« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

【衣】ティーンズファッションプロジェクト〜デザイナー体験をしよう!@株式会社ポイント〜

みなさんこんにちは!

アフタースクール38号です。

 

今回は、大好評ティーンズファッションプロジェクトのご報告です。

キックオフイベントでもお世話になった株式会社ポイントにて、デザイナー体験をしました!

 

20名以上の子どもたちが参加しました。

中には、「将来デザイナーになりたい!」と言っている子もいて、この日をとても楽しみにしていたそうです。

 

Photo

まずは、スタッフの紹介です。

各グループについてくれるお姉さんたちです!

 

そのあとポイントさんってどんなことをしている会社なのかな?

という説明をしてもらい、実際に会社見学に行きました。

Photo_2

たくさんのパソコン、大人たち、服、試作品・・・

これらに子どもたちは興奮していました!

 

社員のみなさんも快く手をふってくれたり、説明してくれたりしていました。

 

 

ぐるっと社内を回った後は、デザインBOOKを使って柄や服のスタイル、素材などデザインのお勉強です!

Img_0081

キュロットってどんな形だっけ?

サロペットってなんだろう?

ストライプとボーダーってなにが違うの?

 

などなど・・・

Img_0088

 

これらの学びをいかして、次は自分でファッションデザインを考えてみます!

たくさんの生地が用意され、それぞれが考えながら型取りをします。

台紙にそれらを貼り合わせ、テーマに合ったものを作り上げます。

 

Img_0102

Img_0111

Img_0129

「家族でディズニーランドへ行く」

「友達と海にいく」

など、好きなテーマに合わせて生地や服の形を選んでいます。

 

生地を重ね合わせたり、レース素材をつけたり、動きやすさを重視してみたり。

みんなよく考えて作っていました。

 

Img_0137

 

完成後はみんなの前で発表をしました。

思い思いに作り上げた作品はどれも個性的で、素敵なものがたくさん!

 

ちょっと恥ずかしそうに発表していた子も、拍手をもらうと嬉しそうにしていました。

さらに、ひとりひとり認定証ももらって大満足!

 

Img_0162

最後にお土産のキーホルダーをもらい、記念撮影をして解散です。

家で2つ目を作るために、余った生地をもらって帰る子もいました!

 

ポイントの皆さん、ありがとうございました。

|

2014年8月29日 (金)

【住】富国生命 絆プロジェクト〜まちなか博物館〜@前橋

こんにちは!
アフタースクール89号です。
8月23日、前橋にて富国生命 前橋支社「絆 プロジェクト」〜まちなか博物館〜が開催されました。

前橋の商店街に隠されたお宝を探すこのプログラム。
クイズに正解しないと、次へすすめません!
スタンプをもらって制覇を目指します。

Dscn1978

この日、午前と午後にわけて開催されました。
グループにわかれて、自己紹介がおわると…

Dscn1980

急に怪盗が現れました!
「商店街に隠されたお宝を探せ!」
手がかりとなる物は地図とヒント。
わかったグループより、いざ出発です!

Dscn1984  
Dscn1989

商店街には様々な歴史、お宝がありました。
お店を探し当て、まずは歴史をお店の方から聞きます。
お宝のなかには昔の地図や、100年の歴史が有るライオンの置物、
一つの木から出来た下駄(なんと2万5千円!)、革製のポンプなど…

Dscn2006

クイズに答えて、次のお店のヒントをもらいます。
Dscn2036
Dscn1999

洋品店や履物店、お茶屋さんやお米屋さん。
海苔屋さんでは試食もさせていただきました。
Dscn2046

午前も午後もすべてのグループが3カ所をまわり、
無事にみんながお宝マイスターとなりました!

一緒に回ったお父様・お母様からは
「商店街って決まったお店しかいつも行かないから、いろんな発見があった」
「こんなに昔からのお宝がたくさんあることに驚いた」
とのお声がありました。

お店で記念に撮影した写真を貼って、認定証の完成です。
Dscn2061

今回を機に、もっともっと商店街へ行く機会が増えるといいですね。
商店街×企業×地元住民が一緒になって活動をすることは地域を知ることにつながり、このプロジェクトの名前の通り「絆」が深まることを改めて実感しました。

最後にみんなで記念写真!

Dscn2030

参加してくださった方々・素晴らしい機会をつくってくださった富国生命のみなさま、商店街のみなさま、ありがとうございました!

|

2014年8月28日 (木)

【遊び】宝探しプログラム!!

こんにちは!!
アフタースクール53号です。

今回紹介するプログラムはJIYUアフタースクールで行った「宝探しプログラム」!!
26名の子どもたちが参加してくれました。
赤、青、黄、緑、白の5つの班に分かれてもらい、協力して、
怪盗ホウカゴが盗んで隠した宝箱を見つけるという楽しいプログラム。

小学校の全域(屋外と屋内すべて)を動き回る子どもたち。
行く先々には、様々な問題が待ち構えている。
その問題を解くと、パズルのピースをもらえたり、次に行く場所がわかるようになっている!

なぞなぞを解いて、その答えを使って正解を選ぶクイズ。
班全員で協力して、クリア!!
少しなぞなぞが難しかったかな??
9qcneactfobc_vi1409031479


61l_pbysaqda9zx1409031454


砂場に隠された紙コップを探しだすゲーム。
凄く単純で簡単そうに見えて、探し出すのが結構大変!!
しかも、探し出してもハズレがあるなんて!
P0y9hqbpat7n48t1409031288


S_jzlxgfqmspueg1409031948


班ごとに違うなぞなぞクイズ!
答えがわかったら、黄色のバンダナをつけた人と答え合わせして、次の場所へGO!!
Asz_xlxur5kboi91409032006

モノの重さをあてるクイズもある!お米の重さ!?
Rsp6pzgitsq3lxb1409031365

他にも、歌の歌詞の虫食いクイズや○×クイズ。

音楽クイズで流れる音楽はいま大流行している妖怪ウォッチ!!
子どもたちの食いつきがすごい!
○×クイズでもアニメのクイズがあったりして、子どもたちは凄く楽しそう!


様々なクイズをみんなで協力して、各班ピースを5つゲット!!
合計で25枚のピースを手に入れて、そのパズルを完成させる。
すると、そこには、3桁の数字が現れる!
Nb72olpwvxa5o671409032038


でも、まだ宝箱の場所がわからない。
最後にみんなで場所当てのクイズ!!
みんなすぐにわかり、宝の在りかを突き止めた!!
場所は体育館!!

体育館に行くと、なんだか大きな何かが布で覆われている。
みんなで布をとると、そこには大きな宝箱が!!
鍵がついていたけど、パズルで解いた番号をいれてみると、見事開錠!!

中には・・・・・・
7zy_sta1shqfpdc1409032067

沢山のキャンディレイと折り紙メダルが!!

Mdtmigmfftz3hwe1409032096

キャンディレイはちょっと小さめで首には入らなかったけど、
みんなで頭にかぶって宝を持ち帰りました!


開催日は暑かったけれども、
次に何があるのかわからないドキドキとワクワクで
動き回っている子どもたちのキラキラした顔が印象的でした!

