼ねての鬼ごっこ。
みんな目をつぶって、
コーチが触った人が鬼になりますが、
自分の正体を明かさずにゲームはスタートします。

Dsc05731

誰が鬼だかわからない状態ですので、
全員、ひたすらみんなから逃げるのです。

Dsc05732

時には、
コーチが誰にも触っていないので鬼が一人もいないはずなのに、
みんな隠れた恐怖を感じて、
お互い逃げ回っておりました。

久保田さんの手のひらでみんな転がされておりました。。。


それから準備体操をして・・・

Dsc05733

ちょっとしたゲームをはじめます。

二人一組になって身体の一部を触り合うゲームです。
相手よりも多く触ったほうが勝ち!

こちらお題が”肩”の場合。
なんだかボクシングを見ているようです。

Dsc05735

久保田コーチと6年生の真剣勝負。
こういうときは大人も本気を出すのです。

Dsc05734


今度は、
二人一組になってボールを奪い合うゲームです。
まずはお互いにボールからキョリをとって、
コーチの指示に沿って
身体の各部位を触ります。
「ボール!」と言った時点で
ボールを早くとったほうの勝ち!

こうやってじっと、
「ボール!」
と指示が出るのを待ちます。

Dsc05738

Dsc05740

時には「ぼー・・・し!」
なんていうフェイントも入り、
みんな惑わされて大笑い♪


では次。
さっきはボールを取った時点で勝ちでしたが、
今度はしばらくキープしていたほうが勝ち。
相手からボールを奪ってもよいのです。

こうやっていつのまにか
校庭の端っこに来てしまった子たちも。
いやいやどちらも真剣です。

Dsc05741


それからそれから
今度はドリブルの練習。

しばらくドリブルした後に、
コーチの指示に従ってボールを止めます。
もちろん手を使ってはいけません!

まずはどりぶるドリブル・・・
さあ指示がきますよ!

Dsc05746

こちらは序の口「足」

Dsc05745

こちらは中級「膝」

Dsc05750

「おしり」や「頭」なんていうのもありまして
どれも子どもたちに大好評です♪


さて次はリフティング。

代表者は前に出てのリフティング選手権が開催されます。
まずは久保田コーチと職員の方、そして子どもたちで対決!

Dsc05754

次に子どもたちからの要望で、
さらにもう一人職員の方が追加招集!

Dsc05757

今度は5人で真剣勝負!
己のプライドを懸けた戦いが始まります!

Dsc05758

職員の方々、惨敗です。。。
優勝した子は恥ずかしそうにニヤッと笑っておりました。


ではでは最後に、
みんなの大好きな試合をしましょう。

Dsc05760

学年性別関係なく、
みんなでボールをひたすら追いかけ、
そしてゴールに向かってシュート!

Dsc05763

コーチだってチームに入り、
真剣に子どもたちと勝負をしております。
テクニックを見せつけ合う子どもと大人。
こうした真剣勝負が
素敵な化学反応を起こすわけです。

Dsc05765

Dsc05769

みんなでわいわい試合を繰り広げておりました。

Dsc05768

終了後は恒例のサイン会が開催されまして、
子どもたちは
「サインして〜♪」
とサインをねだっておりました。


帰り際に一人の男の子がやってきて、
「俺、将来サッカーやる!」
と目をキラキラさせながら言ってくれました。
プロの技を間近で見て、そして自分で実際にプレーしてみて、
サッカーの楽しさを覚えたのですね。

子どもたちのこうした一言一言が
我々の財産でございます。

私も試合に夢中になりすぎて、
写真を撮るのを忘れておりました。
ただそれほど夢中になれるプログラムを
FC東京の久保田さんと須藤さんが提供してくださいました。

本日はありがとうございました!
またよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

【スポーツ】暑い日は太陽の下でドッヂビー!

こんばんは。

本日は5号と3号のコンビで
ドッヂビープログラムをレポートいたします。

さて本日は
ドッヂビープログラム第2回となります。

第1回のドッヂビープログラムで練習した成果を
十分に発揮する回でございます。

講師には
日本ドッヂビー協会の稲垣さんと林さんに来ていただきました。
オレンジの半袖で
太陽の下燦々と輝いております。
お二人とも、とっても熱い先生です。

さて早速はじめましょう。
本日の参加人数は約40名弱。
黄色い帽子をかぶった1年生が半分以上を占めております。

では、まずは準備体操から。
怪我をしては大変ですから、
一生懸命体操しましょう。

P1050001_2

それからドッヂビーを使っての鬼ごっこ。
1年生と2年生以上に分かれて、
片方がもう一方を追いかけます。

これが非常に白熱いたします。
上級生は上級生のプライドがあるため、
1年生になんかつかまるかーという気合いが入り、
1年生は上級生を捕まえてみせる!
と気合いが入り、下剋上を目指すのです。

林さんがピーッと笛を鳴らすと、
一斉に走りだす1年生!
さあ上級生にドッヂビーを当てるのだ!
必死に逃げる上級生。

P1050004_2

では次に投げる練習をしましょう。
本日は5月に引き続いての2回目ですので、
みんな投げ方はわかっているようです。

ということで、
誰かに説明してもらうことに。

「説明できる人〜〜」
「はーい!」

手を挙げた子の中から選ばれた子が、
ドッヂビーの投げ方をみんなに説明します。

「ここをこうやって・・・」
堂々とみんなの前で説明する姿は
非常に頼もしいです。

説明し終わったら、
みんなで拍手!!

P1050009

さぁ、前回のおさらいの後、
1年生はさっそく2人でペアになりキャッチ&スローの練習です。

風が邪魔して真っすぐ飛ばすのが難しい~。
なんとか前回を思い出し、横を向いて、手首を巻き込んでディスクを投げます。

続いてゴールゲームに挑戦です。
シュートチーム、キーパーチームに別れてゴール対決です。

「対決」の言葉にピカピカの1年生の闘志に火が付きます!!

P1050010
「絶対決めてやる!」「絶対止めてやる!!」と気合十分で盛り上がります。

予想以上にナイスキーパー率が高く、
サッカー日本代表の川島もビックリの守護神ぶりです。

お見事!

白熱して3回対戦をした結果、2勝1引き分けで勝負がつきました。


そして、グラウンドの隣では
2年生以上がさらに白熱したゲーム戦を繰り広げている様子。

さすがにスピード感があります!

さぁ、1年生もドッチボールのように内野と外野に別れた念願のゲームに挑戦です。

1年生だけで、試合になるのかな?と内心不安でしたが、
最初から全く問題なし。
5号も3号も、「これが本当にドッチビー2回目の子どもたちの試合??」
と目が丸くなりました。

果敢にディスクをキャッチしに行く姿、外野同士でパスまわしをする姿、
ディスクが投げたくて味方同士でも奪い合う姿(?)・・・
とても初めて試合をしたとは思えないキレのある動きです。

土曜日に運動会があったばかりとのことですが、
子どもたちは疲れるどころか元気いっぱいで、
3号は子どもたちの投げたディスクに当たりっぱなしでした (^-^;


こちらの学校で初めてドッチビーをしたのが2年前ですが、
その間にも練習をしていたらしく、とても上手でした。

講師の稲垣さん、林さんも、子どもたちの成長ぶりを確認できたようで、
「これからも、高学年の子たちが、低学年の子に教えてあげていってあげて欲しい」
とのお言葉をいただきました。

今年の夏もドッチビーで良い汗を掻きたいです!

次回もお楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »