« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

【表現】紙袋で鬼のお面を作ろう!

こんにちは。アフタースクール33号です。

きょう(1月29日)は世田谷区内の公立小学校で、鬼のお面を作るプログラムです。
間もなく節分。
家で豆まきをする時に使えるよう、実際にかぶれるお面を先生が考えてきました。
先生は、もの作りの分野で多方面に活躍中の小久保舞香さん。
Img_4583
先生が手に持っている赤い物がお面になります。
さて、これは何でしょうか?
そう、紙の袋です。
デパートなどで買い物をすると入れてくれる、あの袋です。


最初に、目を描いて、その部分を切り抜きます。
Img_4589
丸い目、つり上がった怖い目、優しい目。
それぞれお気に入りの目が出来上がっていきます。
Img_4584


目を作った後は、角作り。
鬼と言えば角。
一番大事で、しかも、きょうの作業で一番難しい部分です。
色画用紙を折り曲げて、角の形にしたいのですが、なかなか上手く出来ません。
Img_4596
上手く出来ました。
Img_4605
こんなダイナミックな角も。
Img_4607


今日は定員一杯の50名の子ども達が参加。
みんな楽しそうです。
Img_4611


角を作る前に、顔や頭の部分に絵を描いたり、物を貼付けたりするのもOK。
描き方や使う物はまったく自由です。
Img_4600
Img_4608
こんなのも。
Img_4609
女の子らしいですね。
Img_4617

頭の部分も個性が光ります。
Img_4618_2
Img_4637

出来上がった子はかぶってみせます。
Img_4644

先生にも写真を撮ってもらいます。
Img_4640

優しい鬼も。
Img_4649

作成時間の90分はあっという間に過ぎました。
みんな夢中で作りました。
はさみを忘れた子に、自分のはさみを貸してあげる子、
角の作り方が分からない子に、教えてあげる子、
隣同士で協力し合う姿が印象的でした。


さて、作り終えた子ども達は、今日の活動でどんなことを感じたのでしょうか。
終了後書いてもらったアンケートから、抜粋してみましょう。
・みんなでやってたのしかったし、かわいくできた。
・きょうきてよかった。またやりたい。
・かみをつけるのがめんどうくさかったです。でも、すごくたのしかったです。
・ふくろが、おにだからびっくりした。
・つくりかたを学校や、ならいごとのおともだちにおしえてあげたい。
・ほかのつくりかたをもっとしりたくなった。
そして、こんなのもありました。
・さいしょは、つのがつくれなかったけど、2かいめにやったらできるようになった。
・わたしは、こうさくがきらいだったけど、じょうずになりました。
こどもたちそれぞれに、何かをつかみとってくれたようです。


きょうのプログラムを考え、指導してくださった小久保先生、
そして、会場のセッティング、先生のアシストなどにご尽力いただいた、BOPのスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

|

【スポーツ】ドッヂビーをやろう!

みなさんこんにちは。
アフタースクール38号です。

今回は横浜市の小学校にてドッヂビーのプログラムを行いました!
講師は日本ドッヂビー協会の林さんと浅葉さんのお二人です。
Photo

天気もよく日差しが暖かい中での実施となりました。

準備運動をして、まずは体をほぐすためにランニングをします!
みんなでグラウンドを2周走りました。
Photo_2

投げ方を先生たちに教えてもらったら、早速お友達同士で投げ合いです!
教え合ったり、先生からアドバイスをもらったりしながら
みんなどんどん上手になっていきました。

Photo_3  
Photo_4

この学校では何回かドッヂビーのプログラムが行われており、
今回で4回目!!
なんていう子もいました。

そして今度は、男女に分かれてちょっとしたゲームをしました。

先生が投げたディスクを、
犬になったつもりで走ってキャッチしに行く!
という遊びです!
Photo_5
Photo_6

一生懸命追いかけています!!

8
短い距離か長い距離にするかは子どもたち自身が決めます。

なかなかキャッチするのは難しかったようですが、
成功するとわー!と歓声があがりました。

もう一つゲームをやりました。
校庭にあったボードを使って、得点の多いチームが勝ちです!
Photo_7
サッカーボールのところは最高の10点!
みんなそこを狙っています!
Photo_8
どこのチームがいっぱい点数とれたかな?
Photo_9

盛り上がってきたところで、本日のメイン!
ドッヂビーの試合です。

3チームに分かれて戦いました!

