« 【スポーツ】ふうせんバレーで協調性アップ! | トップページ | 【オランダ視察③】保育園について »

2013年3月 2日 (土)

【音楽】サントリーホール室内楽アカデミー登場。

こんばんは。

アフタースクール5号です。

本日は赤坂・青山子ども中高生共育事業で、
サントリーホールさんとのクラシック講座最終回をレポートします。
今まで3校×2回シリーズを実施してきまして、
今回がその最後の1回となります。

今回もサントリーホール室内楽アカデミーの
弦楽四重奏の皆さんが来てくださいました!

最初に楽器の説明があり、
その後「キラキラ星変奏曲」が登場。
誰の耳にも馴染みのある「キラキラ星」を、
リズムや演奏者を変えて演奏していきます。

20130302_102418

このように演奏+解説をしていただくということが、
子どもたちの理解促進にとても効果的でございます。

20130302_101822


2曲目の「皇帝」では、
バイオリン、チェロ、ヴィオラと順々に同じメロディーで
担当を入れ替えて演奏していきます。
一見難しく感じるクラシック音楽が、
丁寧な解説とわかりやすい演奏の流れで、
子どもたちは一生懸命目と耳を前に向けておりました。


3曲目は様々な演奏方法を使った「パッサカリア」という曲。

そして最後は皆さんお待ちかね。
「ハッピーバースデー変奏曲」。

20130302_102313

私も今回が2回目ですが、
教会風から始まり、野原、映画、遊園地などと、
ハッピーバースデーが様々に雰囲気を変えて流れていきます。


曲が終わると同時に子どもたちが小声で、
「すごい・・・」とつぶやいていました。


「これからも変奏曲を聴く、あるいは弾く機会があったら、
今日のことをぜひ思い出して楽しんでほしいと思います!」


先生方から最後にメッセージをいただきました。


クラシック音楽というと一見難しく感じられるものですが、
実は様々な楽しむフックが存在することに気づきました。

音がどのように重なり合っているか、
そもそもそれぞれの音はどこから来ているのか、
重なり合った音はどんな響きをしているか、
それを自分としてはどう感じるか、

今回の講座を通じてクラシックを楽しむ術を
一番身につけたのは私かもしれません。

子どもたちにもきっとこの思いが伝わってくれたと思います。


サントリーホールの皆さん、本当にありがとうございました!

20130302_110044

放課後NPOのfacebookページ、ぜひいいね!をお願いいたします。

|

« 【スポーツ】ふうせんバレーで協調性アップ! | トップページ | 【オランダ視察③】保育園について »

音楽のプログラム」カテゴリの記事