« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

【音楽】ミニミニバンド体験レポート−24+25

こんばんは。

アフタースクール5号です。


新年最初のミニミニバンド体験レポート
2本同時にお送りいたします!

では早速、
赤坂子ども中高生プラザなんで〜も
スタッフさんからのレポートです!


1月13日(木) 4時~5時

今年最初のミニミニバンド、
今日はドラムが混むこともなく、皆が満足して行きました☆

どちらかというと、今日も乳幼児のバンドマンが多い1日でした。
そしてやはりみんなドラムが大好き!!
小さな両手にスティックを持ち、大きな音を鳴らしていました。
打楽器って、やっぱり大人気なんですね♪

隣のスタジオでは、これも恒例となりつつある、合奏タイム♪
キーボードで色々な曲を弾くと、1曲ごとに違う楽器を持ち大合奏!
今日も皆が音楽で一つになりました♪

1

♪ドンドン♪

2

♪大好きな元就さんと♪


1月25(火)4時~5時

先日久しぶりに雨が降り、寒いところでは雪になったようです。
これからますます寒くなり、
インフルエンザも流行りだす季節ですが、恒例の熱~いミニミニバンドです!

本日のミニミニバンドは、
仲の良い姉妹がドラムとギターで即興演奏をしていきました。
乳幼児の参加も増えています。
喧嘩もなく、仲良く順番に楽器に触れていました!
男の子もピアノを演奏して、歌を歌って、
楽しい音楽の時間を過ごせました。

常連が増えてきているミニミニバンドですが、
今年の文化祭に発表できるバンドマンは現れるでしょうか?

バンドの楽しさを知り、発表したいという気持ちを育てていきたいです!


3

♪ドンドン♪


4

♪重いギターを足で支えて・・・♪


次回もお楽しみに♪

| | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

【スポーツ】リングビーで遊ぼう!!

みなさんこんにちは。
寒い日が続いておりますが、風邪などひかれていないでしょうか?

今日は3号から新しいプログラムのご紹介です。

本日はこちら。
P1050639
何だか分かりますか??

「フリスビー!」「タンバリン!」「電車のギア!」「ライオンのたてがみ…!」
子どもたちからはこんな声が。
3号はミスタードーナツのポンデリング、
あるいは昔を彷彿させるシャンプーハットを思い出したのですが…

こちらは「リングビー」という子供から大人まで安全に楽しめる
新しい発想のフライングディスクです。

本日の先生はリングビーをつくっている会社の
かわなみ先生とげんま先生のお2人です。

まずはリングビーを初めてみた子どもちたちに簡単な説明がありました。

まわりは丸ではなく、デコボコしていて、リングの真ん中は穴があいています。
フリスビーは堅くて当たると少し痛いですが、リングビーはやわらかいです。

穴が開いていることにより、キャッチしたり
当たった時に衝撃を吸収するので痛くありません。
また、リング状のためキャッチしやすく、
真ん中の穴に手を通して取ることもできます。

お皿型のデザインではないので、なんと投げ方も自由!
横からはもちろん、斜め・上・下から投げてもまっすぐに飛んでいきます。
不思議ですね~。

先生たちの見本を見た後、
さっそく2人1組でキャッチリングビーに挑戦です。
横や縦、斜め等色々な方向から投げて、
まわりをつかんだり、真ん中の穴に手を入れてキャッチします。

P1050624
まわりのデコボコに指をひっかけるようにして持ちます。
そして上から投げる時は回転を付けてボールのように振りかざして投げます!
野球経験者ならお手の物でしょうか?

P1050620
こーんな風にコツを掴めればまっすぐ飛びます!

P1050629
キャッチもお手のもの。
穴があいているので片手でも簡単にとることができます。

決まった投げ方がないので、子どもたちは
上から下から横から…と各自好きなフォームで投げていました。

ある程度投げられるようになったところで、遠投ゲームに挑戦です。
皆でリングビーを1つずつ持ち、横一列に並んで
誰が一番遠くまで投げられるかを競います。

リングビーが到達した位置で競うので転がしてもOKです。
落ちた後に転がるもの特徴の1つかもしれませんね。

P1050638
さぁ、どこまで飛ぶかな?