Photo_10
センターラインに並んでまずは挨拶から!
外野を決めて、いよいよスタート!
13
Photo_11
当たっても痛くないので、積極的にディスクをとりにいきます。
Photo_12
Photo_15

一方、試合をしていないチームは林先生と先ほどのゲームや
シュートゲームをしていました!

Photo_13
Photo_14

時間いっぱいまで試合をたくさん行っていました。

子どもたちも「もっとやりたい!」
と、本当に楽しそうでした。

林先生、浅葉先生
今回も楽しい時間をありがとうございました!!


|

2014年1月28日 (火)

【表現】廃品アート!

みなさんこんにちは。

アフタースクール38号です。
本日は横浜市の小学校にて廃品を使ったアートのプログラムを行いました!
講師は富宝島輝のyusa(ゆさ)先生です。

本物のパンをあしらった帽子をかぶって登場です!
Photo

まずは先生の力作を子どもたちに見てもらいました。
子どもたちは、
「すごーい!」「作ってみたい!」
と興奮していました。
Photo_2

そして今回はさまざまな種類の材料を持ってきていただきました。
ビーズ、おもちゃ、缶のフタ、瓶のキャップ、綿、キーボード・・・・
Photo_3
4
子どもたちはどれを使おうか選ぶのも楽しそうです!
5

そして子どもたちは思い思いに作品を仕上げていきます♪
小さな作品を作る子もいれば、大きな作品を作る子もいました。

「こうしたいんだけど、どうすればいいかなぁ?」
「ボンドが乾かないよ〜!」

なんて嘆き声が響きつつも、みんな解決策を練っていたりしました。

Photo_4
だんだんと仕上がってきます
Photo_5
街のようになっているものもありました!
8
こちらは時計の固定に苦労した力作!
Photo_6
こっちには動物がいっぱい!
Photo_7

最後の方は机の上もこんなに散乱していましたが、子どもたちが頑張った証ですね♪
Photo_8

本当なら捨てられてしまいそうなものばかりを使って、こんなにもすてきな作品がたくさんできました。
そして、子どもたちもいろいろな発想をしながら楽しんでいました。

廃品でも、見方や使い方を工夫するとまた違った世界が見られるんですね。


とても素敵なプログラムとなりました。
ゆさ先生、ありがとうございました!



放課後
NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool

|

2014年1月25日 (土)

【表現】シールでアート!

こんにちは。アフタースクール21号です。

江戸川区の中央図書館でシールで動物を描こうというプログラムを実施しました。

40名の定員は満員に!

先生は大村雪乃さんです。

Dsc05055_2

シールで描く、皆さんイメージできますか?

しかも、そのシールは丸シールだけ!

さあ、集まった子どもたちはどんな作品を作るでしょうか。

楽しみですね。

 

今回はかわいらしい動物を描きます。

先生が用意してくださった下絵に大・中・小のシールを貼っていきます。

Dsc05044

コツは肌の色になるシールを大サイズでペタペタと貼っていくこと。
Dsc05038

「ピンクが燃えている~!!」ユニークな表現、いいですね!!Dsc05043

こうして色々な色を貼っていく子もいます。
Dsc05049

『こうでなければいけない』ということはないのです!!

 

肌の色を貼り終えたら、その上に目や口などのパーツを貼っていきます。
お父さんとペタペタ。

Dsc05047

 お母さんも熱中!!

下絵が同じなので、出来上がりにどこまで個性がでるのかな?と

思っていましたが、この通り!!

Dsc05056
Dsc05057
Dsc05064
Dsc05059
Dsc05062

本当に自由に思いのままに作品作りを楽しんでいました。

 

完成した作品を大村さんが講評してくださいました。

Dsc05050

これは大きな自信になりますね!

 

大人も子どもも夢中になった素敵なプログラムでした!!

 

大村雪乃さん、ありがとうございました。!

江戸川区中央図書館の皆様、ありがとうございました。

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool

|

【遊び】けん玉達人がやってくる!

みなさんこんにちは!
アフタースクール49号です。

本日は、世田谷区内の小学校にて、
けん玉達人によるけん玉ショーとけん玉体験が行われました!
先生のけん玉達人は、けん玉6段の秋元悟さんです。
秋元さんは、2008年・2009年けん玉パフォーマンス大会の優勝者なのだそう!

