« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

【学び】魅力発見隊プロジェクト~町工場編~

こんにちは!
アフタースクール49号です。
先日江戸川区にて「魅力発見隊プロジェクト~町工場編~」が行われました!
今回魅力発見をする舞台となったのは、
江戸川区にある株式会社不二製作所さんです!
Photo

公募で集まった小学2年生~小学4年生の計10名が参加しました。
不二製作所は、世界有数のサンドブラストの技術をもった企業。
まずはそんな不二製作所がどんな会社なのかな?
ということを知るために、不二製作所の黒川さん(こと、クロちゃん)がお話をしてくれます。
Photo_2
Photo_3
サンドブラストってなに?
どこに使われてるのかな?
どんな仕事をしているのだろう?
難しいサンドブラストの技術についても、丁寧に教えてくれます。
Photo_4
そしてここで・・・
サンドブラストクイズ!!
3種類の研磨材(砂)でみがくと、それぞれどのさわり心地になるかのあてっこクイズ!
3つともびっくりするほど特徴の違う砂です。
みんなでさわりながら、ああでもないこうでもないと推理していきます。
Photo_5
次は不二製作所の社員の方の案内で、工場見学に出発です。
Photo_6
Photo_7

「この機械はなんの機械?」
「今何の仕事をしているんですか?」
「ひとりで機械をつくるの?」

Photo_8
子どもたちからの質問がとびかいます。
普段入ることのできない大きな工場、みんな興味深々です。
工場見学後は、サンドブラスト体験!
Photo_9
Photo_10
ガラスのコップにシールを貼り、ニードルではがして絵柄を出します。

Photo_11
そしてサンドブラストの機械を使って、
絵柄に砂を吹き付けていきます。
Photo_12
細かい作業に苦戦気味でしたが、みんなよく集中してできました!
そして最後に、魅力発見隊の成果をまとめて発表します。
Photo_13
今回はただの工場見学ではなく、
不二製作所の魅力を発見するツアーになっているのがこのプログラムの醍醐味。
自分が感じた魅力、いいな、面白いなとおもったことをシートにまとめて発表です。
Photo_14
子どもたちにクロちゃんと慕われた黒川さんが魅力にランクインしたり、
「砂場であそぶのが楽しくなりそう!」と砂を魅力にあげてくれた子も。
子どもたちならではの視点で発見した魅力を、
不二製作所のみなさんに発表できました。
黒川さんは「大人になったとき、こんな町工場に行ったなあと思い出してくれたらうれしい」とのこと。
普段いけない工場に、普段会えない大人たち。
子どもたちにとっては新しいことを知って体験できた一日だったのではないでしょうか。
企画段階から全面的にご協力頂いた不二製作所のみなさん、
どうもありがとうございました!!

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool 

|

2014年3月25日 (火)

【学び】鎌倉アフタースクール~一日市長体験プログラム~

こんにちは、アフタースクール51号です。

「鎌倉アフタースクール」キックオフ企画第3弾の
「一日市長体験」を実施しました。

このプログラムでは、参加した15人の子どもたちが、

「理想のまち“鎌倉”」を考え、
市長になりきってオリジナルの公約を立てました。

鎌倉市役所を会場に、
市民先生として鎌倉市の松尾崇市長をお迎えしました。

Img_8989

最初の子どもたちは緊張気味。

松尾市長からのあいさつの後、
市役所見学スタート!

市役所はどんなところかな?何をするところかな?

最初に訪れた場所は屋上。
この屋上は普段は開放されていない場所です。
今日のために特別に開放いただきました!


Img_9000

屋上では、鎌倉の町を見渡しながら、
市長が町の特徴を説明してくれました。

まさに「三方を山に囲まれ、一方が海。自然の要塞鎌倉」を体感できました。

他にも、建物の高さ、看板などの規制のお話もお聞きし、
自分たちの住む町の美しさを
子どもたちも目と耳でよ~く理解してくれました。


子どもたちと市長が町を眺めながら、
共に未来を見据える
美しい光景だな、と思いました。

2



その後市役所内を経て、次は何と議会へ!
議会もこの日のために特別に開けて見学させてくださいました。

憧れの議長席に座る子どもたち。
こういう「子ども議会」もいいですね。

Img_9026

こちらも憧れの市長席へ。
隣には本当の市長。
いつかはみんなの世代が市長になる時代が来ますね。

Photo

さて部屋に戻り、
市長の一日の動きや仕事内容・公約について
説明していただきました。

市長は色々なところに行っていることが分かります。
お忙しそうですね。

Img_9038

さてここまで市長に色々と教えていただきました。
後半はいよいよ子どもたちが
「未来の鎌倉市」について考える番です。


はじめに全国の色々な市長さんの公約を勉強しました。
皆さん、色々なことを仰っています。

Img_9049

そして子どもたち、考えます。

・未来の鎌倉市をどんな風にしたい?
・今とどんな風に違うんだろう?
・みんなが喜んでくれる市ってどんなだろう?

たくさんの意見がポストイットに出てきます。

Img_9051




そしていよいよ考えた公約を使って、
自分が市長になったつもりでポスターを作ります。
写真ははじめにみんな撮りました。


Img_9059

Img_9064


いよいよ、ポスターが出来ました!
出来たからには発表です。

発表はなんと鎌倉市さんが、
本物の記者会見場のような場所をご用意くださいました。

参加者・保護者・そしてケーブルテレビさんの取材もある
本物の記者会見さながらです。


緊張感が高まる中、
一人ずつ、自分の思いを自分の言葉で伝えます。
堂々としたものです。


Img_9118

Img_9098

Img_9104


子どもたちが考えた公約は下記のようなものでした。

・人が喜ぶ町にしたい
・学校をもっと快適にしたい
・ごみのない町にしたい
・13才からアルバイトをできるようにします
・みんなが楽しめる公園を作る
・大きなショッピングモールをつくる
・環境にも人にもやさしい町にしたい

などなど、大人が感心するものから、ユニークなものまで色々あり、
みんな非常に立派に発表していました。

『鎌倉をもっとよくします!!』

という子どもたちの声には迫力がありました。

最後にみんなで記念写真。
松尾市長、素晴らしい笑顔です!!

Img_9146_2

みんな、やりきったよい顔つきになりました!


最後に市長が仰いました。

「今日、みんなが公約に掲げたことは、
市役所だけでなく皆さん一人ひとりが色々な方法で出来ることがあります。
ぜひこれから自分でも出来ることを考えてやってみてください。
応援しています!」

そうです。
市を良くするのは、市長さん・市役所さんだけのお仕事ではありません。
私たち一人ひとりの自分ごとなのです。

子どもたちの心に忘れ得ぬ体験とメッセージとなったと思います。

この中から早くて10~20年後に
本当の鎌倉市長が生まれるかもしれません。

その時に
「鎌倉アフタースクールがきっかけで…」なんて仰ってくれたらもう感激です。

素晴らしい一日になりました。

松尾崇市長をはじめ、
鎌倉市役所の皆様、議会の皆様には
準備から当日まで非常に大きなご協力をいただきました。
本当にありがとうございます。


「鎌倉アフタースクール」はこれからも
たくさんの素晴らしい「市民先生」を発掘し、
子どもたちに届ける活動をいたします。

皆様、今後の展開をどうぞお楽しみに!!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter:@npoafterschool

|

2014年3月24日 (月)

【被災地支援】復興アントレプレナー~小売店の起業に挑戦!~大槌・釜石編第4回

こんにちは。

アフタースクール5号です。

さていよいよ復興アントレプレナーの本番を迎えました。
この日のために頑張って準備をしてきた岩手県釜石市・大槌町の高校生24名。

起業を学んだ初日。
商品の仕入れに奮闘した2日目。
看板・POPづくりに悩んだ3日目。

そして3月22日(土)本番でございます。

バークレイズ証券さんが全面的にバックアップをしてくださり、
現地の団体であるおらが大槌夢広場さんと連携をしてここまでくることができました。

場所は赤坂アークヒルズカラヤン広場のヒルズマルシェ。
全国からプロが集まる市場でございまして、
ここを勝負の場として24名の高校生が4チームに分かれて出店をします。

P32285042


各チームをご紹介。

「どんぐり」
P32285082
ちょっとおちゃめな美術部の部員を含む女の子チーム。
かりんとうやかもめの卵、だんごなど、幅広い商品を扱うお店。

「REVIVAL岩手」
P32285252
バスケ部を中心としたスポーティーなチーム。
リーダーシップのある隊長が率いるお店。

「蓬」

P32285232
唯一雑貨を扱うチーム。
復興ミサンガや南部鉄器のキャンドルスタンドなど、
商品の売り方を工夫したいチーム。


「USSU」
P32285192
わかめや鮭など魅力的な食品を扱うチーム。
お客さんとのコミュニケーションがとても上手なお店。



それぞれが約4万円の仕入金のもと、
各チームで商品を考え、仕入れそして対決をします。


10時になり、いよいよオープン。
風が強く寒さに耐えながら販売を開始いたしました。

P32285682   

ぱらぱらと来るお客さんに対して、「いらっしゃいませ」と
恥ずかしそうに声をかける高校生たち。

東京という場所を少し警戒しているのか、単なる恥ずかしい気持ちによるものか、
比較的静かなスタートです。

お客さんが「みんなはどこから来たの?」
「どの商品がおすすめかな?」と積極的に声をかけてくださることで、
高校生たちもだんだんと緊張がほぐれてきたようです。

P32285382

扱う商品は各チーム5種類〜15種類。
こんぶやめかぶ、鮭など、岩手県釜石市・大槌町の地元商品が中心です。

各チーム、みんなが一生懸命何が売れるかを考え、仕入れたものです。

P32285412

お客さんとのコミュニケーションがとても大切なマルシェ。

ちょうどお客さんのなかに震災で悲しい思いをされた方がいらっしゃり、
高校生の一人はその話しを聞いて涙を流していました。

P32285712

POPも高校生らしく素敵にデザインをする子もいまして、
写真とペンを駆使したこんなすてきなPOPもそろいました。

さすが高校生たち。

P32285342


お昼休憩を挟みまして、午後に突入。
午後になると暖かくなってきたからか、お客さんが増えてきました!

とくに13時頃がピークに!
大忙しのマルシェ。高校生たちの笑顔も増えてきました!

P32286032

P32285892

そしてそして、、、
なんとなんと!4チームすべての商品を売り切ることができました!

「売り切れるとは思わなかった」と高校生たちの言葉。


終了後はバークレイズさんの事務所をお借りして振り返り。

各チームの結果を発表します!

「どんぐり」
売上49420円、支出(仕入+出店料)43258円
利益6162円

「REVIVAL岩手」
売上47500円、支出(仕入+出店料)39020円
利益8480円

「蓬」
売上42400円、支出(仕入+出店料)41618円
利益782円

「USSU」
売上54990円、支出(仕入+出店料)40338円
利益14652円


利益をしっかり出すことができたのは、実にお見事でした。

振り返りでは金額だけではなく、
「商品の仕入れをもう少し考えたほうがよかった」
「売り切ったのに利益が少なく、値段設定をもう少し考えたほうがよかった」
など、次に実施をするとしたら何を学びとして活かすかを、
各チーム、そして全体で振り返りました。


利益を出すことはもちろん大切。
しかしながら、そこに至ることができた理由を考えること、
またはもっともっと利益を出せることができたとしたら、
どうしたらもっとよくなるかを考えること。

商売に正解はないからこそ、振り返りも貪欲にしなければなりません。



参加した高校生からは全体を通して、

「お店経営や起業に関して将来の仕事にしてみたい!」
「最初は不安だったけど、売り切ることができたことが本当にうれしかった!」

売り切った高校生たちの顔は本当にいきいきしており、
疲れきったことで振り返りの中でうとうとしてしまうほどの子もいました。


最後にバークレイズさんのオフィスで、
今回の企画を支援くださったバークレイズさんとは?を学びます。
まるで宇宙船!といった声も高校生たちから飛び出しました。

P32286292
P32286262

オフィスのなかも見学をすることができ、
「パソコンの画面が多くて驚いた」
「こんなところで仕事ができるなんてすごい!」と興奮気味の子も多々おりました。


今回の企画を通じて伝えたかったこと。

商売の厳しさ、難しさはもちろんですが、
しかし今回高校生たちが度重なる困難を乗り越えてたどり着いた「完売」という事実に自信を持って、
将来の岩手、そして日本を支えていってほしいということ。


今回参加してくれた高校生たちは、
きっと自分たちの将来を明るく照らしていってくれるはずです。

高校生のみんな、本当にありがとう。

そして一緒になって日本を素敵な場所にしていきましょうね。

本当に本当にありがとう!

P32286392

|

2014年3月22日 (土)

【音楽】サントリーホール講座 後期「コンサートプロデューサーになろう!」本番!

こんにちは、14号です!

今回は、赤坂・青山子ども中高生共育事業にて、
「サントリーホール コンサートプロデューサーになろう!」本番!を行いました!

ついに子どもたちが、今まで実施した連続講座で学んだことをいかして、
250名定員の会場で、1時間半のコンサートを運営する本番の日となりました。

さっそく集合した子どもたちは、準備に取りかかります。
役割は、受付・場内案内・舞台・誘導・整理でそれぞれの担当に別れます。

まずは場内の準備でイスを並べます。結構力仕事ですが、みんなでやれば早いものです。
Img_8856

そして、舞台担当の子たちは、曲に合わせた舞台の転換について打ち合わせます。
Img_8858

会場内には自分たちで作ったポスターも貼りました。
Img_8865

お次は、会場外の受付。
Img_8869

受付では、お客様に配布するプログラムとアンケートを準備します。
Img_8863

そんな形でドタバタと準備をしていると、いつのまにか開場の時間!
お客様がご来場し、担当の子どもたちが受付をします。
Img_8879

会場内への誘導も徐々に慣れてきて、スムーズにできてきます。
Img_8901

そしていよいよ開演!
5分前のベルを鳴らし、アナウンスします。
練習の成果もあり、なかなかうまく話せていました!
Img_8883

開演したら、しばらくは演奏家さんたちに任せて休憩、
と思いきや、遅れて来るお客様の受付や誘導、
そして、舞台上の転換も子どもたちが行っていきます。
Img

舞台の仕事はなかなか難しいようで失敗したかなーと反省してた子もいました。
20140322_181803

休憩中や帰りの際には、子どもたちのポスターを皆さんが見てくださいました。
Img_8931

と、始まるとあっという間で、すぐに終わりが来てしまいました。
最後は、扉前にみんなで整列して、来てくださったみなさんにご挨拶しました。
Img_8925

お客様は全部で130名ほどの方々が来てくださいました。

これでコンサートは終了。
最後に演奏家の方々に花束を送ります。
Img_8936

今日まで、色々と学び、準備してきて、子どもたちは無事にコンサートを運営出来ました。

スタッフを終えた子どもたちからの感想も聞きました。

「色々な役割の人がいて成り立っていることを学んだ」
「コンサートに関わっている人の仕事の大変さがわかった」
「舞台裏でものすごく頑張っている人がいることを初めて知った!」
「受付は、列が出来ちゃったときは、テキパキしなきゃと思った」

「いつもは聞いているだけのコンサートだけど、今回は案内役をやって違う視点から見ることが出来た」

Img_8941

まだまだ慣れないことや恥ずかしいことやわからないことがたくさんあったと思いますが、
参加した子どもたちは、
それぞれが各自の体験した役割から色々なことを学んでくれたようです。

多くの方にご来場いただき、本当にありがとうございました。
そして、ここまで企画をご一緒してくださったサントリーホールさん、
本当にありがとうございました。

|

【放映!】復興アントレプレナーがNHKに放映されました!

こんにちは。

さきほどNHKのお昼のニュースに、
「復興アントレプレナー本番」が放映されました!

赤坂アークヒルズで、
岩手県釜石市・大槌町の高校生24名が地元の商品を販売しています。

この日まで3日間、準備をして本日本番!
売上も好調です!

20140322_121855

本日限りで14時までやっています!

ご都合よろしい方はぜひ!

|

2014年3月20日 (木)

【学び】エネルギープログラム!おうちに電気をつけてみよう!