高学年と低学年に分かれて2回ずつ投げましたが、
高学年チームは女の子がトップになりました。

小学校の体力測定ではボールを投げる力が低下傾向にあるようで、
これは鍛える練習にちょうど良いですね。

続いてスローランゲームに挑戦です。

2チームに分かれて攻守交替制で行います。
攻撃チームは所定の位置からリングビーを投げ、
投げると同時に近くに置いてある2つのカラーコーンの間を
アウトになるまでできるだけ早くタッチしながら往復します。

守備チームは3人1組になり、投げられたリングビーを
できるだけ早く拾い、3人でパスを回して守備用コーンまで
リングビーを運びます。
ただし、リングビーを持って走ってはいけません。
パスでつなぐのがルールです。
守備チームの誰か1人がリングビーを持って
守備用コーンにタッチした時点で攻撃側はアウトになります。

アウトになるまでにコーンにタッチした回数が攻撃チームの得点になります。
チームの攻撃の合計得点で勝敗を決めます。

文章だと少々難しいですが…

P1050647
まず攻撃チームがリングビーを投げます。

P1050659
守備チームが拾っている間にカラーコーンを往復!
往復するごとに1点…2点と数えます!

一方守備チームは
P1050651_2
このように3人で連携してリングビーを運びます。

P1050658
コーンをリングにおいたら攻撃チームはアウトになります。

攻撃側はカラーコーンを往復して高得点ゲットに必死になり、
守備側は連携して攻撃側を早くアウトにすることに必死になり、
これはかなり燃えます!!

ちなみカラーコーンの往復は7回が最高でした!

ありそうでなかった新しいゲームで子どもたちも夢中でした。

このゲームの良いところは、守備側がどんなに早くパスを回したとしても、
攻撃側が1点も取れないという事はないので、投げる力が弱い子でも
チームに貢献できるところです。

また、守備チームは3人1組で、必ず1回はリングビーに触れるので
守備チームになってもみんながゲームに参加することができます。

低学年と高学年が一緒に行っても大きな差が出ることもありません。



最近の子どもたちは、新しいことへの挑戦に尻込みする傾向があるようです。

今日も、始める前までは10数人だった参加者も、
気が付けば30人以上になっていました。

知らないスポーツを楽しそうにやっているのを見て
参加したくなったようです。

このように、やる前はまったく興味がないことも
やってみると意外と面白い!と好反応を示すことが多いようで、
そのきっかけをつくってあげるのが大人の役割なのだな、
と改めて実感しました。

このリングビーも、ボール遊びはダメ、バットもダメ、
ダメダメだらけの最近の公園で楽しく遊べる道具はないだろうか?
ということがきっかけでつくられたそうです。

「放課後」という時間を使い、
自由な発想で新しいことにどんどん挑戦して欲しいです。

次回をお楽しみに ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

【赤坂・青山子ども中高生共育事業】赤坂・青山ウォークラリー赤坂編!

こんばんは。

アフタースクール5号です。

本日は晴天に恵まれ、
外を散歩するのに最適な1日でしたね。

という訳で、
ウォークラリー赤坂・青山編を敢行いたしました。

こちらのウォークラリーは、
昨年3月に行った第1弾に引き続く親子参加の企画で、
本日は、赤坂の偉人の足跡を巡ります。


本日出会う偉人たちは、以下の通りです。

①勝海舟
②坂本龍馬
③大岡越前
④高橋是清
⑤乃木希典

5人とも江戸から明治にかけて、
日本のために大活躍した偉人たちですが、
実はどの方も赤坂に縁のある方々なのです!

それでは、早速ウォークラリーを始めましょう。

本日の先生は、地域の達人である
日野さん・藤田さん・品川さんの3名です。

Dsc09021


まずは、赤坂福祉会館に集まり、
江戸・昭和・現代の3種類の地図を与えられます。

「今いる赤坂福祉会館を、
こちらの江戸の地図で見つけられますか?」
と、藤田さん。
本日参加してくれた10組29名の親子が、
懸命に江戸の地図をむさぼるように観察します。

Dsc09023

「あったー!」
という子どもの声。


また、本日出会う偉人たちの解説も
少々していただきます。

大岡越前と言えば火消し。
”め組”といった名前も皆さんご存知だと思いますが・・・

そこで品川さんが、
「消防団にはいろはにほへと・・・と、
それぞれ組の名前がありましたが、
実は3つだけ、そこにないひらがながあります。
1つは”ら組”、さてそれ以外はなんでしょうか?」

答えは、
「ひ組!」と「へ組!」

ひ組は”火消し”なので、除外。
へ組は”気が抜ける”ので除外、だそう。


それではこちらの偉人シートを持って、
いよいよウォークラリーに出発!