まずはみんなで達人の技を見ます。
基本の大皿、小皿、中皿、とめけん・・・
Img_4530_2

だんだん難易度があがり、
こんな離れ技も!
Img_4547_2

技が成功するたびに、子どもたちからは大歓声があがります。
さらにはけん玉4つを一気にのせるなんていう達人ならではの技も!
Img_4551

達人の技を見てみんながうずうずしてきたところで・・・
体験タイム!

プロのうまくなるコツを教えてもらいます。
「皿の近くで持つとやりやすいよ」
「ひざのばねを使って、1・2・3のリズムでやるといいよ」

コツを掴んだ子どもたちはみるみる上手になっていきます。
Img_4561

なかには玉にけんをさす「飛行機」という難しい技を成功させた子も!
Img_4571

最後に感想を聞いてみると、
「学校ではできなかったけど、今日できてよかった!」
「飛行機ができてうれしかった!」
「けん玉達人のすごい技がたくさん見れてよかった!」
などなど・・・
とても楽しんでくれたようです。


この小学校では、
けん玉級位認定証なるものがあり、
普段からけん玉に親しんでいるようです。
Img_4578

「できないー」と言いながらも、何度も何度も挑戦する子どもたちが印象的でした。
この調子でどんどん練習して、めざせ達人!

けん玉達人の秋元さん、学校の方々、ありがとうございました。

******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool

|

2014年1月24日 (金)

【音楽】サントリーホール-変奏曲を学ぼう②-

こんばんは。

アフタースクール5号です。

「赤坂・青山子ども中高生共育事業」で、
港区の中学校で「演奏曲を学ぼう②」を実施してまいりました!

講師の方はサントリーホール室内楽アカデミーさん!

弦楽四重奏です。
(バイオリン①②、ビオラ、チェロ)

「クラシックの楽しさを伝えたい」という思いを胸に、
まずはキラキラ星変奏曲。

クラシックというとハードルが高く感じてしまうこともあり、
中学生にも馴染みのある曲を演奏してくださいます。

20140124212259

次はハイドンの「皇帝」

今度は同じメロディーで、どんどん伴奏が変化していきます。

ただ聴くだけではなく、
しっかりとひとつひとつを丁寧に説明してくださいます。

20140123_120300

そしてパッサカリア。
これはバイオリンとチェロの二重奏で演奏します。

「重音」「スピカート」「ピッツィカート」「スル・ポンティチェロ」といった、
演奏法が変わりながら演奏が進みます。

「スル・ポンティチェロという奏法はスルポンと憶えてください!」
面白い略語に雰囲気も和みます。

20140123_120243_3

最後にお待ちかねの「ハッピーバースデー変奏曲」。
誰もが好きなハッピーバースデーを、様々なテーマで演奏してくださいます。

・教会
・野原
・映画
・情熱的なタンゴ
などなど。

面白いくらいに変化する曲に、私も改めて鳥肌が立ちました。

「クラシックを楽しい!」と思えるこのプログラム、
昨年からご一緒しておりますが本当に素晴らしいです。

最後に中学生たちから大きな拍手!

今後もご一緒できると嬉しいです!

サントリーホール室内楽アカデミーの皆様、
ありがとうございました!

|

2014年1月17日 (金)

【音楽】サントリーホール-変奏曲を学ぼう①-

こんにちは。

アフタースクール5号です。

昨日、赤坂・青山子ども中高生共育事業で、
港区の中学校にて、変奏曲を学ぼう講座を実施してまいりました。

講師はサントリーホールの河井さん。

先日の中学校を加えて2校目の実施です。

まずは全員で手拍子。

音を一つに合わせます。

それから、トーンチャイムという楽器を使って、
かえるの歌を演奏していきます。

ひとりひとつトーンチャイムを持ち、
振るように鳴らすと優しい音が。

どれみふぁ、と順々に奏でると、かえるの歌が出来上がります。

20140116_110757

ここで、トーンチャイムの一部を入れ替えて演奏してみると、
今後はさびしい雰囲気のかえるの歌が。

「これは根暗なかえるですね」とサントリーホールの河井さん。

20140117082300

それから、4拍子を3拍子にリズム変更、
また、ハーモニーも加えたバージョンのかえるの歌も
みんなで演奏をしました。

20140116_110812

最後に今日学んだことをアウトプット。

メロディーとハーモニー、リズムが変わることで、
同じ曲でもぐっと雰囲気が変わります。

20140117082236

次回は演奏家さんがやってきての本格コンサート。

こちらも楽しみですね!

|

2014年1月11日 (土)

【学び】だがしやチャレンジin足立区 千代田ゆめろーど商店街

こんにちは。
アフタースクール88号です。

今日はママさんたちだけで実施した初めてのプログラム、
だがしやチャレンジin足立区 千代田ゆめろーど商店街におじゃましました。

Rimg2587_2

~千代田ゆめろーど商店街~

だがしやチャレンジって?
http://npoafterschool.org/dagashiya/

ママさんたちはこちらのHPをみてチャレンジに応募し、
自分たちと子どもたちだけでプログラムを実施したのです!
すごいです!!

そんなすごいママさんたちの代表のIさんに少しお話をお伺いしました。

Q:だがしやチャレンジをやろうと思ったきっかけは?
A:『仲の良いママ友たちと、いつも自分の子どもたちに楽しい遊びはないかな?
     って話していて。放課後NPOアフタースクールのことは以前から知っていて、
     いつか一緒にできないかな?と思っていたら、このチャレンジのことを知って。
     それで申込みました。』
Q:子どもたちは楽しみながらやってくれていますか?
A:『正直、お店の仕入れやお金のことを勉強するときはどうかな?って思いました。
     でもとても楽しそうに計算したりしていて、そのことがより早くお店を出したい!って
     気持ちにつながったようです。今日もとても売ることが本当に楽しいみたいです。』

Q:ママさんたちだけでの運営はやはり大変でしょうか?
A:『初めてのことなので、何が大変で何が大変じゃないのかよくわかりません(笑)。
     でも子どもたちが本当に楽しそうにしているので、本当にやってよかったなと
     思いますね。』


Q:商店街実施の感触はいかがですか?
A:『昔ながらの商店街なので、おじいちゃん、おばあちゃんが多い印象ですね。
    「かわいいね~」とか、「ひまごに買っていきたいんだけど何がいいかしら?」なんて、
    会話を楽しみながら買っていかれます。とっても良い雰囲気ですね。』

Rimg2595_2
~おばあちゃんにオススメをつたえる子どもたち~


Q:だがしやチャレンジ、またやってみたいと思いますか?
A:『ぜひまたやりたいですね!今度は違う場所でもやってみたいと思います。』


子どもたちにも少しお話を聞きました。

Rimg2590_2
~スパイダーマンの格好で、楽しげな雰囲気を演出~   

Q:だがしやチャレンジどう?
A:『たのしい!』『おかしをうることができるのがおもしろい!』
    『けいさんがむずかしいけど、おもしろい!』
    『がっこうのべんきょうよりたのしい!』

Q:いっぱい売るためにどんなことしてる?
A:『げんきよくいらっしゃいませ!』『みんなでかんばんをつくった!』
   『さいしょ、ひとがいなかったから、もってあるいてうってみた!』

Rimg2591_2
~子どもたちの手による、アイデア溢れる看板たち。時事ネタも盛り込む素晴らしさ~

Q:やっていてうれしいことはあったかな?
A:『いっぱいうれたとき!』
   『しらないおばあちゃんにも「がんばってね」っていってもらえたとき!』


とのことです。

本当に子どもたちは楽しそうにだがしを売っていました。
元気な声かけ、売れた時には
「感謝をこめて、ありがとうございました!」

とみんなで声を揃えていうと、
商店街にきたおじいちゃん、おばあちゃんの溢れんばかりの
笑顔を生んでいました。
お店の名前は『じごくのだがしや』でしたが、笑い地獄のお店でしたね。

子どもも、ママさんも、地域の商店街も、おじいちゃん、おばあちゃんも、
みんなが明るく楽しく過ごせる、素晴らしい場を生み出していました。

本当に素晴らしいお取り組みありがとうございました!
私たちももっとこのプログラムを全国にお届けできるよう頑張りたいと思います!


ということで!

だがしやチャレンジ、全国の挑戦者を募集しております!
http://npoafterschool.org/dagashiya/

お気軽にお問い合わせくださいませ!!

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »