« 【スポーツ】ドッヂビーをやろう! | トップページ | 【被災地支援】復興アントレプレナー~小売店の起業に挑戦!~大槌・釜石編第1回 »

2014年1月31日 (金)

【表現】紙袋で鬼のお面を作ろう!

こんにちは。アフタースクール33号です。

きょう(1月29日)は世田谷区内の公立小学校で、鬼のお面を作るプログラムです。
間もなく節分。
家で豆まきをする時に使えるよう、実際にかぶれるお面を先生が考えてきました。
先生は、もの作りの分野で多方面に活躍中の小久保舞香さん。
Img_4583
先生が手に持っている赤い物がお面になります。
さて、これは何でしょうか?
そう、紙の袋です。
デパートなどで買い物をすると入れてくれる、あの袋です。


最初に、目を描いて、その部分を切り抜きます。
Img_4589
丸い目、つり上がった怖い目、優しい目。
それぞれお気に入りの目が出来上がっていきます。
Img_4584


目を作った後は、角作り。
鬼と言えば角。
一番大事で、しかも、きょうの作業で一番難しい部分です。
色画用紙を折り曲げて、角の形にしたいのですが、なかなか上手く出来ません。
Img_4596
上手く出来ました。
Img_4605
こんなダイナミックな角も。
Img_4607


今日は定員一杯の50名の子ども達が参加。
みんな楽しそうです。
Img_4611


角を作る前に、顔や頭の部分に絵を描いたり、物を貼付けたりするのもOK。
描き方や使う物はまったく自由です。
Img_4600
Img_4608
こんなのも。
Img_4609
女の子らしいですね。
Img_4617

頭の部分も個性が光ります。
Img_4618_2
Img_4637

出来上がった子はかぶってみせます。
Img_4644

先生にも写真を撮ってもらいます。
Img_4640

優しい鬼も。
Img_4649

作成時間の90分はあっという間に過ぎました。
みんな夢中で作りました。
はさみを忘れた子に、自分のはさみを貸してあげる子、
角の作り方が分からない子に、教えてあげる子、
隣同士で協力し合う姿が印象的でした。


さて、作り終えた子ども達は、今日の活動でどんなことを感じたのでしょうか。
終了後書いてもらったアンケートから、抜粋してみましょう。
・みんなでやってたのしかったし、かわいくできた。
・きょうきてよかった。またやりたい。
・かみをつけるのがめんどうくさかったです。でも、すごくたのしかったです。
・ふくろが、おにだからびっくりした。
・つくりかたを学校や、ならいごとのおともだちにおしえてあげたい。
・ほかのつくりかたをもっとしりたくなった。
そして、こんなのもありました。
・さいしょは、つのがつくれなかったけど、2かいめにやったらできるようになった。
・わたしは、こうさくがきらいだったけど、じょうずになりました。
こどもたちそれぞれに、何かをつかみとってくれたようです。


きょうのプログラムを考え、指導してくださった小久保先生、
そして、会場のセッティング、先生のアシストなどにご尽力いただいた、BOPのスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

|

« 【スポーツ】ドッヂビーをやろう! | トップページ | 【被災地支援】復興アントレプレナー~小売店の起業に挑戦!~大槌・釜石編第1回 »

表現のプログラム」カテゴリの記事