ぜひ、また開催したいプログラムですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter@npoafterschool

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

|

2014年8月25日 (月)

放課後NPOの遠足〜早稲田大学 編〜

夏休みも残りわずかとなった8月22日金曜日、放課後NPOの遠足は【早稲田大学理工学術院】を訪問しました! 
今回は、「夏休みの自由研究応援企画」と銘打ちまして、理科の実験をなんと4つもやってしまいます。
更にキャンパスツアーでは、普段はゼッタイ立入禁止のエリアに潜入、1台数千万~数億円もする実験機器を見学します。
そして大学といえば「学食」ですよね、もちろんランチは学食でとります。
学びと好奇心、そして胃袋のどれもが満たされる特別なプログラムをご用意しました!
プログラム協力は、早稲田大学理工展連絡会のみなさんです。

では、遠足に出発しましょう♪
まずはじめは大教室に集合してオリエンテーションです。
今回のプログラムリーダー佐藤祐太さん(早稲田大学先進理工学部3年生)から注意事項のお話。
「鉄の塊も押し潰してしまうほどの危ない機械もあるので、キャンパスツアーではむやみにグループから離れてはだめだよ!実験では爆発の危険性もある薬品を使用するので、お兄さん・お姉さんの指示に従ってね!」
Img_7073
なんだか、すごいところに来てしまった・・・という不安な表情をみせる子供たち(笑)
Img_7079
今回は遠足史上最も大規模な120名が参加してくれています。
まずは、グループA・Bの60人が実験室へ移動です。
お姉さんが先導してくれます。
子ども用の白衣が似合いますね、早くもテンションMAXです!
Img_7194
実験室に入るとそこには「試験管・ビーカー・バケツ・ビニール袋・酢・サラダ油」が用意されています。
Img_7181
さて、何をするのでしょう?
まずは、紫キャベツを細かくちぎって袋に入れて水を注ぎ、モミモミします。
すると紫色の液体ができますね。
ここにはコーヒーフィルターを浸けておきます。
このフィルターを家に帰ってから乾燥すると、リトマス試験紙になるのです。
Img_7209
そして、残った水をコップに注ぎ、ナゾの液体をスポイトで入れると・・・。
Img_7261
一瞬で色が変わりましたっ!!
子どもの目がキラキラする瞬間、いただきました♪
Img_7267
「どうして色が変わったの?なんで???」と何度もお兄さんに聞いていました。
子どもの好奇心がくすぐられていますね。
2つめの実験は、「魔法の白い粉」です。
粉が入った3つの小袋を渡された子どもたち、これから何が起こるのかワクワクです。
Img_7224
NO.1と書かれた小袋にペットボトルのキャップで1杯の水を入れます。
Img_7212
すると、急に冷たくなりました!!
この粉の正体は「尿素」。
熱が出たときに使う「ヒヤロン」はこの吸熱反応という現象を応用したものです。
Img_7220
続いて、NO.2の小袋にはキャップ2杯の水をいれます。
すると、かなりの音とともに泡が出てきました!!
この袋を閉じたままにすると・・・爆発します(笑)
Img_7234
この泡の正体は、二酸化炭素です。
スーパーでも入手しやすい「クエン酸」と「重曹」を混ぜてあるだけなので、ご自宅でもできますね!
Img_7235
NO.3の小袋にはキャップ1杯と半分を正確に入れます。
するとなんだか不思議な感触が・・・。袋を早く揉むと液体なのに、ゆっくり指で押すと固い。
Img_7239
不思議ですね、この袋には片栗粉が入っています。Img_7243

グループC・Dの60人はキャンパスツアーへ出発。
Img_7094_2
早稲田大学のキャンパスは広いので、およそ1時間のツアー。
Img_7096
学生ラウンジでは、大学ならではの「サークル掲示板」を鑑賞。
「君たちは大学に入ったら、どんな活動してみたい?」
「妖怪ウォッチクラブ!」
おぉ、そうきますか!
流行ってますもんね(笑)
Img_7105
「WASEDAものづくり工房」は、授業以外で「なにか作りたい!」という学生が工作機械を自由に使えるというスペース。
コンセプトはアメリカで話題沸騰中の”TechShop"http://www.techshop.ws )のような感じです。
Img_7112
3Dプリンターも常備されています。
Img_7115
理工学基礎実験室のホールには、早稲田大学のロボット研究の歴史的な3つの躯体が展示されています。
Img_7136
このロボット、世界初の技術がいくつも使われているそうで、ツアーガイドの方の声にも力が入ります。
Img_7143
1970年代に撮影されたロボットが動いている映像をみた瞬間、子供たちは「pepper君と全然ちがう・・・」と。スタッフがジェネレーションギャップを感じたのは、言うまでもありません(笑)
Img_7149  
圧巻はこの吹き抜けスペースです。
1Fには大型の工作機械が並んでいます。
Img_7159
学生の皆さんはオレンジ色の帽子を被った指導員の方に使い方を習って、高度な加工ができるようになります。
Img_7160
そして、普段は「部外者立入禁止」の実験施設へ子供たちは足を踏み入れました。
Img_7187
「超伝導磁石設置室」にあるこの機械は、1台でリニアモーターカー500両を一気に動かせる磁力を発生させることができるそうです。
Img_7192
この強い磁力を利用して、目には見えないとっても小さいものを観察するもの。
ウン億円する装置なので、いろいろな学部の研究室が共同利用できるようにしています。   
Img_7188
そろそろお腹も空いてきたので学食へ移動です。
大学も夏休み中なので比較的空いていました。
500名が一緒に食事できるくらいとっても広いです。
Img_7275
タッチパネルでメニューを選んでね!
Img_7283
こぼさないように、慎重に運びます。
Img_7287_2
ガッツリ食べてますね! 美味しそう♪
Img_7293
大学の学食メニューはとにかくボリュームが凄いのですが、子供たちは完食しました。
さて、お昼ごはんを食べたら、もう一度最初の大教室に戻り、全員で最後の実験をやります。
「みんなが毎日使っているカラーのサインペンあるよね、実はいくつかの色を組み合わせて1つの色を作っているって、知っていた?これを実験で明らかにします」
子どもたちに配られたのは「コーヒーフィルターを短冊状にしたもの・クリアカップ・わりばし・サインペン」の4つ。
コーヒーフィルターの下から3cmくらいのところにサインペンで点を打ちます。
Img_7303
わりばしに挟んで、クリアカップにセットしたら、お姉さんが水を注いでくれます。
Img_7306
すると、コーヒーフィルターが水を吸って・・・
Img_7308
様々な色が浮き上がってきました。
Img_7311
お兄さんが子供たちに「何色が見えてきた?」と聞くと、元気よく挙手した子どもが答えます。
Img_7310
観察が終わったら「遠足のしおり」に用意してある「実験ノート」に記録します。
家でも簡単にできる実験なので、夏休みの自由研究に活用してくださいね!
Img_7312
最後に、今回は早稲田大学理工展連絡会の学生メンバーの皆さんが、本当に頑張ってプログラムを作ってくださいました。
小学校1年生から6年生までが全員興味関心を持てるような実験、更に自宅でも再現できる実験、実はとても難しい準備なのです。
今回の実験がきっかけで、10年後には早稲田大学の実験室で研究をしている子どもがいるかもしれませんね!
参加してくれた子どもたち、保護者のみなさま、そして早稲田大学関係者のみなさま、ありがとうございました!
取材に来てくださったテレビ朝日のクルーのみなさま、ありがとうございました!

|

【表現】作ってみよう☆切り折り紙!

こんにちは!アフタースクール40号です。

今回は世田谷区内で行われた切り折り紙プログラムのご報告です!

Dsc02546

今回の市民先生は我流切紙人、川崎利昭先生。

上のカマキリと蝶は先生の作品ですが、
立体切紙以外にも様々な切り紙に取り組んでいらっしゃる先生です。


Dsc02549



今回はいくつかの動物の型紙を使って、立体的な切り折り紙に挑戦です!

まずは初級編、ウサギの作り方を教わりました。

最初は

「細かいところってどうやって切ればいいの?」

「山折り?」
「谷折り?」

という状態だった子どもたちからも
先生、周りの友達に「こうしたらいいんじゃない?」「山折りはね・・・」と教え合いながら
「ああ!そうか!」「できた!」という声がたくさん聞こえてきました。

とっても頼もしい姿ですね。

Dsc02550

こちらのウサギには女の子が、かわいらしいお顔を描いていました。

Dsc02547

Dsc02553

上の写真は子どもたちの作品の一部です。(力作!)
ウサギ・チョウ・カマキリ・金魚・・・など様々な生き物に挑戦しました。

なかでも左下のダイオウグソクムシ、折り目がたくさんあるのですが、

熱心に谷折り、山折り・・・と折っておりました!

Dsc02551

型紙を使った切り折り紙に慣れてきた子は
巻きバラに挑戦!

こちらの写真は残念ながら撮り損ねてしまったのですが、
紙に自分でうずまきを書き、それをもとに切って形をつくるという上級者編でした!

巻きバラも形をつくるのがなかなかむずかしい!との声が。

上級者編の巻きバラでも「これはこうするんだよ!」と
子どもたちが教え合っている姿がちらほら。

すてきなバラが出来上がっていました!!

Dsc02552

はさみと紙でいろんな生き物をつくって、

このプログラム時間内ではさみの使い方がめきめき上手くなった子も!

子どもたちがはさみと紙を見つけたときに、
「あ!やってみようかな?」と思ってくれたらうれしいですね。


川崎先生、

ありがとうございました!

