表現のプログラム

2014年8月25日 (月)

【表現】作ってみよう☆切り折り紙!

こんにちは!アフタースクール40号です。

今回は世田谷区内で行われた切り折り紙プログラムのご報告です!

Dsc02546

今回の市民先生は我流切紙人、川崎利昭先生。

上のカマキリと蝶は先生の作品ですが、
立体切紙以外にも様々な切り紙に取り組んでいらっしゃる先生です。


Dsc02549



今回はいくつかの動物の型紙を使って、立体的な切り折り紙に挑戦です!

まずは初級編、ウサギの作り方を教わりました。

最初は

「細かいところってどうやって切ればいいの?」

「山折り?」
「谷折り?」

という状態だった子どもたちからも
先生、周りの友達に「こうしたらいいんじゃない?」「山折りはね・・・」と教え合いながら
「ああ!そうか!」「できた!」という声がたくさん聞こえてきました。

とっても頼もしい姿ですね。

Dsc02550

こちらのウサギには女の子が、かわいらしいお顔を描いていました。

Dsc02547

Dsc02553

上の写真は子どもたちの作品の一部です。(力作!)
ウサギ・チョウ・カマキリ・金魚・・・など様々な生き物に挑戦しました。

なかでも左下のダイオウグソクムシ、折り目がたくさんあるのですが、

熱心に谷折り、山折り・・・と折っておりました!

Dsc02551

型紙を使った切り折り紙に慣れてきた子は
巻きバラに挑戦!

こちらの写真は残念ながら撮り損ねてしまったのですが、
紙に自分でうずまきを書き、それをもとに切って形をつくるという上級者編でした!

巻きバラも形をつくるのがなかなかむずかしい!との声が。

上級者編の巻きバラでも「これはこうするんだよ!」と
子どもたちが教え合っている姿がちらほら。

すてきなバラが出来上がっていました!!

Dsc02552

はさみと紙でいろんな生き物をつくって、

このプログラム時間内ではさみの使い方がめきめき上手くなった子も!

子どもたちがはさみと紙を見つけたときに、
「あ!やってみようかな?」と思ってくれたらうれしいですね。


川崎先生、

ありがとうございました!

*********************************************************

このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。

ご支援誠にありがとうございました。

*********************************************************



「放課後NPOアフタースクールの活動を、FacebookTwitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter@npoafterschool

 

 

|

2014年3月 9日 (日)

【鎌倉アフタースクール】着なくなった服をリメイクしてオリジナルのポーチによみがえらせよう!

こんにちは!47号です。

3月8日(土)に、鎌倉アフタースクールの開校イベント第2弾を鎌倉のパタゴニアさんで開催しました。

今回のテーマは「着なくなった服をリメイクしてオリジナルのポーチによみがえらせよう!」
講師はパタゴニアのスタッフのみなさま!
会場には、パタゴニアリペア部門をお借りしました。

1_2
パタゴニアさんは社を上げて環境保護活動に取り組んでいます。
今回のワークショップは、そんなパタゴニアさんの理念の紹介から始まりました。
お話だけではちょっと難しかったかな・・? というわけで、実際にその理念を体感してみましょう!

今回は、洋服として修繕(リペア)ができなくなったマウンテンパーカーをポーチにしちゃいます!

まずは色とりどりのマウンテンパーカーから好きなものを1つずつ選びます。
2_2
どんな形にしようかなあ・・と考えたら、ハサミでジョキジョキ切っちゃいます!「お洋服を切る」という普段はできない体験に、最初は若干戸惑いつつも、一度ハサミを入れてしまえば後は迷いなくどんどん切り進めていく子ども達。

3

4
思い思いの形に切れたら、今度は生地の縫い合わせ。
パタゴニア・リペア部門のみなさまが超絶テクで素早く縫い合わせてくれます!

5
ミシンにセットした、と思ったらズダダダダッっと一瞬で縫い合わせてしまう、そのあまりの速さ・正確さに子ども達も釘付けです。

生地を縫い合わせたら、次はひもを通す穴を開けます。
みんな見事なハンマー捌きです。
6
穴を開けたらひもを通します。この時、ひもの先端を火で炙ることでほつれにくくなる、という豆知識も!勉強になります・・!


そしてひもを通したら、完成!
7

・・だと、思っていました47号。
しかし、これで完成ではありません!!

今度はウエットスーツでポーチにつけるキーホルダーを作っちゃいます!

8

9

10

魚やリボン、さらにはウエットスーツの膝のデコボコ部分を魚の鱗に見立てたものなど、
様々な作品が生まれていきます!

また、こんなボタンを付けることもできます!
パチッとはめてとめるタイプのやつですね!
11

12

このボタン、上の写真の機械でガチャン!とやって付けるんです。
「へええ~!」と、子ども達より47号の方がびっくりしていたかもしれません。

普段使っている身近なモノの製造過程を体感できたことは、貴重な経験になったのではないでしょうか!


そうして作ったアクセサリーなどを付けて・・今度こそ完成です!

13_2

14_2

15

16

全員が完成したところで、みんなでお互いに自分の作ったポーチを紹介し合いました!
本当に一つ一つ個性が出ていて素敵なものばかり!

子ども達の感想は、
「自分で形とかデザインとか考えてできたのが楽しかった」
「ウエットスーツが簡単に切れることにびっくり」
「またこんな企画をやって欲しい」
などなど・・

最後に、パタゴニアのスタッフのみなさんから、
「みんなが普段着ているお洋服からできた、という事を忘れないで欲しい」
というお話を頂きました!
パタゴニアさんの理念を体現したような今回のワークショップ、子ども達にとって
とても貴重な体験になったと思います!

鎌倉アフタースクールは地域の大人と子どもの出会いの場として、この春に開校します。いろいろな特技をもつ地域の大人が子どもたちと接することで、生涯忘れられない体験をしてもらう、そんな場を目指しています。
現在、鎌倉アフタースクールでは鎌倉のクラウドファンディング iikuniでご支援を募集しています。素敵なリターンも用意していますので、ご支援よろしくお願いします。


「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
:@npoafterschool 

|

2014年3月 8日 (土)

【表現】パントマイムをやってみよう!

こんにちは。アフタースクール33号です。
今日は世田谷区の小学校でのプログラムです。
さて何のプログラムでしょうか。
廊下の看板には、BOPの先生による手書きのポスターが貼られていました。
Img_8177
先生はTogaさんという人のようですが、
「ふしぎなせかい」と書いてありますね。

どんなプログラムなのでしょうか。

始まる前の会場をのぞいてみましょう。
Img_8179
う〜ん、黒い幕が張られ、黒いカーテンの壁もありますね。
マジックのプログラムかな?
後ろの黒い幕に張られたポスターを拡大してみましょう。
Img_8180
パントマイムです!
今日の先生トガさんが登場して、早速何かが始まりました。
Img_8186
「窓ふき!」子どもたちから一斉に元気な声が。

次は・・・
Img_8189
子どもたち「戸を開ける!」
そこに物がなくても 、まるであるみたい。

幕の後ろでは、トガさんが降りていったり、昇ってきたり。
まるでエスカレーターがあるみたい。
昇ってくる度に、あれ? 帽子も変わってる。
Img_8205
トガさんが「次は皆さんも手伝ってください。協力してくれる人いますか?」
この日集まった50名の子どもたちから、一斉に「はい、はい、はーい!」。
みんな積極的ですね。
Img_8194

一人の子が選ばれ、トガさんと迷演?
みんなに大受けです。
Img_8190

もう一人の子は、トガさんが準備している間、皿回しで時間をつなぎます。
Img_8211

そして、ピストルで風船を撃ちます。
「パーン!」
Img_8212
お友達も参加して、身体の動きだけで、
色々なことを表現できることが分かりました。
さて、これからは、みんなでパントマイムに挑戦です。
まずは準備運動から。
Img_8215

最初の「技」は、「ドアー開け」。
Img_8219
入って後はちゃんと閉めて。
Img_8223
ドアーを入って閉めた後、何をしますか?
先生は、とことこ歩いた後、しゃがみます。
「あっ、トイレ!」子どもは直ぐに当てます。

「では、皆さんは、ドアーを入って何をしますか?」
「やれる人は?」
「はい」「は〜い」・・・あちこちで手が挙がります。
1年生も登場です。
Img_8227

6年生は何だか変なカッコウを演じていますよ。何でしょうか?
Img_8231
みんなが叫びます。「浣腸!」
満場爆笑です。

プレゼントを届ける子も。
Img_8235

泥棒を演じた子もいました。


こうして今日のパントマイムは、歓声と爆笑と拍手のうちに終わりました。
さて、子どもたちは、今日のプログラムで何を感じたのでしょうか。
アンケートには、
ほとんどの子が「とても楽しかった」と書いていますが、
「ドアの開け方が難しかった」と書いた子も何人かいましたし、
「わたしも、パントマイムをできるようになりたいです。」と書いた子もいました。

自分でやってみて、身体で表現することの難しさを知ると同時に、
先生のを見て、身体だけで表現できることの可能性も感じたのではないでしょうか。
トガ先生、楽しい時間をありがとうございました。
そしてBOPの先生方、子どもたちのきめ細かいケアをありがとうございました。
******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

|

2014年3月 3日 (月)

【表現】飛び出す!おひなさまづくり!

こんにちは。

アフタースクール36号です。
先日、世田谷区内の小学校にて、
コクボマイカ先生による、飛び出すおひなさまづくりのプログラムを行いました。
参加した子どもたちはなんと55名!おひなさまづくりでしたが、男の子もたくさん参加してくれました。
S_dsc00798
まずはコクボ先生オリジナルの、お花のかいてある紙を台紙に貼っていきます。
S_dsc00799
のりやはさみも、仲良くお友達同士貸し借りしあいます。

お花やおひな様のイラストを自由な色で塗ったり
S_dsc00802
好きなシールを貼ってデコレーションします。
S_dsc00806_2
各々アレンジできたら
おひなさまを切って
S_dsc00816_2

コクボ先生の見本のようにのりで台紙に貼ります。
S_dsc00818
最後に好きな千代紙を選んで・・・
S_dsc00826_2

千代紙をジャバラ折りにしていきます。
S_dsc00832

千代紙を貼って出来上がり!
S_dsc00837
表紙にいろいろ描いたりしてデコレーションしている子もたくさんいました。

S_dsc00835
みんなとってもかわいい作品ができました!
S_dsc00836

36号、個性あふれる作品の数々に大興奮しました!
最初におかあさんや妹にあげる!と言っていた子も、満足な出来栄えにやっぱり自分のにする!との声もあったとのことです。
コクボ先生、すてきなプログラムどうもありがとうございました。


******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook、twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
 
Twitter@npoafterschool 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

【表現】石でお庭をつくってみよう!

こんにちは。
アフタースクール40号です。

本日は横浜市の学校で行ったミニ庭園プログラムのご報告です。


今回の市民先生は庭づくりのプロ、
いろは庭苑事務所の竹本亮太郎さんです。



Dsc02435

そして、今回のテーマはこちら。

Dsc02434

「石を3つだけ使ってちいさなお庭を作ってみよう!」

ということで、教室で紹介があった後、
早速外の砂場に移動しました。

自分たちのトレーに砂を入れて

Dsc02437

好きな石を3つずつ選びました。

「わたし小さいのがいい~」「あ、きれいなの見つけた!」と
よーく石を見てみると、いろいろな石があるみたいです。

Dsc02443_2

そして自分のトレーの中に、自由に石を置いてみます。

こちらはある男の子作の『おこった顔』
確かに、顔みたいに見えますね!


Dsc02447

他にもトレーの中におさまらない作品もありました!


みんな自由に小さなお庭をつくった後、
竹本先生からお庭造りのポイント(石の大きさ選び方や置き方など)を教わりました。

あまり特徴のなさそうに見える石であっても、
「この部分が顔で、これを前にしておかないと」いった見方があるそうです。


Dsc02455

みんなは教わりながら、石を選びなおしたり、
配置を変えてみたりと、どんどん作品をパワーアップ!


後半では石の数を3つから5つに増やしました。

すると、ある子曰く
「5つむずかし~~~!」とのこと。
バランスも見て、考えながら取り組んでいるようでした!

以下、子どもたちが作ったちいさなお庭です。

Dsc02468


Dsc02463
 

Dsc02464


Dsc02465


Dsc02467


Dsc02466

いろいろなお庭ができました!


子どもたちがつくったお庭の中で
一昔前の中国スタイルのお庭や、鎌倉時代風のお庭もあり
竹本先生から「これはね」と様々なこぼれ話してもらいました。

庭や石は普段身近にあるものですが、

庭造りのプロから見ると、石一つでもいろいろな意味や歴史があるんですね。

身近なものでも違う視点から考えてみると、
とても新鮮に感じました。


Dsc02470



竹本さん、ありがとうございました!



放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook、twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
 
Twitter@npoafterschool 

 

|

2014年2月20日 (木)

【表現】2月体験「ダンス&アート」in湘南学園小学校アフタースクール

こんにちは、14号です。
夏、秋、冬に引き続き、来年度の開校に向けた実質的な体験を湘南学園小学校アフタースクールで行いました。

今回は放課後の預り+2種の表現プログラム「ダンス」と「アート」を実施しました。

「ダンス」は、シルク・ド・ソレイユに出演経験のあるダンサー熊谷拓明さん、
「アート」は、イラストレーターの吉田美穂子さんをお迎えしました。

さてそれでは、一日の様子をお伝えします。
まず、帰ってきた子どもたちは、最初に宿題をします。

Img_8308

出来た子は、小ホールで思いっきりドッヂボールをしたり
Img_8285
プレイルームでマットを使ってケンケンパ遊びをしたり
Img_8366

プログラム以外の時間を自由に過ごします。

そして、それぞれ自分の選んだプログラムに参加します。
まずは、アート!

おっきな布にみんなで表現していきます。
Img_8326

中には、手をパレットにしてしまって、
手形を押す子がいたり、
Img_8337

さらには、筆を置いて、自分の手で絵の具を操る子もいたりと
Img_8344

描き方はとっても自由です。
子どもたちの洋服も地面も絵の具がちりばめられています。

そして、出来上がった作品はこちら
Img_8384
こちらは低学年で

Img_8382
こちらは高学年の作品です。
学年で雰囲気も全然異なり、
とても独創的で素敵ですね。

そして、間に小休憩でおやつもご紹介。
学園内にあるカフェテラスを運営するNPO法人食育ラボさんが
本日つくっていただいたのは、「さつまいもの蒸しケーキ」
Img_8363

出来たてほかほかでとっても美味しそうでした。
Img_8360


さて、そしてもう一つのプログラムは「ダンス」!
こちらは、近くでの撮影ができなかったため、
写真ではなかなか伝えきれませんが、

逆立ち等の運動から始まり、
Img_8346

熊谷さんならではの独特の振り付けに集中して、
先生の見ていないところでも自主練をしていました。
20140220_180216

最後は、先生の即興(?)のダンス。
なかなかみることのないジャンルのダンスを披露する熊谷先生に
完全に子どもも大人も見入ってしまいました。
Img_8402

ここで、この日の体験プログラムは終了。

全く異なる2種類の表現プログラム。
それぞれ参加した子も出来なかった子も
来年度から継続的に実施する時にまた参加してほしいなーと思います。

たくさんの子どもたちを受け入れてくださった、熊谷さん、吉田さん、
本当にありがとうございました!!

|

2014年2月18日 (火)

【表現】みんなでストンプ!

こんにちは、アフタースクール50号です。
本日は江東区内の小学校でストンプのプログラム。
ストンプとはステップを踏みながら手足で音を立てて、リズムを刻むダンスです。
先生は、タップダンサーであり歌手活動もされているyasco先生です。

Img_8640

参加してくれたのは、低学年の子を中心に約30人程。
女の子が多いかな?と思っていましたが、男の子も沢山参加してくれました。

まずyasco先生が簡単な振り付けを教えてくれました。

Img_8636

先生の元気な声と、かっこいいダンス。
皆すぐに集中して、真剣に先生の動きを真似しています。
皆の動きが揃うと、凄い一体感です!

Img_8663

少し難易度があがると、「わかんな~い!」との声。
yasco先生は優しく何度も教えてくれました。

Img_8637

何度も何度も繰り返したので、皆段々上手になっていきます。

次に円になって皆でストンプ!
友達の楽しそうな顔が見えます。
Img_8648

さらに難しい振り付けを先生が教えてくれました。
うーん、難しい。皆根気よく、先生の動きに集中します。
Img_8655

皆がだいぶ覚えてきたところで、AチームとBチームにわかれました!
チームごとに横に1列になり、向かい合って交互にストンプ。
ダンス対決みたい!皆かっこよく踊っています。

Img_8651_2

Img_8670

慣れてきたら次は更にA1チーム、A2チーム、B1チームとB2チームに分かれました。
2チームずつ、ダンスの発表です!

Img_8675

1チームの人数が少ない為、1人1人の動きがよく見えます。
相手チームが踊っているときに、待っているポーズもかっこいい!

皆のストンプで、床に伝わる震動がすごかったです。
思わず床に耳を付ける子たちも!
Img_8688

ダンスの最後の決めポーズは自分の好きなポーズ。
Img_8702

皆、とてもきまっていました!立派なダンサーです。

最初は「難しいよ~」と言っていた子も、後半はとても上手に踊れていました。
やっぱり子どもは覚えるのが早いですね。
リズムを覚えてしまえば、体が動くみたいです。

最後は皆で、大きな声で先生に挨拶をしました。


難しい振り付けも沢山ありましたが、皆一生懸命ダンスしていました!
出来なかった振り付けが出来た時の喜び、身体を動かすことの楽しさ、
皆で動きとリズムを合わせることの面白さ等、感じてもらえていれば嬉しいです。

yasco先生、ありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebook
http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter@npoafterschool 


|

2014年1月31日 (金)

【表現】紙袋で鬼のお面を作ろう!

こんにちは。アフタースクール33号です。

きょう(1月29日)は世田谷区内の公立小学校で、鬼のお面を作るプログラムです。
間もなく節分。
家で豆まきをする時に使えるよう、実際にかぶれるお面を先生が考えてきました。
先生は、もの作りの分野で多方面に活躍中の小久保舞香さん。
Img_4583
先生が手に持っている赤い物がお面になります。
さて、これは何でしょうか?
そう、紙の袋です。
デパートなどで買い物をすると入れてくれる、あの袋です。


最初に、目を描いて、その部分を切り抜きます。
Img_4589
丸い目、つり上がった怖い目、優しい目。
それぞれお気に入りの目が出来上がっていきます。
Img_4584


目を作った後は、角作り。
鬼と言えば角。
一番大事で、しかも、きょうの作業で一番難しい部分です。
色画用紙を折り曲げて、角の形にしたいのですが、なかなか上手く出来ません。
Img_4596
上手く出来ました。
Img_4605
こんなダイナミックな角も。
Img_4607


今日は定員一杯の50名の子ども達が参加。
みんな楽しそうです。
Img_4611


角を作る前に、顔や頭の部分に絵を描いたり、物を貼付けたりするのもOK。
描き方や使う物はまったく自由です。
Img_4600
Img_4608
こんなのも。
Img_4609
女の子らしいですね。
Img_4617

頭の部分も個性が光ります。
Img_4618_2
Img_4637

出来上がった子はかぶってみせます。
Img_4644

先生にも写真を撮ってもらいます。
Img_4640

優しい鬼も。
Img_4649

作成時間の90分はあっという間に過ぎました。
みんな夢中で作りました。
はさみを忘れた子に、自分のはさみを貸してあげる子、
角の作り方が分からない子に、教えてあげる子、
隣同士で協力し合う姿が印象的でした。


さて、作り終えた子ども達は、今日の活動でどんなことを感じたのでしょうか。
終了後書いてもらったアンケートから、抜粋してみましょう。
・みんなでやってたのしかったし、かわいくできた。
・きょうきてよかった。またやりたい。
・かみをつけるのがめんどうくさかったです。でも、すごくたのしかったです。
・ふくろが、おにだからびっくりした。
・つくりかたを学校や、ならいごとのおともだちにおしえてあげたい。
・ほかのつくりかたをもっとしりたくなった。
そして、こんなのもありました。
・さいしょは、つのがつくれなかったけど、2かいめにやったらできるようになった。
・わたしは、こうさくがきらいだったけど、じょうずになりました。
こどもたちそれぞれに、何かをつかみとってくれたようです。


きょうのプログラムを考え、指導してくださった小久保先生、
そして、会場のセッティング、先生のアシストなどにご尽力いただいた、BOPのスタッフの皆さん、どうもありがとうございました。

******************************
このプログラムは、世田谷こども基金により実施することができました。
ご支援誠にありがとうございました。
******************************

|

2014年1月28日 (火)

【表現】廃品アート!

みなさんこんにちは。

アフタースクール38号です。
本日は横浜市の小学校にて廃品を使ったアートのプログラムを行いました!
講師は富宝島輝のyusa(ゆさ)先生です。

本物のパンをあしらった帽子をかぶって登場です!
Photo

まずは先生の力作を子どもたちに見てもらいました。
子どもたちは、
「すごーい!」「作ってみたい!」
と興奮していました。
Photo_2

そして今回はさまざまな種類の材料を持ってきていただきました。
ビーズ、おもちゃ、缶のフタ、瓶のキャップ、綿、キーボード・・・・
Photo_3
4
子どもたちはどれを使おうか選ぶのも楽しそうです!
5

そして子どもたちは思い思いに作品を仕上げていきます♪
小さな作品を作る子もいれば、大きな作品を作る子もいました。

「こうしたいんだけど、どうすればいいかなぁ?」
「ボンドが乾かないよ〜!」

なんて嘆き声が響きつつも、みんな解決策を練っていたりしました。

Photo_4
だんだんと仕上がってきます
Photo_5
街のようになっているものもありました!
8
こちらは時計の固定に苦労した力作!
Photo_6
こっちには動物がいっぱい!
Photo_7

最後の方は机の上もこんなに散乱していましたが、子どもたちが頑張った証ですね♪
Photo_8

本当なら捨てられてしまいそうなものばかりを使って、こんなにもすてきな作品がたくさんできました。
そして、子どもたちもいろいろな発想をしながら楽しんでいました。

廃品でも、見方や使い方を工夫するとまた違った世界が見られるんですね。


とても素敵なプログラムとなりました。
ゆさ先生、ありがとうございました!



放課後
NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool

|

2014年1月25日 (土)

【表現】シールでアート!

こんにちは。アフタースクール21号です。

江戸川区の中央図書館でシールで動物を描こうというプログラムを実施しました。

40名の定員は満員に!

先生は大村雪乃さんです。

Dsc05055_2

シールで描く、皆さんイメージできますか?

しかも、そのシールは丸シールだけ!

さあ、集まった子どもたちはどんな作品を作るでしょうか。

楽しみですね。

 

今回はかわいらしい動物を描きます。

先生が用意してくださった下絵に大・中・小のシールを貼っていきます。

Dsc05044

コツは肌の色になるシールを大サイズでペタペタと貼っていくこと。
Dsc05038

「ピンクが燃えている~!!」ユニークな表現、いいですね!!Dsc05043

こうして色々な色を貼っていく子もいます。
Dsc05049

『こうでなければいけない』ということはないのです!!

 

肌の色を貼り終えたら、その上に目や口などのパーツを貼っていきます。
お父さんとペタペタ。

Dsc05047

 お母さんも熱中!!

下絵が同じなので、出来上がりにどこまで個性がでるのかな?と

思っていましたが、この通り!!

Dsc05056
Dsc05057
Dsc05064
Dsc05059
Dsc05062

本当に自由に思いのままに作品作りを楽しんでいました。

 

完成した作品を大村さんが講評してくださいました。

Dsc05050

これは大きな自信になりますね!

 

大人も子どもも夢中になった素敵なプログラムでした!!

 

大村雪乃さん、ありがとうございました。!

江戸川区中央図書館の皆様、ありがとうございました。

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter
@npoafterschool

|

より以前の記事一覧