住のプログラム

2013年12月23日 (月)

【住】まちづくりワークショップin出産・こそだて準備祭@ステラタウン大宮

こんにちは、14号です。
週末は、埼玉にて、まちづくりのワークショップを実施してきました!

以前にコモンズさんで開催したのをきっかけに
NPO法人tadaimaさんにお声がけいただき、
まちづくりブースを一部担当いたしました!
Img_8268
上の赤ちゃんの写真は、イベントのチラシです。
その下に街の要素を貼ってみました。

今回は、短時間でしかも小さいお子さんもいたので、
自分の作りたいお家をつくって、まちに飾る!
という形で進めました。

完成品第一号は、大きな屋根の黄色いおうち!
この子は3歳の女の子でやたらと黄色が好きなようでした!
Img_8270

そして、いつのまにか席もいっぱいになり、
年中さんから小学校3年生くらいまでの子たちが
それぞれ思い思いにおうちを作ってくれました。
Img_8272

庭に緑のあるお家をつくる子もいれば、
Img_8276

謎の輪をお家の上につける子も!
Img_8277
短時間ワークショップだったために、
子どもたちがどんな想いでこのようなお家をつくったのか
聞けなかったのが残念でしたが、
同じ材料でも様々な形や色のお家が出来上がりました。

そして、最後、みんなのおうちが集まった街はこんな風になりました。
1484916_695975267102132_1040201734_

こんなに色んな色や形のお家が並ぶ町並みはなかなかないですね!
でも、あったらおもしろいなーと思いました!

お声がけいただいた、NPO法人tadaimaさん、
参加してくださった皆さん、ありがとうございました!!!

|

2013年10月 7日 (月)

【住】江東区秋のこどもまつり~清水建設さんのエコハウスづくり~

おはようございます。

アフタースクール5号です。
昨日、江東区の秋のこどもまつりに参加してまいりました。

場所はティアラこうとう。


今回のイベントは、
私たちアフタースクールの取り組みを江東区でも!というお母様方の強い思いのもと、
実現したイベントでございます。

私たちは清水建設さんと、
エコハウスプログラムを実施することになりました。

清水建設さんも、東京木工場が木場にあり、
地元企業ということで協力をしてくださいました。


清水建設より、関さんと中島さんが来てくださいました。


Pa061772


子どもたち一人一人に配られるキット。

「木を使ったものづくりは初めて」という子もちらほらいました。

Pa061767


数枚の部品を組み立てることで、
立派で素敵なエコハウスが完成します。


「まずは自分たちで考えてつくってみて!」

と提示すると、早い子は3分で完成させてしまいました。


完成した子もいましたが、
再度最初から、
清水建設さんが詳しく丁寧に作り方を教えてくださり、
全員で完成を目指します。


Pa061769

こうした組み方は「あいがき」というそうで、
普段大工さんなども使っている手法だそうです。


組み立てた後は自由に色づけ&絵描き。

自分の姿を描く子もいれば、飼いたい犬を描く子もいます。

いろいろな色で自由に壁に表現。



完成したあとは、最後にクイズ大会。

・今日使ったエコハウスの木はなに?
・普段先生方はどんな仕事をしている?
・清水建設関さんの小学校時代の将来の夢は?


勝ち抜いた子には、エコハウスのキットをプレゼントしました。

Pa061797

Pa061779
終了後は、自由に魚釣り。

こちらも清水建設さんが持ってきてくださいました。

木の魚。かわいいです。よくできてますね。

Pa061799
こうしてプログラムが終了。


年長さんから小5まで、40名の子どもたちが参加してくれました。


地元を探すと、たくさんの市民先生がいます。

市民、企業、団体、
プログラムを実現させるためには、
それらをコーディネートするコーディネーターが欠かせません。

江東区をはじめ、各所にて、
コーディネーターを育てていきたいですね。

そして、たくさんの地元の市民先生を探していきたいです。


次回のイベントは11月24日!
どんなプログラムになるか、お楽しみに!

| | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

【住】“じぶんの理想のまち”づくりin新三郷

こんにちは、14号です。
7月に引き続き、新三郷のクラブハウスで近隣の方を対象に、
ワークショップを実施してきました。

今日のテーマは、「じぶんの理想のまち」づくり。
先生は、放課後NPOアフタースクール「まち研究生」のらっちょです。

始めは、自己紹介から始めます。
前に出て、名前と地域の好きなところを言っていきます。

Img_6826

自分の街の好きなところは、「公園」が人気NO.1でした!

