« 【アメリカアフタースクール視察】まとめ | トップページ | 【住】池之上ハウスお披露目会! »

2012年5月14日 (月)

【表現】GWは松屋銀座さんにて3日連続ワークショップ!

こんにちは!14号&18号です。
GWは3日間連続で松屋銀座さんにてワークショップを行いました!

今回は3日連続「ものづくり!」
講師の方も豪華です!

1日目:ザリガニワークスさんhttp://zariganiworks.co.jp/
「コレジャナイロボカー」づくり

2日目:外村友紀さんYellow Pony  http://www.yellowpony.net/
「お魚コインケース」づくり

3日目:Hello Sandwichさん http://hellosandwich.blogspot.jp/
「オリジナルアルバム」づくり

さっそくですが、1日目から順に当日の様子をご紹介します!

-ワークショップ1日目-(ザリガニワークスさん)
Img_1550

こちら先生の作品たちです。

以前にも先生をお願いしたことがございますが、
初めて見る方のために講師の方の紹介を簡単に!

ザリガニワークスさんのHPにおもしろい文がございますので、引用いたします。

『「欲しかったのはこれじゃなーい!!」プレゼントを開けた子供から発せられる悲痛の叫び。楽しいはずのクリスマスが突如、修羅場に。こんな経験ありますか?できれば避けたいものです。しかし人生、欲しい物が何のリスクもなしに手に入るなんて話はそうはありません。欲しい物を手に入れる為には努力も必要だという事を何らかの機会に知っておくのも良いでしょう。

「コレジャナイロボ」はその絶妙な偽物感、カッコ悪さにより、その事をお子さまにトラウマ級の効果をもってお伝えする事でしょう。
情操教育玩具として是非お試しください。』

というなんとユニークな考え方をもった方が
また放課後NPOの先生になってくださいました。

Img_1539
ザリガニワークスさんのコンセプトにのっとって、
これじゃない!と思うような出来上がりでもよくて
なんでもあり!
要するに失敗はない!
という本当に自由なものづくりスタートです。

目の前に用意されたBOX
それを開くとロボカーの部品があらわれます。

作り方は本当に簡単で、
部品たちを自分の好きなようになんの枠にもとらわれずに
こうか、ああかと組み立てて
ペンキで色塗りするだけです!

ワークショップ時間は1時間半なので、
みなさん頑張ってました。

まずは親子で形の話し合いです。
Img_1547
普段の放課後には保護者の方はいらっしゃらないので
とてもほほえましい光景でした。

Img_1555
子どもだけで、もしくは親御さんからアドバイスを もらいながら、
一緒に組み立て方を決めたらお次は色塗り!

Img_1568
パーツにはそれぞれ穴が開いており、このいくつかもある棒に
ささるようになっています。

Img_1576
こんなふうに棒を持ちながら色を塗ると手が汚れない!
という利点もありです。

Img_1577
こちらの親子は本当に一緒に色を考え場所を考えまさに共同作業をしておりました!
素敵です!ゴールデンな休日ならではの家族タイムですね。

Img_1582
塗ったパーツたちは乾かすためにもこちらに刺したまま!



Img_1585
こちらを作成している子はパンダロボットを作る予定らしく
塗られたパーツのほとんどは白と黒!
このパーツがどのようにうまくパンダがらになるのか!
楽しみです!

Img_1628
こちらはペンキを巧みに使ってしましま柄を作り出しているお母様。

みんな普段は使わないペンキを夢中で使っていて
時間はあっというまに過ぎていきました!

この後はお待ちかね!
みんなの作品を紹介して終わります。

Img_1633
素敵なパステルカラーのロボットさん

Img_1634
こちら、先生の作品(右側)を忠実に真似して作ったコレジャナイロボカー!

Img_1635
こちらは無地でなく、おしゃれに模様を入れたキュートロボです。

Img_1638
笑顔の素敵なロボットさん

Img_1622
後ろ姿にはリアルな番号もついています!
やはり子どもたちの発想はおもしろいです!

Img_1611
そして、最後に早く終わった子たちで集合写真!

同じパーツを使ってもできあがる作品は十人十色!

ただ、コレジャナイロボカ―づくりのワークショップでしたが、
作り終わった子どもたちの顔を見ると「これじゃない」でなく「まさにこれ!」
という満足のいくロボットが作れたように感じました。

ザリガニワークスさんありがとうございました!

********************************************************

-ワークショップ2日目-(外村友紀さん)

このワークショップでは、おさなかコインケースを作りました!

子どもに小さなおさかなを1つ、親御さんに大きなさかなを1つ作ってもらいました。

まずは、松屋銀座さんの一画で準備開始。

お魚に塗る色やウロコが、たくさんあります!

色んな色を使うんです。

20120504_100731

それでは、準備が完了してプログラム開始です!

お父さん、お母さん、おばあちゃんと子どもたちが一緒にお魚を作っていきました。

子どもたちだけでなく、親御さんも熱中して作られていました。

20120504_111502

子どもたちの中には、下書きを家でしてきてくれた子がいました!

「上手く書けなかった。」ととても残念そうにしていましたが、

色んな色を使った素敵なお魚ができました!

インクを出しすぎて「フー、フー」と乾かす子の姿も、

1336108143092

ウロコの色も、目の形も1つも同じものがない世界で1つだけのコインケースが完成しました!

これをつけて、ぜひおつかいに行ってほしいですね!

20120511_104129

************************************************:
-最終日3日目-(Hello Sandwichさん)

Hello Sandwichさんは、オーストラリア人のアーティストさんで
地元で雑誌の編集をしており、1年ほど前から日本に来て
アーティスト活動をなさっています!
Img_1983

ハローサンドイッチさんは日本が大好きらしいです!
その理由は
・クラフトがたくさんあるから!
・世界堂という素敵なお店があるから!(オーストラリアに世界堂みたいなお店はない!)

だそうで、こちらも新たな発見アリ!という感じでした。

Img_2001

今回作るのはフォトアルバム!
ただ、フォトアルバムといっても土台を紙で作り、
マスキングテープや紙で作ったコーナー、封筒などを使い
写真を張り付けたり、取り出せるようにしたりと
遊び心とユーモアたっぷりな自分だけのオリジナルアルバムです。

初めは表紙選び!
二つの髪をつながて表紙にするので
同じ色を選ぶだろうとばかり思っていた私の予想はまんまとはずれ、
みんな思い思いに素敵な色のコラボレーションを選んでおりました。
Img_2018

お次はその表紙となる紙を好みの柄のマスキングテープでつなげます。
Img_2025


そしたら、中身となる茶色の紙を折ってパンチングします。
Img_2028


さすが折り紙を折慣れている日本人は器用に丁寧に端を合わせていきます。
Img_2029

こちら、Hello Sandwichさんのおおきなパンチマシーン!
真ん中にパンチするのはなかなか難しいようですが、みんなうまいです。
Img_2044_2

そこまでやったら後は自由にデザイン!
こちらはいろんな形のパンチマシーンで
ハートや星や丸などにくりぬいています。
Img_2052

親子で相談しながら切ったり、貼ったり!
Img_2056

さっそく表紙が完成した子も!ポップでかわいいです。
Img_2072

こちらは素敵なパンチをしたようで工夫もいろいろおもしろいです!
Img_2076_2

Hello Sandwichさんオリジナルのラベルも使い放題!
Img_2081

1時間半が本当にあっという間にすぎ、
多くの方が時間が足りずにいろんな素材をお持ち帰りいただき
またおうちでやりまーす!と笑顔で帰っていかれました。

いくつか子どもたちの作品をご紹介します。

これはシンプルだけど、素敵なデザイン!
Img_2082

この発想は面白い!
丸くパンチを開け、次のページの絵を見せています。
Img_2083

ラベルを自由に切り貼りして文字も入れない
シンプルタイプも!
Img_2085

こちらは先生オリジナルの柄の髪を封筒型に切って貼ったものです。
この中に写真を入れて飛び出すタイプにもできます!Img_2088

本当にいろんな工夫が可能なオリジナルアルバム!
親子で作ってきっと記念になったと思います!

3日連続ワークショップもこれにて終了です。
また、このように小学校以外で開催することもあるかと思いますので、
その際はみなさんぜひともご参加ください。
3名の先生方、松屋銀座さん、本当にありがとうございました!

|

« 【アメリカアフタースクール視察】まとめ | トップページ | 【住】池之上ハウスお披露目会! »

表現のプログラム」カテゴリの記事