« 【文化】エクアドルってどんな国? | トップページ | 放課後NPOの遠足〜早稲田大学 編〜 »

2014年8月25日 (月)

【表現】作ってみよう☆切り折り紙!

こんにちは!アフタースクール40号です。

今回は世田谷区内で行われた切り折り紙プログラムのご報告です!

Dsc02546

今回の市民先生は我流切紙人、川崎利昭先生。

上のカマキリと蝶は先生の作品ですが、
立体切紙以外にも様々な切り紙に取り組んでいらっしゃる先生です。


Dsc02549



今回はいくつかの動物の型紙を使って、立体的な切り折り紙に挑戦です!

まずは初級編、ウサギの作り方を教わりました。

最初は

「細かいところってどうやって切ればいいの?」

「山折り?」
「谷折り?」

という状態だった子どもたちからも
先生、周りの友達に「こうしたらいいんじゃない?」「山折りはね・・・」と教え合いながら
「ああ!そうか!」「できた!」という声がたくさん聞こえてきました。

とっても頼もしい姿ですね。

Dsc02550

こちらのウサギには女の子が、かわいらしいお顔を描いていました。

Dsc02547

Dsc02553

上の写真は子どもたちの作品の一部です。(力作!)
ウサギ・チョウ・カマキリ・金魚・・・など様々な生き物に挑戦しました。

なかでも左下のダイオウグソクムシ、折り目がたくさんあるのですが、

熱心に谷折り、山折り・・・と折っておりました!

Dsc02551

型紙を使った切り折り紙に慣れてきた子は
巻きバラに挑戦!

こちらの写真は残念ながら撮り損ねてしまったのですが、
紙に自分でうずまきを書き、それをもとに切って形をつくるという上級者編でした!

巻きバラも形をつくるのがなかなかむずかしい!との声が。

上級者編の巻きバラでも「これはこうするんだよ!」と
子どもたちが教え合っている姿がちらほら。

すてきなバラが出来上がっていました!!

Dsc02552

はさみと紙でいろんな生き物をつくって、

このプログラム時間内ではさみの使い方がめきめき上手くなった子も!

子どもたちがはさみと紙を見つけたときに、
「あ!やってみようかな?」と思ってくれたらうれしいですね。


川崎先生、

ありがとうございました!

*********************************************************

このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。

ご支援誠にありがとうございました。

*********************************************************



「放課後NPOアフタースクールの活動を、FacebookTwitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter@npoafterschool

 

 

|

« 【文化】エクアドルってどんな国? | トップページ | 放課後NPOの遠足〜早稲田大学 編〜 »

表現のプログラム」カテゴリの記事