*********************************************************

このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。

ご支援誠にありがとうございました。

*********************************************************



「放課後NPOアフタースクールの活動を、FacebookTwitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter@npoafterschool

 

 

|

【文化】エクアドルってどんな国?

こんにちは、40号です。

皆様はこちらの写真の国旗、どちらの国のものかご存知でしょうか?
こちらの国旗は、ワールドカップの出場国でもあるエクアドルの国旗です。

今回は横浜市内で行われた、エクアドルプログラムをご報告します。

Dsc02529

今回の市民先生は小林アナ先生(アニータ先生)、小林明夫先生です。

妻のアナさんはエクアドル出身で

現在は半年間はエクアドル、残りの半年は日本で過ごされているご夫婦です。

Dsc02527

プログラムでは、まずはエクアドルの街並み、市場などを紹介していただきました。

上の写真、皆様もご存知のモルモット。

市場で見かけることができます。

そしてなんと、お祝いの席で食用としていただくそうです!

子どもたちも「え~~~~!」とびっくりしていました。


Dsc02528

市場でお手伝いをする中学生くらいの女の子の写真も見せていただきました。

エクアドルの市場をみてみると、人の暮らしや文化が垣間見えますね。

外国に行ったとき、市場をのぞいてみるといいかもしれません!

Dsc02531

次に、言葉と音楽の紹介です。
エクアドルで話されているのはスペイン語。
あいさつや数字、ちょっと日本語と似ていておもしろい言葉を教わりました。

意味は違っていても、日本語とひびきが似ていると印象に残りますね。

Dsc02542

楽器演奏を聞いたり、演奏体験をしてみたあとは
エクアドルの陽気な音楽にあわせてみんなでダンス!

Dsc02533

言葉がわからなくても、音楽に合わせて体を動かせば

自然と楽しくなってきます。

Dsc02540

こちらはエクアドルのおもちゃを使って、遊びを教わっているところです。

スーパーボールを床にバウンドさせ、ボールが次に床につく前に、
床にあるコマのようなものを手で素早くとる、というゲームです。

コマをとる数を、1つ、2つ・・・とだんだん増やしていくのですが
コツをつかむまでは実は結構ムズカしい!

それでもコツをつかんだ男の子は
ものすごいスピードでコマをつかんでおりました。

さすが遊びの達人です。

Dsc02544

今回のプログラム、エクアドルの生活、食、音楽、遊びと盛りだくさんのプログラムでした!

子どもたちにとってあまりなじみがなく、遠い国だと感じていた国が

ちょっぴり近くに感じてもらえたらすてきですね。

小林アナ先生、明夫先生、

ご協力いただきありがとうございました!



放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebooktwitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebook
http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool 

|

2014年8月23日 (土)

「【衣】ティーンズファッションプロジェクト 夏休みに親子でモノづくり体験しよう!!〜プチ・サマーセミナー@文化服装学院〜」

こんにちは!
夏ももうすぐおしまい…
宿題は終わりましたか??
アフタースクール89号です!

さて、8月1日にティーンズファッションプロジェクト第4弾が行われました。

有名スタイリスト、ファッションデザイナーを輩出するファッション専門学校の「文化服装学院」にて

・樹脂のアクセサリーづくり

・〇や△や□でつくる服づくり

・織り機を使ったカラフルマフラーづくり

を体験しました!

 講師は文化服装学院の先生や学生の皆様です。

20140801_102252

やさしい先生や頼れる学生のお兄さんお姉さんと一緒に

「どんなものをつくろうかな?」

「どれを使おうかな?」と一生懸命考えながらモノづくりを体験しました。

 

◆「樹脂でつくるアクセサリー」

かわいいもの、かっこいいもの、キラキラしたもの、不思議なものを

たっくさん詰め込んで、樹脂を流し込みました。

表と裏で見え方が違うアクセサリーを作った子、家族写真を使って思い出の品を作った子も!

20140801_103425

20140801_103445

今回の材料は、町工場からでる廃材や
文化服装学院の学生が作る洋服の端切れも使っています。

身近なものや廃材を使ってこんなにステキなアクセサリーができるなんて、びっくりです!!

20140801_123443

20140801_113445

 

◆「〇△□で作るたのしい服づくり」

こちらでは服づくりを行っています。

今回の服づくりのパターンはなんと〇・△・□!

いくつかのチームにわかれて、〇△□のパターンから洋服づくりに挑戦しました!

20140801_104104

Tシャツのリメイクを行っている子もいます。

 普段ミシンを使う機会がない子も、お兄さんお姉さんと一緒にばっちりミシンをマスター。

20140801_125417

ある子からは「ミシンで縫うのが一番おもしろかった!」という声も。

好きなものをたくさん組み合わせてステキな服の完成です!

20140801_125322

◆「織物体験!カラフルマフラーを作ろう!」

こちらの織物体験では、好きな色・種類の糸を自分で選んだあと

織り機を使ってマフラーづくりに挑戦しました!

20140801_105435

織り機を使うのは初めて!という子も先生や学生のお兄さんお姉さんにサポートしてもらいながら、集中して取り組んでいました。

20140801_105346

早めに出来上がった子は首にまいてみるなど、

早速身に付けていました!

 

色の組み合わせで個性がキラリと光っています!

 

 

そして最後に、なんと希望した子は

今回つくったアクセサリーやマフラー、服を身に付けてファッションショーにも出場しました!

 

まずはおめかしタイムから。

文化服装学院の学生の方々にメイクをしてもらったり、髪型をセットしてもらいました。

普段なかなかする機会のないメイクにドッキドキです!

20140801_130159

洋服を試着して最後の仕上げをした後、いよいよファッションショー会場へ!

会場に入るやいなや、急に顔が緊張しだす子どもたち。

20140801_141041

でも、いざステージに上がってしまえば大丈夫!

多くの人の注目が集まる中、照明を浴びてドキドキしながらも

しっかり歩いていました!

 

ポーズも決まっていますね!

20140801_145050

20140801_145213

 

世界で1つしかないオリジナルのアクセサリー、服、マフラー。

帰りに身に付けたまま帰った子もいました。

 

今回はモノづくりのわくわく感やドキドキ感を感じたプログラムになりました。

20140801_145742

文化服装学院の皆様、素敵な機会を本当にありがとうございました!!

|

2014年8月20日 (水)

【文化】Bushido2014〜おもてなしプロジェクト〜Day3&Day4&Day5の様子

こんにちは!アフタースクール52号です。夏も終わりに近づいてきましたが、
お盆あけてもまだまだ暑いですね。

8月上旬に実施された、Bushido2014プログラムの後半、Day3&Day4&Day5の様子を御伝えします!
Day3&4は、Day1&2で各テーマのプロに教わったことをまず日本語でまとめ、英語へ翻訳していく作業です。Day3冒頭ではプレゼンテーションの講師、江原先生をお迎えし講義がありました。 
10592578_10203594700101916_12992776
プレゼンテーションとは「相手を把握し自分の考えを伝えること」
3つのポイント「大きい声で」「前を見て」「目を見て」!
まず自分たちの習った事をサポーターの先生方に共有。
様々な企業から優秀な先生方が助けにきてくれました。
Img_9673_2
大学生のサポーターも来てくれ一緒に取り組んでいる様子は何だか兄弟姉妹のよう。
「何を伝えたいの?」「5分では多くを伝えるのは難しいからどれを削る?」
「その表現は外国人に馴染みがある?」
「外国人のわかりやすいように身近なもので比較したらどう?」
「自分の意見は?」アドバイスが飛び交います。
10603087_10203594699381898_16067987
Img_9669
まとまったら発表し、アドバイスをもらい、ブラッシュアップしていきます。
Day4では英語で翻訳を進めている文章をより「表現」するというフェーズへ持っていきます。
10544758_10203594696341822_36082650
10620914_10203679099931859_18225697
一日の最後にはリハーサル!
10617384_10203679099851857_33589357
ついに発表当日!Day5のスタートです。
ゴールドマンサックスの方々を御迎えし、午前中は最後のブラッシュアップタイムです。プレゼンテーションのプロに各テーマごとに分かれてチェックしてもらいました。
10613993_10203679100411871_16520094
タイムもはかります。
10620995_10203679099891858_131738_2
お手本も見せて下さいました。
10609206_10203679099811856_11024931
Img_9773_2
10588717_10203679100371870_10710345
いただいたアドバイスを受けて資料の準備もプレゼンテーションの練習もしっかり行いました。発表するメンバーの様子に緊張が見られてきました。
お昼を食べた後はついに本番です!
10543822_10203679100331869_92560350
10488916_10203679100291868_89941289
全員素晴らしいプレゼンテーションでした!!ゲストの皆さんから積極的に質問をいただいていました。「是非歌舞伎を見に行って下さい!」という締めくくりも。
10609397_10203679100571875_19951001
発表後に一気に肩の力が抜けたメンバー。
10609016_10203620581468934_12290438
チーム毎に集合写真もとりました!「書道」チーム。
10595866_10203620588069099_12315853
「醤油」チーム。
10583759_10203620581628938_14322764
「歌舞伎」チーム。
10592475_10203620581508935_17745828
「和太鼓」チーム。
10608994_10203620588149101_15412866
発表会後の交流会では、仕事の話しや将来の話し、海外生活の話しなどなど
中高生は普段中々接する事の出来ない方々と話せ、相談も出来
興奮しながらも満足そうでした。
またプレゼンテーションしかり、一生懸命でスキルも志も高い中高生との接点で、
ゴールドマンサックスの方々も驚いていらっしゃいました。
本当にご協力いただいたゴールドマンサックスの皆様ありがとうございました!
参加してくださった中高生の皆さんも5日間お疲れ様でした! 
「日本文化を理解し自分たちの言葉で海外に伝える」Bushido2014、大成功!!
これからも、こちらのおもてなしプロジェクトを続けていきたいと思いますので
皆様、応援宜しく御願いします。

