« 【表現】ペーパークラフトでスポッとかぶれる立体的なお面をつくろう! | トップページ | 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子どもだがしや出店企画スタート! »

2010年8月19日 (木)

【表現】スタジオマメズの妖怪教室①オリジナル妖怪キャラを描いてみよう!

こんばんは。

5号です。


暑さが少々和らいだ本日は、
昨日に引き続きものづくり学校にて
こわくない妖怪プログラムを行ってまいりました。

こわくない妖怪とは、
本日お招きしましたスタジオマメズのお二人が
毎日描いていらっしゃるキャラクターたちです。

妖怪とは本来こわいものであるという印象が強いのですが、
マメズさんが描く妖怪は
これって妖怪??
と思うほどかわいくてやさしいものです。


こちらが本日の先生、
スタジオマメズのお二人、
けんたろうさんとちゃみさんです!
お二人、
いつもほんわかしております。

Dsc06619


まずは妖怪のお勉強から。

Dsc06646


まず質問です。
妖怪と幽霊の違いって何でしょうか?

人とそうじゃないもの?
こわさが違う??


手を上げる子が続出!

みんなから
妖怪に対する情熱が感じられます!

Dsc06620


一人の子がこう答えました。

「足がない!」


そうなんです。

基本的には、
妖怪と幽霊の違いとは足があるかないか、だとか。
確かにそう言われてみると
そのような気もする・・・。

また、
妖怪と怪獣の違いは??
妖怪は日本にしかいないの??
などなど、
妖怪とはいったいどんなものなのかを、
詳しく説明してくださいます。

ちなみに妖怪は中国とかにもいますが、
ヨーロッパに行くと
”怪獣”に名前が変わり、
さらに北の北欧に行くと
”妖精”になるんだとか。

とすると、
ムーミンは妖精だったはずなので、
ムーミンは日本でいう妖怪なんですね!

そう思うと、
なんだか不思議な気持ちになります。


それから、
昔の妖怪と今の妖怪の違いをご紹介。
本来のいったんもめんは、
こんな風に手や足がある
不気味な妖怪だったそうですが...

Dsc06630

マメズのお二人の手にかかれば、
不気味だったいったんもめんも、
こわくない妖怪に早変わり!!

これにはみんな爆笑♪

かわいすぎます!

Dsc06631


それでは、
妖怪のことを学んだ上で、
本日はみんなにオリジナルの妖怪を描いてもらいました。

といっても、
自由に描いてもらうのではなく、
普段マメズさんが使っているような手法でチャレンジ。

6種類の妖怪の特徴が描かれた紙に、
それぞれの特徴を踏まえて
好きなように想像して妖怪を描いてもらいます。


例えば、
「うばめどり」という妖怪の場合は、
1・おなかに赤ちゃんがいる・それか赤ちゃんをだいているぞ。
2・鳥のすがたで、羽をぬぐと にんげんに変身するんだぞ。
3・夜にこどもの ようふくを ほしていると、めじるしをつけにやってくるぞ!
という3つの特徴を踏まえて、
自分で想像して描いてもらいます!

みんなそれぞれの特徴から、
オリジナルな妖怪をひたすら生み出します!


それではスタート!

みんな妖怪モードに突入します。

Dsc06626

Dsc06632


「どうやったらはねがうまくかけますか??」
と質問した子に、
けんたろうさんがアドバイス。

Dsc06628


ちゃみさんは、
子どもたちの作品に
「うまいねー♪」と感激。

Dsc06634


しばらくしてある程度描けたら、
自分の一押しの妖怪を黒板に貼付け、
ずらりとみんなの作品を並べました。

黒板が妖怪だらけに・・・。

Dsc06641


こちらはうばめどりという妖怪。

なんともかわいらしくて憎めませんね。

Dsc06645


こちらはタンタンコロリンという妖怪。

柿の妖怪で、
なんと甘い味のする自分のうんちを
「食べて〜」と誘うんだとか。

なんとも不思議な妖怪。

Dsc06644


ずらりと並んだ妖怪たちを前に、
マメズさんが気になる妖怪をピックアップして発表!

選ばれた子には、
みんなの前で自分の作品を紹介してもらいます。

「この妖怪はどうして角があるの?」
というけんたろうさんの質問に、
照れながら
「適当!」
と答える子。

本当に適当に描いたのかはわかりませんが、
適当こそ、
ぱっと思いついたものであり、
イマジネーションによるものなのかもしれません。

Dsc06637


今回はこれにて終了です!

妖怪のことを学べば学ぶほど、
妖怪の奥深さ、楽しさを感じることができそうです。


さて次回は、
今回描いたオリジナルの妖怪を踏まえ、
キャラクターの極意を学び
みんなでうちわをつくります!

今日描いた妖怪が、
ポップなキャラクターに
どれほど様変わりするのか見物です!


と、
その前に...

来週は最初にマメズさん特製の
妖怪テストをします!

今回学んだことをよく復習しておいてくださいね!


スタジオマメズのお二人、
けんたろうさん、ちゃみさん、
ありがとうございました!

来週もまたお願いいたします!

|

« 【表現】ペーパークラフトでスポッとかぶれる立体的なお面をつくろう! | トップページ | 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子どもだがしや出店企画スタート! »

表現のプログラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/36250693

この記事へのトラックバック一覧です: 【表現】スタジオマメズの妖怪教室①オリジナル妖怪キャラを描いてみよう!:

« 【表現】ペーパークラフトでスポッとかぶれる立体的なお面をつくろう! | トップページ | 【赤坂・青山子ども中高生共育事業】子どもだがしや出店企画スタート! »