こんにちは。アフタースクール36号です。

本日は、川口市内の小学校にて、

早稲田大学学生環境NPO 環境ロドリゲスecoSMILEの皆さまを市民先生に迎え、発電の実験プログラムを行いました。
集まった子どもたちは80人!今年度最後のプログラムということで始まる前から興味津津です!
まずは、電気にまつわるクイズを、チームごとに解いていきます。

S_dsc00903
「あたたかいのは・・・ひなた?ひかげ?どっちでしょう?」
「電気をつくれないのは・・・せっけん?くだもの?たいよう?どれでしょう?」
「電気は・・・たいせつにつかう?どんどんつかう?」
「水力発電をするのは・・・ダム?海?どこでしょう?」
クイズがでるたびに大盛り上がり!みんな、電気についてよく知っているようで、ほとんどのチームが正解でした。

クイズのあとは、各班ごとに
風力発電、ソーラー発電、電池での発電、果物発電を体験しました。
かわいいおうち型のボックスの中に豆電球があり、それをみんなでつくった電気で光らせます。

風力発電はうちわで風をおこして・・・
S_dsc00965

光ったー!とみんな大興奮!
おうちの中をのぞきこんでいます。
S_dsc00911

ソーラー発電はソーラーパネルを窓際に向けて・・・
S_dsc00936
やはり、みんな光ったー!と満足げです。
電池での発電はみんな普段から触っているので慣れています。
S_dsc00952
光った!やったね!!


さいごの果物発電は前のテーブルにて
一番むずかしい発電方法だそうです。

レモンに銅板をつけて・・・
S_dsc00944
さわりたーい!レモン、食べれるのー!?と、みんな仕組みに興味津津のようすでした。



普段あまり意識しない、当たり前に使っている電気について、使い方によっては有限になってしまうこと。これから先にどうやって使っていけばいいのか。

今回実験をしてみて、今後子どもたちにとって電気の使い方、付き合い方について意識するきっかけになったら良いな、と、模型のおうちの中で小さくてもあたたかく光る豆電球の光を見ながら思いました。
S_dsc00919
環境ロドリゲス ecoSMILEの皆さま、素敵なプログラムをどうもありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
:@npoafterschool

|

2014年3月19日 (水)

【学び】~いのちのプログラム~

こんにちは、アフタースクール51号です。

3月13日は住友生命さんとご一緒している
スミセイアフタースクールプロジェクトの一つ、「いのちのプログラム」でした。
http://sumiseiafterschool.jp/

会場は横浜市の小学校、参加者は40名。
会場にはNHKの取材も入り、子どもたち、カメラにちょっとウキウキしたり、緊張したりしながらのスタートです!
市民先生は、菊名記念病院、心臓血管外科、尾頭先生、奈良原先生、浪岡先生3名です。
Img_8968
まず最初に「お医者さん」のお仕事について学びました。
白衣のお医者さん、手術衣のお医者さん、
みんなはどんなイメージをもっているのかなー?
Img_8868

次に、「心臓」のお話。心臓では、ハート型の絵、実際の心臓の絵を見比べました。
実際の絵の方にみなさん衝撃を受けたらしく、叫び声が…!
なかには実際の絵を『イチゴみたいな形』と言っている子どももいて、
51号は『確かに』と思いました。

心臓の働きについて説明を受けた後、
実際に聴診器を使って自分の鼓動を聞きました。
初めての体験に、子どもたちは目をまんまるにしていました。
Img_8876

そして、手術衣を着ました。
もうカメラには惑わされず、プログラムに没頭しております!!
Img_8890

人工皮膚を使って、糸を結ぶ体験。(スポンジのようなものが人工皮膚)
Img_8904


さてここで、手術で使っている本物のツール登場!
まずは、血管を縫うための糸。
Img_8855
写真では見えないくらいの細さです。
手袋の上からでは糸を触っている感覚がなく、結ぶのは至難の業。

そこで、心臓外科医の尾頭先生のお手本。子どもたちは釘づけ。
Img_8911

その後、その他の器具も登場し、子どもたちの興奮は最高潮に!
Img_8850
Img_8915

最後に、まとめのお話&質問タイム。
先生からご自身の経験を踏まえ、
お医者さんの魅力・いのちを預かる責任など、リアルなお話をしていただきました。
「いのちの大切さ」 「生きるってどんなこと?」
などを考えるきっかけになったのではないでしょうか。

子どもたちも取材をされていました。
照れながらも、今回の体験を嬉しそうに話していました。
Img_8943

手術衣を着たまま帰る子ども
Img_8919
きれいにまとめて持ち帰る子ども
Img_8960

住友生命のみなさんが、子どもたちのアンケートを読んでいる一枚。
Img_8975
子どもだけでなく大人も、全員が有意義な時間を過ごせました。

住友生命のみなさん、
菊名記念病院のみなさん、
放課後キッズクラブのスタッフみなさん、
ありがとうございました!!


「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
:@npoafterschool

|

2014年3月18日 (火)

【音楽】サントリーホール講座 後期「コンサートプロデューサーになろう!」③

アフタースクール11号です(*^_^*)

今回は、赤坂・青山子ども中高生共育事業にて、
サントリーホール コンサートプロデューサーになろう③!
16日はPR作成の専門家に学んでポスターづくりをしました。

まずは、座学でポスターとはという先生からのご説明からスタートしました。
大きなポスターは目立つけれど掲示する場所は決められてくる、駅に張るポスターのサイズ、コンビニに張るポスターのサイズ、それぞれ掲示する場所に合わせたポスターのサイズを選びます。

20140316_101022

内容も、張る場所により変わってきます。どんな人に何を訴えかけるのかがとても重要だそうです。

みんな制作を開始しました。
始めは、考えこんでしまい、なかなか手が進まない子が多かったですが、少しずつ考えをまとめて制作に没頭していきました。

20140316_104822

20140316_111858

途中、先生にわからないことを質問するなどみんな積極的に取り組みます。

制作時間が終わり、子どもたちがどういう意図で制作したか、ポスターのポイントを発表し、先生から一人ひとりに講評して頂きました。

20140316_111822

こどもたちみんな、アイデアの詰まったポスターになりましたが、その中でも大人も感心した一枚です。

20140316_113851

先生から教わった言葉「聞く」と「聴く」をうまく応用したコピー。
「聞く」は聞き流すイメージがあるけれど「聴く」は考えて何かを感じるイメージ。
本番のこどもたちが運営するコンサートは、何かを考えて感じるコンサートになればいいですね。

3/22(土)がコンサート当日!

子どもたち、頑張れ!

|

【スポーツ】元プロ野球選手に野球を学ぼう!

みなさまこんにちは!
アフタースクール38号です。

今回は、世田谷区の小学校にて野球のプログラムを行いました!

低学年の子から高学年の子まで、30名ほどが集まってくれました。
さらにお天気もよく、スポーツ日和でした!

そして講師はこの方、元ヤクルトスワローズの上野啓輔さんです!
Photo

身長193センチ!!とっても大きいですね!

まずは準備体操をします。
Photo_2

そしてウォーミングアップとして校庭を2周走りました。

次はしっぽとりです!
校庭いっぱいに使って、しっぽをおいかけます。
Photo_3

つぎは何をするのかな?♪
と、子どもたちはワクワクしています。
Photo_4

野球のルールを体で覚えるために、ベースをリレー競争です!
ベースをちゃんと踏まなければいけません。

Photo_5

そしていよいよ、ボールの投げ方を教わります!
壁に向かって練習です!
Photo_6
Photo_7

校庭でキャッチボールをした後、チームに分かれて試合です!!
守備はチーム全員で行きます。
Photo_8

打席には順番に立ち、思いっきりバットを振ります!
Photo_9

打ったら一塁へダッシュ!
コーチも、アドバイスや説明をたくさんしてくれていました。
Photo_10
Photo_11

守備と攻撃を交代して試合を進めます!
3回交代し、たくさん試合をすることができました。

Photo_12

ボールが遠くまで飛んでいくと、みんな一斉に追いかけていました!
Photo_13


今回、たくさんの子どもたちに参加してもらえて、上野さんもとても嬉しそうでした。

これを機に、野球をもっと身近に感じて、普段の遊びにも取り入れてほしいですね。

上野啓輔さん、本当にありがとうございました!

