« 【スポーツ】ふうせんバレーを楽しもう♪ | トップページ | 【文化】 スイスってどんな国? »

2012年11月19日 (月)

【イベント】郡上踊り発表+子どもだがしや&バルーンアート出店!

こんにちは♪26号です。

ところで皆さん11月18日はなんの日かご存知ですか?

「家族の日」だそうです!

内閣府では、子どもと子育てを応援する社会の実現に向けて、
子育て家族やその家族を支える地域の大切さについて理解を深めてもらうために
平成19年度より11月の第3週の日曜日を「家族の日」と設定したそうです。

ここで、赤坂・青山子ども中高生共育事業として、
郡上市の子どもたちとの交流事業の最終回を開催しました。


本日は赤坂区民センターにて、たくさんのお客さんを前に、
郡上市の子どもたちと一緒に郡上踊りを踊ります。


参加者は小1-小5の14名。
この日のために練習をしてきた子もいるほど、気合いが入っています。


まずは着替え。そろいの浴衣に着替えます。

Pb1809972


緊張のためか少々子どもたちの表情は硬めです。

それから練習。


そして午前の部にて出演。


発表前の少々緊張気味の子どもたち。

Pb1810072

曲は「かわさき」と「春駒」。


この日に初めて踊る子もおりましたが、なかなかの出来映え。

しっかりと踊れていました。

Pb1810172



その後は一度郡上の子どもたちと交流タイム。

名刺交換と、その後は「郡上と赤坂・青山」のつながりを堂々と発表してくれました。

Pb1810292

Pb1810342



「緊張した!」とある子は言っておりましたが、

なかなか堂々としたパフォーマンスでした。


それからお昼を挟んで午後の部にも登場。



午前中よりもお客さんが増えており、緊張度も増していましたが、

午前の成果も出てよりきれいにまとまって踊っていました。


「楽しかった!」と子どもたちは満足げ。

終了後は緊張から解き放たれた子もおり、
無邪気に走り回っていました。

Pb1810682


今回の交流事業の目的は、お互いの文化を知ること。



「郡上と青山がどうしてつながっているのかがより詳しくわかりました。」


と終了後のアンケートにも書いてくれた子がいましたが、

お互いの違いを知ることで、自分たちの街を省みることができるのです。


自然はどうなっているんだろう、

人はどう違うんだろう、
電車はたくさん走っていて便利なのかな、

なんでもよいと思うのです。



少しでも自分が住む街について思うところがあれば成功です。



ちなみに岐阜県郡上市と青山のつながりとは、

江戸時代、現在の青山の地に土地を持っていた町奉行青山さんが、
その後岐阜県郡上市の藩主になったことでつながるようになったのです。


堂々と発表してくれた子どもたちは、

今日のことをいつまでも忘れずにいてほしいですね。


みんな、よく頑張りました!!

今日参加してくれたみんなお疲れ様でした♪



それから同時開催として、
「だがしや」と「バルーンアート店」を出店しました♪

事前に店員さん役で応募してくれた子たちは集合したら控え室にて準備をします。

まずバルーンアートの先生より作り方を教えてもらいました。

Img_4515

バルーンアートのお店では先生が作ったものを渡すだけ・・・・ではありません。

子どもたちが作ってお客さんにプレゼントするんです♪

お母さん方も(そして私も・・・)ふうせんをねじったりするのには少しの怖さがありましたが、
子どもたちは先生の見本や手つきを真似してあっというまに作り上げてしましました!

その後駄菓子の説明を受けて・・・・いよいよ「開店」です♪

次に「だがしや」です。お金を払って商品を買う・・・・・そんな普通のだがしやさんではありません!!

わなげゲームをやって入った点数によって貰える金券を貰ってだがしを買うというルールです。

Img_4573

それも挑戦できるのは1人3回まで!!

Img_4536

つ・ま・り・・・・・

点数しだいでは食べたいだがしは買えません!!

皆必死です!!このふうせんわなげ難しいんですよね~(笑)

売る子どもたちも本物のお金では無くても「完売」を目標に頑張りました☆

この人数のお客さんを接客するのは大変です!!

Img_4602

初めての店員さん役の応募してくれた子どもたちもいましたし、学校も違う子もいました。

でも不思議ですね。

「みんな商品整理整頓しよう!!」「チラシ作るね~」
「あっちの方行ってお客さん呼んでこよう!!」など

Img_4531

「完売」という目標に向かって頑張っている子どもたちはいつのまにか団結していました。

だがしやを経験した子どもたちの感想はこんな感じです。

・商品を渡す時、笑顔になってくれてうれしかった
・駄菓子屋さんになったみたいだった
・お金の管理を工夫できたし、お金の回りがわかった
・声をかけるのがたのしかった  などなど

みんなそれぞれいい経験になったようです。

Img_4552

内閣府の「家族の日」のHPにはこう書いてありました。

「子どもと子育てを応援する社会の実現のためには、
子どもを大切にし、社会全体で子育てを支えていく必要がある」

と書いてありました。(http://www8.cao.go.jp/shoushi/kazoku/forum/minato.html

子どもたちが違う学校の子や関係者の人と協力して頑張っている姿はご家族はもちろん、
地域の住民の方々にとっても微笑ましく見えたのではないでしょうか?

Img_4551

今日の楽しかった思い出話をきっかけに家族で会話がよりいっそう増えたら、
素敵な「家族の日」になったのではないかなと感じました。

|

« 【スポーツ】ふうせんバレーを楽しもう♪ | トップページ | 【文化】 スイスってどんな国? »

イベント」カテゴリの記事