« 【アメリカ視察4日目】City Year+PEAR+Harvardノーム教授 | トップページ | 【アメリカアフタースクール視察】まとめ »

2012年4月29日 (日)

【アメリカ視察5日目】NYC Department of Youth and Community Development

ボストンからAmtrakという列車を使って3時間半。

ついに最後の都市NYへと降り立ちました。


本日訪問したのはNYで活躍する
NYC Department of Youth and Community Development。

こちらは市の機関であり、
アフタースクール活動を運営している団体を、
金銭面をはじめスタッフ、プログラム内容等、あらゆる面でサポートする役割を担っております。


本日は土曜日であったため、
週末のダンスオーディションを見に中学校へ行ってまいりました。


こちらはBeacon Programというアフタースクールプログラムのひとつで、
中学生から大学生の前半までが参加するプログラム。

各チームがテーマ(暴力反対、いじめ反対など)を決めて、
それをもとにダンスを踊ります。

本日は約30組のダンスチームがオーディションに参加し、
5月の準決勝、6月の決勝へと駒を進めるのですが、
大変興味深いのはこの発表会自体が目的ではないということ。


もちろんどのプログラムもプロセスが大切ではあるのですが、
オーディションに勝ち抜くためにはダンスのうまさだけがポイントではありません。


ダンスの練習と並行して行う学校へのキャンペーン活動こそが、この戦いを勝ち抜くために必須となるのです。


Img_1498

プログラム視察の後はオフィスを訪問し、
アフタースクールの評価などに関して話をしました。


今回受け入れをしてくださったDarrylさん自身も、
昔アフタースクールのプログラムに参加したことで人生が変わったのだそう。


小学生に小学生時代体験・学んでしてほしいことを挙げてもらうと、
以下の項目が出てまいりました。

・学校でのアカデミックスキル
・エンパワメント
・リーダーシップ
・コミュニティへの参画、責任感


「社会と接点を持ち始める時期だからこそ、机に座って勉強するだけではなく
外へ出てさまざまな体験をすることが必要」


アフタースクールが持つ多種多様な体験プログラムこそが、
子どもたちが成長する上で大きな影響を持つことを教えてくださいました。

また、アフタースクール運営のコツとして、
保護者の巻き込みやスタッフ研修の大切さなど、
運営における重要なポイントもレクチャーしてくださいました。

各所で出会う素敵なアフタースクールの方々。


一日一日が本当に、感謝感謝の連続でございます。

Img_1525


|

« 【アメリカ視察4日目】City Year+PEAR+Harvardノーム教授 | トップページ | 【アメリカアフタースクール視察】まとめ »

イベント」カテゴリの記事