|

【学び】ありがとう!(ダンクユウェル)オランダ大作戦!Day1-ミッション始動!

こんにちは。
アフタースクール88号です。

流山の地で、行政×企業×NPOが一丸となって、
子育て支援を様々な角度から行う、

『流山コソダツ計画』

の第1期最重要プロジェクトが本日スタート致しました!
その名も・・・

ありがとう!(ダンクユウェル)オランダ大作戦!

Day1

流山発展の歴史には『利根運河』という水運の技術がありました。
この運河は日本で初めての西洋式運河で、
世界一の治水技術を誇るオランダからやってきた、ムルデルさんという方が、
120年も前に作った運河です。

オランダと流山の歴史を学んで、ニッポンの事を学んで、
感謝の気持ちと日本文化を伝えるプロジェクト。
この週末に発表会を行って、もっとも素晴らしい発表をしてくれたチームは、
オランダに行き、国際交流を行う。

それがこの大作戦です。

早速スタートです。

Img_3526

集まってくれたのは、みんな、オランダへの思い、
流山を愛する気持ちを持った子どもたち。

『私たちはオランダへ日本の文化を伝える、日本代表です。
しっかりと学び、チームで協力して伝えよう。』

というメッセージにしっかりと耳を傾けてくれて、
真剣に聞き入ってくれています。

Img_3528

Img_3529

Img_3530

初めまして。の子どもたちがチームとなり活動するので、
自己紹介を行ったのち、アイスブレイクにクイズを行いました。
答えはチームで話し合って発表します。

各チーム積極的に話し合ってくれていました。

Img_3539

流山の歴史を学び、交流する相手、オランダの事を学んだ後は、
いよいよけん玉、折り紙などの昔あそびの達人、折原先生が登場。

まずはけん玉と折り紙の歴史を教えてくださいました。

Img_3546

色々な種類のけん玉があることや、

Img_3548

折り紙もこんな交流が喜ばれるんじゃないか、とアドバイスを頂きました。

Img_3551

さあ、折り紙の鶴の折り方を覚えましょう。
普通の鶴は遊べないけれど、この鶴は遊べる『パタパタづる』です。
交流にもってこいですね。

みんなに折り方を教えてくれます。
一度聞いてささっと折れてしまう子、そうでない子、
年齢も様々で進み方も異なります。

Img_3558

しかしこの大作戦はチームで問題を解決します。
今日初めましての仲間が、チームの仲間を助けます。

Img_3554_2

Img_3555

子ども同士の交流も進み、どんどん仲良くなって行きます。

おつぎはけん玉。
先生が色んな技を見せてくれます。

Img_3567

早速子どもたちもやってみます。

Img_3571

色んなところに乗せてみたり

Img_3574

Img_3582

技を練習してみたり

Img_3586
  そして、今日学んだことをチームでまとめます。

Img_3589

Img_3591

Img_3593

子どもたちは今後もまとめをしっかりと行い、今週末の発表会を迎えます。

次回は8月21日(木)、世界で活躍する書道家、白石雪妃先生をお招きして、
書を通した日本文化を学びます!


※本企画告知フライヤー裏面に誤った記載がございました。
 裏面プログラム内容解説欄2行目
    誤「日本に運河を作り出す技術が無かった江戸時代」
 ↓
   正「日本にはまだ西洋式運河が無かった時代、」
 
   この場を借りてお詫び申し上げます。
   プログラムにおきましては、正しい内容にて子どもたちに伝えております。

|

2014年8月17日 (日)

先生のための”夏休み充電スペシャル”2014

代表理事の平岩です。

今年の夏休みも、

「先生のための”夏休み充電スペシャル”」
~指導とトークを極める!教師力向上講座~
を行いました。

東洋館出版社さんと紀伊國屋書店さんとの共催です。

昨年大好評につき、
今年は紀伊國屋サザンシアターに会場を移しての開催です。

私も会場に行きました。
入口からレポートします。

Photo


入口にはポスターが。

今年はゴリさんも来てくれます。


会場にはたくさんの先生が今年も来てくれました。

「子どもが休んでいる時期こそ、先生は勉強」という方々です。
ひとりの親としても頭が下がります。

Photo_2



さぁ、いよいよ始まりました。

司会は平澤志帆さん。
昔から私も存じあげている素敵なフリーアナウンサーさんです。

Photo_3


まずは、
筑波大学附属小学校の田中博史先生のご挨拶。

とってもご多忙の田中先生、
でもこの日を楽しみにしてくださいました。

Photo_4



午前中の講義は、
元早稲田大学ラグビー部監督の
中竹竜二さん。

中竹さんは、早稲田大学ラグビー部で全国制覇され、
その後指導者を指導されるお仕事につき、
日本ラグビー協会や多くの経営者また
先生方を指導されています。

…と聞くと、
凄腕のコーチ、ビジネスマンを想像されるかもしれませんが、
とても気さくで話が面白い方です。

さぁ、始まりました!

Photo_5

中竹さんのお話はとにかく双方向で進みます。

会場の中でディスカッションが始まったり、
時には随分後ろの方まで声をお聞きしにいらっしゃいます。

Photo_6


いくつか印象に残ったキーワードをご紹介します。


「人の記憶はインプットよりアウトプット」

…これは多くの皆さんが実感されているかもしれません。
聞くだけ、見るだけではなかなか自分のものになりません。

それを発表してみる、自分の言葉に換えてみる、
そこで初めて自分の中に入ってくると言うお話です。

私たちのアフタースクールでも
子どもたちの活動は「最後に発表で終える」という形式を
基本にしておりますし、これからもっとそうでありたいと思いました。
「人の学習は成功体験より失敗体験」

…これも分かっているようでなかなか出来ません。
早稲田大学のラグビー部の様々な選手のお話から
この学びを紹介くださいました。

人間失敗して、それでも支えてくれる存在がいて、
そこで本当に一皮むける。
お聞きしているだけで泣けるような
選手の成長エピソードでした。

多くの子どもが挑戦して失敗して、
それに本気で向き合う大人でありたいなと感じました。



「スキルよりスタイル」

…これは中竹さんの中心軸にあるお話です。
表面的なスキルよりも、自分の根底をなすスタイル、
これが出来た時に人は本当に強くなる、と。

スタイルは特に逆境で発揮されるもの。
中竹さんの監督スタイルは
「選手の声を聞き、自分で考えさせる」
というもの。

果たして自分は何だろう?と考えさせられました。





ということで、盛況のうちに午前中が終了。


午後は、
ゴリさんを迎えて、田中先生と、平澤アナウンサーとのフリートーク。

お写真を掲載出来ないのが残念ですが、
心優しく、またご自身もお2人のパパであるゴリさんとのトークは
大変盛りあがりました。

もうすぐ2学期を迎える先生方に、
教室ですぐに実践できることを少しでも持って帰っていただこう、
という企画でしたが、
今年もその目標を達成できたかな、と感じております。

先生方も頑張っています。
そんな姿にこちらも勇気をもらった一日でした。

ぜひ来年も実施したいと思います。
ご参加lくださった先生方、また講師の皆様、
本当にありがとうございました!!

|

2014年8月16日 (土)

【文化】Bushido2014〜おもてなしプロジェクト〜Day1&Day2の様子

こんにちは!最近連投中のアフタースクール52号です。

7月末から8月上旬、全5日程で実施された
「Bushido2014〜おもてなしプロジェクト〜」。
中高生が日本文化をプロに学び、それをまとめ、英語に翻訳し
外国人へプレゼンテーションをするという教育プログラムです。
2020年の東京オリンピック実施に向け、海外に日本を伝える
おもてなし大使を増やしていくおもてなしプロジェクトの一貫です。
昨年に続き、第二回!

