« 【8/1締切】東京ミッドタウンで溝口涼子先生のマンガ教室を開催します! | トップページ | 【被災地支援】放課後バス第3弾! »

2011年8月 1日 (月)

【学び】たのしく学ぶお金のふしぎ(全2回) 第1回開催いたしました!

こんにちは、アフタースクール10号です。

本日は、JCBさんとの夏の特別講座
「たのしく学ぶお金のふしぎ」のレポートです。

JCBさんと言えばカードの世界的企業です。
普段改めて勉強する機会の少ない、お金やカードについて学べるプログラムを用意してくださいました!

1
みなさんお揃いのポロシャツで気合十分です。

先生の自己紹介の後に、まず会社の紹介をしてくださいました。
日本にカード事業が生まれた当初からこの事業を手掛けており今年で50年目にります。

そしてJCBさんと言えば“クレジットカード”。
カードにもいろいろな種類があり、ANAさんやディズニーとコラボレーションしているカードもあります。


3

上の写真で紹介しているは、なんと縦にデザインされたカードです!
斬新なデザインもあって面白いですね。
そしてカードは日本だけでなく、世界中で使われています。
中国ではクレヨンしんちゃんやハローキティ―といったキャラクターのカードが人気だそうです。


ところでクレジットカードの“クレジット”とはどういう意味でしょうか。
答えは「信用」です。
では、「信用する」とはどういうことでしょうか?

例えばゲームを貸してほしい、と言われたときに それが自分の知らない人だったら貸すでしょうか?
おそらく貸しませんよね。何者かわからない人に貸すのは心配です。
では仲の良い友達だったらどうでしょうか?
貸しても返してくれる、と信じられる友達だったら貸してあげようと思えます。

この友達に対しての行動が「信用する」ということです。
先生方が分かりやすく言葉でまとめてくださいました。
「信用」とは・・・
今までの関係、行いなどから相手を信頼できると判断すること。

大人でも説明が難しいですね。勉強になりました。

5


なんとなくクレジットカードについて分かってきたところで、
ゲームを通してさらに理解を深めましょう!

ということでチーム対抗ゲームを行いました。
6

各チームにはカレーを作ってもらいます。
カレーを作るには、下の写真のように材料が必要です。その個数も決まっていて、全部揃わないと完成しません。
7_2

最初に各チームにランダムに材料が書かれたカードが配られます。
肉ばかりのチームもあれば野菜ばかりのチームもあります。

これから材料を揃えなければいけないのですが、条件が2つあります。
1つ目はみんなお金はもっていないということ。
2つ目は買い物ができるお店はないということ。
このような条件の時、どうしたら欲しいものが手に入るでしょうか?

この問いかけに、直ぐに手を挙げて答えてくれました。
「物々交換!」
そうです。
それではチームで作戦をたてて物々交換をして、カレー完成をめざしましょう!

8

「野菜3枚とルウ1枚交換してください」
「こっちは肉はあるからご飯をもらいに行こう」などなど試行錯誤していました。
一度に交換できるカードの枚数も決まっていないので、交渉が必要になります。

9

少々複雑なゲームなので完成は難しいかと思いきや・・・
なんと全チーム完成しました!
これには先生たちも驚きです。みんな交渉上手でした。

10


完成しましたが、実はゲームはここで終わりではないのです。
今度は材料の値段が書かれた紙が配られました。
先ほどとは条件を変えて、今度は市場で売り買いして材料を揃えます。
余っているものは売り、そこで手に入れたお金で足りない材料を買います。

11

再び偏った材料のカード配られます。
まずはチームの材料を確認して、余っているものを市場に売りに行きます。
料金表の通りにお金を払ってもらい、今度はそのお金で足りないものを市場に買いに行きます。

14

今度は先ほどよりも簡単にカレーを完成させることができました!

15

物々交換との違いはなんでしょうか。
それは、お金を用いることで共通の価値基準が生まれるということです。
物々交換ではご飯2枚を手に入れるために、肉3枚を交換するということもありましたが、
お金が存在すると肉の価値が高く(今回の場合は)、ご飯2枚では手に入れられなくなります。

現在は硬貨とお札が共通で使われていますが、昔は石、貝、布などでした。
交易範囲が広がると、それらに共通の基準を設けるのは難しくなったため、お金という共通の価値基準が生まれたのですね。


ここで休憩をはさみ、お次はJCB劇場でさらにお金について学びます。

舞台は1970年代の古き良き時代の日本。
たかしくんはお母さんと夕飯について話をしています。
「今日はカレーがいいな」
「じゃあ材料を買いに行きましょうか」

16
まずは八百屋さんで野菜を買います。
「にんじんと玉ねぎとじゃがいもください」
「はいよ。いつもありがとう!」
「お金は、“つけ”でお願いします」

お母さんは“つけ”で買い物をしました。
つけとは後でまとめて払うこと。お母さんは必ず払ってくれると信じてもらっているのです。信頼関係のあるからできることです。

17

次は肉を買いに肉屋さんへ。
18
「今日はカレー用のお肉が安いよ!」
「それください」
「まいど!700円です。」
「1000円でお願いします」

この肉屋さんは今日初めて買い物をする店だったのでつけでは払わず、現金で支払いをしました。

「お母さんジュースが飲みたい!」
ということで最後に酒屋さんへ。

19
「へいらっしゃい!」
「これ1ケースください。あ、現金が足りないわ」
「うちはJCBの加盟店なのでJCBのクレジットカードでお支払していただけますよ!」
「それならもってるわ。カードで買います!」

ここではカードで購入しました。
クレジットカードとは、カードを発行している会社が“この人が後でお金を払うことを保証しますよ”という証拠。
ですから八百屋さんのようにお店との古い付き合いがなくても、後で支払いをすることができるのです。

たかしくんは疑問に思います。
「なぜお金があるのにクレジットカードができたの?」
お母さんは帰り道、最後に現在に通じるクレジットカードが生まれることになったエピソードを教えてくれました。

舞台は変わり1950年代のアメリカ、ニューヨーク。

22
食事を済ませた2人が会計をしようとしましたが・・・
なんと現金が足りません!
家に帰ればお金はあるのに、今持っていないから払えない。どうしよう、困った。

この“困った”がクレジットカードを生んだと言われているそうです。

クレジットカードの由来、そして様々な支払方法とそれには信用がつきものだということを学んで劇は幕を閉じました。


23

今回はここまで!
お金やクレジットカード、信用など難しいテーマでしたがゲームや劇を通して触れることで、新たな発見があったのではないかと思います。

次回はJCBさんの本社にて、お金の流れについて勉強します。
その前に宿題が1つ!

24
オリジナルカードを作ってきてもらいます。
使い方は次回まで秘密です。

25
先生方の見本はこのような感じです。
ロゴも入って本物のようですね。
来週みんながどのようなものを作ってきてくれるかでしょうか。

それではまた来週のプログラムをお楽しみに!

|

« 【8/1締切】東京ミッドタウンで溝口涼子先生のマンガ教室を開催します! | トップページ | 【被災地支援】放課後バス第3弾! »

学びのプログラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027609/41019567

この記事へのトラックバック一覧です: 【学び】たのしく学ぶお金のふしぎ(全2回) 第1回開催いたしました!:

« 【8/1締切】東京ミッドタウンで溝口涼子先生のマンガ教室を開催します! | トップページ | 【被災地支援】放課後バス第3弾! »