そして、みんなから街にあるものをたくさん聞いていきます。
この近くは、IKEAやコストコがあるので、
地域ならではの「街の要素」が出てくることもあれば、

スカイツリー!なんて声もありました。
Img_6828

まちにどんなものがあるかわかったら、
自分の理想の街について考えます。

どんなおうちがあったらいいか?
どんな景色か?どんな色か?
各自でどんどん制作していきます。

こちらでは親子で、一緒にビーズのある線路を作る姿が見られました。
Img_6840

こちらは、太陽光発電の自分の家を描いています。
Img_6843
これも愉快な街です。
雲はねんどで、
太陽やお花を毛糸で、
おうちえのえんとつはストローで
立体的で素敵です。
Img_6857

こちらは何やら大人たちが集まって、ある子の作品に興味津々です。
Img_6858

なんと、エコの街ということで、
風力発電を立体的に作り上げていました。
ユニークだけど、実現性もありそうで、おもしろいです!!
Img_6861

こちらは、木から大砲が出てくる仕掛けがあるかと思えば、
身近な電車である武蔵野線がまちを走っています。
Img_6864

各自、色々な作品ができたところで、
最後は、自分の作品をみんなに発表します。

他の子がどんなものを作ったのか、テーブルの違う子の作品を見るのは、
みんな初めてで、それぞれの説明に「おー!」とか「へえ~」という声が上がります。
Img_6865

ちなみに、先ほど自分のおうちを太陽光で描いていた少年の街には
色々な住宅が集まるまちに出来上がりました。
Img_6884

みんな住んでいる場所は一緒だけど、
それぞれの思い描く理想のまちは全く違って
それを形にする方法も様々で、
とても面白かったです。

これから、この子たちが大人になった時に広がる街並みがどんなものかはわかりませんが、
それぞれの考える理想がいくつか形になると面白いですね。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!

今回の企画・運営はASOBOTさんとご一緒しました。

|

2013年9月 6日 (金)

【住】サイクリングMAPづくり in 仙台

こんにちは。

アフタースクール5号です。

先日仙台にてサイクリングMAPづくりのプログラムを実施してまいりました!

慶應義塾大学梅津研究室の皆さん、
バークレイズさん、
そして現地のNPOアスイクさんとご連携した
4者のコラボレーション企画です。

まずはサイクリングってどういうこと?を座学で学びます。

娯楽?遊び?

いえいえそれだけではありません。

自転車はとても便利な交通手段なのです。

P9011638

すばらしい交通手段ではありますが、
マナーを守って使用することがとても大切です。


自転車に乗る際の注意点を、グループごとにワークシートを使って学びます。

「ふらふら運転している人がいる!」

「ここに停めちゃだめだよね」


公共マナーについて、グループでディスカッション。

参加者が小学校高学年~中学生ともなると、
すばらしいスピード感で話が進んでいきますね。

P9011642


P9011641    



各チームで、それぞれの問題点を出し合った上で、
バークレイズの森さんより、目が不自由な方の立場から、
気をつけてほしい点についてアドバイスをいただきました。

・点字ブロックの上に自転車を置かないこと
・急に自転車で横切らないこと
・早めにライトをつけること


P9011647



それではこれから、
自転車に実際に乗って自分たちのエリアで、
一番安全だと思うサイクリングMAPを作ってみましょう!


4チームに分かれて、それぞれ目標の競技場まで進みながら、
最も安全だと思うルートを探し出します。


P9011658_2

「こっちは車通りが多いからこっちにしよう」

「あっちは坂が多いよ」

「こっちに行ってみたら?」
など、グループ内でコミュニケーションをとりながら進んでいきます。

サイクリング、とても楽しそうです。

P9011669

途中でしばし休憩も。


P9011665



帰ってきたら自分たちが通ってきたルートを確認し、
マップに落とし込んでいきます。

P9011675

自分たちが考える最適なルートを考えます。

P9011678

そしてグループごとに発表。

自分たちが通ったルートが果たして最もよいルートなのか。

自問自答をしながらの発表。

P9011684


最後に修了証を参加者に配布し、本日のプログラムは終了となりました。


P9011692


今回の目指すところは、
決して完璧なルートをつくることではありません。


参加してくれた子たちが、自分たちで実際に自転車で通ってみて、
本当にそこが安全なのか、また危険なのかを肌で感じ、
そして何を考えるか、が大切なことだと思っています。