今年のテーマは「醤油」「和太鼓」「書道」「歌舞伎」です。
Day1&Day2では各テーマについて講師の方に来ていただき、直接間近で学びました。

「醤油」歴史や工程について教えていただいた後、近藤醸造さんの醤油を使って
醤油煎餅作りをしました。火加減や塗り加減に注意しながら
製品を扱わせてもらいました。

P1050128
配合を色々と試して、マイ醤油作りも。P1050144_3
「和太鼓」和太鼓とは古来どのような使われたかをしたのか?材料は?いくら位するのか。などなりたちを教わった後は実際にたたいてみました。

P1050152_3
基本姿勢や音の出し方を教わり、様々なリズムを練習しました。
Rimg0018_3
「歌舞伎」舞いを見せていただいたり、自分たちも実際の衣装を着せていただきながら
動きや衣装の色、化粧について教わりました。

Rimg0006
一層魅了されてかなり興奮していました。
Rimg0022
「書道」歴史や道具について、筆の使い方についてなど教わり理解を深めました。
P1050111_2
実際に書いてみて、集中した静かな時間を過ごす事で体感出来た物もありました。

Rimg0008
お忙しい中いらしてくださった「醤油」近藤先生、「和太鼓」湯澤先生、
「歌舞伎」若月先生、「書道」鈴木先生、本当にありがとうございました!!!
中高生の皆さんは、本物に触れ、感じる事が出来、貴重な経験となったことでしょう。
Bushido2014day2_2

|

【音楽】アプリコみんなの音楽祭!

こんにちは!アフタースクール52号です!

7月26日(土)&27日(日)に大田区のアプリコホールにて実施されたアプリコみんなの音楽祭に参加してきました!
今回私たちの運営は、「ガラクタで楽器作り★」「昔のうた・昔のあそびで遊ぼう!」です。
10621988_10203653172083679_52756139

10603087_10203653173403712_10736303
「ガラクタで楽器作り★」にはジャンベ教室をされているやまさん、こと山本先生が来て下さいました。ストロー一本で出来る笛は作りたい子多数!
10566413_10203579636965347_10161102
山本先生やボランティアの方たちがガラクタ楽器で演奏♪それに合わせて子どもたちも保護者の方も自分で作った楽器で演奏♪
10588845_10203579637245354_20997076
お皿、棒、ペットボトル、コップ、輪ゴム、紐、缶、箱・・・様々なガラクタが
子どもや大人の手によって素敵な楽器になっていきます!どんな音がするのかな?
10581233_10203653172043678_74818181
「昔のうた・昔のあそびで遊ぼう!」には日本けん玉協会のけん玉名人、折原先生と
その御弟子さんたちが来て下さいました。けん玉やコマ、竹とんぼなど懐かしい遊びが中心です。
10554986_10203579638925396_91770947
中学生のけん玉名人によるステージも!
10617668_10203653172123680_15322972
高校生兄弟のけん玉名人には新たな女弟子が出来ました!
10622271_10203653172003677_19804284
TVにも登場したボビーくんによるけん玉披露もありました! 
腹話術とけん玉のコラボレーションです。 
10588945_10203579638845394_17310205
横では様々な演奏会が繰り広げられ、会場は超満員でした!
10596222_10203579638885395_15867706
音楽や遊び、年代関係なく夢中になれて楽しいですね!! 
 
アプリコの皆さん、山本先生、折原先生&御弟子さんたちは勿論、ご参加下さった皆さんありがとうございました!
------------------

「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebookでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool

-----------------

|

【イベント】『自分だけのオリジナル妖怪をつくろう!』8月9日〜14日@東京ミッドタウン 終了!

こんばんは。

アフタースクール88号です。
8月9日〜14日、お盆休みの方々でとってもにぎわう東京ミッドタウンの、
アトリウムという1Fの一等地のスペースで、
放課後NPOアフタースクールのプログラムを行って参りました!

Img_9174

『自分だけのオリジナル妖怪をつくろう!』
は子どもたちが自分で考えて妖怪をデザイン出来るプログラム。
ただのお絵描きでなく、その妖怪の名前や住んでいるところ、
特徴なんかも考えながら、妖怪そのものをデザインするところに、
面白さがあります。

Img_6130

子どもたちは夢中になって妖怪を描きながらストーリーを作っていきます。

Img_4001

そうです、知らないうちに『デザイン』をしているのです。
あかちゃんを卒業したばっかりの幼児のお子さんから、
中学生まで、本当に沢山の子どもたちが、デザインを体験して行ってくれました。

Img_9125

このプログラムの誕生話を少し。
東京ミッドタウンさんから、夏の少し前に、
『夏のワークショップで、たくさんの子どもたちが喜んでくれそうな、
なにかをデザインするようなもの、放課後NPOさんでできないかしら?』
と嬉しいご相談を頂きました。

私たちは

『今の子どもたちは妖怪に興味津々、日本の夏は妖怪だ!』

と考えました。
早速、以前よりお付合いのある、日本全国の妖怪に詳しい、
妖怪芸術家スタジオマメズさんにご相談したところ、
面白いアイデアをわんさか頂き、一緒に話し合って、
とっても楽しいアイデアだ!とミッドタウンさんにご相談したところ、
『すごく面白いですね!』とこの企画がスタートしました。

ミッドタウンさん、マメズさん、スタッフさん、放課後で何度も議論し、
何度も修正し、ようやく一つの形にまとまりました。

お陰で、沢山の子どもたちが夢中になって、
この短期間に六本木の地で、何千ものかわいい、こわい、面白い妖怪が、
誕生しました。

Img_8898

Img_1021

親子で参加してくださった方々から、

「無理な設定だけど面白い!」
「いつもそんな事考えてるの?」
「わけわかんなくて、すごい!」

というお父さん、お母さんの、自分の子どもの新たな側面に気づいたという、
お声も頂く事ができました。

子どもってやっぱり親にも想像つかない事を考えていたりしますよね。

また相席になった子ども同士が、妖怪の説明をしていたり、
他のお子さんの妖怪を褒めてくださっているママさんがいたり、
妖怪を通じて色々なコミュニケーションが生まれていました。

これも妖怪のせいなんでしょうか。

とっても素敵な夏のプログラムでした!
ご協力くださいました、スタジオマメズのみなさん、
東京ミッドタウンのみなさん、スタッフのみなさん、
本当にありがとうございました!

|

2014年8月13日 (水)

【学び】だがしやチャレンジ@東京ソラマチ、4日間終了しました!

こんにちは!アフタースクール52号です。

先日に続き、3日目4日目と実施しました!

