« 【文化】初心者でも簡単!囲碁の世界へようこそ♪ | トップページ | 【文化】ブラジルプログラム②ブラジルの遊び »

2010年7月11日 (日)

【表現】才能の芽を育てる体験学習〜表現力・観察力・物語構成力アップ講座②〜

こんばんは。

5号です。

気持ちのいい晴れ間が見られた本日は、
先週に引き続き、
世田谷区教育委員会が主催する、
区立小中学校の児童・生徒を対象とした
「才能の芽を育てる体験学習」に参加して参りました。

(第1回の様子はこちらをご覧下さい。
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-1bcf.html)

先生は『オシャレ魔女ラブ&ベリー』の作者、
溝口涼子先生です。

Dsc06157


前回は、
目や鼻など顔のいろんな部位の描き方や
様々なアングルの描き方を学び、
最後にオリジナルキャラクターを作りました。

本日は前回の内容を活かして
オリジナル4コマ漫画を完成させます♪


では早速始めましょう。

まずは前回出た宿題のチェックから。

自分で考えたキャラクターが、
”恋をしたら・・・”、
”勉強をしたら・・・”など、
いろんなシチュエーションでで見せる反応を描いてきました。

↓こちらの子は5人兄弟の家族が見せる様々な反応。
先生がコメントをしてくださいます。

「このキャラクターがいいね」
「これはどうやって思いついたの?」
と子どもたちが作ったキャラクターとその内容の面白さから笑いが起こり、
会場は和やかな雰囲気に。

Dsc06143


数名の作品を発表した後、
いよいよ4コマ漫画の描き方を学びます。


こちらが、
先生が今日のために用意してくださった資料です。

左にはわかりやすい4コマ漫画、
右にはそれぞれのコマのポイントが載っております。

先生曰く、
「どんな漫画も起承転結が基本になっている」
とのこと。

今日のポイントは、
「起承転結」を学ぶことです。

Dsc06159

少々解説していただいた後、
こちらの練習問題にチャレンジ。

1コマ目:うさぎさんの家に「コンコン」と誰かやって来た
2コマ目:「はーい」とうさぎさんがドアを開けると・・・

Dsc06160

それでは、
3コマ目、4コマ目を自分なりに埋めてみましょう。

Dsc06149

Dsc06152


ある子が描いた作品がこちら。

3コマ目:ドアを開けるとそこにはきつねが。うさぎさんを誘っています。
4コマ目:うさぎさん、表情が一変してきつねを一喝。

びっくりするほど上手いです。

Dsc06150


もしかしたら少し難しいのでは・・・
と当初不安ではありましたが、
20分後には全員の子が4コマを完成させておりました。

子どもたちの想像力・発想力には驚かされます。


それから最後には、
今度は完全なオリジナル作品作りに着手します。

枠の大きさも自分で決め、
内容も全て自分で決めて4コマ漫画を描きます。


どう描いたらいいかわからない子には、
溝口先生がサポート。

Dsc06153

また、
様々な状況における
ちょっとした描き方のポイントも教えてくださいます。

Dsc06151


完成したら、
数名の作品を先生に見ていただきました。

「このキャラクターはおもしろいね」
とキャラクターのいいところを挙げたり、
「この場合、4コマ目はこうしてみたらどう?」
とアドバイスも多くいただきました。

Dsc06154

本日もあっという間に2時間が過ぎ、
今回の2回にわたる講座は終了いたしました。


最後に先生が
「みんなの絵の上手さにはびっくりしました」
とおっしゃっておりましたが、
本当にびっくりするほどの腕前の子がたくさんいました。

「将来は漫画家になりたい!」
と熱望する子がほとんどで、
最後には溝口先生にサインや写真撮影をねだっておりました。


今回のように、
講座を通して憧れの方と触れ合うことで、
また一歩夢に近づいたのではないでしょうか。

溝口先生、
2回にわたり大変素敵なプログラムを
本当にありがとうございました!

|

« 【文化】初心者でも簡単!囲碁の世界へようこそ♪ | トップページ | 【文化】ブラジルプログラム②ブラジルの遊び »

表現のプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/35709497

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現】才能の芽を育てる体験学習〜表現力・観察力・物語構成力アップ講座②〜:

« 【文化】初心者でも簡単!囲碁の世界へようこそ♪ | トップページ | 【文化】ブラジルプログラム②ブラジルの遊び »