最後にバークレイズの鈴木さんがおっしゃってくださったメッセージが心に残ります。

「一生懸命頑張ること、それが一番かっこいい。
だから、ぜひみんなこれからも今日のように頑張っていってくださいね!」



一生懸命プログラムをつくってくださった慶應義塾大学梅津研究室の皆さん、梅津先生、
すばらしいアドバイスをくださったバークレイズさん、
企画を一緒に練ってくださったアスイクさん、
皆さん本当にありがとうございました。


そして、参加してくれた皆さん、ありがとうございました!

|

2013年8月27日 (火)

【住】まちなか博物館ツアー@富国生命前橋

こんにちは。

アフタースクール5号です。

週末に富国生命さんの絆プロジェクト、
「まちなか博物館ツアー」@前橋支社様をお手伝いしてまいりました。

対象は地域に住む小学生と保護者。

前橋の商店街の各店舗をまわりながら、
お宝に関するクイズに答えていくラリー形式。

こちらが台紙です。

Img_11282

午前の部と午後の部に分けて2回実施をしました。

Img_10932
コースは全部で4つ。

したがって4チームに分かれてそれぞれ別のコースで実施します。
出発前のエイエイオー!

P8241599


私が入ったコースはまずは中央通り商店街コース。

お店に入ったところで問題が出題されます。

P8241572

「この帽子は何の動物の毛でできているでしょうか?」

基本ルールとして、
子どもは子ども同士、保護者は保護者同士で相談して、
クイズの回答を考えなくてはなりません。

「あ、くま!」「鳥!」

クイズに正解するまで答え続けることができます。

「ヒント:海のかわいいどうぶつです」
店主さんからヒントが出まして、さあいよいよ答えが。


「ラッコ!」

「正解!」


正解するとお店のスタンプがもらえます。

Img_11172 

こちらはおもちゃ屋さん。

昔のアニメのおもちゃが保管されております。

P8241581

こちらは薬局。

お宝は写真をご覧下さい。

昔、薬をすりつぶしていた物です。


P8241582

こちらはボタン屋さん。

くるみボタンを作るプレスが宝物。
くるみボタン、皆様ご存知でしょうか。どうしてくるみボタンというのでしょうか。


P8241614


こうして5,6店舗まわって最後に富国生命の会議室へ。

「普段行ったことがないお店だったが、行ってみると楽しかった」
「他のお宝も見てみたい」

など子どもたちは楽しんでくれたようでしたし、
保護者の方も「たくさんお宝が見られてよい機会だった」とおっしゃってくださいました。

Img_11262


こうした商店街をさらに盛り上げる活動として、
いろいろなアイデアが出てくると面白いと思います。


参加してくださった皆様、ありがとうございました。

引き続きよろしくお願いいたします。

|

2013年8月26日 (月)

【住】ぼく、わたしたちの秘密基地づくり@JIYUアフタースクール⑤⑥

こんにちは、14号です。

この週末は、自由学園で行っている建築プログラムの最終回!

2日間に渡って、親子で製作をしました。

最初にこれまでの活動の映像を見ます。
Wp_000939

ちなみに保護者の参加者は圧倒的にお父さんが多いです!

そして、各チーム、小さな模型を50倍したみんなも入れる大きさの家や建物を作っていきます!
Wp_000940

こちらはドラキュラの家。
Wp_000952
このあと、72枚もの赤いタイルを敷き詰めていきました。

こちらのチームは美術館と遊びの広場と牢屋を作成!
Wp_000951

屋根となる壁をせっせと運びます。

Wp_000943

そして、トンネルには青の装飾!
これがとっても素敵です。

Wp_000958

最後のチーム、こちらはカメさんの建築!
Wp_000960
ということで、みんなで屋根をグリーンに塗っていきます。

こんな形で、土日の一日中かけて各チーム巨大建築が出来上がりました。
それぞれのチームの個性がかなり出ています。

完成品は、8月31日のJIYUアフタースクール夏祭りで展示されますので、
そちらを見たい方は、ぜひお越しください!

http://www.jiyu.ac.jp/blog/?p=31987

|

2013年8月10日 (土)

【住】ぼく、わたしたちの秘密基地@JIYUアフタースクール④

こんにちは、14号です。

今回は、第4回目となる自由学園の建築プログラムの報告です!
今日は模型作りの最終回、
次回以降は大きく(自分たちも入れるくらいの大きさ)するため、
細かい作業は今日で終了です。
今日も東洋大の工藤さんとそのゼミの学生さんがたくさん来てくださいました。

午前中から作業を開始し、各チームでできたのがこちらの作品たち。

Wp_000881_2
「森の遊び場」
飾りがとっても素敵な女の子チームの作品です。

Wp_000882
入り口には大きな門と看板。

こちらは亀さん建築!
Wp_000884
天井に穴を開けて、光を入れる
さらにその特長をいかして亀の形にしてしまうなんて、
なんともユニークでクリエイティブです!

そして、こちらはドラキュラチーム!
Wp_000886
赤いなぞの模様とにんにく(白い固まり)が
かなりドラキュラ感を出しています。

このチームの壁はとてもユニークな形で、
より大きな形でつくるのはとても苦労しそうです!

さらに建物の横にもこんな自然も!
Wp_000887
アイデアがすごいです。
ビニールテープで木って表現できるのですね!

そして、最後は、みんなの模型を実際にどのくらいの大きさのものを作るのか、
大きさを確認してみます。
模型の大きさは一角一角拡大して、
Wp_000895

形をとっていきます。
Wp_000896

ここは、学生さんたちと子どもたちで協力。
かめさんはこのくらいの大きさになりました。
Wp_000897

ちなみに天井をつけるとこのくらいです。
Wp_000898
子どもたちが座ってちょうどは入れるくらいの長さ!

いよいよ次回は、この大きさを作っていきます!
しかも親子参加なので、保護者の方も一緒に
秘密基地作りの本番です!



◆前回までのプログラム
第1回

http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-586a.html

第2回
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-a0e8.html
第3回

|

2013年7月26日 (金)

【住】ぼく、わたしたちの秘密基地@JIYUアフタースクール③

こんにちは、14号です。

今回も第1回目、第2回目に引き続き今日は、
自由学園での建築プログラム第3回です!

今回は、前回作成した個人の模型をグループで合体させ、一つの作品を作り上げます。

ちなみに、今までの様子は下記のブログをご覧ください。
第1回
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-586a.html
第2回
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-a0e8.html

最初に個人の作品の気に入っているところを一人一人発表してから
早速グループでの活動スタートです!

まずは、個人の作品のいいところを出していって
グループとしてどこを残していくかそのように組み合わせるか話し合います。

こちらのチームはとても丁寧にわかりやすくまとめています!

Wp_000810_2
こちらのチームは、なんだか不思議なものを学生さんに力を借りて作っています。
Wp_000812_2

このチームの男の子はとっても真剣、集中力が高いです!

Wp_000815_2
 
先ほどの不思議なものがさらに難しい形へと変化していきます。
こちらは立体的な壁のようです!
Wp_000816_2
これは何かと思ったら、テーブル!
足をたくさんつけているところでした。

「最初4本にしたら不安定だったから、増やしてるの!」と
バランスもちゃんと考えて作っています。
Wp_000817_2  
 
そして、こちらはさっきの真剣な男の子のチーム!
なんと亀の形の建物が完成しました。
しかも屋根は甲羅のような模様を表現しながら、
ぽつぽつと穴をあけて光が入るようになっている工夫も!
 
Wp_000819_2
とっても斬新で驚きました。
Wp_000820_2
この後も、作業を続けチームごとの模型を完成させ、
次回は、その模型の実物大バージョンを作成します!

ますます子どもたちの発送の広がりが楽しみです。
工藤さん、学生の皆さん第3回目もありがとうございました!

|

2013年7月 7日 (日)

【住】ぼく、わたしたちの秘密基地@JIYUアフタースクール②

今回は、以前に第1回の開催された自由学園での
その名も「ぼく、わたしたちの秘密基地!-学校でつくる自由な空間ー」の第2回目です!

1回目の内容は下記よりご覧ください。
http://npoafterschool.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-586a.html

子どもたちもまずは、1回目の内容を映像で振り返ります!
東洋大学工藤ゼミの学生さんたちが映像にまとめてくれました。
Img_5540

そして、今回作るのは10分の1の模型!
子どもの大きさを10分の1にした写真でわかりやすく教えてくれます。
Img_5548

さて、さっそく、一人に1つA3の段ボール版(台紙)が渡され、
10分の1の私が模型作りの目安として一人一人に配られます。
10分の1になった自分を参考にさっそく模型作りのスタートです!
Img_5559

最初は、名に作ればいいの?と近くの学生にアドバイスを求めていた
子どもたちも、徐々に自分だけの空間を作っていきます。
Img_5567

こちらの子は、学生さんと一緒に三角のタワーを作っています。
Img_5570

こちらは、可動式の屋根付の大人っぽい建物を作っています。
Img_5578
みんな学生さんと親子のように仲良く作っています。

ボンドをつけるのも真剣な様子。
Img_5592

屋根をつけるのも真剣です。
Img_5594

そして、1時間ほど没頭してできた作品がこちら。

モンゴルのゲルのようなカラフルなドームや
Img_5596

東京タワーのような階段付のタワー!
Img_5599

とても創造的な自分だけのハウスや
Img_5600

現代的でスマートな建物、
Img_5602

そして、ぞうさんのようなすべり台のような色々と表現できそうなこちらの建物など
Img_5603

短い時間で本当に様々なものができましたー!
Img_5613

次回は、こちらに色を付けたり、さらにいろいろな素材を追加して
パワーアップさせたりして、より自分だけのこだわりの造形物へと近づけていきます。

子どもたちの発想力・想像力が最大限発揮されるプログラム、
次回もとても楽しみです!!

|

2013年6月25日 (火)

【住】ぼく、わたしたちの秘密基地@JIYUアフタースクール①

こんにちは。
アフタースクール5号です。


先週の金曜日から、
お手伝いしている自由学園JIYUアフタースクールにて、新しいプログラムが始まりました!

その名も「ぼく、わたしたちの秘密基地!-
学校でつくる自由な空間ー」。


P6210672

複数回の連続プログラムで、
前期は8月末まで実施し、最後にダンボールで自分たちの自由な空間をつくります!

講師は、シーラカンスK&H(株)の工藤和美氏と東洋大学工藤ゼミの学生さんたち。

工藤さんは今や学校建築で大注目の建築家さんです。
http://www.coelacanth-kandh.co.jp/

東洋大学の教授もされており、
今回は東洋大学の工藤ゼミの皆さんも来てくださいました!

まず最初に、工藤さんから今回のプロジェクトのテーマを発表していただきます。

「最後に自分たちで木造の建物をつくります!」

P6210677

最終的には木造となりますが、
本日は段ボールで自分たちの好きな空間をつくってみます。


これがまた面白いんです。

12人の参加者が3チームに分かれて、それぞれ自由につくるのですが、
テープに夢中の子、それからメジャーに夢中の子もいるんです。

「これ何センチ?」とひたすら長さを計算し、チーム仲間に伝えます。


P6210683

P6210686

1年生もいますが、果敢にカッターにもチャレンジ。

しっかりと大人がサポートし、安全に配慮します。

工藤さんも一緒になって子どもたちの空間づくり。


P6210695

「ここ窓にしたらどう?」「ここ屋根をつくっていい?」
とグループ内で相談して空間をつくっていきます。

P6210696

P6210702


溢れんばかりのダンボールから、子どもたちがそれぞれ好きなものを選び、
あっという間に作品ができていきます。

下記の作品、30分ちょっとでできたもの。

子どもたち、いや自由学園の子どもたちだからこそできる、
爆発的な作品です。

P6210704 

P6210705

窓があったり机(椅子が収納できるようになっています!)があったり、
のぞき穴があったり、屋根が三角だったり、フレームワークは一切なし。

各所に子どもたちならではのこだわりが出現しています。

「次回は模型を作りますよ!」

次回は、今回の作品をベースに、小さなモデルをつくります。


工藤さんと東洋大学の皆さん、本当にありがとうございました!

|

より以前の記事一覧