******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook、twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
 
Twitter@npoafterschool 

 

|

【遠足】大学ってどんなところ?〜横浜市立大学編〜

春を思わせるあたたかい315日、今回の遠足は大学です!

横浜市立大学ではもう桜も咲いています♪

みなさん楽しみにしてくれていたようで、早い時間からぞくぞくと親子が!

今回は定員を大きく上回る
25名の子どもたちが参加してくれました。

Photo


席に座ったら…
大学生ってどんなだろう?
大学の先生がお話ししてくれます。話を聞く子ども達の真剣な表情!

Photo_2

Photo_3

Photo_4


お話が終わったら…今度は大学の授業。
「カレー屋さんを開こう」というテーマで、経営の授業です。

Photo_5


まずはグループに分かれて、2つの質問について考えてみよう
①カレー屋さんを開くにはどんなものが必要かな?

「お店!」
「看板!」
「カレーの材料!」
「隠し味!」
「店員さん!」

どのグループもどんどん意見が出てくる出てくる!

メモをする大学生のお兄さん、お姉さんの手が追いつかないよ~笑

Photo_6

Photo_7

②どうやったらたくさんカレーが売れるかな?

クーポンやチラシを配ったり、日替わりカレーをつくったり…

思わず「なるほど~!」と言いたくなる素敵なアイデアがたくさん出そろいました。

Photo_8

話し合いをしたら、今度はグループでみんなの前で発表してみよう!

各グループ発表時間は約
5分。

発表に大切なのは…勇気を出して大きな声を出すこと

みんなハキハキとした大きな声で一生懸命発表してくれました。



なかには大人顔負けのセールストークで開場をわかせてくれた子も…笑

発表を聞く子どもたちも、真剣です。


「今にもお店が開けそうだね!」と、みんなの発想と発表の上手さに、大学の先生もビックリ!

授業の次はキャンパスツアー。

遠足の旗について、みんなで校内をぐるーっとまわります。


「この建物には教室がどれくらいあるのかな?」

「ここには何人の人が座れるのかな?」

「図書館には本が何冊あるのかな?」

Photo_14

小学校とはちがうスケールの大きさに、子どもたちも驚いたようです。

最後は学食でお昼ご飯!

ショーケースでメニューを選んで…何にしようかな?

並んで…

Photo_10

お会計!

 

お母さんやお父さん、お友達と楽しくご飯^^

おいしく食べれたかな?


最後は事前課題にしていた大学生クイズの答え合わせ!

「どんな学部があるのかな?」

「小学生のランドセルと大学生のかばんの中身のちがいは?」

「夏休みってどれくらいあるんだろう?」

「宿題はあるのかな?」

みんなよく調べてきてくれているようで、正解者が続出!

小学生と大学生って、こんなところが違うんだね~

Photo_13

Photo_12

3時間、大学で過ごした子どもたち。

大学生になった自分、ちょっとイメージできたかな?

遠足の様子が動画でご覧いただけます。イキイキとした子どもたちの様子をぜひご覧ください。
http://youtu.be/x1VzjLsS1Ss


今月は毎週遠足プログラムが実施されます!
お申し込みは各告知の申込フォームからお願い致します。

次回の遠足もお楽しみに!

|

2014年3月15日 (土)

【被災地支援】復興アントレプレナー~小売店の起業に挑戦!~大槌・釜石編第3回

こんばんは。

アフタースクール5号です。

本日、「復興アントレプレナー」第
3回を実施してまいりました。

この企画はおらが大槌夢広場さんとご一緒に、
釜石と大槌の高校生24名を対象にして実施している起業家体験。

1回に起業とは何かを学び、
2回に商品の仕入れを学び、今回が最終準備。

(第1回はこちら)
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-6f18.html

(第2回はこちら)
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-d9bf.html

本日はこの企画を支援してくださっているバークレイズさんより、
6名ものサポーターが来てくださいました。

P31584202

そして最終準備の今回は3つのことで締めくくりました。

POPづくり
・商品の仕入れ
・収支計画書完成


そのまえに、昨年末に仙台でアスイクさんとご一緒した際の
ショートムービーを鑑賞し、
開催イメージを膨らませました。

P31584192

まずはPOPづくりから。

基本的な看板作成には、ブラックボードを使用。
白、赤、ピンク、緑などのポスカを使用して、チーム名やおすすめ商品などを記載。

P31584312

値札作成に関しても悩む悩む。

P31584392

何色の紙を使おうか、絵を描こうか、文字を書こうか、何を描こうか(書こうか)、
一生懸命悩む高校生たち。

P31584722

POP
に正解もありません。
自信を持って思う存分思いを込めて作ってほしい。
そんな風に思いながら進めていきました。

P31584652

POP
事例などを参考にしながら自分たちで工夫をして作成しました。

普段は特に考えもせずに見逃している
POP

無意識に魅力を伝えられているのだとしたら、
よいものができればきっと売上にもつながるはずです。

看板も紙を工夫して切って貼付けるチームも。

P31584912

 

それから、チーム内のメンバーが分かれて、
自分たちが売りたい商品を求めに商品の仕入れにも。

P31584482

お店の方も、高校生の相談を快く受けてくださいました。

P31584522

ミサンガやかもめのたまごなど、
実際に各商品を扱う製造元にも訪れました。


かもめのたまごに関しては大船渡まで移動。片道
1時間。
おらが大槌夢広場さんのサポートがあり、vividな仕入れが実現しました。


最後に収支計画書の完成。

4
チーム中1チームがすべての仕入れを完了させたため、
仕入合計、出店料(今回も出店料がかかります)を支出、
売上合計を収入とし、計算をしてみました。

計算、実に鮮やかです。

今回参加してくれた高校生のなかで、
普段から簿記などをやっている子もいたため、
電卓の打つスピード、尊敬ものでした。。。

P31584872_2

「支出が
33,320円、出店料が5,280円、一方で収入が45,000円のため、合計で6,400円の利益が出る計算です」

今回はおらが大槌夢広場さんが、
あらゆるつながりのなかで仕入れをしてくださったため、
非常に安く仕入れることができた商品もあります。


例えばあるチームが扱う南部鉄器のキャンドルスタンド。
通常は3,000円程度する商品を、約半分の値で仕入れることができました。

最後に本日の
POP大賞を、バークレイズさんより贈呈。

「チーム名も素敵だし、それに込められた思いがとてもよく伝わってくる」

20140315_143731

P31585002


どのチームの高校生も、
今回の出店に対しては強い思いを込めています。

「岩手に来てほしい。岩手のよさを知ってほしい。釜石の素敵なものを伝えたい」

そんな思いが溢れる最終回でした。

バークレイズの皆様、ありがとうございました!


そして最終回、
3/22()10時から14時、赤坂アークヒルズにて出店 !

「岩手の釜石・大槌から高校生がやってきました。
岩手県の美味しいもの、よいもの、たくさんあります。」

ぜひ足をお運びくださいませ。


一同心よりお待ち申し上げております。

|

2014年3月14日 (金)

参加者募集中!【テーィンズファッションプログラム①】ポイント体験入社〜ファッション業界を知ろう!〜

新企画!テーィンズファッションプログラム第一弾!
「ポイント体験入社〜ファッション業界を知ろう!〜」
★お申し込みはこちら!

レピピアルマリオやローリーズファーム等のブランドを手がけるポイント様にファッションの”あれこれ”を教わります。
みなさんが着ている洋服がどのように作られているか知っていますか?
春夏秋冬、素敵な服が次々と生み出されています。そしてお店にはキレイに飾られたコーディネートが並べられていますよね。
そんな、ファッションのプロから、特別にトレンドやコーディネート術を学ぶことができます。
普段は見られない社内ショールームを見学し、自分たちでトレンドを予想して、オリジナルのスタイリングマップ作成にチャレンジしてみよう!

