« 【学び】広げよう私たちの世界 | トップページ | 参加者募集中のプログラム一覧 »

2014年2月14日 (金)

【文化】落語を楽しもう!

こんにちは、アフタースクール49号です。

世田谷区内の小学校にて、突如出現した高座とめくり台・・・

そう、本日は落語プログラムが行われました。

 

先生は落語家の柳家喬の字(きょうのじ)さん!

呼び名は「のじさん」です。

今回のプログラムは、

落語のことはもちろん、落語を聞くときのマナーについても教えてもらいます。

Img_8600

マナーってなに?

ルールとはどう違うのかな?

のじさんは「マナーは、やっていいかよくないか、みんなの心で決めるもの」といいます。

みんなが楽しく落語を聞くために、マナーを守って聞くことを約束して開始します。

 

さてここからは落語の時間。

子ども「のじさーーーーーーーん!!」(大声)

のじさん「うるさいよっ!」のやりとりから始まります。

 

まずは落語のことをのじさんに教えてもらいます。

落語ってどういうもの?

落語の歴史は何年だろう?

落語はいつ生まれたの?
「江戸時代に生まれたから、着物をきて落語をするんだよ」
大人もなるほど、な落語のいろはです。

 

落語の特徴は、何人もの役をひとりで話すこと。

落語の話し方を実際に話してみせてくれました。

遠くにいる人、近くにいる人・・・

声の調子を変えることで、びっくりするくらいの距離感が生まれます!

Img_8607

また落語での面白い言葉の使い方も教えてくれます。

 

「あ、雨もりしてるよ」「やーーね」

みなさん、どういう意味かわかりましたか?

 

雨漏りをする『屋根』と『嫌ね』がかかっているんです。

 

のじさんが問題を出して、

子どもたちが意味を考えていきます。

さすが柔軟な頭!子どもたちは次々と正解していきます。

Img_8610

そしてここで一席。
みなさんご存知の「じゅげむ」です。
じゅげむじゅげむ・・・の名前が繰り返される度に笑いが広がります。

着物や声の調子、身振り手振り、言葉の使い方、

日本語の魅力がたくさん詰まったものが落語なんですね。

 

では、

実際に落語をやってみましょう!

「えー!できないよ!!」子どもたちは口々に言いますが・・・

 

3人で高座に上がって、

ねずみを捕まえた落語に挑戦します。

Img_8616

 

そしてその落語をひとりで挑戦!!

みんなの前でも堂々と話せました!

Img_8617

 

最後に、

少し長めの落語をのじさんが話してくれました。

のじさんが話し出すと、子どもたちはぐぐっと引き込まれていきます。

 

息子とお父ちゃんの掛け合い、

団子をねだる息子の表情、

蜜をなめるしぐさ・・・

見事な話術に子どもも大人もくぎづけです。

 

落語が終わり、大きな拍手で落語のプログラムは幕をとじました。

 

 

今回初めて落語を聞いた子も多くいたようで、

初めての体験がとても楽しかったようです。

 

見事な落語を披露してくださった林家喬の字さん、
高座などを用意してくださった
BOPのみなさま、どうもありがとうございました!
Img_8598

******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************


**********************************

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

 

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool 

|

« 【学び】広げよう私たちの世界 | トップページ | 参加者募集中のプログラム一覧 »

文化のプログラム」カテゴリの記事