« 【学び】帰って来たアルビオン! | トップページ | 【被災地支援】放課後バス第5弾! »

2011年10月 5日 (水)

【遊び】100人でマジック!

こんばんは。

アフタースクール5号です。

雨がしとしと降る本日、
世田谷の小学校にてマジックプログラム開催!

おなじみの東大マジシャンがやってまいりました。

それに対するは約100名の小1−小3。
元気が有り余っている様子。

20111005_142451


本日は部長の古谷さんと1年生の田中さん。

古谷さんは堂々とした立ち振る舞いと、
子どもたちを惹き付ける言葉と表情で、
マジックを展開します。

まずはプレゼントのような袋からワインが飛び出すマジック!
はい、これで子どもたちはマジックワールドに迷い込んでしまいました!

こちらはトランプを予言してしまうマジック。

ただ単なるトランプ当てではなく、
子どもたちを惹き付ける箇所をいくつか用意してあるので、
シンプルにエンターテインメントとしても楽しめます!


20111005_134510


田中さんははきはきした口調でロープのマジック。

1本だったロープが2本になったり、
結び目がなくなってしまったりとスピーディーに展開。
「えー」「えー」とあちらこちらで歓声が上がります!

20111005_135724


お二人を見ながら感じたのは、
”説明する能力と声の出し方”の重要性。


マジック見るパフォーマンスですので、
視覚で驚かそうとするのはもちろんです。

しかしそこに付随する、
状況や今後の展開を説明する能力と、
興奮した子どもたちがいるなかでそれを伝えるだけの声が
子どもたちの前では必要なのです。


こちらはにぎった手がほどけてしまうマジック。


20111005_140022_2


20111005_140026


「じゃあ手伝ってもらいたいので・・・やってみたい人!」
と古谷さんがお手伝いスタッフの参加を募ると、
子どもたちは大興奮ではいはいはい!!!!


20111005_140353

弾いたトランプを予言してしまうマジックや、
たたんだハンカチに入れたバナナが消えてしまうマジックなど、
数点やってくださいました。


最後にはティッシュとコインを使ったマジックを、
子どもたちにも体験してもらいました!


20111005_141433

前回はけん玉を実施し、
あれからひたすら頑張ってけん玉の腕を磨いている子が
いることを知りました。


今回もこの企画が火付け役になり、
マジシャンを目指す子が出てくると嬉しいですね!


最後に子どもたちから出た質問。
「ロープのマジックはどうやったんですか?」

お二方「マジックの種を知りたければ東大にどうぞ!」

「俺らが入るときはもういないじゃん!」

実に頼もしい!


古谷さん、田中さん、ありがとうございました!!!

|

« 【学び】帰って来たアルビオン! | トップページ | 【被災地支援】放課後バス第5弾! »

遊びのプログラム」カテゴリの記事