Photo
日時:2014年3月28日(金)13時〜16時 *12:45 2階ロビーに集合
場所:グラン東京サウスタワー
   ●東京都千代田区丸の内一丁目9番2号
   〈アクセス〉
    各線東京駅 八重洲南口より徒歩3分
    東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口より徒歩4分
対象:小学4年生〜中学3年生 20名
   *保護者の方の見学も可能です。
内容:会社見学(ショールーム・オフィス)
   カラー知識などの講座
   春夏トレンド予想&マップ作成

講師:ポイント様社員(商品企画担当、スタイリング担当)

費用:無料

持ち物:ノート、筆記用具

共催:株式会社ポイント
運営・主催:特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

★参加申込は こちら から!
 ※申込多数の場合は抽選とさせて頂きます。
お問い合わせ:info@npoafterschool.org
Photo_2

|

2014年3月13日 (木)

【放映!】「いのちのプログラム」がNHKに取り上げられました!

こんばんは。

私たち放課後NPOアフタースクールが、
先ほど『NHK首都圏ニュース845』に放映されました!

20130731_163223_2

内容は、住友生命さんとご一緒しております、
スミセイアフタースクールの「いのちのプログラム」。
http://sumiseiafterschool.jp/

菊名記念病院の心臓外科医が市民先生となり、
横浜で子どもたちにいのちの大切さを教えてくれました。

下記リリースでございます。

V1npo_2

|

2014年3月12日 (水)

【学び】富国生命絆プロジェクト@千葉「リアルすごろく」

こんばんは。

アフタースクール5号です。

週末に富国生命さんの「絆プロジェクト」にて、
千葉ニュータウンでリアルすごろくをお手伝いしてまいりました。

絆プロジェクトは、
富国生命さんが、全国各地の各支社が主体となり「絆」をテーマにし、
実施しているプロジェクトです。

私たちNPOも、大変うれしいことに、
北は山形から南は沖縄まで各支社のプロジェクトをお手伝いしてまいりました。

今回は、千葉ニュータウン本社で実施の、
「リアルすごろく」をお手伝いすることになりました。

地域の親子が11組参加してくださいました。

P3088316


まずはアイスブレイクタイム。

「みんなでマシュマロチャレンジをしてみましょう!」

マシュマロチャレンジとは、
パスタとマシュマロを使って、一番高いところにマシュマロを置いたチームが優勝!

ルールはいたってシンプルですが、
これが本当に盛り上がるんです!

P3088330

「子どもたち優先で!」と伝えると保護者の方も我慢して見ています。


その後いよいよリアルすごろくに!

場所を体育館に移してさいころでチャレンジです。

体育館には様々なコンテンツが用意されています。

子どもたちにはすごろくの台紙が配られ、
各ミッションをクリアするごとにシールをゲットすることができます。

P3088350

人体パズル、家族クイズ、昔と今の比較クイズなどなど、
子どもだけでチャレンジするもの、親子で一緒にチャレンジするものなど、
チーム内の絆が少しずつ醸成されていきます。

P3088363

P3088375

P3088384

P3088387

たっぷり約1時間楽しんだあと、
今日一緒に行動した家族と一緒にアルバムをつくります。

P3088396

P3088410

P3088414

P3088408


「ともだちができてうれしかった」

終わった後、参加者のある子が、
アンケートに書いてくれた言葉が本当に印象に残っています。

今回の目的は「絆」を深めること。

・参加者同士
・参加者と富国生命

人々の絆をつくり続ける絆プロジェクト。


今後もたくさんの絆をつくり続けるお手伝いができればと思います!

富国生命さん、ありがとうございました!

|

2014年3月11日 (火)

【インターンブログ】第2号 -宮田-

みなさまこんにちは!
インターンブログの第2弾です。

今回は、インターンを始めて9ヶ月の大学3年生、宮田が担当します!

まず私がインターンを始めたきっかけについて簡単に話したいと思います。

私は大学で教育について学んでいます。


その中で社会教育や生涯学習という分野に興味を持ち、ゼミで「子どもたちの放課後」について研究することにしました。


そして調べていく中で、やはり現場を実際に見たり、子どもたちと触れ合ったりすることをしたいと思うようになりました。

私の在籍する教育学科ではなかなか触れ合う機会というのは少ないのです・・・


そんな時出会ったのが「放課後
NPOアフタースクール」でした!!

それから実際に5月から活動を始め、現在に至ります。



主な私の業務としては、

事務作業全般、プログラムのサポーター、プログラム企画などなどです。

12
月あたりからは新たに、
公立学校でのプログラムコーディネート、インターン生の仕事の割り振りなども受け持つようになりました。


それに伴って、これまで週
1回だったインターンも週2〜3回へと増やし、より密に関わるようになっています!


その中でも今回は、〈遠足チーム〉での仕事についてご紹介します!

遠足と聞くと、なんだかわくわくしますよねー♪
放課後NPOでは、普段なかなか訪れられないような場所に出かけます。


これまでにも各国大使館や美術館、パン屋さんの裏側など・・・

どれも貴重な体験ができるものばかりです。
子どもたちだけでなく、スタッフや保護者までもが楽しくなってしまいます(笑)



さて、遠足での特徴といえば“しおり”があることです。

当日の流れやワークシート、行く場所の紹介・・・

いろいろなことが盛り込まれています。

1

3

私たちはこの“しおり”を大切にしています。
しっかりめの台紙でつくり、1年後・5年後・10年後...
そんな風に残していってもらいたいと考えています。


この、しおりづくりは手間もかかりますが、最も力を入れる場所でもあります。
全体のバランスや色使い、イラストなどさまざまな面を考慮しながら
何度も何度も練り直します…!


製本まで完成させ、実際に子どもたちが手に持って使っているところをみると
私たちはとても嬉しいですし、やりがいを感じます。

「これ誰が作ったの?」と聞かれ私たちが作ったことを伝えると
「えー!すごーい!」と言ってくれる子もいます。


ちなみに現在は「いのち」をテーマとした遠足を企画中です!
近日中にお知らせできる予定なので、ぜひチェックしてみてください。



遠足はとっても素敵なプロジェクトです。
たくさんの方にご協力頂いて創りあげています。


来年度もたくさん行っていく予定なので、ホームページなどチェックしてみて下さい^^

来年は大学4年生になりますが、放課後NPOアフタースクールにもたくさん関わって充実した学生生活を送っていきたいと思います。

それでは、これからもよろしくお願いします!!

インターン:宮田 里緒

|

【参加者募集中!】放課後NPOの遠足〜いのちのプログラム・犬編〜

毎回ご好評を頂いている、放課後NPOの遠足企画です!
今回は、いのちのプログラムをご用意しました。



みなさんは、棄てられたペットがどうなるか知っていますか?

新しいおうちが見つからないと、どうなってしまうのでしょうか。

今回お話してくださる池田豪さんは棄てられた犬を保護し、新しいおうちが見つかるまでお世話をしています。

おうちの無い犬と実際にふれあいながら、いのちについて“心”で感じてみましょう!



日時:
2014329()14:00〜16:00 

   *13:45までに下記場所に集合してください

場所:代々木公園内ドッグラン前
   東京都渋谷区代々木神園町〈千代田線 代々木公園駅〉

対象:小学1年生~小学
6年生 親子15(先着)

内容:
   アイスブレイク
   池田さんの活動のお話
   犬との触れ合い
   ディスカッション・まとめ

講師:
NPO法人 WAMPERS 池田豪さん

費用:無料


申し込み〆切り:3月
28日(金)17:00

お申し込みは こちら よりお願い致します!

※申し込みは終了しました。


お問い合わせは ensoku.afterschool@gmail.com にお願いします。


注意事項:

・開催場所までの交通費は参加者負担となります。

・当日撮影したお写真や動画(顔含む)は後日ブログや Facebook などで公開する予定です。

・その他質問などございましたら、申込フォームにてお気軽にご相談下さい。

主催:特定非営利活動法人放課後 NPO アフタースクール

 

|

2014年3月 9日 (日)

【鎌倉アフタースクール】着なくなった服をリメイクしてオリジナルのポーチによみがえらせよう!

こんにちは!47号です。

3月8日(土)に、鎌倉アフタースクールの開校イベント第2弾を鎌倉のパタゴニアさんで開催しました。

今回のテーマは「着なくなった服をリメイクしてオリジナルのポーチによみがえらせよう!」
講師はパタゴニアのスタッフのみなさま!
会場には、パタゴニアリペア部門をお借りしました。

1_2
パタゴニアさんは社を上げて環境保護活動に取り組んでいます。
今回のワークショップは、そんなパタゴニアさんの理念の紹介から始まりました。
お話だけではちょっと難しかったかな・・? というわけで、実際にその理念を体感してみましょう!

今回は、洋服として修繕(リペア)ができなくなったマウンテンパーカーをポーチにしちゃいます!

まずは色とりどりのマウンテンパーカーから好きなものを1つずつ選びます。
2_2
どんな形にしようかなあ・・と考えたら、ハサミでジョキジョキ切っちゃいます!「お洋服を切る」という普段はできない体験に、最初は若干戸惑いつつも、一度ハサミを入れてしまえば後は迷いなくどんどん切り進めていく子ども達。

3

4
思い思いの形に切れたら、今度は生地の縫い合わせ。
パタゴニア・リペア部門のみなさまが超絶テクで素早く縫い合わせてくれます!

5
ミシンにセットした、と思ったらズダダダダッっと一瞬で縫い合わせてしまう、そのあまりの速さ・正確さに子ども達も釘付けです。

生地を縫い合わせたら、次はひもを通す穴を開けます。
みんな見事なハンマー捌きです。
6
穴を開けたらひもを通します。この時、ひもの先端を火で炙ることでほつれにくくなる、という豆知識も!勉強になります・・!


そしてひもを通したら、完成!
7

・・だと、思っていました47号。
しかし、これで完成ではありません!!

今度はウエットスーツでポーチにつけるキーホルダーを作っちゃいます!

8

9

10

魚やリボン、さらにはウエットスーツの膝のデコボコ部分を魚の鱗に見立てたものなど、
様々な作品が生まれていきます!

また、こんなボタンを付けることもできます!
パチッとはめてとめるタイプのやつですね!
11

12

このボタン、上の写真の機械でガチャン!とやって付けるんです。
「へええ~!」と、子ども達より47号の方がびっくりしていたかもしれません。

普段使っている身近なモノの製造過程を体感できたことは、貴重な経験になったのではないでしょうか!


そうして作ったアクセサリーなどを付けて・・今度こそ完成です!

13_2

14_2

15

16

全員が完成したところで、みんなでお互いに自分の作ったポーチを紹介し合いました!
本当に一つ一つ個性が出ていて素敵なものばかり!

子ども達の感想は、
「自分で形とかデザインとか考えてできたのが楽しかった」
「ウエットスーツが簡単に切れることにびっくり」
「またこんな企画をやって欲しい」
などなど・・

最後に、パタゴニアのスタッフのみなさんから、
「みんなが普段着ているお洋服からできた、という事を忘れないで欲しい」
というお話を頂きました!
パタゴニアさんの理念を体現したような今回のワークショップ、子ども達にとって
とても貴重な体験になったと思います!

鎌倉アフタースクールは地域の大人と子どもの出会いの場として、この春に開校します。いろいろな特技をもつ地域の大人が子どもたちと接することで、生涯忘れられない体験をしてもらう、そんな場を目指しています。
現在、鎌倉アフタースクールでは鎌倉のクラウドファンディング iikuniでご支援を募集しています。素敵なリターンも用意していますので、ご支援よろしくお願いします。


「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
:@npoafterschool 

|

2014年3月 8日 (土)

【表現】パントマイムをやってみよう!

こんにちは。アフタースクール33号です。
今日は世田谷区の小学校でのプログラムです。
さて何のプログラムでしょうか。
廊下の看板には、BOPの先生による手書きのポスターが貼られていました。
Img_8177
先生はTogaさんという人のようですが、
「ふしぎなせかい」と書いてありますね。

どんなプログラムなのでしょうか。

始まる前の会場をのぞいてみましょう。
Img_8179
う〜ん、黒い幕が張られ、黒いカーテンの壁もありますね。
マジックのプログラムかな?
後ろの黒い幕に張られたポスターを拡大してみましょう。
Img_8180
パントマイムです!
今日の先生トガさんが登場して、早速何かが始まりました。
Img_8186
「窓ふき!」子どもたちから一斉に元気な声が。

次は・・・
Img_8189
子どもたち「戸を開ける!」
そこに物がなくても 、まるであるみたい。

幕の後ろでは、トガさんが降りていったり、昇ってきたり。
まるでエスカレーターがあるみたい。
昇ってくる度に、あれ? 帽子も変わってる。
Img_8205
トガさんが「次は皆さんも手伝ってください。協力してくれる人いますか?」
この日集まった50名の子どもたちから、一斉に「はい、はい、はーい!」。
みんな積極的ですね。
Img_8194

一人の子が選ばれ、トガさんと迷演?
みんなに大受けです。
Img_8190

もう一人の子は、トガさんが準備している間、皿回しで時間をつなぎます。
Img_8211

そして、ピストルで風船を撃ちます。
「パーン!」
Img_8212
お友達も参加して、身体の動きだけで、
色々なことを表現できることが分かりました。
さて、これからは、みんなでパントマイムに挑戦です。
まずは準備運動から。
Img_8215

最初の「技」は、「ドアー開け」。
Img_8219
入って後はちゃんと閉めて。
Img_8223
ドアーを入って閉めた後、何をしますか?
先生は、とことこ歩いた後、しゃがみます。
「あっ、トイレ!」子どもは直ぐに当てます。

「では、皆さんは、ドアーを入って何をしますか?」
「やれる人は?」
「はい」「は〜い」・・・あちこちで手が挙がります。
1年生も登場です。
Img_8227

6年生は何だか変なカッコウを演じていますよ。何でしょうか?
Img_8231
みんなが叫びます。「浣腸!」
満場爆笑です。

プレゼントを届ける子も。
Img_8235

泥棒を演じた子もいました。


こうして今日のパントマイムは、歓声と爆笑と拍手のうちに終わりました。
さて、子どもたちは、今日のプログラムで何を感じたのでしょうか。
アンケートには、
ほとんどの子が「とても楽しかった」と書いていますが、
「ドアの開け方が難しかった」と書いた子も何人かいましたし、
「わたしも、パントマイムをできるようになりたいです。」と書いた子もいました。

自分でやってみて、身体で表現することの難しさを知ると同時に、
先生のを見て、身体だけで表現できることの可能性も感じたのではないでしょうか。
トガ先生、楽しい時間をありがとうございました。
そしてBOPの先生方、子どもたちのきめ細かいケアをありがとうございました。
******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

|

2014年3月 6日 (木)

【参加者募集中!】サントリーホールと子どもたちがつくる初めてのコンサート

お申し込みはこちらからどうぞ!

1958081_686143441428204_563373075_n

今回だけの貴重なスペシャル音楽コンサートのご案内です。
3/22(土)14:30-16:00に、
サントリーホールさんとコラボレーションをし、
ドイツ文化会館のOAGホールにて、
子どもたちが運営を担うスペシャルコンサートを開催します。

2/25(火)に初回の集まりをし、
3/16(日)にPR講座を経て、3/22(土)当日は小中学生が皆様をお迎えします。
ご参加は無料で、どなたでも(3歳以上)ご参加いただけますので、
登録団体の皆様や、ご友人、職員の方などもお連れして、
ぜひ春のうららかな日にクラシックを聴きにいらしてくださいませ


一流の演奏と、それを支える地元の小中学生。
一日限りの限定公演です。心よりお待ちしております。


ご参加いただけることを楽しみにしております。

下記詳細でございます。

 

*******************
日時:3/22(土)14:30-16:00
場所:ドイツ文化会館OAGホール
対象:どなたでも先着250名 *3歳以上
費用:無料です!
出演:サントリーホール室内楽アカデミー
曲目:
シューマン:ピアノ五重奏曲から第1楽章
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」から第1楽章
シューマン:トロイメライ
バッハ:無伴奏チェロ組曲第4章からプレリュード
ブラームス:6つの小品から第2番間奏曲
モーツァルト:二重奏曲第1番から第1楽章
その他!

主催:港区赤坂地区総合支所
運営:放課後NPOアフタースクール

港区赤坂地区で実施をしている「赤坂・青山子ども中高生共育事業」での活動です。
*******************

|

2014年3月 5日 (水)

【学び】『だがしやチャレンジinサクラス戸塚』参加者募集!

★3月22日(土)サクラス戸塚にてだがしやチャレンジを実施!当日参加者を募集中!

経済学の小学生デビュー、『だがしやチャレンジ』がサクラス戸塚に登場!
子どもたちは仕入れから販売までを「仕事って面白くて難しい!」と
楽しみながら学びます!
参加した子どもたちがみんな「面白かった!」「またやりたい!」と
いってくれるこのチャレンジに是非ご参加下さい!
★参加申込はコチラ
『だがしやチャレンジ』って?
日程:
2014年3月22日(土)10:00〜15:30
集合場所:
サクラス戸塚2階 らんらんらんど前(受付開始10:00〜)
対象:
小学1〜6年生 15名
(※保護者随伴、お申し込みのお子様のご兄弟であれば幼児の参加も可能です)
(※幼児参加の場合はプログラム中も保護者同伴にてお願いいたします)
内容:だがしやチャレンジ
   商品の販売、を学び、実際にだがしを販売致します。
持ち物:昼食、お飲物
当日のスケジュール:
10:00〜10:30 受付
10:30〜12:30 販売についての学習、準備
12:30〜13:00 休憩、お昼ごはん
13:00〜15:00 販売
15:00〜15:30 片付け、振り返り、終了後解散
※当日撮影したお写真は放課後NPOアフタースクールの
活動報告ブログ等にご使用させて頂く事をご了承の上、
ご参加ください。
Photo
主催:放課後NPOアフタースクール

|

【鎌倉アフタースクール】匂いスイッチを 押して開こう、 五感のトビラ!

こんにちは。103号です。

この週末に、鎌倉アフタースクールの開校イベント第1弾を北鎌倉の建長寺で開催しました。


今回のテーマは「匂いスイッチを 押して開こう、 五感のトビラ!」ということで、ニオイをテーマにしたワークショップ。講師はアロマセラピストの大橋マキさん!笑顔が素敵です~。

1891502_641215072581675_1963676697_
突然ですが質問です。皆さんは「今朝起きてから今までで一番印象に残っている匂いって何?」と聞かれて答えられますか?マキさんのワークショップはそんな質問からはじまりました。

そこは素直な子供たち、答えが出てくる出てくる。「朝ごはんに食べた魚の匂い」→いい匂い。「お父さんの匂い」→嫌な匂い(残念...)。お風呂の匂い。お花の匂い。などなどなど。そんなに鮮明に匂いの記憶をたどれるんだ、とおじさんはびっくりです。

ひとしきり、匂いへの感度を上げたらチームごとに匂い宝探し。中身が見えない容器に隠された6つの匂いの正体を当てるゲーム。ここでも子どもたちの嗅覚に驚かされます。あたる、あたる。

1800489_641216515914864_160867583_3  

1974393_641214892581693_389012685_o
箱に入っている中身を見るときはみんな興味津々。そうこうしているうちに、すっかりマキさん節に引き込まれていく子どもたち。アロマってなーに?というお話を挟んで後半戦に差し掛かると、「みんな、そろそろ鼻が疲れてきたよねー?」とマキさん。

鼻が、疲れる? 匂いばかり嗅いでいると鼻が疲れてくるんですって。横で見ていた僕は分からなかったのですが、子どもたちは確かに、疲れている様子。ふーん、匂いを嗅ぐというのは集中力が必要なんですな。疲れる行為なんですな。発見でした。

ちょっと気分を変えて、アロマセラピストがやるマッサージの練習をしたり、即興で紙芝居のお話をつくって、そのお話にまつわる匂いを想像したり。

Img_8690_800x533

Img_8683_800x533
匂い尽くしの1時間があっという間に過ぎました。最後にひとりひとりがオリジナルブレンドのアロマミストを作成、ラベルも自分たちで描いて完成。みんな鼻高々で家路につきました。

Img_8728_533x800

Img_8729_533x800
鎌倉アフタースクールは地域の大人と子どもの出会いの場として、この春に開校します。いろいろな特技をもつ地域の大人が子どもたちと接することで、生涯忘れられない体験をしてもらう、そんな場を目指しています。
現在、鎌倉アフタースクールでは鎌倉のクラウドファンディング iikuniでご支援を募集しています。素敵なリターンも用意していますので、ご支援よろしくお願いします!

http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknA0000006

| | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

【被災地支援】【被災地支援】復興アントレプレナー~小売店の起業に挑戦!~大槌・釜石編第2回

こんばんは。

 

アフタースクール5号です。

 

本日は、復興アントレプレナー大槌企画、

第2弾を実施しました。

 

今回の企画は、前回の続きになります。

URLをご覧ください)

http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-6f18.html

バークレイズさんとおらが大槌夢広場さんご協力のもと実施している今回の企画。

 

 

今回は、自分たちで、当日扱う商品を決め、収支計画を立てます。

 

早速仕入れレクチャーから入ります。

P30382452

商品のポイントを解説。

商品の時期、お得感などをポイントとして提示します。

 

それから収支計画。

 

「本来の小売店においては、どんな収支計画をたてるでしょうか」

 

支出として仕入れの価格を基本として、その他人件費、場所代、雑費、水道電気光熱費などを提示。

 

実際の経営においては、予想以上尾支出が膨らむことを提示します。

 

「今回の出店においては、支出は仕入れ値と出店料がかかることを念頭においてください」

 

 

そうなんです。

 

今回は出店料が、ほかのお店と平等にかかることになっています。

 

ほかのお店と平等に、しっかりとそこで成果を出すこと、

それを目指して今回も出店します。

 

 

「今回の目指すべきところは、一円でも利益を出すこと」

 

目標を定めたのち、実際にどんな商品を扱うかを決めるために、

釜石駅に隣接するマーケットに向かいます。

 

P30382592

「どんな商品が売れますか」

 「この商品のことを教えてください」

P30382542_2

当日、大槌・釜石の代表として出店する高校生たちが、

自分たちの地元の商品をアピールすべく奮闘します。

 

P30382722

商品を販売するときのアピールポイントを知るために、実際に商品を食べてみたり。

お店の人に相談してみたり。

P30382812

着々と自分たちのチームが扱う商品について詳しくなってきました。

P30382742

 

「商品を決めたら、収入の計画を立ててみよう」

 

販売単価を、マーケットの売値と同じに設定した場合を想定し、

販売合計を出してみます。

 P30382942_2

 

今回は4チームが出店をする予定なのですが、

仕入れようとしている商品が、

見事にばらばらになっています。

 

 

・こんぶ

・しゃけ

・かもめのたまご

・南部鉄器

などなど、全部で30種類ほどを扱う予定です。

 

P30382782

仕入れ合計は後ほど、仕入れ先を確定したところで再度算出することに。

 

さあいよいよ最終準備に向けて進めていきます。

次回は3/15()!どんなお店に仕上げていくのでしょうか。

 

 

準備の最終日は、3/15()

ここで、看板づくりやPOPづくりなど、販売の最終準備を行います。

 

乞うご期待!

|

2014年3月 3日 (月)

【参加者募集中!】魅力発見隊プロジェクト 〜町工場編〜

放課後NPOインターン企画 第1弾

「魅力発見隊プロジェクト ~町工場編~」

今回は世界屈指のサンドブラスト技術を誇る企業『不二製作所』のヒミツに魅力発見隊となって迫ります!

職人さんが働いている工場を見学し、サンドブラストの体験もできる特別企画となっておりますので、奮ってご応募下さい!

 

日時:2014年3月27日(木)9:30~12:35(終了時間は多少前後する可能性がございます。)

場所:株式会社 不二製作所(本社)

   東京都江戸川区松江5-2-24 〈最寄駅:都営新宿線 船堀駅〉

集合:9:15 (上記場所にお越し下さい。)

対象:小学3年生~6年生のお子様15名

内容:

   不二製作所のお話

   工場見学

   サンドブラスト体験

   魅力発見隊より発表

   (途中で休憩もございます。)

費用:ガラス工芸体験費用として 一人500円

注意事項:

・会場までの交通費は参加者負担となります。

・当日はお子様のみの参加となっておりますのでご了承下さい。

・プログラム当日撮影した写真や動画は、後日ブログやFacebookで公開する予定です。

 予めご了承下さい。

★お申し込みは こちら からお願いします★

主催:特定非営利法人放課後NPOアフタースクール

「子どもたちの放課後を救え!」という理念のもと、首都圏を中心にプログラム提供を行う団体です。
地域の方を市民先生として迎え、子どもたちに本物の体験をしてもらうことを大切にしています。

|

【衣】親子で簡単マフラーを作ろう!

こんにちは!
アフタースクール38号です。

今回は江戸川区の図書館にて、編み物のプログラムを行いました。
親子で15組ほどが参加してくれました!

実はこのプログラムは2月に開催の予定だったのですが、
大雪のため延期となっていました。
そして今回は雨模様でしたが、開催することができました!

講師はこの方!高際ゆき先生です!
Photo
先生が首に巻いているマフラーが今回作るものです。
一見難しそうですが、コツをつかめばスムーズに編んでいけます。

こんなにたくさんのきれいな毛糸をもってきてくれました♪
Photo_6

見ているだけでワクワクしますね!

好きな色の毛糸をそれぞれ持っていきます。

そして作り方のレクチャーを受け、
さっそく挑戦です!
Photo_2
すぐにコツをつかんで進めていく子もいれば・・・
「あれれ?うまくいかないな〜」
と言っている親子もいました。

でもご安心!全員のところにゆき先生が教えにきてくれます。
Photo_3

そしてどんどん作り上げます!
Photo_4
Photo_5

親子で一緒に作るというのはコミュニケーションもできて、
とても楽しいですよね。

どの親子もお話ししながら、楽しそうに参加していました。
Photo_7

そしてついに完成!
Photo_8

今回参加してくれたみなさんはとても上手で、予定よりも早く仕上がっていました!

そこで先生は、同じ編み方でできる他の作品の作り方も紹介してくれました。
アレンジ次第でシュシュやブローチにもなるそうです。

Photo_9    
みんな興味津々に聞いています。
特に保護者の方も聞き入っていました!

そして最後には、あみものの本を借りていく子もたくさんいました。
Photo_10

興味を持ってくれて嬉しいですね。
お家でもぜひ作ってほしいです。

高際先生、ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook、twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
 
Twitter@npoafterschool 

 

|

【表現】飛び出す!おひなさまづくり!

こんにちは。

アフタースクール36号です。
先日、世田谷区内の小学校にて、
コクボマイカ先生による、飛び出すおひなさまづくりのプログラムを行いました。
参加した子どもたちはなんと55名!おひなさまづくりでしたが、男の子もたくさん参加してくれました。
S_dsc00798
まずはコクボ先生オリジナルの、お花のかいてある紙を台紙に貼っていきます。
S_dsc00799
のりやはさみも、仲良くお友達同士貸し借りしあいます。

お花やおひな様のイラストを自由な色で塗ったり
S_dsc00802
好きなシールを貼ってデコレーションします。
S_dsc00806_2
各々アレンジできたら
おひなさまを切って
S_dsc00816_2

コクボ先生の見本のようにのりで台紙に貼ります。
S_dsc00818
最後に好きな千代紙を選んで・・・
S_dsc00826_2

千代紙をジャバラ折りにしていきます。
S_dsc00832

千代紙を貼って出来上がり!
S_dsc00837
表紙にいろいろ描いたりしてデコレーションしている子もたくさんいました。

S_dsc00835
みんなとってもかわいい作品ができました!
S_dsc00836

36号、個性あふれる作品の数々に大興奮しました!
最初におかあさんや妹にあげる!と言っていた子も、満足な出来栄えにやっぱり自分のにする!との声もあったとのことです。
コクボ先生、すてきなプログラムどうもありがとうございました。


******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook、twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
 
Twitter@npoafterschool 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

【表現】石でお庭をつくってみよう!

こんにちは。
アフタースクール40号です。

本日は横浜市の学校で行ったミニ庭園プログラムのご報告です。


今回の市民先生は庭づくりのプロ、
いろは庭苑事務所の竹本亮太郎さんです。



Dsc02435

そして、今回のテーマはこちら。

Dsc02434

「石を3つだけ使ってちいさなお庭を作ってみよう!」

ということで、教室で紹介があった後、
早速外の砂場に移動しました。

自分たちのトレーに砂を入れて

Dsc02437

好きな石を3つずつ選びました。

「わたし小さいのがいい~」「あ、きれいなの見つけた!」と
よーく石を見てみると、いろいろな石があるみたいです。

Dsc02443_2

そして自分のトレーの中に、自由に石を置いてみます。

こちらはある男の子作の『おこった顔』
確かに、顔みたいに見えますね!


Dsc02447

他にもトレーの中におさまらない作品もありました!


みんな自由に小さなお庭をつくった後、
竹本先生からお庭造りのポイント(石の大きさ選び方や置き方など)を教わりました。

あまり特徴のなさそうに見える石であっても、
「この部分が顔で、これを前にしておかないと」いった見方があるそうです。


Dsc02455

みんなは教わりながら、石を選びなおしたり、
配置を変えてみたりと、どんどん作品をパワーアップ!


後半では石の数を3つから5つに増やしました。

すると、ある子曰く
「5つむずかし~~~!」とのこと。
バランスも見て、考えながら取り組んでいるようでした!

以下、子どもたちが作ったちいさなお庭です。

Dsc02468


Dsc02463
 

Dsc02464


Dsc02465


Dsc02467


Dsc02466

いろいろなお庭ができました!


子どもたちがつくったお庭の中で
一昔前の中国スタイルのお庭や、鎌倉時代風のお庭もあり
竹本先生から「これはね」と様々なこぼれ話してもらいました。

庭や石は普段身近にあるものですが、

庭造りのプロから見ると、石一つでもいろいろな意味や歴史があるんですね。

身近なものでも違う視点から考えてみると、
とても新鮮に感じました。


Dsc02470



竹本さん、ありがとうございました!



放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook、twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
 
Twitter@npoafterschool 

 

|

【文化】ミッション!チームでタワーを創造せよ!

こんにちは、アフタースクール50号です。
本日は「ミッション!チームでタワーを創造せよ!」のプログラム。
立川市ホリデースクールでの初のプログラム。
天気も悪く参加者は6名でしたが、素敵なタワーを作ってくれました。

まずはミッション1
―12のことばを「ふわふわことば」と「ちくちくことば」にわけよ―
ふわふわことばは言われて嬉しい気持ちになる言葉。
ちくちくことばは言われると嫌な気持ちになる言葉。
Img_8721

Img_8722

皆、すぐわけることが出来ました。どのチームも全問正解です。

次にミッション2
―マシュマロタワーをたてよ。ふわふわことばを使うべし!―

マシュマロタワーとは
スパゲティ 20本
テープ 90cm
たこ糸 90cm
はさみ 1つ
マシュマロ 1つ

という決められた材料を使ってつくるタワーのこと。
もちろん手を放してもちゃんと立たなきゃダメです。
一番高いタワーをたてたチームが勝ち。

そしてそれを作るときに、ふわふわことばを出来るだけ多く使う、
というのもミッションに含まれています。実はこれが大事なんです。
制限時間は18分、よーいスタート!
Img_8728

Img_8739

Img_8751

どのチームも試行錯誤を重ねています。
高くするとバランスがわるくなるし・・・
かといって立てただけだと他のチームに負けてしまうし・・・

皆ふわふわことばを忘れないようにしながら、
一生懸命タワーづくりをしています。
Img_8753

「すごいね」、「ありがとう」の言葉もちゃんと聞こえてきます。
どんなタワーができるのかな?

18分がたったら、計測タイム。
どのチームが一番高いタワーを作れたのでしょうか?
Img_8761
優勝チームのタワーの高さはなんと57cm!
倒れることなく立ってくれました。

他のチームの子も、ちゃんと意見を出しながら、
ふわふわことばを使って一生懸命製作してくれました。
お互いに嬉しくなる言葉を使いながら一緒に何かを作れたら、
なんだか前よりも仲良くなれる気がしますよね。

これからも沢山のふわふわことばで、仲良しの輪が広がると良いですね!
市民先生の今泉さん、参加者の皆さん、どうもありがとうございました!


・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「放課後
NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter@npoafterschool

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »