« 【被災地支援】キャサリン・ジェンキンスさんと宮城県へ | トップページ | 【被災地支援】ふくしまキッズmeetsハマの番長&姫 »

2011年12月28日 (水)

【被災地支援】ふくしまキッズmeets宇宙

アフタースクール1号の平岩です。

みなさま、
「ふくしまキッズ」の取り組みをご存じでしょうか?

これは震災で深刻な被害を被り、
中でも子どもたちの遊び場が失われるという事態が発生している
福島県の子どもたちを、
長期休みの期間中に県外の様々な場所に長期間連れ出し、
思う存分遊んでもらい、子どもらしく成長することを
願う取り組みです。

(HP)
http://fukushima-kids.org/

私たちNPOもこの取り組みを共同運営しており、
夏休みには温かいご支援のかいがあり、
35日間で518名の子どもを北海道に連れて行くことができました。

(動画をぜひご覧下さい・・・これを見るたびに私は「頑張るぞ!」と心に誓います)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=BDV3wbxcK2U

そしてこの冬休みは、
北海道に加えて横浜でも80名の子どもを
迎えることになりました。
私たちは子どもたちの活動をどのように展開するのかの
コーディネーターをお手伝いしています。

私は首都圏に来る子どもたちにどんな活動がいいのか、
と考え、
「一流の大人が頑張っている姿」
を見てもらいたいと考えました。

首都圏は楽しい遊び場も多く、
施し尽くすような過ごし方も可能ですが、
これからの復興を支えていく彼らには
「一流の人々がこんなに頑張っている」
という姿こそ見てもらうべき姿で、
それを見て、
「俺も私も頑張るぞ!」
と少し逞しくなって、故郷に帰してあげたいと思いました。

そこで福島の子どもたちの受入をお願いしたのが
JAXAさんです。

私と一緒に相模原のJAXAに子どもたちは行きました。
そうです、ご存じ「はやぶさ」の故郷です。

以下様子をレポートします。

福島から来た子どもたちです。
首に黄色いスカーフを巻いているのが目印です。
意気揚々とJAXAに向かいます!

02

JAXAに着き、いよいよ館内をご案内いただきます。
今回担当してくださる方は
並木道義さん、
「はやぶさ」回収チームに所属されていて、
なんとあの「はやぶさ」のカプセルを回収しに、
オーストラリアまで行った方なのです。

並木さんから早速実物大のはやぶさの解説をいただきます。

03

有名なイオンエンジンは
4基ついておりますが、
3つを稼働して動かすそうです。

3つのエンジンで動かす力はなんと2g、
僅か1円玉2個分だそうです。
宇宙ではこれくらいの力で十分動くのだそうです。

はやぶさの前からも解説いただきます。
あのカプセルが見えます。
あれが最後に地球に帰ってきた姿、
本当に感慨深いです。

04

並木さんは、
あのカプセルが出す電波を捉える係だったそうで、
捉えた電波から場所を割り出し回収に行ったそうです。
並木さんの推測した場所ぴったりにカプセルはあったそうです。
素晴らしい。

そしてここからは少しロケット・衛星の歴史の話をいただきました。

これは日本で初めての「ペンシルロケット」です。

05

これがまず試験として使われた最も初期のロケットだそうです。
本物が展示してあり、子どもたちも釘付けです。
熱心に撮影している子もいます。

そしてこちらは、日本初の人工衛星「おおすみ」です。
丁寧に並木さんが解説をしてくださいます。

01

館の外にはロケットがありました。
これももちろん本物で、燃料を入れれば飛ぶそうです。
本物はやはり迫力が違います。

08

そしていよいよここからがクライマックス。
立ち入り禁止区域を特別にご案内いただきます。
写真撮影は絶対厳禁!なので、
皆で目に焼き付けました。

Photo

私たちが入ったのは
館内でもセキュリティレベルトップの施設、
そこでは次の衛星の制作とテストの施設がありました。

衛星の制作はクリーンルームという部屋で行います。
チリ1つない状態で制作する必要があるからです。

そして温度、湿度も施設内は1年中一定、
停電もできないので、
先の停電の際は、本当に大変だったそうです。

2014年に打ち上げ予定の衛星の制作の現場を拝見させてもらいました。
ここで組み立てられた衛星はフランス領ギアナから飛ばすそうです。

制作現場はまさに真剣勝負の場、
そして衛星は驚くほど手作りで制作されておりました。

これこそ私が子どもたちに見せたかった
「一流の大人が頑張っている姿」です。

こんな風に
大人の叡智を結集して作った衛星が宇宙を飛び、
新たな知見を地球にもたらすことに、
本当に大いなるロマンを感じました。

子どもたちも
「どうやったら宇宙に?」「どのぐらいいられるの?」「何を勉強したらいいの?」
と先生に質問を熱心にしておりました。

そして宇宙を目指すには、
学力・体力・チーム力
全てが必要なことも教わりました。

これにて
「ふくしまキッズmeets宇宙」
ミッション完了です。

06

07

みんな故郷に戻ったら、
今日の日のことをぜひ両親や友人に話してあげてくださいね。

そして立派な大人を目指してください。

ご協力をいただいた
JAXAの皆様、並木さん、
本当にありがとうございました!!

|

« 【被災地支援】キャサリン・ジェンキンスさんと宮城県へ | トップページ | 【被災地支援】ふくしまキッズmeetsハマの番長&姫 »

イベント」カテゴリの記事