連日、大商いが続きました。
3日目は比較的高学年が多く、役割分担もリーダーが率先して行ってくれました。低学年の面倒も見てくれていました。ポスターの中には「子どもの頃に食べた あの味」というものもあり、想像力すごいです。
Img_0161

Img_0160
準備をしっかりして販売!
10536755_10203636550028138_41280333

10590051_10203636478826358_12735074
後半には「つかみどり」「セット売り」など工夫が続きます。
10567916_10203636295021763_61869970

10588917_10203636478866359_465650_2
売上ナンバーワンは黄色チーム、最後にみんなで「バンザーイ!」
10608989_10203636369063614_11454178
4日目も新たなメンバーで挑戦!器用な男の子が目立ちました。パッケージにあるキャラクターをそのまま書いてみたり、商品をそのまま絵にしてみたり。
Img_0172
さあ今日も「宜しく御願いします!」の挨拶で開店です! 
Img_0177
お店のキャラクター、クマの「ふくちゃん」の切り抜きを作成。
3品お買い上げのお客様にプレゼントしています。
10581081_10203636041775432_21126070
こちらは兄弟で飾り付けの続き。
10595961_10203636040495400_20862385
セール中!
10592068_10203636039175367_14345440
結果、全チーム完売!利益が出るように設定した目標も達成出来ました!
Img_0193

Img_0195

Img_0196
販売の後は結果発表&振返り。
「チームワークがよかったので成功した」 
「一位になれなかったのは悔しいけれど楽しかった」
「2時間で疲れたのに、一日中働いている店員さんはすごいなと思った」 
「お店のキャラクターを作ったのはよかった」 
「おまけをつけることでお客様にも喜んでもらえて、相手を考えた売り方ができた」
「最初はやりたくないと思っていたけど売り始めたら楽しかった、またやりたい」
などなど色々な気付き、学びがありました。
Img_0204
なんと!!ご一緒させていただいたソラマチ同フロアにも店舗をお持ちの
「だがし夢や」さまの社長様もいらしてくださいました。 
10592589_10203636036975312_17152173
ご参加いただいた皆さん本当にお疲れさまでした!
夏休みのいい時間になったかな? 
今回の経験が、将来のお仕事や自分の好きな事、興味のある事を見つける種になればいいなと思います。
ご協力いただいたソラマチさま、夢やさまありがとうございました!

|

2014年8月12日 (火)

【学び】だがしやチャレンジ@東京ミッドタウン 開催されました!!

こんにちは!
先日8月10日に、六本木の東京ミッドタウンにて「だがしやチャレンジ」が開催されました!
全部で10人の子どもたちが集まり、二つのチームに分かれてのだがしや挑戦です。

まずは会議室に集まって、事前学習です。
お店の名前を決めたり、POP作りをしたり、お菓子の並べ方を話し合ったり。
「目立たせるために、紙テープで文字を書こう!」など各チーム工夫がいっぱいでした。

P1070209

P1070169_2

「いらっしゃいませ!!」「ありがとうございました!!」と挨拶の練習。
そして各チーム一人づつの接客練習も行い、準備万端です!
P1070042

P1070083

お昼ご飯を食べたあとは、いよいよ開店準備です。
皆で協力してミッドタウン1階の会場までだがしを運びます。
会場に着くと、だがしをきれいに並べて自分で作ったPOPを貼ります。

「このPOPは目立つようになるべく上に貼ろう。」
「値段ごとに分けてわかりやすく並べよう。」

と各チームが仲間同士声をかけ合って協力する姿も見られました。
P1070393_2

P1070336_2

そしていよいよ販売開始!!
最初は恥ずかしくて思ったように大声が出せなかったのですが、
どんどん慣れてきて、元気いっぱいのだがしやさんになれました。

後半になると、
「だがしのつかみ取りをやろう!30円がいいかな?50円がいいかな?」
「だがし盛りだくさんのお楽しみ袋。なんと100円!!」
「お腹と背中にPOPを貼り付けて、ちょっと宣伝に行ってくる!!」
など、たくさんのアイディアが飛び出しました。

P1070469

P1070529

P1070544

一生懸命だがしを売った後は、もうひと頑張り!
協力して片付けをして、会議室に戻りだがしやの振り返りです。
各チーム、「こんな工夫をしました。」と発表し合ったり、難しかったことについて振り返ってみたりしました。

最後にひとつ言いたい!!と一人の子が、
「人は、人による輪が出来ているところに集まってくるものだ。」
という、名言を言い放つと周りの大人たちがつい、
「おぉ~。」
と関心させられてしまいました。

確かに人だかりが出来てるお店とかって、ついつい気になって見に行ってみたくなりますよね!

今回のだがしやを通して、子どもたちには多くの学びや気付きがあったのではないでしょうか?
また、「チームで頑張ったぞ!!」という夏休みの思い出の一つになってくれていれば嬉しいです(^^)


そんなだがしやチャレンジですが、8月10日~13日の4日間、「東京ソラマチ」でも開催されています!
のこり2日間です。
多くのこどもたちが一生懸命だがしを売っているので、ぜひお越しください!!

|

2014年8月11日 (月)

【学び】だがしやチャレンジ@東京ソラマチ、始まりました。

こんにちは、アフタースクール52号です!

初日台風の影響で、営業中止になっていたスカイツリーですが、東京ソラマチは大人気で大賑わい。

そんな中、地域の小学生による
「だがしやチャレンジ〜だがし夢やをつくろう!〜」がスタートしました!!
今回200人程のご応募があり、抽選となってしまったプログラム。
10〜13日で総勢120人を超える子どもたちが実際にだがしやをやります。
事前学習を受けてお店作り!POP&値札を書いたり、チラシを作ったり、看板を作ったり。みんなで分担してアイディアを出し合って作成しています。オリジナルの飾り付けは御見事ですね。
10590050_10203612180338911_164365_2

10544755_10203612179458889_16039555
元気いっぱいはしゃいでいた男性陣も一気に集中して
お昼ご飯を急いで食べて作成しているほどのハマり具合です。
10595713_10203620981918945_11743739

10609045_10203620981678939_37811005
高学年の女性陣によるチラシはこれまた秀逸です。
さて販売開始!チーム毎に売上目標達成を目指しながら売上競争です。
10613793_10203620981878944_14754597

10592255_10203620981758941_26766899

10609396_10203620981718940_17940235

10601181_10203611973933751_17519695
元気に笑顔で「いらっしゃいませ〜」ソラマチ内に響きます。
幅広い年代の多くのお客様が興味を持って下さり、
店内に入ってきて下さいました。
中間報告の後はセット売りやおまけ付きなど、一層白熱しました。
販売中にも裏で新たな工夫をこらしたポスター作り。
10602795_10203611973253734_14397704

10603021_10203621094041748_21973758
最後はみんなで一列に並び、「ありがとうございました」の挨拶をして閉店。 
 
最終結果発表、そして振返り。 
「おまけをつける際に30円の商品でなく10円の商品にすればよかったです」
「くじびきが人気があったので、作ってよかったです」
とみんなの意見。 
2日間、完売が続いています!
あと2日間、子どもたちが一生懸命販売しますので 
お越し頂けますと嬉しいです!

|

【イベント】夏のミッドタウン2日目!モビールづくり!

みんなでつくろう日本の夏@東京ミッドタウン2日目!

今日は、昨日に引き続いての妖怪ワークショップと
「おへやを楽しく涼しげに!夏のモビールづくり」を実施しました。
P1070924

カラフルなうずまきに「イルカ」と「ヒトデ」と「カイ」をつりさげるモビール1日で延べ180名の方が参加してくださいました。

兄弟仲良く、あるいはご家族みんな一緒に参加してくださったりと、
たくさんの方が自分の好きな色のモビールを作っていました。
P1070580

中には、切れ端を使ってこんなオリジナルのモビールをつくる子も!

20140810_233734

作り方も①切る ②折る ③貼る だけでとても単純だったので、
子どもたちが頑張って作っている姿もあれば、
小学校入学前のお子さんには結構難しいところもあり、
保護者の方がせっせと手伝ってくださいました。

それでも、最後に出来上がったときの子どもたちの嬉しそうな笑顔に、
運営しているこちらもとても嬉しい気持ちになりました。

P1070839

台風の影響で悪天候でもありましたが、足を運び、ご参加くださった皆様、
そして、このワークショップを企画してくださったコクボマイカさん(http://otonanozugakousaku.net/)、イベント関係者の皆様、本当にありがとうございました!

|

2014年8月10日 (日)

【イベント】オリジナル妖怪をつくろう!

こんにちは!アフタースクール21号です。

六本木ミッドタウンで「自分だけのオリジナル妖怪をつくろう!」が開催中。
39_2

可愛い妖怪、怖い妖怪、優しい妖怪、個性豊かな妖怪がたくさん誕生しています!!

33
35

34

妖怪の名前、発見場所、特徴も書いていきます。
これがなかなか面白い!
子どもたちの自由な発想に驚きます。

38
監修してくださった、妖怪芸術家のスタジオマメズさんも、子どもたちの発想力にびっくり!