Dsc09057


まず最初は、ソフトタウンへと繰り出します。

ここでは、日野さんが勝海舟のこの地にまつわる話を披露。

Dsc09037

「実はここで、勝海舟と坂本龍馬が出会ったのです。」
明治維新に関わった2人が、
この地に足を踏み入れたとは何とも感慨深いですね。

次に向かうは、サンサン赤坂。

Dsc09031

こちらは勝海舟が住んでいたお屋敷があった場所。

Dsc09039


そうそう、
各ポイントでは自分達のルートを確認するため、
自分が行った場所にまるいシールを貼っていきます。


それでは、3つ目!
次は旧赤坂小学校。

こちらで話すは、藤田さん。
テレビでおなじみの大岡越前が登場!

彼がこの場所で警察署所長・消防署所長・東京都知事として、
町の安全や繁栄を担っていたそうです。
「へ〜」
と、参加者の口からこぼれる一言。

Dsc09045

さてさて、次に向かうは是清公園。


その名の通りこの場所で、
大蔵大臣や総理大臣としてその名を馳せた高橋是清が、
今ある公園の敷地に住んでいたとのこと。

公園には立派な像までございます。

Dsc09056


それではいよいよクライマックス!

最後は乃木希典が住んでいた旧乃木邸。

日野さんが乃木希典にまつわる話をし出すと、
小学校低学年の子ども達は
「バルチック艦隊」と大興奮。

なんと、
今はやりの坂の上の雲を見て
その時代に関してかなりの知識を持っている様です。
何とも感心、感心。

Dsc09059

Dsc09061

以上5箇所を回って、
本日の2時間に渡るウォークラリーは終了。

参加してくれた方々からは、
「地域のことが知れて、大変有意義だった。」
「今度は、青山編もやってほしい。」
と、嬉しい声を多数頂きました。


地元を知ることは、自分を知ること。
学んだことを今度は他の誰かに伝えることで、
人と人とのつながりをより深める。

それこそが、
今回のウォークラリーの目的の1つなのです。

今回学んだことをきっかけにして、
赤坂のことをもっと知るもよし。
友達に伝えるもよし。
親子で語り合うもよし。
ぜひこの機会に人との繋がりを、強めてみませんか。


日野さん・藤田さん・品川さん、
本日はありがとうございました!

Dsc09062

| | トラックバック (0)

【スポーツ】フラッグフットボールにチャレンジ!

こんばんは。

アフタースクール5号です。

寒さが続くこの季節には、
やはりスポーツで体を動かすのが一番♪

ということで、
本日は目黒区の小学校で
フラッグフットボールをやってまいりました!


先生はNPOフラッグフットボール・マネジメント・ジャパンの
寺田さん、吉田さん、安川さんです!
皆さんたくましい体をしております。

それぞれテラッチコーチ、ヨッシーコーチ、
ヤスコーチと呼びましょう♪

Dsc09020


フラッグフットボールとは、
アメフトを子どもでもより楽しみやすくしたスポーツで、
タックルもないので怪我の心配もありません。


フラッグフットボールをするのに必要なもの、
それはこちらのフラッグベルト。

気をつけをした時の腕のポジションに、
2つのフラッグを垂らします。
これがフラッグフットたる所以。

これを相手に取られると、
アメフトやラグビーでいう”タックル”になり、
動きがストップしてしまいます。

Dsc08970

早速スタートです!

とその前にいくつかお約束。

みんなでフラッグフットを楽しむために、
・先生が話をする時は先生の目をしっかり見ること
・タックルはしないこと
・転んだ人のフラッグは取らないこと

スポーツをするときに限らず、
決まりを守ることは、
みんなで何かを楽しむ為に大変重要なことです。

Dsc08993


それではまず、ウォーミングアップを兼ねて、
全員でベルトを取る練習!

まずは早歩きでチャレンジ。
その後は全員でダッシュ!!
必死に友だちのフラッグを奪います。


Dsc08976


相手の手をひっぱるのも”ブー”ですよ!

Dsc08979


体が温まってきたところで、
それでは2つの班に分かれて対決です!

始める時はまず挨拶から。しっかり声を出して、
「よろしくお願いします!」
まずはしっかりと礼儀を重んじて挨拶をしましょう!

Dsc08998


それでは各班から3名ずつが出て対決!
まずは私服組は守り、オレンジビブス組が攻め。
オレンジは、
ボールを持った状態でマーカーの線を超えると
見事点数ゲット(=タッチダウン)です!

私服組はオレンジのフラッグを奪取し、
点数ゲットを阻止してください!

さあそれでは・・・

Dsc08986

スタート!

Dsc08987


追いかける役と、逃げる役。

Dsc08988


フラッグを取れるか、それともボールをタッチダウンできるか、
体育館で熱い闘いが繰り広げられます!

Dsc08991


待ってる間は、作戦会議もします!

ヤスコーチから、
「お互いにしっかり話し合わないとうまくいきません!」とアドバイス。

そうです、
フラッグフットは協力し合うスポーツなのです。


Dsc09010


最初はボールを持ってタッチダウンシンプルでしたが、
・ボールを持っている人が変わってもよい
・ボールを投げてもよい など
徐々に少しずつルールを増やしていきます。


徐々にルールが増えるにつれて、
子どもたちの集中力も上がっていき、
対決も白熱していきます。

Dsc09013


そうそう、逃げろ!
相手から逃げてタッチダウンを目指せ!


Dsc09015


最初はみんなの輪に入らず、
1人で寂しそうにプレーしていた子が、
いつの間にかチームの中心になり、
ポイントゲッターになっている姿。

途中ボールを落としてしまいタッチダウンできず、
ちょっとばかりふてくされていた子が、
作戦会議の中心になりチームを引っ張っている姿。


そのどれもがフラッグフットボールの極みであり、
スポーツの極み。


テラッチコーチ、ヨッシーコーチ、ヤスコーチ、
素敵な機会をありがとうございました!

| | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

【文化】新春折り紙プログラム@東京ミッドタウンのお正月

新年明けましておめでとうございます。

アフタースクール5号です。

昨年は大変お世話になりました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


さて、
新年早々、
東京ミッドタウンにて
新春折り紙イベントを行ってまいりました!

Dsc08927

場所は、
ミッドタウンB1Fのインフォメーション前。
おしゃれに赤い絨毯が敷かれ、
新年の雰囲気を醸し出します。

Dsc08907

講師はNHK教育テレビ「つくってあそぼ」の
造形スタッフをされている
いしかわまりこ氏でございます。


工作のプロをお迎えし、開催したプログラムがこちら。

巨大な折り紙をつかって、
今年の干支であるうさぎを堪能するプログラム。

Dsc08935


1/2(日)、3(月)両日とも、
①13:30~
②15:00~の2回、
それぞれ15名ずつの限定プログラム。


各プログラムは前半後半に分かれております。

前半では35×35センチの折り紙を折って、
みんなで巨大うさぎを完成させます。
後半では55×55センチの折り紙を使って、
かわいいうさぎのバッグを作ります。


さあプログラムを開始しましょう!

先生のいしかわ先生が
前で指導してくださいます。

Dsc08910


まずは35×35センチの折り紙を折ります。

皆さんには2枚から3枚、
同じうさぎを折ってもらいます。

新年のイベントということもあり、
ほとんどの方々が親子で参加してくださいます!

親子で仲良く折り紙タイム♪

Dsc08908


Dsc08913


日本の伝承折り紙を基本として、
いしかわさん折り紙のオリジナルが入ったうさぎ。

非常にシンプルで、小さいお子さんでも簡単に折れます!

Dsc08922

「ここはこう折るのよ。」と
お母さんがお子さんに教える心温まる光景。

Dsc08911

完成品はこちら。

Dsc08926

1人2枚から3枚折ったら、
約2×2㍍の特別スペースにうさぎを貼付けると・・・


巨大うさぎが登場します!

Dsc08914


こちらは2日目のうさぎ!
耳の部分を工夫いたしました♪

Dsc08950


巨大うさぎが誕生したら、
次は55×55センチの巨大折り紙で
同様のうさぎを折ります。

Dsc08929


こちらも親子で仲良く折り紙♪

Dsc08930

1人でガンバって挑戦する子も♪

Dsc08944


完成したらひもを付けると
ショルダーバッグやハンドバッグに変身♪

Dsc08946


大人から子どもまで、
さまざまなスタイルのうさぎが完成いたします!

Dsc08947


最初にみんなで作った巨大うさぎの前で、
先ほど完成したショルダーバッグ・ハンドバッグを着用し、
家族で記念撮影♪

皆さん、
完成したうさぎを「かわいい♪」と笑顔で
持って帰ってくれました♪


Dsc08934

新春早々、
日本の文化である折り紙を堪能することができました。

折り紙は、
日本の四季を心から楽しめる日本の文化。


来年は巨大な辰が誕生するのでしょうか?


いしかわさん、
ありがとうございました!

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »