« 【文化】コミュニケーションプログラム『ミッション!チームでタワーを創造せよ!』 | トップページ | 【イベント】クリスマス預かり体験in湘南学園小学校アフタースクール »

2013年12月26日 (木)

【文化】ドイツってどんな国?

こんにちは!
アフタースクール40号です。

今日は横浜市の小学校で行われたドイツプログラムをご紹介します。

今回のドイツプログラムの先生は
ドイツ出身のステファン・ワイゲルトさん。

プログラムには1年生~6年生の30名ほどが参加してくれました。

Dsc02361


まずはドイツの場所、地理、歴史から学びます。


次にドイツの料理、音楽、生活について。

「ドイツの料理って何があるかな?」という問いに対して
子どもたちは「ソーセージ!」「ビール!」と答えてくれました。

Dsc02363

ステファン先生いわく、

・ソーセージはもちろん売っているけど、
パンやシュニッツェル(ドイツのカツレツ)をよく食べる。

・ドイツ人は「ビールをよく飲む」というのは本当。

・バターやチーズ、ヨーグルトにもなるミルクも大事。

・水は炭酸水をよく飲む。

・チョコレートのケーキもよく食べる

とのこと。

Dsc02372


そこで子どもたちは、すかさずいろんな質問をしてくれます。

「ドイツの人は肉が好きなの?」
「パンとバターはどれくらい食べるの?」
「ドイツでの飲酒制限はどうなってるんですか?」
「ドイツ人はバターだけで食べたりするの?」
「クリスマスケーキもチョコレートケーキなの?」


やはり食べ物は子どもたちにとって身近なテーマのようで、
興味津々な様子でした。


プログラムの後半では、ドイツ語を学び、
またドイツ語を使ってゲームも行いました。

Dsc02377

Dsc02383

こちらは先生と一緒に「Bitte.(ビッテ=どうぞ)」
「Danke.(ダンケ=ありがとう)」と練習している様子です。

とても短く、覚えやすいフレーズですね。

Dsc02393

今回のドイツ語のゲームは2本だてです。

1つめはドイツ語の歌を歌ったあと、自分の年齢をドイツ語でいうゲーム、
2つめは真ん中の人にばれないように、コインをどんどん隣の人に渡していくゲームを行いました。

みんなと同じくらいの年齢のドイツの子どもたちも遊ぶゲームをして
ドイツ気分を味わえたでしょうか?

Dsc02404



プログラムが始まる前、
子どもたちはあまりドイツに対して親しみがない様子でした。

しかし実は、プログラム中に登場したベートーベンもバッハも、
赤ずきんちゃんなどの童話で有名なグリム兄弟も
ドイツと縁がある人物です。

ある有名な車の会社も、消費財メーカーのあるブランドも
ドイツが発祥の地でございます。


きっと普段の生活で、街を歩いていても、スーパーに行っても
他にもドイツと関係があるものがたくさん見つかるかもしれませんね。



ステファンさん、Danke(ダンケ)!(=ありがとうございました!)



放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook、twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebook
http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool 


|

« 【文化】コミュニケーションプログラム『ミッション!チームでタワーを創造せよ!』 | トップページ | 【イベント】クリスマス預かり体験in湘南学園小学校アフタースクール »

文化のプログラム」カテゴリの記事