« 【文化】落語から学ぶ言葉の力。 | トップページ | 【学び】南極大陸の不思議 »

2011年10月12日 (水)

【遊び】けん玉名人に学ぶ!


お久しぶりです。

アフタースクール13号です。

10月11日、千葉県の放課後ルームにてけん玉プログラムをして参りました!

先生は、日本けん玉協会会長の丸石さんです。

Image1

けん玉を初めて30年ほどで、もともとは教師をされていたそうです。

けん玉にあまり触れたことのない子どもたちばかりでしたが、

さすが先生だけあって、すぐに生徒たちはとりこになっていました。

Image2

まず初めに、けん玉で体操です。

Image1_2

けん玉を持って、体の周りをぐるぐる、ぐるぐる。

これが、思った以上にとてもいいストレッチになります。

それではけん玉スタートです。

今回はこのシートに沿って、進んでいきました。

Image2_3

全部で9つの項目があって、クリアするとシールが貼れます。

1つ貼れれば1級、全部貼れたら9級です。

また、赤いけん玉のタコさんチームと、青いけん玉のイカさんチームに分かれ、

項目が終わるごとにバトルが行われました!

Image1_3

Image3

けん玉リレーや、タコ焼き一丁!などなど。

教室のあちらこちらから、「おっしゃーーー!!」というような声が聞こえるくらい

大盛り上がりでした。

もちろん、うまくできない生徒には先生がしっかり教えてくださいます。

これが最後、全部埋まったシート。

Image4

9級までのステップは、すべて大皿ができるようになるために欠かせないもの、だそうです。

今日うまくできなくてもいい。

練習してだんだんできるようになる。

それがおもしろいんだよ。

そう、先生はおっしゃっていました。

最後に先生の沢山の技を見て子どもたちは大喜び!!

Image1_4

これは二刀流のときの写真。

終わってから生徒たちに「けん玉これから練習してみようと思った人ー?」

と聞くと、

「はーーーーーーい!!!」と全員が元気よく答えてくれました。

丸石先生、ありがとうございました!!!!

Image5_3

















|

« 【文化】落語から学ぶ言葉の力。 | トップページ | 【学び】南極大陸の不思議 »

遊びのプログラム」カテゴリの記事