8月9日(土)~14日(木)11時~18時まで(参加費無料)
ミッドタウンのアトリウムでお待ちしております!!














|

2014年8月 7日 (木)

【赤坂青山子ども中高生共育事業】弟子入り講座

こんにちは!

アフタースクール89号です。

 

今回はNPOアフターの赤坂青山共育情報局・事務局としての講座、第1弾!

「弟子入り講座」のレポートです。

 

7月29日〜31日にかけて、赤坂・青山在住、在学の子ども達が地元企業に弟子入り体験をしてきました。

29日・30日の午前中はオリエンテーションにて

「地元の企業ってどんなところがあるだろう」

「これから弟子入りする企業はどんな人が働いているのかな」

ということを学び、午後は各企業へいよいよ職業体験!

31日は企業体験をした子ども達全員が参加し、自分達の弟子入りした企業について感じたことをまとめて発表、御礼のお手紙も書きました。

また、まとめシートに記入して、最後は修了証を授与しました。

 

今年は参加企業も8社と増え、約60名の子ども達が参加してくれました。

盛りだくさんの3日間を少しずつ、当日のお写真と共にご紹介します。

 

【7月29日(火)・30日(水) オリエンテーション・企業体験】

初めは緊張していた子ども達も、自己紹介をして徐々に打ち解けてきました。

みんなで「働くこと」について考えます。

まずは知っている企業について思い付くだけ挙げてみました。

20140730_103749

 

警察や病院から「みずほ銀行」「SONY」など具体的な名前もあがりました。

「ライフ」「ボンヌ」という、いつもみんながお父さんやお母さんと行っているスーパー、パン屋さんの名前もでてきましたね。

 

次は、いよいよ自分達の弟子入りする企業について考えます。

どんな仕事をしているのかな、何人くらいの人が働いているんだろう…

高学年のお兄さん・お姉さんが中心となって意見をまとめてくれました。

発表では各チームの熱い意気込みを聞くことが出来ました!

 

20140730_110310

20140730_111134

ご飯を食べたら…いざ!弟子入り!!

29日は鹿島建設・赤坂エクセルホテル東急・JCBにて、

30日は日本GETBSテレビ・東京ソワール・Hondaウェルカムプラザ青山・HATAKE AOYAMAにて職業体験をしました。

 

<鹿島建設>建設現場見学

P1060027

 

<赤坂エクセルホテル東急>お菓子作り体験・客室清掃体験

Dscn1469

 

JCB>クレジットカードのデザインを考えて、買い物体験20140729_133524_2

 

<日本GE>ビジネスマナーと国際TV会議

Photo

 

TBSテレビ>社内見学とイベントスタッフ体験

Photo_2

 

<東京ソワール>社内見学とデザイナー体験

20140730_132858

 

Hondaウェルカムプラザ青山>ショールームスタッフ接客体験

Dscn1657

 

HATAKE AOYAMA>接客体験

13912

 

参加したみんなからは

「将来参加した企業で働きたい」

「楽しいところもあったけれど、仕事をするって大変だということを知った」

「学んだことを将来に役立てたい」

と前向きな感想を聞くことが出来ました。

 

【7月31日(木) 振返り】

「学んだところ」「たのしかったところ」「いつも働いている保護者の方へメッセージ」を発表!

20140731_104655

 

そしてお世話になった企業の皆様へメッセージ…。

実はこのお手紙、こっそり読ませてもらったのですが感動的!!

恥ずかしくて、直接は伝えられなかったと思うのですが、

みんなきちんと学習して、きちんと考えて、しっかり得る物が

あったんですね。

20140731_111900

 

最後にはまとめシートを作成し、修了証の授与式。

20140731_120840

                                                                                  

 

子ども達にとって、企業体験は働くことは楽しい、大変、難しいなどなど、

様々な感情で体験することが出来た様です。地元企業で行うことで地域の愛着がわいたこと、そして何より「自身の将来の仕事について考える」いいきっかけとなったなら嬉しいです。

来年度は更にパワーアップして、もっともっと多くの子ども達が新しい発見ができる企画としたいです!

 

関わってくださった企業のみなさま、参加してくださったみなさま、御協力いただきありがとうございました!

|

2014年8月 6日 (水)

【障がい児支援】トップアスリートらと楽しむ夏のスポーツプログラム!

こんにちは。アフタースクール88号です。

昨年大好評のうちに終了した特別支援学校における、
スポーツによる交流プログラムの第2弾が8月2日(土)に、
バークレイズグループさんのご支援により実施されました。

この日も猛暑日、冷房のある体育館とはいえ、
体温調節の難しい子どもや、選手たちも居る中でのスポーツプログラム。
水分をしっかりとりながら、まずは子どもたち全員に配布したうちわの
デコレーションで、今日のパートナーと親睦を深めました。

オープニングは世界各地に広がるバークレイズグループのお仕事の内容のご紹介、
Img_3224

その後はバークレイズグループの中で、様々な環境にある方への
理解を深める活動の一環として、
障がい者ネットワークグループ"Reach"が存在すること、
また、その取り組みのアジア地域初となる"Reach Tokyo"のことなどのお話を、
伺いました。
Img_3226

"Reach Tokyo"メンバーには障がい者スポーツのトップアスリートが多く在籍し、
今回も子どもたちとの活動をとても楽しみにお越しくださいました。

また去年も実施され、親子、先生ともに喜ばれた、
各選手のデモンストレーションも今年も行われました。

こちらはパワーリフティング日本代表の三浦選手による、
車椅子ボディビルです。子どもたちもびっくりしていました。
Img_3234

また、昨年実施された車椅子ラグビーのタックルの激しさを象徴する、
選手2名の向かい合わせの超速ダッシュによる
正面衝突デモンストレーションは今年も実施され、
会場にどよめきを起こしました。
(※カメラマンもあっけにとられお写真を取り損ねてしまいました・・・)

ひと盛り上がりしたあとは、しっかり休憩を取って、
今度はホンモノの車椅子ラグビー選手による試合のデモンストレーションです。
Img_3250

誰もが参加しやすいように、ルールをアレンジしてくださり、
今回のプログラムスペシャルルールで実演してくださいました。
私たちは応援で盛り上がります。
Img_3256

子どもたちもルールがだいたい分かったので、
本日のメインイベントスタート!
親子、先生、バークレイズ社員のみなさんを交えた、
車椅子ラグビーの試合開始です!

試合ですので整列して挨拶からはじめます。
Img_3270_3

試合にはボールを受け取ってから10秒以内に他の選手にパスをするなど、
対応が難しいんじゃないかな?と思うルール設定などもありましたが、
選手のみなさんが上手くサポートし、そのルールの厳しさが、
子どものやる気を引き出します。

みるみるうちに上達していく子どもたち、
ついには仲間へのパスも成功!
Img_3283

パスを受け取った選手は見事ドリブルしゴール!
Img_3285

子どもたちはゴールに向かうだけでなく、
必死にディフェンスしたり、仲間を助けに行ったり、仲間に助けを求めたり、
落としてしまったボールを一生懸命拾おうとしたりと、
男の子、女の子、障がいの重い軽いを問わずに、
みんながスポーツならではの輝ける瞬間を放ちキラキラしていました。

周りで見ている人たちからは自然と「がんばれー!」の声援が沸きます。

車椅子ラグビーをとことん楽しんだ後に、
バークレイズさんからのスペシャルプレゼントがありました。

Img_3321_1

みんなで楽しんだ車椅子ラグビー専用のボールです!
子どもたちは声を上げて喜んでくれていました。

最後にバークレイズ、Reach Tokyoのみなさんからお言葉を頂き、
本日のスペシャルプログラムは終了です。

「こんな事もできる、あんな事もできる、子どもたちの可能性を
見ることができて嬉しかった。」

子どもたちだけでなく参加者全員の力が満ちあふれる、
素晴らしいスペシャルプログラムでした。

最後の最後にみんなで記念撮影をして、今日はお開き。
Img_3328

終了後、「また来年もできたらいいねー!」
そんな声も飛び交う、素敵な機会を本当にありがとうございました。
ご協力頂きました皆様、本当にありがとうございました。

|

2014年8月 5日 (火)

【親子でMuseum】第1弾あたたかくやわらかい色を楽しもう!withちひろ美術館

今年度第1弾となる「親子でMuseum」をちひろ美術館さんと実施しました。

親子で美術館の展示に関連する体験ワークショップをして美術館の展示も鑑賞するという親子でアートを身近に感じる企画。
一昨年から少しずつ行っていたこの企画を、今年度からプロジェクトとして定期的に実施していきます。

第1弾は子どもを生涯のテーマに描いた日本の画家、絵本作家いわさきちひろさんのテクニックを学ぶワークショップといわさきちひろ美術館の鑑賞でスタートです!

