« 【表現】世界にたったひとつのマスコットをつくろう! | トップページ | 【食】六本木の名店「Zum-einhorn」の野田シェフと国際ドイツ料理 »

2013年2月 7日 (木)

【表現】ビスケットでゲーム作りに挑戦!

こんばんは、14号です!

今回は、12月に引き続き、ビスケットを使ったプログラミングワークショップの第2回目を開催!
横浜市の小学校にて、NPO法人デジタルポケットさんから渡辺さんを講師にお呼びし、
小学校1~6年生20名ほどが参加しました!

でも、そもそもビスケットとは・・・?
NTTの研究所で開発されたもの(ビジュアルプログラミング言語)で、だれでも自由にチャレンジすることができるものです。
わかりにくい?と思った方も、下記のHPを見ていただければ、難しくない!と思えると思います。
詳しくはHPを御覧ください。http://www.viscuit.com/

さっそく、渡辺さんから説明が始まります。
チームで協力しながらの実践で
5,6人で1台のパソコンを使ってゲーム作りにチャレンジします。
P1070776_2

こちらはほぼ1年生チーム!
ちゃんと順番を守って、それぞれが他の人がやってる間も
P1070759_2

こんな感じで楽しんで待ってます。
楽しみすぎてぶれている子もいますが!
P1070763 

ゲーム作りは、真剣です。
「人」のアイコンをまず画面上においた上で、
「壁」のアイコンをおいて壁を作っていきます。

その壁に当ってしまったら「アウト!」
人が倒れてしまう!という仕組みになっており、

それをさらに工夫して、壁にあたった瞬間のポーズを変えたり、
人や壁の動きを上下左右に自由に操作していき、
ゲームそのものをアレンジしていきます!

このチームは、自分たちが作ったゲームで何度も何度も順番に遊んでました!
P1070762 

こちらは、ほぼ同学年女の子チーム

チームごとにかなり個性が出ており、
こちらのチームは、「可愛さ」重視のアトラクションでした!
P1070768

「ゴール」ひとつ作るのにも、1人ひとりがハートや星の模様を入れたり、

壁にぶち当たったときは、
他のチームが血を流す設定にしたり、爆弾を置いてみたりとしているところを、

彼女たちは、
壁にあたったら下の写真のような可愛い女の子に変化する!

というメルヘンなゲームを作っていました!
P1070770


そして、こちらは特に盛り上がっていた上級生チーム!
パソコンクラブ所属の6年生を中心に
他のチームをどんどん追い越し、かなりハイクオリティなシューティングゲームを作り上げました!

「こんなゲームあったら500円で買うわ!」という声も聞こえてくるほど。
P1070760_2

何人ものエイリアンがいて、そこに向けて銃を放つのですが、
銃が当たるとエイリアンが変化したり、戦闘機が出てきたりと
変化が盛りだくさん!

このチームの男の子は、
「へえ~こうやってゲームって作られてたんだな~」としみじみ納得してました。

P1070772

最後は、他のチームのゲームに挑戦して回ります!

高学年チームのゲームは、案の定大人気で行列待ちです。

女の子チームのゲームは、「簡単すぎる~」という声を受けて、
開発者が「難しくしなくちゃー」と再度集結してました!

P1070758

と、あっという間に時間は過ぎ、ゲーム作りは終了です!

いつもは元々できているゲームやおもちゃで遊んでいる子どもたち。
それらを自ら作ることもできるんだ、
ということを感じてもらえるワークショップになったと思います。
P1070776

ちなみにこちらのビスケットはおうちでインターネットが使えるパソコンがあれば、
誰でもできるようになっているのですが、

「おうちに帰ってもやってみる人ー??」
と聞いたら、
「はーい!!」とほぼ全員が手をあげていました。
これから、ITがどんどん進化していく時代です。
あるものを使いこなせるようになるだけでなく、
そのものの仕組みがわかることで、使いやすさも変わりますし、
自らプログラム作りを体験することで、そういったものに対する考え方も変わってきます。

今回、講師に来てくださった「NPO法人デジタルポケット」さんは、
菊名にて、プログラミングの教室を3月頃から開校するそうです!

いやおうなく、デジタルが子どもたちの世界に入ってくる時代、
安全に使うためにも、自ら仕組みを理解しておく必要があるかもしれません、
興味が有る方はぜひ行ってみてください!

渡辺さん、今日は本当にありがとうございましたーーーー!!!

******************************
このプログラムは、日本財団助成事業により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

|

« 【表現】世界にたったひとつのマスコットをつくろう! | トップページ | 【食】六本木の名店「Zum-einhorn」の野田シェフと国際ドイツ料理 »

表現のプログラム」カテゴリの記事