« IID世田谷ものづくり学校にて”夏休み放課後プログラム”を開催します! | トップページ | 【スポーツ】スラックラインに挑戦! »

2010年7月24日 (土)

【食】和菓子のこころ。

こんばんは。

5号です。

猛暑が続く毎日、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は中高生プラザにて、
和菓子研究家の山崎彩先生をお迎えして、
和菓子作りを行いました。

Dsc06234

山崎先生の本を紹介すると、
早速子どもたちは山崎先生の作品を見て、
「かわいいーー♪」
「すごーい!」と
すでに先生の虜になってしまいました。

Dsc06231

さて、
本日は2つの和菓子を作ります。
1つは「浮島」と呼ばれるカステラに似た和菓子、
もう1つは「朝顔」というその名の通り、
朝顔のような和菓子です。

みんな和菓子食べたことある?
と聞いてみたところ、
参加してくれた子のほぼ全員が、
食べたことがあると答えておりました。

先生がみんなの前で作り方を教えてくださいます。
子どもたちは先生の一挙手一投足に釘付け。
先生の1つ1つの動きは、
まさに和菓子のように優しく繊細。

和菓子は日本の文化でもあり、
作っている方の心の状態が
如実にあらわれる鏡のようなものではないでしょうか。

Dsc06235

こちらは「浮島」の作り方。

卵白をメレンゲにしたら、

Dsc06238

卵黄とあんこを混ぜたものと混ぜ合わせます。
もちろん混ぜたことによって、
色が変化していきますが、
子どもたちは色の変化にとても敏感。
「変わったー!」
「白くなったね!」
など敏感に反応いたします。

Dsc06239

そこへ今度は甘く煮たお豆を入れ、

Dsc06243

それを型に流し込み、
20分間蒸します!

Dsc06248

子どもたちはもちろんのこと、
2号も先生の動きに釘付けでございます。

Dsc06245

蒸している間に、
「朝顔」を作りましょう。

上新粉などが入った丸い生地で、

Dsc06241

こちらも丸くカタチを整えたあんこを包みます。

Dsc06240

テレビでよく見る饅頭を包む時の様子に似ております。

先生の手さばきがなんとも素敵。
1つ1つの動きがとても丁寧で
生地があっという間に真ん丸になるのです。

Dsc06261

Dsc06262

みんなで早速チャレンジ!
うまく丸めないと、
あんこと周りの生地が混ざってしまい、
生地がマーブル色になってしまいます!

おっと、なかなか手つきがよろしいですね!

Dsc06271

Dsc06270

Dsc06276

こちらが完成した「朝顔」
上には青や赤の色がついた羊羹と、
緑の葉っぱのカタチをした羊羹などが飾られます。
なんとも涼しげな和菓子でございます。

Dsc06272

そしてこちらが「浮島」

Dsc06274

みんなで一生懸命作った和菓子を、
それぞれ自分で食します。
「先生のはうまい!」
と自分で作った和菓子を卑下している子もsweat01

とはいえ、
全員美味しそうに完食いたしました。

Dsc06279

最後に本日の感想をみんなからいただきました。

「和菓子がとても素敵だった」
「先生の説明がわかりやすかった」など、
嬉しいコメントをいただきました。

Dsc06282

最近はお菓子というと、
ケーキのような洋菓子を食べる機会のほうが多くなっております。
「もっと和菓子を食べてほしい」
と山崎先生は切実におっしゃっておりました。

和菓子と触れるときは、
ただ和菓子を食べる機会を持つだけでなく、
今回のように自分たちで作ってみることで、
和菓子とはどういうお菓子なのか、
どんな食材を使って作っているのか、
どうやって作っているのかなどを、
身をもって体験することが必要なのではと感じました。

山崎先生、
貴重な体験をありがとうございました!

|

« IID世田谷ものづくり学校にて”夏休み放課後プログラム”を開催します! | トップページ | 【スポーツ】スラックラインに挑戦! »

食のプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/35880639

この記事へのトラックバック一覧です: 【食】和菓子のこころ。:

« IID世田谷ものづくり学校にて”夏休み放課後プログラム”を開催します! | トップページ | 【スポーツ】スラックラインに挑戦! »