ワクワクのプログラム会場までみんなで向かいます。
Img_2987

前半のワークショップは、水彩画作家KINAさんが講師として来てくださいました!
(KINAさんhttp://kina-sao.com/)

テーマは、「ちひろが使ったテクニックを体験しよう!」です。
いわさきちひろさんが使っていた“テクニック”「白ヌキ」「にじみ」「ぼかし」を体験します!
Img_3010

まずは、「白ヌキ」すべく、好きな型を選び、選んだ型を紙の好きなところにのせていきます。

Img_2998

色々な型を思い思いにのせていき、外側を縁取ったあと周りに色を付けていきます。
Img_3007

色を付ける時には、紙をまずは水で濡らす!
ぬらしたところに絵の具が流れるということで、筆だけでなくスポンジなども使って色を付けていきます。

20140805_221306

そうするとなんとこんなにきれいに!
Img_3029

“親子”企画ならではの協力して楽しそうに制作する様子も多く見られました。
Img_3055
最後にみんなが描いた絵をKINAさんが紹介してくださり、作品を見せ合いました。
Img_3085

いわさきちひろさんの絵にあるやさしい雰囲気がみんなの作品からも伝わってきますね!
Img_3102

そして、自分自身で体験した後は、いわさきちひろさんの作品を見にみんなでちひろ美術館にいきました!
Img_3126

さっき描いたような画法だけれども、独特な雰囲気とメッセージを感じるいわさきちひろさんの絵。
そんな絵のテクニックを親子で実践して、実際に見てみてそれぞれ色々なことを感じてもらえたのではないでしょうか。
Img_3136

「親子でMuseum」2014年度の第一弾はこれで終了です。

ワークショップでいわさきちひろさんの世界を体験させてくださったKINAさん、
受け入れを行ってくださったちひろ美術館さん、
参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

|

2014年8月 4日 (月)

【文】ティーンズファッションプロジェクト第2弾〜1日百貨店スタッフ体験「おもてなし」を学ぼう〜

今回は、ティーンズファッションプロジェクトの第2弾!

歴史ある百貨店、松屋銀座にて、1日スタッフ体験をしました。

このプログラムは2週に渡って行なわれました。

 

〜1日目〜

最初に行なわれたのは、松屋銀座をめぐるツアーです。

次回実際に体験する店舗を含めて、さまざまなところを回りました。

 

バックヤードを通らせてもらい、それだけでも貴重な経験だったことでしょう。

案内役のスタッフさんから商品の説明や、どんなお客さんがくるかなどを教えてもらっていました。

DSCN1272

 

 

 

 

 

 

そして次に「おもてなし講座」を受けました。

おもてなしってどんなこと?

百貨店では、特に重要なことなので、みんな真剣なまなざしで聞いていました。

どんな店員さんが喜ばれるか、そんなことを考えていきます。

DSCN1300

 

 

 

 

 

 

まずは、「笑顔」の練習です。

普段何気なくやっていることでも、緊張したり仕事に取り組んだりしているとつい忘れがちです。

 

鏡を見ながら、そして友達同士で、ちゃんと にこっ とできているかチェックします!

DSCN1318

 

 

 

 

 

 

今度は、練習した笑顔を実践で使えるように「ありがとうございます」や「いらっしゃいませ」に合わせてやってみます。

さらに、実際の社員研修で使われているという大きな角度計を使っておじぎの角度について学びます。

DSCN1342

DSCN1345

 

 

 

 

 

 

 

立ち方もダラダラとするのではなく、ピシッとしていなければいけません。

家でも練習ができるように、プリントも用意して下さいました。

 

おもてなしの次は「ラッピング講座」の始まりです!

まず、さまざまな大きさ・形の袋があることを、クイズをしながら学びます。

DSCN1375

 

 

 

傘やハンカチなど、それぞれに合った袋を選んで包装しているんですね。

さらに、本物のラッピング用紙を使って実際に箱の包装とリボン掛けまでをやってみます。

DSCN1399

 

 

 

 

 

 

初めての経験で、少し難しそうにやっていましたが、完成してみるとみんなとっても満足そうでした。

最後に、今日学んだおじぎと笑顔を保護者の方に向けて実践しました。

DSCN1434

 

 

 

 

 

スタッフのみなさんと一緒にお昼ごはんを食べて、1日目のプログラムは終了です。

 

 

〜2日目〜

前回に引き続き、松屋銀座でのプログラムの2日目です。

実際に店舗に入ってお仕事を体験する日がやってきました!

 

朝から子どもたちは緊張と楽しみでそわそわしていました。

松屋銀座のネームプレートを胸につけ、先週学んだことのおさらいをして、準備完了!

IMG_9765

 

 

 

 

 

ネームプレートを付ければもう本物の店員さんです!

売り場に出る前に、開店前から並んで待って下さっていた方々にエントランスでご挨拶です。

 

ドキドキしながらも堂々と、元気よく、できていたと思います。

IMG_9788

 

 

 

 

 

そして各売り場に分かれて、販売をします!

 

*食品・生鮮

*婦人雑貨

*婦人服

*紳士服

*リビング

*雑貨

の6つのフロアに分かれて売り場体験をしました。

 

試食販売、レジ打ち、ラッピング、洋服を畳んで整理、品だし・・・

など、あらゆる仕事を体験させてもらいました。

 

現場のスタッフの方も、「上手だよ〜!」と、褒めて下さったり、

「頑張ってるね!」と応援して下さったりしていました。

IMG_9796

 

 

 

 

 

はじめは「いらっしゃいませ〜」の声が小さかったですが、

だんだんと慣れてきて、笑顔で大きな声を出すことができるようになっていました。

IMG_9819

 

 

 

 

 

IMG_9826

 

 

 

 

 

 

 

終わったあとの感想を聞いてみると、

「脚が疲れた〜!」

「もっと何時間もやりたかった」

「仕事って大変なんだね」

「おもしろかった!」

など、それぞれに感じるものがあったようです。

 

そして最後に、松屋銀座さんからサプライズプレゼント!

ボールペンやそれぞれの名刺などをもらいました。

早速、お友達同士で嬉しそうに名刺交換をしている様子もみられました。

 

今回、本物の仕事を体験したことで、子どもたちは大人の世界を知るとともに、

楽しさや厳しさも感じてもらえたと思います。

 

2週間にわたり、松屋銀座のみなさま、貴重な経験を本当にありがとうございました。

 

|

【ありがとう!オランダ大作戦 参加者まだまだ募集中!!】

おはようございます。

アフタースクール88号です。
日本文化を学んで、楽しんで、発表して。
発表会の優秀者の方にはオランダの旅を親子でプレゼントする、
超豪華企画、『ありがとう!オランダ大作戦 』の参加者を、
現在募集中です!奮ってご応募ください!
【ありがとう!オランダ大作戦 参加者募集中!】
ニッポンを知ろう!ニッポンを伝えよう!ニッポンを楽しもう!
参加申込はコチラ!
流山発展の歴史にオランダの技術あり。
オランダに感謝の気持ちとニッポンの魅力を伝えるワークショップ開催!
Photo
世界で活躍する書道家、白石雪妃さん、
けん玉の達人であり、色々な昔あそびの名人でもある、折原輝雄さんを迎え、
楽しみながら日本の文化を学ぶワークショップ、またその楽しさ、魅力を、
デモンストレーションを交えながら伝えるワークショップの連続講座です!
3年生から6年生までの年齢の違う新しいお友達と、チームになって活動する経験は、子どもにとって、かけがえのない体験となります。
是非、お友達、ご兄弟お誘い合わせのうえ、ご参加ください。
日時:8月19日(火)、21日(木)、22日(金)、23日(土)
            13時〜15時予定
場所:流山市 生涯学習センター(最寄り駅:つくばエキスプレス 流山セントラルパーク)
対象:小学3〜6年生
お申し込みはコチラ
企画運営:放課後NPOアフタースクール
後援:オランダ王国大使館、流山市

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »